出版社「イースト・プレス」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>イースト・プレス

イースト・プレス 公式ホームページ

イースト・プレス
イースト・プレス

イースト・プレス 関連通販

イースト・プレス 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.安倍政権がナチスそっくり“国策映画”計画! 明治がテーマの映画、テレビをつくらせ戦前回帰プロパガンダ=どう思われますか? http://lite-ra.com/2017/01/post-2856.html 2017.01.16 この国はついに国策映画事業に乗り出すつもりなのか──。 今月7日、驚きの報道がなされた。1868年の明治維新から150年の節目となる2018年に実施する記念事業として、明治期の国づくりなどを題材とした映画やテレビ番組の制作を政府が支援することを検討しているというのである。菅義偉官房長官はこれに関し、「大きな節目で、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」とコメントしている なぜ、「明治期の国づくり」限定で国が金を出すのか? 安倍政権とその背後にいる極右勢力の思惑をもはや隠そうともしていないこの国策映画事業案には当然反発が相次いだ。たとえば、映画監督の想田和弘氏はツイッターでこのように怒りを表明している 〈戦時中の国策プロパガンダ映画を思い出す。つまらない映画にしかならないことは確実だが、映画を馬鹿にするんじゃないよ。映画は政治の道具ではない〉 政権が支援してつくらせた映画やテレビ番組で観客に何を伝えようとしているかは言うまでもない。明治以降の日本を「伝統」などと嘯き、戦後の日本を否定すること。こういった思想を映画やドラマにまぶすことで、「改憲」への世論形成の後押しにしようと考えているのは明白だ まるで戦前に戻ったかのような寒気のする状況になってしまったわけだが、実は、このような動きがいずれ起こるであろうことを識者はあらかじめ予想していた。『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』、『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』(ともに幻冬舎)といった著作をもち、文化・芸術が政治利用された歴史に詳しい近現代史研究者の辻田真佐憲氏は一昨年前に出版した『たのしいプロパガンダ』(イースト・プレス)のなかで、こんな示唆的な言葉を綴っている 〈今後はエンターテイメントの舞台で、歴史認識がテーマになる可能性は十分にあるだろう。例えば、歴史を扱ったドラマやゲームなどが考えられる。娯楽を前面に押し出しながら、実はその中身は特定の歴史観に基づいている……という類のものだ〉 まさか数年後にそういった作品を国がバックアップすることになるとまでは当時の辻田氏も思いもよらなかったのだろうが、もちろん彼がこういった予測をしたのは、エンターテイメントが政治に利用されてきた過去を踏まえているからだ とりわけ、かつて「娯楽の王様」であった映画はその標的となり続けてきた。『意志の勝利』で知られるレニ・リーフェンシュタール監督がナチスのために行った仕事はその典型だが、前述『たのしいプロパガンダ』では、トロツキーによる「(映画は)プロパガンダの最良の道具である」や、レーニンによる「我々にとって、すべての芸術のなかでもっとも重要なものは映画である」といった言葉を紹介し、20世紀の権力者たちがいかに映画をプロパガンダの道具として利用しようとしていたのかを説明している それは日本においても同じだ。内閣情報部が発行していた国策グラフ雑誌「写真週報」の第2号には〈映画を宣伝戦の機関銃とするならば、写真は短刀よく人の心に直入する銃剣でもあり、何十何百万と印刷されて頒布される毒瓦斯でもある〉と記されており、映画というメディアをプロパガンダ戦略における主人公と考えていたようだ 現在、太平洋戦争中に数多くつくられた国産の戦争協力映画は内容的につまらなく取るに足らないものと語られがちだが、そのように切って捨てるのは危険だ。たとえば、1940年公開の阿部豊監督による『燃ゆる大空』は、陸軍省協力のもと撮影が行われ、実際の戦闘機を用いての飛行シーンは観客からの喝采を集めた。興行的にもこの作品は、同年の東宝の興行収入3位を記録するなどビジネスとしても成功している 『燃ゆる大空』はDVD化もされており現在でも容易に見ることができるが、いまの目で見ても迫力ある飛行シーンのルックは見劣りしない。当時の観客からすればそれはインパクトのある画だっただろう。実際、前述『たのしいプロパガンダ』では、この作品の影響で陸軍少年飛行兵に応募した者も現れたと解説されている。エンターテイメントによるプロパガンダは確かに影響力をもっているのである 百田尚樹氏が「本当に沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん」と発言し大問題となったのも記憶に新しい、15年6月に開かれた自民党若手国会議員による勉強会「文化芸術懇話会」。そもそもこの会合は、芸術家との意見交換を通じて「心を打つ『政策芸術』を立案し、実行する知恵と力を習得すること」を目的としていた(同会設立趣意書より)。ここで飛び出した「政策芸術」なる発想が、今回問題とされている明治期をテーマとした作品への支援事業と地続きなのは言うまでもない 転載(抜粋

A.そんな「国策映画」を作って、国民の精神を涵養しようと思うこと時代時代錯誤の極みです。 戦後の民主主義日本の70年の歴史で、国民は偏狭な一国ナショナリズムを超克し、インターナショナルな世界観・歴史観を持つようになったのですが、それを忌まわしく思う一部右派勢力が、今一度偏狭な一国中心ナショナリズムの寛容を企てているんですね。 しかし、そんな一国中心ナショナリズムが、やがては日本を孤立させ、亡国に向かわせるものであるということを、国民1人1人が自覚する必要はありますね。


Q.フランツ・カフカの『変身』のまんがで読破(イーストプレス社)を読むと次のような言葉で締めくくられているのですが、これは実際にカフカが残した言葉なのですか? もしそうなら、具体的にどこからの出典でしょうか? ”『変身』をよくある事件のなかに奇跡をこっそりと織りまぜた作品だと主張なさる方がおられますが――… それは誤解です 普通の何気ないごくありふれた日常 それがもうすでに奇跡なのです 僕はただそれを記録するだけです ――フランツ・カフカ”

