出版社「ハウジングエージェンシー」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>ハウジングエージェンシー

ハウジングエージェンシー 公式ホームページ

ハウジングエージェンシー
ハウジングエージェンシー

ハウジングエージェンシー 関連通販

ハウジングエージェンシー 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.今年インテリアコーディネーターの試験を受けようと思うのですが、持っているテキストは3年前に購入した、ハウジングエージェンシーが出している合格教本8版と過去問題集です。 過去問は今年新 しいのものを購入しようと思っていますが、合格教本は3年前のものでも問題ないでしょうか?

A.昨年独学で受験して合格しました。関連の実務に従事してます。 私自身は協会のハンドブックは購入したもののほぼ放置。過去問と最新の選択問題集で乗り切りました。 問題傾向が実務寄りだったこともあり、試験勉強よりも日頃の仕事で得た情報に助けられて合格ラインに乗ったという感じです。 関連の仕事をされているのであれば、ある程度は新鮮な情報が自然と入ってくると思うので 余裕で合格とまで行かずとも合格ラインまでカバーするにはそれでも充分ではないかと思います。 そのような環境にないようでしたら、スクールの教本ではなく協会の出しているハンドブックが必須だと思います。 ICの試験問題はハンドブックから出題されますので、これさえ読み込んで理解すれば合格できます。 正直、「(業界の)常識的にこれって??」と思うような出題もたまにありますが、ハンドブックの書き方やその内容がIC試験における全ての正解です。 ハンドブックを読み込むことをオススメします。


Q.資格取得について。 現在、インテリアコーディネーターの資格、キッチンスペシャリストの資格、 どちらを先に取得に向けて取り組もうか悩んでおります。 主人がインテリア家具販売、製造、輸入の仕事(経営)をしております。 今までは、子育てもあり忙しい時などに販売等を手伝う程度でしたが 来月から本格的に、仕事を手伝う事になりました。 家具の商品知識等は、主人から長年色々と教わっているんですが 根本的な基礎を知りません。図面に関してもです。 また、キッチンの販売もおこなっている為、提案などができません。 本格的に働く上で、この2つの資格は自分の知識として習得せねばならないと 思っており、まずは、どの資格から取り組めばよろしいでしょうか? 小さい子どももいる為、取得にあたり通信講座で取り組むつもりです。 また、通信講座で視野に入れているのは、ICでは、ユーキャン、ハウジングエージェンシー。 キッチンスペシャリストでは、ハウジングエージェンシー、産業能率大学です。 初心者でもわかりやすい通信講座を、あわせてご教授お願いします。 よろしくお願いいたします。

A.インテリアコーディネーターとキッチンスペシャリストの両方の試験を目指されているとのことですが、どちらがいいかはご本人さん次第というところもあるのでなかなか難しいのです。しかし、取得のスケジュールでいうとすでにご存じだと思いますが、 インテリアコーディネーター(以下IC) 1次 10月第2日曜日 2次 12月第1日曜日 キッチンスペシャリスト(以下KS) 学科・実技 12月第1日曜日 (H28年からICの2次試験とKSの午前実施の試験は重複受験が可能になります) となっています。 ICを優先すると順調に行った場合今年でIC試験とKS試験の実技試験(平成28年は午前試験)を合格することが出来、来年KSの学科だけを受ければよいことになります。 KSを優先すると、今年はKS試験のみ、来年IC受験となります。 学習にどれぐらい時間をとれるかということもありますが、内容的に重なる部分もある試験なので、私はICを優先されたほうがいいと思います。お仕事柄キッチン以外のこともあると思うので、知識としても知っていて無駄にならないと思います。また、ICを優先しておけば、仮に学科(10月)が不合格だった場合はKS試験の受験申し込み期間がIC試験後まであるので、KS(学科・実技)を取得することも可能です。逆の場合は、仮に不合格になると時間がよりかかってしまいます。 ということで、内容を踏まえない話になってしまいましたが、ご参考にしていただければ幸いです。 講座については資料請求をされてご自身で比較検討されるとよいと思います。不明な点など電話で問い合わせてみると受講後の質問対応などの参考になるのではないでしょうか? がんばってください。


Q.第33回インテリアコーディネーター資格試験でハウジングエージェンシーから合否判定がDできました。 ダメだったということで、二次対策はもうしなくて大丈夫ですよね。

A.私も今判定を見まして、138点でD判定でした。 C以上が合格の予見ありなので、2次試験の勉強はしないつもりです。 もし、11月11日に合格の通知が来た場合は、そこから始めて短期間でやれるだけやって2次に挑んで、1次突破すれば3年の猶予があるんでのんびりできるかなと思ってます。 なんにしても、仕事の両立をしながら、親にも職場にも迷惑をかけながら、2回目の挑戦だったので悔しいです。 ただ、これが落ちたからって人生を棒に降るわけではないし、気を取り直してお互い頑張りましょう!


Q.インテリアコーディネーターの資格を取得されたとうかがいましたが、用語辞典をハウジングエージェンシー発売のものでゎなく、井上書院の方を勉強なさったのですか?

A.こんにちは。 久しぶりに見てみたら、質問が入っていたので気づいて良かったです。 私は本屋で中身を見て井上書院の「図解 インテリアコーディネーター用語辞典」を購入し、使用して勉強してました。 確か、アマゾンのレビューではなくどこかのサイトで合格者の方がおすすめされていたので、手に取ったように思います。 ハウジングエージェンシーの「まとめてわかるインテリアコーディネーター テーマ別用語辞典」は手に取って見たことはないのですが、Amazonのイメージ画像を拝見してみました。 こちらも分かりやすそうなイラストですが2色刷りなのですね。 井上書院の方はすべてカラーのイラストです。 質問を受けて中身を確認しようと本棚から出して見たら、あちこち(覚え辛かった部分)に付箋がついていて結構くたびれていました。 私は井上書院のものでじゅうぶんでしたが、アマゾンのイメージ画像を見る限りハウジングエージェンシーの方も良さげですね。 イラストが豊富だったり、図が分かりやすければどちらでも質問者様の好みで選択されると良いと思います。 もし可能でしたら本屋で見比べられると良いですね。 勉強、頑張ってください。


ハウジングエージェンシー 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:32:43