出版社「三修社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>三修社

三修社 公式ホームページ

三修社
三修社

三修社 関連通販

三修社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.大学で第二外国語としてドイツ語を選択しました。 辞書を買わなくてはならないのですが、つぎの3つで悩んでいます。 (表紙のデザインが綺麗なものを選んだだけで、この3つに特にこだわりはありません。笑) どれが良いでしょうか? ・アポロン独和辞典 同学社 ・新マイスター独和辞典 大修館辞典 ・新現代独和辞典 三修社 ※5〜8万語レベルの独和中型辞典(中古でも可)を推奨されています。

A.chielien_96408893e25cd45b175345f4fさん、 1回生の普通の授業でしか使わないのであればその3冊なら新マイスター。 一般教養でもゼミナールとか少し難しいコースでも使うのであれば郁文堂の独和辞典でしょう。 間をとって大修館のマイスターも良い辞書。


Q.フランス語文法、条件法を用いた仮定に関する質問です。 只今取り組んでいる問題集にて Si nous avions plus d'argent, nous ( ) en Europe. もっとお金があったら、我々はヨーロッ パに行っていただろう。 という問題がありました。この( )内に動詞を当てはめて適切に活用しろ、という設問なのですが、それが【条件法過去】を当てはめろ、というのです。 Si節は直説法半過去ですので、その帰結には条件法現在を用いるのではないのでしょうか? 参考書を見ても【Si 直説法半過去, 条件法過去】の用法は載っておりません。 もしマイナーなだけでそういった用法があるのでしたら教えて頂きたいです。 因みにですが、使用しておりますのは三修社出版の『もやもやを解消!フランス語文法ドリル』の第一版です。実を申しますと誤植が目立つので一度検索致しましたら、案の定誤植訂正の案内が御座いました。 しかし今回の問題文の件はその誤植リストに含まれておりませんでしたので、こちらにて質問した次第でございます。 何方かフランス語文法に明るい方、ご教授頂けると幸いです。宜しく御願い致します。

A.「事実に反する仮定とその帰結」を示すスタンダードなパターンは 「Si + 直説法半過去、条件法現在」(現在) 「Si + 直説法大過去、条件法過去」(過去) のふたつですが、別の組み合わせもないわけではありません。 「Si + 直説法半過去、条件法過去」もありえます。この場合、帰結節(後半部分)は過去の話ですが、条件節(si以下)は「過去から現在に続く仮定」となります。文法書からふたつ例文を引いておきます。 S'il était plus patient, il aurait achevé son instruction. もっと辛抱強ければ、彼は学業をやりとげていたろう。 この場合、「事実に反する仮定」は過去だけの話ではなく、現在をも含んでいます。「彼」は過去から今日に至るまでずっと「辛抱強くない」のです。 Si tu m'aimais, tu m'aurais dit la vérité. あなたが私を愛していたら、本当のことを言ってくれたでしょうに。 「あなた」は過去も今も私を愛していない、という含みを持った仮定だと言えましょう。 結論。 Si nous avions plus d'argent, nous serions allés en Europe. という文章には、少なくとも文法上の問題点はありません。 ただ、この組み合わせは「初級文法」では普通扱われません。あなたのドリルがどういうレベルの本なのかわかりませんのでなんともいえませんが、上記のような説明なしにいきなり変則的な組み合わせを持ち出してくる、というのも少々奇妙な気がします。誤植の可能性もあるでしょう。


Q.ハイレベルでオススメの英語の辞書や文法書や参考書や問題集があれば教えてください。 ただし代ゼミ、河合、駿台、Z会、東進(ナガセ) 旺文社、研究社、開拓社、 桐原、小学館、文英堂、日英社、KADOKAWA(中経出版)のものは除きます。 上記であれば80年代以降のものであればおそらく全部チェック済みです。 金子書房や語研や三省堂や三修社やDHCといったマニアックなとこはあまりチェック出来てません。

A.確か、駿台の難関大シリーズはかなり手応えがあったと当時思いました(今もあるかは分かりません、すいません) 大学受験はあくまで万人向けの門戸であり、通過点ですので、英語のエキスパートとしてそれ以上を目指すのであれば英検1級、国連英検の問題集になるかと思います。


Q.三修社の「プロが教える基礎からの翻訳スキル」の内容について質問です。 Nature,which she represents, is the mother of all things. (彼女が象徴する自然は万物の母である。) とあるので すが、このように無冠詞のNatureに非制限用法の関係詞がつくと、sheが象徴するものこそがNatureだと言っているように感じるのですが、この英文は正しいのでしょうか。 ちなみに前後文はありません。 未熟者で判断がつかないので、詳しい方教えて頂けると助かります。

A.質問が難しくて、どう答えたらいいのか分かりませんが、原典を検索したら、この英文の直前にIsis(イシス エジプト神話の「豊穣と受胎の女神」)がありました。単に「自然、それはイシスに象徴されるのだが、万物の母である」でいいんじゃないでしょうか。


三修社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 05:56:26