出版社「たま出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>たま出版

たま出版 公式ホームページ

たま出版
たま出版

たま出版 関連通販

たま出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.通っている大学の教授に勉強という名目で公に売るための出版物の作成を二週間半強制的にやらされています。出来なければ延長。 交通費、食費なし、たまに差し入れあり、休憩自由、休日は好きなだけとれるが休むことによって『勉強のやる気がない!』などの電話や仲間からのメールにストレスを感じてしまう。また、休めば出来るまで延長。菓子などの差し入れはたまにある。教授からの学習指導五割、売るための体裁指導やそちらへし向ける言動五割といったのが基本的な情報です。 たしかに、自分でなかなか勉強をすることができないため、こういった熱狂的な指導があるのはとてもありがたいことであるが、売って利益を出そうということがどれだけ心に言い聞かせても納得できません。 また、出来なければ単位はあげないなどの脅しはいっさいありません。あくまで勉強です。 これはハラスメントやそれ以外の何かに分類されるのでしょうか。たくさんの詳しい解説をお願いします。

A.文章に矛盾あり。強制は脅しでは?


Q.競輪好きですので、競輪関係をお聞き致します。たまにネットで目にし、聞く言葉ですが競輪予想のウラタ式468車券とは、どんな予想ですか?当たるのですか? あまり不的中で藁にでもすがろうかと思っています。概要だけでも知っている人、やって結果出てる人教えて下さい。ギャンブル出版社の予想本と言う話らしいが・・・。宜しくお願いします。

A.こんばんは。 わらにもすがりたい気持ちは判りますが 勝てる方法があれば仕事をする人が 居なくなります。(≧∇≦)


Q.勤務医の忙しさについて質問です。 勤務医で中堅医師の方は、毎日どの程度の忙しさなのでしょうか? 長期入院した経験があって、何となく看護師や医師の勤務時間を把握してました。 そ の中で研修医でもない、かといって大ベテランとも違う医師がいて、 その医師は「勤務時間が長い割には給料安いし…」とたまに不満げでした。 何となく観察すると、朝は8時くらいに出勤して、夜はだいたい19過ぎまでいて 外来担当日は22時まで。日直だと、休憩時間はあるものの 夜もぶっ通し、といった感じだと思います。 土曜もだいたい夕方までいて、日曜は用があれば出るといった様子でした。 また、更に学会出張や、医学系の本の出版に関わる執筆?論文?などもやったりと… やりがいのある仕事だとは思いますが、サラリーマンだと、こーゆう状態は社畜と呼ぶと思います。 ある日、この中堅医師と病状について会議室でお話を伺う機会がありました。 終盤に病状とは違う話になり、私が席を立とうとしても呼び止められて話が続きました。 お喋りな先生なのかな?と思いましたが、冗談なのか本気なのか分かりませんが 何かストレスあれば(長期入院だから?)いつでもお話を聞きます。毎日、夜の19時~20時とかなら時間作れます、と言われました。 勤務時間が長くて不満がある場合、用がないなら早く帰った方が身のためだと思うので不思議に思いました。 忙しいのも事実だけど、無駄に病院に長居してる場合もありますか?

A.無駄に病院に長居することはないかと思います。 診断書の書類なんかが溜まってて、なかなか帰れない。さりとて、バリバリやる気もすぐには起きない。ということで、一休みしてから、書類にとりかかる。ということもありますし。 学会の準備、論文執筆など、家では出来ないので、病院でやって帰る医師もいます。 単純に、患者さんの容体が悪くて、病院から離れられないこともありますし。 病棟の仕事が山積みで、なかなか帰れない。でも、すぐにはやる気しないし、一休みしてから…。 というパターンもあります。 若手のうちは「仕事が多すぎて、もう家に帰るより、病院で寝泊まりするほうが楽だ」と開き直って病院に残ってたこともありますが、中堅になると、身体がいうことを聞いてくれないので、出来るだけチャンスがあれば、早く帰ろう、とする医者の方が多いと思います。 そうは言っても、仕事が残ってて、なかなか帰れないのが現状ですが。


Q.本業のトラベルライターになりたいわけではなく、副業(業でなくても可)で旅行記などを投稿してより多くの人に読んでもらえる立場になることが夢です。 その実現に向けて行動を起こしたいので すが、どうしたら良いかアドバイス願います。 元々文章を書くことが好きで、学生時代は作文や公募論文で賞をもらったりしていました。 今は普通の会社員で、趣味の旅行について自分の備忘録的なブログを書いていますが、単に自己満足で書いているだけでつまらなくなってきました。 某サイトで私が旅先で撮影した写真を使っていただけることになり、写真だけでなく文章も...という夢が膨らんだ次第です。 いま、自分なりに取り組んでいることは 旅先の様子を伝える語彙力や表現力を磨くこと、旅先の歴史や分化などを詳しく勉強して知識を増やす努力をしています。 そして、夢実現のための仕掛けというか、自分から何かしらの行動を起こしたいのですが、どうしたら良いかわかりません。 たまに、プロアマ問わず投稿募集とかが出ているサイトがあるので、そういうところにしらみつぶしに応募してみるしかないでしょうか? 自称なのかもしれないですが、旅行ブログを拝見していると、本業○○兼旅行ライター 的な記載をしている人もいて、こういった人たちはどのようなルートでその立ち位置を獲得できているのでしょうか。 旅行が好きで、その旅行記を書いて出版出来たりちょっと有名になれたらいいなあと思う人は私以外にたくさんいると思います。なので、相当私自身も努力して単なる旅行記でなく、何か抜きん出たものを磨かないと厳しいと思っています。 ですが、世間知らずといいますか、こういった業界に疎いこともあり、色々教えていただき、今後の方向性等をアドバイスいただけたら嬉しいです。 宜しくお願い致します。

A.まず、プログで発信しましょう。 あなたに価値があるなら、レビュー数が上がる。 上がれば、記事の依頼がある。 ただ、あなたにとっては、公募論文が、過去の栄光何だろうけど。見る相手によって文の長さも、中身も違うかと。


たま出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:13:16