出版社「エコノミスト社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>エコノミスト社

エコノミスト社 公式ホームページ

エコノミスト社
エコノミスト社

エコノミスト社 関連通販

エコノミスト社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.森友学園はなぜ日本会議付属徴兵制策定学園と改名しないのですか? 閣僚19人中15人が日本会議国会議員懇談会のメンバーであることから、 「ナショナリスト組織」(米ニューヨーク・タイムズ)や「ナショナリスト・シンクタンク」(英エコノミスト)と、安倍内閣への影響力を危険視する声が高まっている。 たしかに「日本会議」は 日本の保守団体としては 最右派に位置する団体と言っていいだろう。 1997年の発足以来、「誇りある国づくり」をスローガンに、 「憲法改正」「侵略戦争否定」「愛国思想の育成」「ジェンダーフリー批判」「権利偏重批判」「道徳教育強化」などのファナティックな保守的主張を展開してきた。 その構成メンバーも恐ろしい顔ぶれがそろっている。 会員の中心は 国家神道の復活を企図する神社本庁や、右翼思想を持つことで知られる生長の家はじめ、黒住教、霊友会、仏所護念会、崇教真光などの新興宗教団体。 そして戦没者遺族の相互扶助という目的を超えた政治圧力団体になっている日本遺族会……。 また日本会議には「日本会議国会議員懇談会」「日本会議地方議連」という形で多数の保守系議員が参加しているが、 その中にはトンデモ議員が多数所属している。そのひとりが東京都議会で塩村文夏都議に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」とヤジを飛ばした鈴木章浩都議。 鈴木都議は12年8月、政府が立ち入り禁止にしていた尖閣諸島に上陸した日本人10人のなかの1人だが、他のメンバーの中にも日本会議参加者が複数含まれていた。 ようするに、旧来型の右翼に新興宗教とネトウヨが合体したような団体なのだが、 安倍首相は何十年も前から日本会議国会議員懇談会の幹部を務め、この右派団体とべったりの関係を築いてきた。そして、 首相になってからは日本会議関係者をブレーンにおき、閣僚を日本会議議員で固め、日本会議の方針に呼応するような政策を次々と打ち出している。 「第一次安倍内閣での女性天皇否定が日本会議の意向を反映したというのは有名な話ですが、 第二次安倍内閣では日本会議の影響力がもっと強くなっている。 一部では、安倍首相は日本会議の方針を現実化させているだけ、という声もあるほどです」(自民党関係者) これはなにもオーバーな話ではない。 実際、安倍首相がやってきたことはすべて、日本会議のある本に書かれているのだ。 それは日本会議新憲法研究会がまとめた「新憲法の大綱」が掲載されている『新憲法のすすめ 日本再生のすすめ』(大原康男・百地章/明成社/2001年)だ。 この本を読んでいくと、まず「防衛」に関する解説では、 「現行憲法下では集団的自衛権の行使が否認されているとの憲法解釈を歴代政府が固執しており、(略) そこで本大綱では、国際平和実現のための国軍の保持を明記し、 相応の軍事貢献も含めた積極的協力が可能となるようにした」と「集団的自衛権の行使容認」について触れている。 安倍首相が今年、国内外の異論を押切って、集団的自衛権の行使を解釈改憲で行ったことはけっして偶然ではないだろう。 また「国民の権利及び義務」では 「情報に関する新しい権利と義務の規定」として、 「国民は法律の定めるところにより、政府及びその機関の有する情報の開示を求める権利を有する。 但し、国防・外交・公安上の機密情報及び企業、個人の秘密に関わる情報及びその公開が公共の福祉を害するおそれがあるとして 法律が定める情報については、 国はこれを保護する義務を負う」とある。書いてあることは、まさに安倍政権の「特定秘密保護法」そのものである。 ようするに、日本会議の「新憲法の大綱」が、 安倍政権下で次々に具体化しているということだ。 しかも「新憲法」への改正などといった手続きを一切ふまずに。 そう考えると、次に実現されるのは「国を守る義務」かもしれない。 「新憲法の大綱」のなかでも一段と目を引く「国民の権利及び義務」という項目には、 「国民の義務として、教育を受ける義務、納税の義務に加えて、新たに遵法義務及び国を守る義務を明記する」として、「国民」に「国を守る義務」を課しているのだ。 これは、 国防のため強制的に国民を徴用すること、 すなわち徴兵制実施を意味するのではないか?という疑問がすぐさま浮かんでこよう。

