出版社「勁草書房」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>勁草書房

勁草書房 公式ホームページ

勁草書房
勁草書房

勁草書房 関連通販

勁草書房 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.民法「相手方のない意思表示」とは何ですか?? 勁草書房 我妻榮さんの民法第三版P149の真ん中に書かれているのですが、相手方のない単独行為とは別物なのでしょうか?? 別物であれば具体例を出して頂けると幸いです。ご回答よろしくお願いします。

A.相手方のない意思表示なんだから、単独行為もその中に含まれるのは自明のことでしょ? 契約には相手方が必要なんで、残りは相手方のない合同行為です。 会社設立するのに相手方なんかいないでしょ?


Q.細かいことですが、「生」とは何でしょう。 勝海舟談話『氷川清話』の中に、 「それで、山岡鉄太郎が「静岡に行って西郷に会う」というから、おれは一通の手紙を托(ことづ)けて、西郷へ送った。」 とあるのに関連して、『海舟日記』(勁草書房)の慶応四年三月五日に、 「旗本山岡鉄太郎に逢う。一見その人となりに感ず。同人申す旨あり、益満生を同伴して駿府へ行き、参謀西郷氏へ談ぜむと云う。我これを良しとし、言上を経てその事を執せしむ。」 とあります。「益満」というのは、益満休之助なのですが、そのあとについている「生」というのは何でしょう。細かいことで恐縮ですが、気になったものですから。よろしくお願いいたします。

A.現代的な「生」の用法は①男子が自らをへりくだっていう語。「小生」②男子が自分の名に付けて、へりくだる意を添える。多く手紙などで用いられる。「佐藤生」ですが、この場合は意味が違いますね。 益満休之助は勝海舟の屋敷に長く預けられていましたし、年齢は勝が19歳年上です。「生」には弟子の意味もありますので、おそらくそのニュアンスではないでしょうか。敬称なら西郷に使ったように「氏」を使うでしょう。


Q.水谷豊の映画『少年H』は、山中恒氏に指摘された数々の原作の『誤り』を訂正していますか。それとも、原作の底流『共産党万歳』を臆面もなく、押し出していますか。 『間違いだらけの少年H』 山中 恒氏の最近の労作。学生時代から氏の『ボクラ少国民シリ-ズ』等愛読してました。 『おれは陽気なガン患者~心筋梗塞もやったぜ!』という本にも書かれているように、ガンを患い、心筋梗塞の発作を既に2回起こしている身体で(心筋梗塞の発作は3回目が危ない!)よくぞここまで、と呆れるくらいの執念の賜物。 3年程前ベストセラ-になり、テレビ・劇化もされた妹尾河童氏の『少年H』の内容がいかに史実と懸け離れているか、を1つ1つ実証的に暴いています。 「筆者の分身であるH一家が15年戦争・太平洋戦争時代の神戸で熱心なキリスト教信仰を支えにリベラルな考え方、言動を失わずに明るく生きていたという内容は、すべて間違い。 実際にはあり得ない。 戦後になってからの後智恵と資料の剽窃でデッチ上げたもの。」というのが、批判の要旨です。 この紹介がメチャメチャきついまとめかたと思われた方も多いと思いますが、本文はもっときつい。 これを読まれた妹尾は、すごいショックだったらしく、『少年H』をこっそり多量に書き直したそうです。 他の推薦図書『子どもたちの太平洋戦争』(山中恒著.岩波新書) 『間違いだらけの少年H 銃後生活史の研究と手引き 』/山中恒/著 山中典子/著 [本] 辺境社 「少年H」の盲点 忘れられた戦時史 山中 恒・山中 典子 著 46 ・ 292ページ ・ 2,520 円 (税込) 2001年7月30日発行 4-326-95031-5 978-4-326-95031-7 発行元:勁草書房 出版元:勁草書房

A.妹尾河童さんは子どものまっすぐな視線を通して、戦時下の日本の歪みを描きたかった。 山仲恒さんは、子どもたちを洗脳し、日本は自衛のための戦争をやったと信じ込まされたということを表現したかった。 どちらも表現の仕方が違っただけです。 水谷豊さんと伊藤蘭さんの初共演で、最近、国際的な賞をとったことで話題になりましたね。 「少年H」、観に行きたいです。


Q.原爆が神の業かどうかは、別にして、バ韓国中央日報の記事は『剽窃』『盗作』ですか。 成犬作や、立教大学の元教授武谷三男や、滋賀県知事嘉田由紀子が『原爆』を礼賛し、被爆者を貶めるという論理を駆使しています。 優秀なジャーナリストと言う評価は間違いなんですかね。 1.日本未来の党・嘉田由紀子氏 「この選挙は3.11以降、初めての国政選挙なんですね。 実は、第2次世界大戦は2つの原爆で、戦後・戦中の軍国主義から抜け出ました。 http://www.youtube.com/watch?v=jgAJbfHPSQA&feature=youtu.be&t=6s 2.戦後まもなくで言えば、反戦・平和の物理学者『武谷三男』は、 原爆は日本軍国主義を滅ぼすために必要だった。 と絶賛していたもの。下が証拠。 武谷三男(1982)『科学者の社会的責任』、勁草書房。 今次の敗戦は、原子爆弾の例を見てもわかるように世界の科学者が一致してこの世界から野蛮を追放したのだとも言える。 そしてこの中には日本の科学者も、科学を人類の富として人類の向上のために研究していた限りにおいて参加していたと言わねばならない。 原子爆弾を特に非人道的なりとする日本人がいたならば、それは己の非人道をごまかさんとする意図を示すものである。 原子爆弾の完成には、ほとんどあらゆる反ファッショ科学者が熱心に協力した。・・・(同書51ページ) この武谷も、平和運動では、教組サマだったな。 3.大東亜戦争の際、日蓮正宗を国家が弾圧し、創価学会を弾圧し、二度の原子爆弾の投下をされております。一発は九州、一発は広島。日本の国が正法を誹謗した報いです。 『会長講演集 第三巻』 P290~291 4.中央日報は、20日付の論説委員のコラムで、安倍総理大臣が視察で搭乗した航空自衛隊の練習機の機体番号が、かつて細菌兵器の人体実験をしたとされる旧日本軍の部隊名と同じ「731」だったことを非難しました。そのうえで、原爆投下は「人体実験の犠牲者らの復讐で、神の懲罰だった」として、非戦闘員への大量殺戮(さつりく)を肯定するような論理を展開しています。さらに、安倍総理の言動については、「日本への仕置きが足りないと判断するのも神の自由だ」などと主張しています。

A.非戦闘員なんだろうか。 竹やりもって軍事訓練 本土決戦のときは正規軍の弾除けとしてか竹やりで玉砕。 日本も南京で大虐殺してるしあまりいえないだろ。 米軍捕虜も虐待してだいぶ処理してる。 食い物がもったいないからかな。 残虐なことするから仕返しされたんだろ。


勁草書房 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:40:22