出版社「イカロス出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>イカロス出版

イカロス出版 公式ホームページ

イカロス出版
イカロス出版

イカロス出版 関連通販

イカロス出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.広島電鉄の電車での運賃支払い方法に付いて 問合せさせて頂きます。 イカロス出版社から 発刊された 路面電車年鑑2017で 広島電鉄の電車路線図が 巻末あたりに掲載されていますが 利用できるICカードが記載されています。 確か PASPYとICOCAのみが利用可能だったと記憶していますが 路面電車年鑑2017では、交通系ICカード(SUICA)が 利用可能とありました。 広島電鉄のウエブサイトでも PASPYとICOCAが利用可能とありますが SUICAのみならず 他の交通系ICカードって PASPYとICOCA以外、利用不可ですよね? 一応、疑問を覚えましたので 宜しくお願いします。

A.(まえがき) >adameenがこの前の回答でSuicaが使えるよう(以下略) これは彼の誤り(思い込み)でまだ検討段階です(先日の読売新聞広島面に記載)。 現状はICOCAとの片相互のみです。 (本題) イカロス出版社の「路面電車年鑑2017」初版発行日が何年年月何日か不明ですが、本来の記載なら上記通り但し書きで「※今後、suicaとの相互利用も検討」という記載にならなければなりません。 suicaとの相互目標としては2017年度中に基盤を作る予定で、同時に2018年度頃にバスの運賃計算を「多区間1区完結式(乗継20円割引あり)」から「多区間距離別式」に変更することを検討しているそうです。


Q.イカロス出版の月刊エアラインをたまに購入します。 私は九州在住なので、地元の書店では 三日遅れでの発売となっています。 今月だけは、発売日にどうしても読みたいのですが、 通販などを使って、発売日当日に手に入れる方法はありますか?

A.通販なら、楽天ブックスなら発売日当日に届く事が多いですね。ただ、お住まいの地域によっては発売日に届かずに遅れる可能性はありますね… あとは、定期購読なら、郵便事故などがない限り、発売日までには必ず届きます。 定期購読していないなら、今回だけ出版社に直接、問い合わせて、購入して発売日までに必ず届くようにしてもらう方法もあります。


Q.旅客機と客室乗務員の関係性について教えてください。 10月下旬のイカロス出版の『航空旅行』の記事に、ANAの成田-プノンペン線の特集がありました。 B787-8:Cクラス42席・Yクラス198席の編成で客室乗務員が6名とありました。 そこで、ご教示願います。 旅客機の搭乗口数=客室乗務員数ではないのですか? 客室乗務員の最大の目的は保安要員で、訓練では非常時の脱出の際のドア操作を徹底的に叩き込まれると聞いております。 B787-8の搭乗口は8口あります。 6名の客室乗務員では足りないのでは?と思ったからです。 [追記] それ以前に、サービスの都合上、6名で240名の国際線機内サービスをできるのでしょうか?てんてこ舞いでは? それとも、いわゆる90秒ルールで、片側の全部の搭乗口が使えない場合を想定し、上記ANAプノンペン線では、B787-8の片側の搭乗口は4口<乗務員6名で、問題ない、ということになりますでしょうか。 どうして、このような疑問を持ったかと言いますと、JAL国内線B737-800(165席)に搭乗した際に、客室乗務員が4名搭乗していました。窓取り外し非常口を除く、搭乗口は4口=客室乗務員4名となります。 長く、まとまりのない文章になりましたが、旅客機と客室乗務員の関係性について教えてください。

A.正式なルールとしては国交省の出した文章である、下記4-2(P15~)に記載があります。 http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/pdf/201209/00005942.pdf これを見ると、非常口云々ではなく、客席数が50名以上の航空機の場合は客席数を50で割り、端数を切り上げた数字の客室乗務員が必要とだけ書いてありますね。 という事で、240人乗りであれば5人が最低であり、6名であれば最低数にさらに1人足しているという事でしょう。 B737-800で165席であれば、4人が最低となります。 まあ、プノンペン便でB787-8が満席に近い数字になることは考えにくく、十分足りているのでは?


Q.大回り乗車で分岐の特例が認められるかどうかの件です。 イカロス出版『JR大回り乗車完全ガイド』の2015年版 p.53-56 に分岐の特例に関して記載があり、筆者の谷崎竜著はJR各社に問い合わせをして、大回り乗車では分岐の特例は認められないと回答した広報がある事を記しています。 その理由としては、「当該区間のキロ数を含めないで運賃計算するという本特例は、乗客の利便性を優先させたものであり、あえて時間をかけて遠回りの経路をたどる『大回り乗車』は、その趣旨から外れるため」 とされています。 初心者の場合、車掌や乗務員から、あえて時間をかけて遠回りする大回り乗車では分岐の特例は認められないと言われたら、反論するだけの理論武装をしておけというのは厳しいでしょう。少なくとも不愉快な思いをしますし、上手に言い返せなければ不正乗車だとされて高額な運賃を請求される恐れもあります。無責任な事は書くべきではないでしょう。 分岐の特例を使用しないでルートを作成する事は別に難しくないうえに、そもそも、分岐の特例を使用して復乗して早く目的地に着きたいなら大回りなどしなければよいという事にもなります。 イカロス出版『JR大回り乗車完全ガイド』をバイブルのように尊重せよというわけではないですが、大回り乗車では分岐の特例は認められないという見解が、出版社から査読を経た上で載せられている以上、大回り初心者に分岐の特例を奨励するのは避けるべきでしょう。 分岐の特例は適用可能だという見解で大回りしたければ、理論武装できていて、車掌や乗務員を言い負かすのを苦としない人がすべきであって、知恵袋で初心者に勧めるのは不適切だと思われませんか。 とりあえず、3点お聞きします。 1. イカロス出版『JR大回り乗車完全ガイド』を御覧になっていますか。 2. あなたが特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例は大回りでも認められるという見解をお持ちなのは理解しましたが、分岐の特例は大回りでは使用を避けるべきという見解が大回りの指南書に書かれている事は理解なさった上で回答しているのですか。 3. 今後も知恵袋で大回りの質問がなされたら、分岐の特例は大回りで便利に使用できるから使うべきだと勧めてまわるのでしょうか。 最後になりますが、分岐の特例を使わないルート策定が容易である以上、大回り中に適用されるのか否か見解が分かれる分岐の特例を使うべき理由は皆無と考えます。

A.1.見ていない 2.指南書の内容は理解しました 3.大回りして分岐したいならすればいいんじゃないの?言い合いになったら最悪分岐点で降りればいいだけだし。 大回り自体裏技だから、経営者としては最短距離での正規料金を推奨するしかないでしょう


イカロス出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 07:15:47