出版社「古今書院」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>古今書院

古今書院 公式ホームページ

古今書院
古今書院

古今書院 関連通販

古今書院 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.地理学の中で資源・エネルギー分野を専攻しても良いのですか?高校の地理では資源・エネルギーの概要と産出場所などを記憶させられます。センター試験でも頻出だと思います。 しかし、地理学の本にはあまり載っていないです。地図関係ばかりです。(地理学だから当然ですが) 私が知る限りでは、「大学テキスト 人文地理学」(實清隆 著・古今書院)に「資源・エネルギー地理学」という項目があるくらいです。そもそも、そういうことはどこの大学でやっているのですか?人文地理学だから、西日本の大学(京都大学など)の文学部ですか?(東日本の大学の地理学科は理学部に属していることが多い) それとも、国際資源学部でやっているですか?国際資源学部があるのは秋田大学だけですが。そもそも、資源・エネルギー関係は地理学の分野ではないですか?どちらかといえば地政学の分野ですか?

A.私は地理学科に在籍しています。 大学の教授人で資源、エネルギーなどの研究をしている人はほぼいないです。 カリキュラムにも資源やエネルギーについての授業はほぼないです。人文地理学の授業も地誌や都市地理学、などが主ですね。 資源分野を専攻するにしても、資源そのものの開発を学びたいのであれば地学系の学部でそういうことを学べるところがいいとおもいます。 筑波大学の生命環境学類の地球学類とか生命資源学類とかいいんじゃないですかね。ここの学部は地理学ともかなり関連があるって聞いたことがあります。行ったことないので詳しくは全然わかりませんが調べてみてください。


Q.地理学演習帳 (古今書院)の解答・解説(ヒントとるようなサイトでも可) が記載されているサイト等あれば教えてください。 よろしくお願いします。

A.サイトを探さなくても、教科書や資料集にほとんど解答が出ている。 教科書と無関係な演習帳をつくっても、売れるわけない。 教科書を見てもわかなければ、サイトを見ても同じこと。


Q.GPSデータは地震の予測に定評がありますか? 信頼できますか? それによると 鹿児島原発付近にもうすぐ地震が! 夕刊フジ http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130726/dms1307261545019-n1.htm 鹿児島原発付近に大地震兆候 「数カ月以内にM6級」 GPSデータで予測 (1/2ページ) 2013.07.26 世界遺産に登録された富士山の噴火リスクが明らかになったばかりだが、大地震への警戒も怠ってはいけない。7月に入ってから東日本を中心に広い範囲で震度3以上の不気味な揺れが頻発している。そんななか、GPS(衛星利用測位システム)データを使い、地震予測を行っている研究者が、見逃せない現象をつかんだ。「鹿児島県の原子力発電所近くで異常な兆候が出ている」(研究者)というのだ。 東日本大震災から2年以上たったが、日本列島の鳴動は収まる気配がない。熱中症のニュースに隠れがちだが、地震活動は相変わらず活発だ。 気象庁によれば、7月だけでも、震度3以上を観測した地震は、実に18回に及ぶ=別表。26日早朝には岩手県沖を震源に最大震度3を記録。23日には福島県浜通りで2度、さらに21日には千葉県北東部と、震源は北海道から兵庫県まで点在している。 「東北地方で起こった地震はいずれもM9の東日本大震災の余震だと思われる。一方で、17日に淡路島近くで起きた地震の震源は、1995年に起きたM7・3の直下型の阪神淡路大震災の震源と近い。この時の余震がまだ続いている可能性がある」(地震学者) 予断を許さない状況が続くなか、注目すべき情報が浮上した。 「数カ月から半年先に大規模地震が発生するかもしれない」と明かすのは、『東日本大震災の教訓』(古今書院)などの著書がある東京大学名誉教授(測量学)の村井俊治氏。 村井氏は、地震予測情報を会員向けに配信する民間会社「JESEA(地震科学探査機構)」の理事を務める。 同社は、国土交通省が日本全国に配置したGPSデータを測定する電子基準点を利用している。GPSは、地球の重心を原点として、地表に設置した「電子基準点」の赤道面方向(X軸、Y軸)へのズレと、北極方向(Z軸)へのズレの3点が観測可能で、地中深くの地殻の細かい動きまで察知することができる。同社ではこの「地殻変動」を分析し、将来の地震を予測している。 「GPSの基準点は全国に1240カ所ある。これを使って、2000年から07年にかけて起きたM6以上の地震162個の追跡調査を行うと、そのすべてで地震の前兆とみられる地殻変動が観測された。われわれのやり方で、短期的には1週間、中期的には1カ月、長期的には3年以内に発生する

