出版社「アチーブメント出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>アチーブメント出版

アチーブメント出版 公式ホームページ

アチーブメント出版
アチーブメント出版

アチーブメント出版 関連通販

アチーブメント出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.皆さんのお勧めの企業本・自己啓発本を教えて下さい! 私は岩佐大輝さんの「99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実るが自己ベストです。 東北太平洋沖地震で震災に遭った宮城の山元町という所で生産されたイチゴがあの有名な東京の伊勢丹で「一粒1000円」で売られている。その著者は1977年生まれという若さながら農業には全く素人なのにいちご事業を立ち上げ、震災復興に尽力した事に心を打たれました。いちご事業はいちごの専門家との衝突、伊勢丹との衝突、クリスマスケーキ用に注文が殺到したいちごが突然の寒気で10%以下しか実らなかったとかさまざまな壁が立ちはだかってその壁をどうやって乗り越えたか書いてありました。 もう一つは「一生続ける技術」青木仁志著 アチーブメント出版 私もこの本を読むまでは、物事を続けるには「忍耐力」など「もの凄い精神力」がある人しか出来ないのではないかと思っていました。この本では「何かが続かないのは意志が弱いのではなく自分が本当にやりたい事(願望)に出会ってないだけ」「やりたくない事を無理に続けなくてもいい」「今日立てた計画がアクシデントで完璧にいかなくても明日以降でカバーできるよう頑張ればいい」と書かれていて少し肩の力が抜けました 他には、「「未来ノート」で道は開ける!」渡邉幸義著 「DREAM-女性経営者100人の起業物語」菅原智美著 「2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート」長谷川和廣著 「心を整える」長谷部誠などです 逆にくだらなかったのはベストセラーになったらしい 「クビでも年収1億円」 著者はクビになる前は大手企業の優秀なサラリーマンだったらしくその自慢話がほとんど。 サラリーマンを馬鹿にした言葉だらけ 具体的にどうやったら1億円稼げるかは具体例がなく、「安く買って高く売る」など当たり前の事しか書いてなく中身がない こんな本がどうしてベストセラーなのか謎でした

A.分厚いですが、「社長失格」などは面白かったです。


アチーブメント出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/26 Sunday 18:10:24