A.カフカの言葉なので、カフカ全集だと思います。 後、自分が知る限りカフカの前向きな言葉を聞いたことがないです。そこで考えられるのが、この言葉はカフカの言葉を途中で切って載せてるのではないでしょうか。というのは、まれに初めの一文にプラスのことを書き、二文目に「しかし私は(一文の内容)はできない。」みたいなことを書いている文を編集者が都合で切ってるのかもしれないです。


Q.なぜノドン? 北朝鮮のミサイルの名前 快楽目的か ヤクザがシャブをやる理由 遺伝子組み換え大豆の真相 食品の暗部 ジブリと糸井重里 あの名コピーの裏話 【スタッフ募集】デイリー新潮の運営… 社会 遺伝にまつわる サイコパスは遺伝が8割? 「言ってはいけない」タブー 4 154 Tweet 53歳、歳かな?と思ったら » pr-kouraininjin.com ダルい、しんどいを吹き飛ばせ! その実 感力に驚きの声が続々。 『言ってはいけない』橘 玲 [著] 「犯罪者の子どもは所詮、犯罪者なんだよ」 2時間モノのサスペンスドラマあたりでは 聞きそうなセリフである(言われた側は逆上 して相手を殺したりするのだ)。そして、実 社会でこんなことを公言したら、糾弾される こと必至のセリフでもある。 しかし、実際のところはどうなのだろう か。 「犯罪は遺伝するのか」といったテーマは社 会的にはタブー視されており、語られること はほとんどない。また、言うまでもなく冒頭 のような物言いは差別に直結するから、厳に 戒めるべきである。 とはいえ、こうしたテーマについての調査 がないわけではない。 海外では「サイコパスと遺伝」についての 驚くべき研究結果も発表されているのだ。 社会的にタブーとされるテーマについて、 様々な研究の成果を紹介しながら論じ、ベス トセラーとなっている『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(橘玲・著)では、 と遺伝」について、次のように述べている。 *** 現代の精神医学では、犯罪を引き起こすよ うな精神障害は「反社会性パーソナリティ障 害」と呼ばれている。とはいえ、ずるがしこ いひとや残酷な人間はどんな社会にも一定数 いるし、これを安易に治療の必要な「病気」 にしてしまうと、刑法における責任能力との 関係でやっかいな問題が出てくるから、どこ からを「障害」と見なすかはあいまいになら ざるを得ない。 だがそれでも、誰が見ても「異常」な人間 はいる。 イギリスで、1994年から3年間に生まれた 5000組の双子の子どもたちを対象に、反社 会的な傾向の遺伝率調査が行なわれた。それ によると、「冷淡で無感情」といった性格を 持つ子どもの遺伝率は30%で、残りの70% は環境の影響だとされた。この「環境」には 当然、子育ても含まれるだろうから、これは 常識的な結果だ。 次いで研究者は、教師などから「矯正不可 能」と評された、きわめて高い反社会性を持 つ子どもだけを抽出してみた。 その結果は、衝撃的なものだった。 犯罪心理学でサイコパスに分類されるよう な子どもの場合、その遺伝率は81%で、環 境の影響は2割弱しかなかった。しかもその 環境は、子育てではなく友だち関係のような 「非共有環境」の影響とされた。 *** もちろん、あくまでもイギリスでの一研究 結果に過ぎず、また犯罪全般ではなく コパス」に限っての話である点は忘れてはな らない。安易に「犯罪と遺伝」を結びつける しかし、昨今、 のは許されないことだろう。 何不自由なく育ったにもかかわらず、異常な 殺人や誘拐などをおこなった「少年」 女」のニュースがよく伝えられる。恵まれた 環境で、教育熱心な親に育てられたのに、理 解しがたい残酷な事件を起こす若者の「動 機」については、多くの場合、納得のいく説 明はなされないままだ。 こうした事件について考える上では重要な 視点なのではないだろうか。 ※参考文献:バーバラ・オークレイ (イースト・プレス) 伝子』 デイリー新潮編集部 遺伝 犯罪 新潮新書 ニュース解説

A.ノドンって、確か、労働って意味だと思ってたけど。


Q.ホ・オポノポノについての質問です。 まだやり始めて日が浅いのですが実践者です。 ヒューレン博士がハワイの州立病院の精神科病棟で患者を全て癒し、後に病院が必要で無くなり閉鎖に至った話は有名で実践されている方ならもちろんご存知だとは思います。 色々な本やYouYubeなどでの本人のインタビューでは「院内では一人を除き方法は誰にも教えなかった」とありますが、丸山あかねというインタビュアーがインタビューをした本の中ホ・オポノポノの教え(イーストプレス社)のP78に~最初の頃それがなぜ変化をもたらすことになるのか、みんな理解できなかったようです。「いったい、だれに向かってあやまっているのか?」「愛してますって、誰を?」などさまざまな疑問をぶつけてきましたが・・・~とあります。これは複数の人間が博士が試みている方法を知っていて質問を投げかけてきている事を表す内容ですが一体どういう事なんでしょうか? ちなみにこの本はインタビュアーとしての名は載っているが翻訳者の名前としての記載がありません。 細かい事の様ですがちょっと気になったので質問させて頂きました。何かこの本に関しての情報などでもいいのでご存知の方がいれば教えてください。 もちろん回答がどんな事であれホ・オポノポオを辞めるというつもりはありません。

A.宗教カテゴリーとオカルトカテゴリーで聞いてください。 ここは医療です!


イースト・プレス 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:21:46