出版社「判例タイムズ社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>判例タイムズ社

判例タイムズ社 公式ホームページ

判例タイムズ社
判例タイムズ社

判例タイムズ社 関連通販

判例タイムズ社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.交通事故の過失割合について。 カタカナの「ト」の字の様な直進と右折ができる信号機がある交差点での事故のことです。 右折専用レーンはなく片側一車線の道で、右折の際に中央に寄ることに支障は無く、また直線距離はあまり無い道路です。 信号待ちが終わり先頭にいた車は直進しましたが、その先にも信号があり、渋滞となり直進する後続車は続いていけない状況です。 その先頭車の次にいた車Aは先頭車が進んだことにつられて少し前進しましたが、停止線をやや超えたあたりで止まっています。この時点で対向車や歩行者は全くおらず、前方にも車は無かったため、Aは右折することは可能でした。 そのAの後ろにいた車Bは右折をするために30m以上手前より指示器を出して停車していました。 BはAがしばらくの間、動かないことを確認(直進待ちと判断)し、右折するために車線の中央に徐行で動いたところ、急にAが右折側に発進し、接触事故が起きました。 接触後の位置関係はBがやや前方におり、横断歩道に差し掛かっているか、それより少し手前の位置です。 接触箇所はAの右前方(ヘッドランプ下部からホイールよりも前方部分)とBの側面(サイドミラーから助手席側ドア付近)です。 Aの運転手は指示器を出していたことを主張していますが、Bの運転手(搭乗者含め)はそれは全く確認していません。 Aとしては右折しようとしていたのにBが急に追い越してきた。BとしてはAは指示器を出さず、中央にも寄っていないのに急に右折に切り替えた。 と、いうことになります。 そこで判例タイムズ社の基準等と照らし合わせても完全に一致する例が見当たりません。 これが「追い越し禁止域(交差点)での右折車と追い越し車の事故」となる場合はA:Bは1:9になりますが、「あらかじめ中央に寄らない右折車と後続車の事故」となる場合は8:2と判定がほぼひっくり返ります。 もちろん両者にその他の過失加算も考慮する必要があるかと思いますが、判例の解釈からどちらのパターンの方が近いのでしょうか? 詳しい方がおられたらご教授下さい。

A.まず追い越しによる事故になると思われます。 相手側が仮に直進するにしても交差点手前で止まってるなら追い越すように右折せずに手前で止まってるべきだったと思います。無理して右折した結果事故になったというべきでしょう。 相手側がウインカーを出してなかったとありますがドライブレコーダーなど証拠がなければ相手は出してたと言い張ってるなら認められない可能性も高いです。 実際事故状況を思い浮かべてみても質問者側は前方の車を追い越すように右折しようとしてたわけですからどう考えても通常の右折とは考えづらく反対車線に逆走気味に右折しようとしたなど質問者さまはウインカーを出してないと違反を指摘してますが質問者様の方がやり違反にしても重いと思いますが。また違反を証明するにしても言って見れば状況的に違反をしなければ右折できないような状況ですから状況証拠もあるわけですし。


Q.1.交通事故の過失割合を70:30(ケメ子:マル男)とか 30:70(マル男:ケメ子)などで言われますが、 先に言う方、後から言う方の 何かルールとか決め事などあれば教えて下さい。 2.また、判例タイムズ社の図は A車、B車で表現でされているようですが、これは被害者から加害者とかの順番でされているなどの基本的な決め事があるのでしょうか? 教えて下さい。どうぞ宜しくお願い致します。 http://my.yahoo.co.jp/

A.A1.事故処理に携わる人たちの中では、自分(側):相手(側)という順序で表現するのが一般的です。例えば、保険代理店が契約者に対して「今回の事故は3:7ですね」といえば、契約者3:事故相手7の過失割合で、反対に7:3といえば、契約者7:事故相手3ということですね。 でもなぜか一般の人の中では、相手の過失を先に言ったり、単純に過失の大きい方を先に言ったりするようですね。 A2.特に意味はありません。その事故例・判例を見てどちらがAにあたり、どちらがBになるのか、純粋にそれだけを示しています。加害者だとか被害者だとか、そういった概念は含まれてないですね。