A.定評という言い方は主観が客観か立場により変わります。 基本的には噴火前には山体膨張があることは間違えないので、GPS観測網での誤差測定は有効と国は考えており、富士山ハザードマップでも活用しています。 http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_tilt_fuji.html 一方で、マグマ噴火ではなく水蒸気爆発でも山体膨張は起こり、必ずしも正確な情報が得られないと主張する人もいるので、こちらの立場からすると定評があるとは言えないでしょう(水蒸気爆発でも被害は出るので観測する意義はありますが、水蒸気かマグマか厳密に区分けして発表できるかが防災では重要)。 結局のところ、GPSだけでなく地熱や磁場など複合的な観測結果を集約判断した方が精度が高いということ。但し、その判断をどれだけ迅速に導き出し、避難誘導に活かせるかどうかでしょう。


Q.社会が得意な人! 助けてください・・・・。 下の年号か時代を教えてください。 時代が知りたいのですが、年号なら分かるというのであれば、そちらでもかまいません。 多いのですが、一番 最初に答えていただいた方をBAにします。 今はコインが少ないので多くなったら必ずさらにあげることを約束いたします。 人物名は時代でお願いします。 教えていただきたいのは 後鳥羽上皇 勘合貿易 御成敗式目 院政を始めた年 鉄砲伝来 摂関政治 墾田永年私財法 元こう 日本に2度に分けて攻めてきたやつです 関ヶ原の戦い フランシスコザビエル 始めて出された徳政令 応仁の乱 天平文化 元禄文化 国風文化 化政文化 百姓一揆 浄土宗 平等院鳳凰堂 土倉・酒屋が出てきた 古今和歌集 天台宗 東大寺大仏殿 千利休 狩野永徳 金閣寺 御伽草子 万葉集 法隆寺 喜多川歌麿 書院造 枕草子 南総里見八犬伝 日本書紀 テストがあるんです! 助けてください。 ググれとかはやめてください・・・。

A.後鳥羽上皇;鎌倉時代。 勘合貿易;1404年開始。 御成敗式目;1232年頃。 院政;11世紀末。平安時代。白河法皇から。 鉄砲伝来;1543年。 摂関政治;平安時代。藤原道長(966-1027)が全盛期。 懇田永年私財法;743年。 元寇;文永の役1274年,弘安の役1281年。 関ヶ原の戦い1600年。 フランシスコ・ザビエル;戦国時代。1549年キリスト教の伝来。 永仁の徳政令;1297年。 応仁の乱;1467-1477年。 天平文化;奈良時代。元禄文化,化政文化,百姓一揆は江戸時代。 国風文化;平安時代。平等院鳳凰堂;1053年完成。 土倉,酒屋;室町時代だと思う。 古今和歌集,枕草子(清少納言),天台宗(最澄)は平安時代。 書院造;室町時代。 東大寺大仏殿;751年だと思う。奈良時代。 茶人の千利休,絵師の狩野永徳は安土・桃山時代。 金閣寺;1397年。 御伽草子;室町時代。 万葉集;平安時代。 法隆寺;607年。 喜多川歌麿;江戸時代。 南総里見八犬伝;江戸時代。 日本書紀;712年。 以上です。


古今書院 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:11:22