出版社「ペヨトル工房」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>ペヨトル工房

ペヨトル工房 公式ホームページ

ペヨトル工房
ペヨトル工房

ペヨトル工房 関連通販

ペヨトル工房 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.戦時中に諜報活動をしていた川島芳子(東洋のマタハリと呼ばれた)という人は、本当は処刑されずに身代わりが処刑された、というのを、今は絶版になったペヨトル工房出版『上海』という本で読ん だんですが、信憑性はありますか? 愛新覚羅溥傑(ラストエンペラー、溥儀の弟)の日記に『川島芳子はアメリカ人が確認する中、替え玉の処刑後、逃げ延びた』というような記述があるらしいのですが、その後調査などで解ったことはあるのでしょうか?

A.処刑直後から、生存説がささやかれていました。 理由としては、 漢干裁判(中国人への裏切り行為)の処刑は公開されるのが普通(見せしめ)であるが、川島芳子の場合、非公開 処刑後公開された写真では、顔面の損傷が激しく、本人確認ができない。 処刑前に面会したジャーナリストの証言では、髪は短髪だったが、処刑後はロングだった。 処刑後の中国の新聞の報じたところでは、余命少ない娘を金の延べ棒10本と引き換えに差し出すように頼まれた中国人親子がいること、母親は承諾したが、金の延べ棒は4本しかくれなかった。そのため新聞社へたれ込んだ。 等の理由があります。 日本のテレビでも何度か、川島芳子生存説番組が放送されました。 日本人男性と結婚し1950年代まで生きた.娘が独りいると言う説 清王朝の末裔が金の延べ棒を用意して、看守を買収し、逃亡させた。 元満州国警察官や、満鉄関係者にかくまわれ方おばあさんとして老後を過ごした。 遺骨のDNA鑑定も行われましたが、遺骨の状態が悪く判定不能でした。 中国政府(共産党)は2009年再調査を行い、生存説を否定しています。 台湾(国民党)も2009年に処刑に関する資料を公開し、生存説を否定しています。 日本の放送局は、希望的生存説を支持する傾向がありますが、 中国は、完全否定で一致しています。 詳しくwikiで 川島芳子 を検索してみて下さい。


ペヨトル工房 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 07:23:34