A.そうですね・・・ そうすべきですね・・・・


Q.京大文系の学問はあまり強くない? 東大・慶應と大差? * ・久保利英明、東大法、弁護士(コンプライアンス、企業統治、株主総会) ・宇都宮健児、東大法、弁護士(多重債務、消費者問題) ・山田秀雄、慶應法卒、弁護士(企業法務、民事)、メディア ・小林節、慶應法卒、弁護士(憲法・日米法)、慶大法教授 ・鎌田薫、早稲田法、法学者・弁護士(不動産・金融等)、16代早大総長 ・伊藤真、東大法、伊藤塾塾長、弁護士(憲法:護憲派) ・岩倉正和、東大法、弁護士(企業買収、租税法、知的財産法) ・八代英樹、慶應法卒、国際弁護士、裁判官(著作権、刑事訴訟) ・大東康雄、慶應法、弁護士(独占禁止法・下請法) ・倉持麟太郎、慶應法、弁護士(憲法、労働法) ・(故人)石川忠雄、慶應経、中国共産党研究、法学博士・15代慶塾長 ・(故人)澤昭裕、一橋大、通産省、東大先端研教授、エネルギー理論 ・濱田純一、東大法、メディア法・情報政策、29代東大総長 ・木村草太、東大法、1980生、憲法学・公法学:首都大準教授 ・御厨貴、東大法、政治学者、政策学院大教授 ・田中愛治、早大政経、計量政治学、早大教授、世界政治学会会長 ・岩渕美克、慶應法、選挙学会理事、日大法政治学教授 ・片山杜秀、慶応法、政治思想史・政治学・歴史、慶大教授 ・姜尚中、早大政経、政治思想史・ナショナリズム・アジア政治:東大教授 ・桝添要一、東大法、東大政治学准教授、厚労相・都知事へ ・久保 文明、東大法、アメリカ政治、東大法科院教授 ・佐々木毅、東大法、西洋政治思想史、法学博士、27代東大総長 ・北岡伸一、東大法、政治・歴史、立教大教授、東大教授、国際大学長 ・竹中治堅、東大法、大蔵省、国際政治学、政策学院大教授 ・神保謙、慶大院、国防政策、安全保障論、慶大准教授・東京財団 ・国分良成、慶應法、慶大教授、中国研究、防衛大学長 ・小此木政夫、慶應法、国際政治学者、朝鮮研究、慶大教授 ・鶴岡路人、慶應法、EU・NATO・核政策、防衛省主任研究官 ・草野厚、慶應法、東大博士、外交論、慶大SFC教授 ・藤原帰一、東大法卒、エール大院、国際政治学会理事 ・久保広正、神戸経、丸紅、EU経済、EU学会理事長、摂南大教授 ・遠藤乾、北大法、ヨーロッパ政治・EU、北大院教授 ・細谷雄一、立教法、慶大院修士・博士、慶應教授、英外交史、政治史 ・宮田律、慶應文・UCLA歴史、静岡県大準教授、イスラム研C理事長 ・板垣雄三、東大文卒、イスラム研究、東大名誉教授 ・(故)加藤寛、慶應、ハーバード院、千葉商科学長、税制会長 ・(故)青木昌彦、東大経、スタンフォード大教授、国際経済学連合会長 ・浜田宏一、東大法・経、東大教授・エール大教授(国際金融)、内閣参与 ・鳥居康彦、慶應経、経済学(統計・発展理論)、16代慶應義塾長 ・島田春雄、慶大、慶應経教授(労働経済・経済政策)、千葉商科学長 ・吉川洋、東大経、エール大院、マクロ経済、東大経済学部長 ・池尾和人、京大経、一橋院、慶大教授:ミクロ経済、日本郵政理事 ・浦田秀次郎、慶應高・慶大、スタンフォード博士、国際経済・開発経済、早大教授 ・伊藤元重、東大卒、経済番組出演多数の東大教授{ミクロ経済} ・若田部昌澄、早大政経、トロント大博士、経済学史早大教授 ・竹森俊平、慶應卒、日経・読売継続コメント慶大教授 ・柳川範之、慶應経卒、東大院、東大院経済教授、著作多数 ・飯田泰之、東大卒、1975生、駒大・明大経教授・エコノミスト ・安田 洋祐、東大卒、1980生、阪大経済准教授・経済学者 ・竹中平蔵、一橋大卒、総務大臣等へて慶大SFC教授 ・駒村康平、慶應博士、東洋大・慶大教授、厚労省顧問等 ・小林慶一郎、東大工、通産省、シカゴPhD、慶大経済教授 ・土居丈朗、阪大、東大博士、慶大教授、メディア出演 ・浜矩子、一橋大卒、同志社大院(経済)教授、エコノミスト ・橘木俊詔、小樽商大、阪大院、京大院経教授、所得・学歴研究 ・中室牧子、慶應SFC、日銀、世銀、慶大教授(教育経済学) ・樋口美雄、慶應商、労働経済、日本経済学会会長(43代) ・清家篤、慶應商院、労働経済、18代慶應塾長、社保会議座長 ・森永卓郎、東大経、三和総研、獨協大教授(マクロ・労働経済) ・中里実、東大法、租税・財政・東大教授、政府税調会長 ・金子勝、東大経、慶大教授、財政学・地方財政 ・権丈善一、慶應商、財政学、慶大教授、政府審議委員など ・植田健一、東大経、大蔵省、IMFエコノミスト・国際金融、東大准教授 ・真壁昭夫、一橋商、第一勧銀、信州大教授(金融工学、ファイナンス ・奥村昭博、慶應商、ノースMBA、組織学会理事、経営学者・教授 ・石倉洋子、上智外、ハーバードMBA、経営学、一橋教授 ・米倉誠一郎、一橋社、経営史、一橋大教授 ・守島基博、慶應文、イリノイ大Phd、一橋大商教授、経営(人事労務) ・入山 章栄、慶應経、州立大助教、早大ビジネス准教授、経営戦略・国際経営 ・友岡賛、慶應商、慶大教授:会計史・財務会計論