Q.あいおいニッセイ同和と交差点内の自動車事故の過失割合(当方0:100主張、相手10:90主張)で揉めています。ご意見ください。 あいおいニッセイ同和(以下AD社)と自動車事故の過失割合で揉めています。AD社の担当者は「契約者があくまでも10:90を主張しているので、この判断はかわりません。」と言って譲りません。当方には弁護士費用特約がありますので、弁護士に委任することも可能ですが、大した金額でも無いため、早々に決着させたいと思っています。今後の対応策・ご意見等いただければ助かります。 <事故の詳細> ・4輪車対4輪車(当方ボンゴ、相手ウイングロード) ・信号の無い交差点で道幅は同じ。当方側はセンターラインがある優先道路。相手は一時停止あり。 ・当方が優先道路の交差点に入った時に、右側から相手が一時停止ありの所、一時停止をせずに当方車両の右側後方タイヤ 部分に相手の前面が衝突。その衝撃で当方車両が反対向きになり、反対車線走行中の第三者に接触。 ・当方の車両は平成18年の車で時価額37万(AD社立ち合いの結果)、相手の損害額は未確認。第三者損害も未確認。 <これまでのやり取り> (AD)「この手の事故の基本は10:90となっており、10:90を主張。両車が動いていることもあり、0:100は通常ありえない。」 (当方)判例タイムズをFAX送付したうえで「判例タイムズ【58】では確かに基本10:90となっているが、AD社側に著しい過失が あれば△10となる。著しい過失の要件は【51】【54】に記載の通り、『一方の先入が明らかな場合』『時速15km~30kmの 速度違反』などがあり、一時停止していない事実を運転者が認めている事、当たっている個所が右後方タイヤ部分であり 当方が明らかに交差点に先入している事、当方が衝突された影響で進行方向が逆転するほどの力(速度)で当たっている 事からして、明らかに『著しい過失』に該当する。」と主張。 (AD)当方車両が交差点に先入しているかどうかは事故車を見ているAD社のアジャスターに確認します。とのことだったので 確認してもらったら「アジャスターは当たっている個所を見ても(当方車両が)先入しているかどうかわからない。」との回答 だったとの事。 (当方)AD社のアジャスターに電話で直接聞いた所「先入しているかどうかは聞かれていない。速度が出ていたかどうかを聞か れ、「優先道路を走行していたので優先道路側の速度が出ていたと思う。」と回答したとの事。

A.双方の担当者を呼んでください。 呼ぶ場所は、あなたが特約で用意した弁護士事務所へ。 こちら側で弁護士を用意、担当者が0:10であることを主張してください。 あなたはその様子を見ていて裁判を起こすか判断してください。 ーーー追記確認ーー 契約者そう言っている以上、相手の保険屋は意見を変えません。 なので特約を使って弁護士を入れるしかありません。 ですが相手も特約で弁護士を入れますので、あなたがしっかりと証拠を用意できるのであれば0:10になります。 今回は保険屋に何を言っても無駄なので、どうしてもというなら裁判をする。 裏技としては医者に行き診断書をとってくる。物損事故から人身事故に切り替えるけどいい?それとも0:10にする?と揺さぶるか。 診断書が取れればですが。


Q.交通事故でバイク全損となってしまいましたが、皆さんはどの程度損害賠償を受けることが出来ましたか? 先日、オートバイ対車の交通事故で、当方のバイク(大型車2004年式)及び相手の車(軽9年落)が全損となりました。 過失割合は決定していませんが、5:95~15:85程度となりそうです。(当方が5~15) 早速相手の任意保険会社より時価額の提示がありましたが、市場価格より大分下回っていました。 そこで質問です。 事故に遭われた方で、物損に関して ①全損=時価額の交渉を行い金額アップが出来たか? ②オプションパーツの損害賠償は受けたか?(私は、セキュリティ・マフラー他で30万程度) ③衣類・ヘルメット等はどうか?(ヘルメットは、事故で衝撃を受ければ使用できなくなると思います。=新品?) ④過失割合についても、判例タイムズ社の資料では上記の割合と書かれていますが、当方の過失は0に近いと考えています。 検察庁より資料を取り寄せて交渉した方はいらっしゃいますか? 被害者としては、満足出来る損害賠償を受けたいのですが、このサイトで見る限り保険会社より十分な補償を受けられなそうです。少しでも損害を減らす事が出来ればと考えています。 皆様のご経験等お聞かせ下さい。

A.買い替え諸費用として請求出来るもの、 1 車体本体価格とそれに対する消費税 2 自動車取得税 3 登録・車庫証明の法定費用 4 検査登録手続代行費用 5 車庫証明手続代行費用 6 納車費用 7 手続代行費用及び納車費用に対する消費税 車検残存費用として請求出来るもの、 いずれも車検の有効期間の未経過分を請求します。 1 検査登録手続代行費用 2 車庫証明手続代行費用 3 納車費用 4 手続代行費用及び納車費用に対する消費税 5 事故車の廃車・解体費用 裁判所の認める原状回復とは、同程度の車の購入費用+調達までの代車費用+乗って走れるまでの諸費用+現車の廃車費用+レッカー代の合計額です。 中古車センターに協力を求め、上記の表を完成させることです。 保険屋さんは、表向きは全面否定、門前払いとしています。 従って、電話で軽い乗りで請求しても相手にされません。 請求はファイルをまとめ文書で行い、回答も文書で求めるのです。 冷静に請求を行えば、否定する法的な根拠がありませんから、保険屋さんも重い腰を上げます。 上記は自動車の全損諸費用として説明したものですが、二輪車であっても、扱いに違い、差はありません。 オプションパーツ、ヘルメット、着衣の損傷は減価償却後の賠償となります。 http://www.jiko110.com/contents/busson/busson/index.php?pid=6065&id=1141204665#1141204665 http://www.jiko110.com/contents/busson/busson/index.php?pid=6065&id=1141204778#1141204778 判例等の詳細は、上記で説明しています。 参考にしていただければ、幸いです。 以上です。 交通事故110番 宮尾 一郎


判例タイムズ社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:18:49