出版社「中央法規出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>中央法規出版

中央法規出版 公式ホームページ

中央法規出版
中央法規出版

中央法規出版 関連通販

中央法規出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.中央法規出版の精神保健福祉士の受験ワークブックは問題集としては、物足りないでしょうか? ちなみに同じ中央法規出版の過去問、模擬問題集は購入して、役立っています。

A.人によります。。。。


Q.社会福祉士試験に受かった、あるいは勉強中の人に質問です。社会福祉士試験の参考本について。まず、中央法規の基本解説書を読んでから過去問などの問題集をやっていますが、基本解説書で書いて いない人物名.用語.法律が数多く出てきて、これでは基礎ができていないと不安です。皆さんは、大体の範囲を網羅するための基本の参考本はどこ出版の何を使っていますか?

A.中央法規のどのテキストですか? ワークブックなら、ほとんどの項目が掲載されていると思いますが。 基本的にはテキストに載っていない項目は、過去問の解説を読む程度で十分です。 過去問には難問奇問も含まれていますから、そのすべてを掲載するとなると、数千頁にもなってしまいます。 社会福祉士は6割取れれば合格できる試験です。8割9割取る必要はありません。基礎を確実に押さえ、未知の問題は既存の知識から類推すれば、100点くらいは取れます。 社会福祉士試験落ちる人の特徴をあげておきますね。 ・綺麗にノートをつける ・何冊もテキスト使う ・細部にこだわる ・予想問題集をメインに勉強する 綺麗なノートを作る時間があるなら、1問でも多く問題を解き知識を確実した方が良いです。テキストへの書き込みで対応しましょう。ノートを作る事が目的になってしまい、実は覚えていない人が多いです。 自分あったテキストに集約した方が良いです。各テキストで表現や解説が異なりますので、混乱の元になり覚えられません。 上で書きましたが6割取れれば合格できます。難問奇問はスルーで時間節約。その時間を基礎固めに利用します。 予想問題集は未知の問題が多く掲載されています。難問奇問が多く含まれるので注意が必要です。 私は11月下旬に勉強をはじめましたが、この方法で十分に間に合いましたよ。頑張ってください。


Q.私は既に社会福祉士の資格を持っておりますが、これから社会福祉士養成講座のテキストを新たに購入し、もう一度勉強をし直したいと考えています。 ところが、社会福祉士養成講座テキストは複数出版社があります。迷っているのが、中央法規とミネルヴァ書房の社会福祉士養成講座テキストです。どちらかを購入したいと思っていますが、決めかねています。 皆様だったらどちらがよいか(好きか)、理由も込めて教えて下さるとありがたいです。 よろしくお願いします。

A.ご自身で分かりやすいなどの好みが無ければ、中央法規が良いとは思います。 過去の問題や社会福祉士に関する内容、近年の動向などをよく研究されていると思いますよ。


Q.ケアマネ試験について教えてください。 現在晶文社の基本問題集の上下を使用して勉強しています。 下巻の方の医療福祉分野は終わり支援分野に取り組んでいます。 中央法規出版のワークブック も参考書として購入しました。 そこでなのですが、晶文社の上巻の勉強を終わらせてから中央法規出版のワークブックをやるのと、それとも晶文社の問題集を中止して中央法規出版のワークブックをやってから模擬問題の方に入った方が効率がよいですか? 今試験の日にちが迫ってきて焦りを感じています。教えてください。

A.ワークブックをしてから、模擬問題をしたらどうでしょうか。 なぜかというと模擬問題をしたらかといって、本試験で、同じ問題はほとんど出ません。つまり、当たりません。同じような内容という範囲を広げると少しは当たるかもしれませんが、期待しないほうがいいです。 ワークブックに書いてあることが、本試験で出る確率がはるかに高いです。 ワークブックをじっくり読み進めることができなければ、模擬問題を先にしてもいいですが。 効率という点でみれば、頑張ってワークブックを読んだほうがいいです。 ワークブックを最初のページから最後まで、すべてを暗記するのは不可能です。 例えば、介護支援専門員の基本姿勢なんて、常識的なことばかりですから、暗記するという当たり前でしょうって感じで読み進めたらいいですよ。 ワークブックの一番最初の単元、高齢者うんぬんは、ここ数年出題されてないので飛ばしてもいいです。読むとしたら、試験前日に1回読んでおけばというところです。 単元「被保険者」も出る確率は低いです。ケアマネとして知ってて当たり前でしょう。という内容ですから、近年出題されていません。力を入れて勉強するところではありません。 要介護認定に関するところは、毎年必ず複数出題されますから重要ですよ。 勉強は大変ですが頑張って下さい。


中央法規出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:32:28