A.また、バイトの方からの書き込みですか。


Q.一橋大学は経済学や商学に関して進んでいるイメージがありあましたが、近年は東大や慶應のほうが有名な教授がたくさんいて学びやすいのではないでしょうか? ・・・ ・(故)加藤寛、慶應、ハーバード院、千葉商科学長、税制会長 ・(故)青木昌彦、東大経、スタンフォード大教授、国際経済学連合会長 ・浜田宏一、東大法・経、東大教授・エール大教授(国際金融)、内閣参与 ・鳥居康彦、慶應経、経済学(統計・発展理論)、16代慶應義塾長 ・島田春雄、慶大、慶應経教授(労働経済・経済政策)、千葉商科学長 ・吉川洋、東大経、エール大院、マクロ経済、東大経済学部長 ・池尾和人、京大経、一橋院、慶大教授:ミクロ経済、日本郵政理事 ・浦田秀次郎、慶應高・慶大、スタンフォード博士、国際経済・開発経済、早大教授 ・伊藤元重、東大卒、メディア出演多き東大教授{ミクロ経済} ・若田部昌澄、早大政経、トロント大博士、経済学史早大教授 ・竹森俊平、慶應卒、メディア多き慶大教授(国際経済学) ・柳川範之、慶應経卒、東大院、東大院経済教授、(金融契約・法と経済) ・飯田泰之、東大卒、1975生、駒大・明大経教授・エコノミスト(経済政策・マクロ) ・安田 洋祐、東大卒、1980生、阪大准教授・経済学者(ゲーム理論・産業組織) ・竹中平蔵、一橋大卒、慶大SFC教授・総務大臣(経済政策) ・小林慶一郎、東大工、通産省、シカゴPhD、慶大経済教授(マクロ・金融論) ・土居丈朗、阪大、東大博士、慶大教授、メディア出演(財政・公共経済) ・浜矩子、一橋大卒、同志社大院教授、エコノミスト(国際経済・国際金融) ・橘木俊詔、小樽商大、阪大院、京大院経教授、(労働経済;所得・学歴) ・中室牧子、慶應SFC、日銀、世銀、慶大教授(教育経済学) ・樋口美雄、慶應商、日本経済学会会長(43代)(労働経済) ・清家篤、慶應商院、18代慶應塾長、社保会議座長(労働経済) ・森永卓郎、東大経、三和総研、獨協大教授(マクロ・労働経済) ・中里実、東大法、(租税・財政)東大教授、政府税調会長 ・金子勝、東大経、慶大教授、(財政学・地方財政) ・権丈善一、慶應商、(財政学)、慶大教授、政府審議委員など ・植田健一、東大経、大蔵省、IMFエコノミスト・(国際金融)、東大准教授 ・真壁昭夫、一橋商、第一勧銀、信州大教授(金融工学、ファイナンス) ・奥村昭博、慶應商、ノースMBA、組織学会理事、経営学者・教授 ・石倉洋子、上智外、ハーバードMBA、経営学、一橋教授 ・米倉誠一郎、一橋社、経営史、一橋大教授 ・守島基博、慶應文、イリノイ大Phd、一橋大商教授、経営(人事労務) ・入山 章栄、慶應経、州立大助教、早大ビジネス准教授、経営戦略・国際経営 ・太田 康広、慶應経、東大修士・博士、慶大ビジネス教授、メディア(会計管理) ・醍醐聰、京大経、東大経名誉教授、財務会計論 ・友岡賛、慶應商、慶大教授:会計史・財務会計論 ・金子智明、東大工、公認会計士、管理会計:名商大院教授 ・八田進二、慶應経、青学大院教授(監査論)、監査研学会会長 ・小幡積、東大卒、大蔵省、ハーバード大PhD、慶應ビジネス院教授 ・内田和成、東大工、慶應MBA,ボスコン、早大ビジネス教授 ・三谷宏治、東大理、INSEAD MBA、ビジネススクール教授 ・高木晴夫、慶應理工、ハーバードMBA博士、慶大MBA教授 ・遠藤功、早大商、外資コンサル社長、ボストンカレッジMBA、早大ビジネス教授 ・堀義人、京大工、住友商事、ハーバードMBA、グロービス学院長 ・田久保善彦、慶應理工、三菱総研、スイスIMD、グロービス研究科長

A.マスコミに売れている先生がいくらいても意味ないのでは?


Q.京大では経営学という分野はあまり学べないのでしょうか? 経済学で有名な先生など(全国、世界レベル)いれば教えてほしいです(あまり古くない人で) ・・・ ・(故)加藤寛、慶應、ハーバード院、千葉商科学長、税制会長 ・(故)青木昌彦、東大経、スタンフォード大教授、国際経済学連合会長 ・浜田宏一、東大法・経、東大教授・エール大教授(国際金融)、内閣参与 ・鳥居康彦、慶應経、経済学(統計・発展理論)、16代慶應義塾長 ・島田春雄、慶大、慶應経教授(労働経済・経済政策)、千葉商科学長 ・吉川洋、東大経、エール大院、マクロ経済、東大経済学部長 ・池尾和人、京大経、一橋院、慶大教授:ミクロ経済、日本郵政理事 ・浦田秀次郎、慶應高・慶大、スタンフォード博士、国際経済・開発経済、早大教授 ・伊藤元重、東大卒、経済番組出演多数の東大教授{ミクロ経済} ・若田部昌澄、早大政経、トロント大博士、経済学史早大教授 ・竹森俊平、慶應卒、日経・読売継続コメント慶大教授 ・柳川範之、慶應経卒、東大院、東大院経済教授、著作多数 ・飯田泰之、東大卒、1975生、駒大・明大経教授・エコノミスト ・安田 洋祐、東大卒、1980生、阪大経済准教授・経済学者 ・竹中平蔵、一橋大卒、総務大臣等へて慶大SFC教授 ・駒村康平、慶應博士、東洋大・慶大教授、厚労省顧問等 ・小林慶一郎、東大工、通産省、シカゴPhD、慶大経済教授 ・土居丈朗、阪大、東大博士、慶大教授、メディア出演 ・浜矩子、一橋大卒、同志社大院(経済)教授、エコノミスト ・橘木俊詔、小樽商大、阪大院、京大院経教授、所得・学歴研究 ・中室牧子、慶應SFC、日銀、世銀、慶大教授(教育経済学) ・樋口美雄、慶應商、労働経済、日本経済学会会長(43代) ・清家篤、慶應商院、労働経済、18代慶應塾長、社保会議座長 ・森永卓郎、東大経、三和総研、獨協大教授(マクロ・労働経済) ・中里実、東大法、租税・財政・東大教授、政府税調会長 ・金子勝、東大経、慶大教授、財政学・地方財政 ・権丈善一、慶應商、財政学、慶大教授、政府審議委員など ・植田健一、東大経、大蔵省、IMFエコノミスト・国際金融、東大准教授 ・真壁昭夫、一橋商、第一勧銀、信州大教授(金融工学、ファイナンス ・奥村昭博、慶應商、ノースMBA、組織学会理事、経営学者・教授 ・石倉洋子、上智外、ハーバードMBA、経営学、一橋教授 ・米倉誠一郎、一橋社、経営史、一橋大教授 ・守島基博、慶應文、イリノイ大Phd、一橋大商教授、経営(人事労務) ・入山 章栄、慶應経、州立大助教、早大ビジネス准教授、経営戦略・国際経営 ・醍醐聰、京大経、東大経名誉教授、財務会計論 ・友岡賛、慶應商、慶大教授:会計史・財務会計論 ・金子智明、東大工、公認会計士、管理会計:名商大院教授 ・八田進二、慶應経、青学大会計大院教授、監査研学会会長 ・小幡積、東大卒、大蔵省、ハーバード大PhD、慶應ビジネス院教授 ・内田和成、東大工、慶應MBA,ボスコン、早大ビジネス教授 ・三谷宏治、東大理、INSEAD MBA、ビジネススクール教授 ・高木晴夫、慶應理工、ハーバードMBA博士、慶大MBA教授 ・遠藤功、早大商、外資コンサル社長、ボストンカレッジMBA、早大ビジネス教授 ・太田 康広、慶應経、東大修士・博士、慶大ビジネス教授、メディア ・堀義人、京大工、住友商事、ハーバードMBA、グロービス学院長 ・田久保善彦、慶應理工、三菱総研、スイスIMD、グロービス研究科長

A.有名とはどういう意味でしょうか? 京都、神戸には優れた経済学者がいますが。


エコノミスト社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 05:51:34