出版社「増進堂・受験研究社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>増進堂・受験研究社

増進堂・受験研究社 公式ホームページ

増進堂・受験研究社
増進堂・受験研究社

増進堂・受験研究社 関連通販

増進堂・受験研究社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.体系数学ⅠとⅡは、公立中学でも利用可能? また、理科徹底演習テキストは? 私立の中高一貫の高校に在学している上の子供が、部屋の掃除をして、いらなくなったと、体系数学ⅠとⅡの教科書・問題集・チャート式の参考書を、下の子用に使えたら使ったら?と出してきました。 下の子は小5の秋まで中受用の勉強をしていましたが、話しあって、高校受験にシフトし、これから新小6として 早稲アカに行くことになっています。 下の子の今のところの志望は、早稲田・慶応です。 そこで、この体系数学一式は、下の子用にとっておいて利用できますでしょうか? 利用する場合、塾の授業にそって利用する? 学校の定期テスト対策として利用する? また、一緒に、増進堂・受験研究社の理科徹底演習テキストというのもⅠ・Ⅱ・Ⅲ(すべて解答つき)と、出してきました。 上の子が言うように、公立に進む下の子に利用することは可能でしょうか?

A.現在神奈川県の公立一貫校では体系数学を授業で使用しています なので公立校の一貫校では使用するところが多いのではないでしょうか? また、私立校でも体系数学の教科書の一番後ろに協力校として名前が載っている私立があります 多くの私立で使われることが多いので取っておいて損はないとおもいます うちも私立ですので同じく、体系数学や理科のサブテキストとして「理科徹底演習テキスト」をテスト前に かならず勉強に使用しています 定期テスト対策としてもとてもわかりやすく、復習としてもいいですよね。 下のお子さんにもいいとおもいます。 捨てるのはいつでもできるのですから、取っておいてもいいのではないでしょうか?


Q.hikari_light_shinkansenさんに質問があります。(人生の先輩は皆さん回答よろしくお願いします) 私は大阪に住む小6の女子です。 将来は北野高校の文理学科に進学したいと思っています。 本題に戻りますが、私は今来年の中学校に向けて 勉強を頑張っています。 中学受験をするわけじゃないので今は 気長に中学受験用の参考書を使って勉強しているのですが、 現在 増進堂・受験研究社のテキスト小学生用の 物を使っています。 このテキストは非常に解説がわかりやすくて 重宝しているのですが ほかにお勧めの出版会社、テキスト、参考書 はありますか? 中学生になっても使える、ためになるお勧めの テキストを教えてください。 ちなみに英語、社会、理科がいいです。 特に英語は文法はできるので 単語がたくさん載っているもの、 社会は歴史はできるので 地理が載っているもの 理科は、全体的にできるのですが 応用などができないので、元素記号がたくさん載っているものや 小学生の勉強がモット詳しく(中学校の問題はすべてそうかもしれませんが・・・) 載っているものを教えてください! 長文失礼しました。

A.回答が遅れてしまって、ごめんなさい。今からだと補足できないと思うので、また質問してくださいね。 1. 増進堂・受験研究社のテキストで、解説が分かりやすい教材があるのかな。中学生向けの受験研究社の教材は、ほとんどハズレなものが多いので、小学生向けは違うのかな。また、見てみますね。 去年も、北野高校に行きたいと言って質問してくれた小6の人がいますね。彼女には、少し中学の勉強をしてみようよと提案して、ドンドン自分で勉強できるようになりました。なんと、今、中1なのに、中2のところまで自分で勉強してしまいました。 数学については、質問していないんだけど、一度『中学の数学・方程式が超わかる本』(草思社)をチェックしてみてくださいね。これは、小学6年生がひとりで中学数学を勉強できる教材で、会話をしながら、ひとつひとつ中学数学を勉強していくものです。家庭教師から指導を受けている感じで勉強ができるので、ぜひとも、中学数学にも挑戦していって欲しいなぁと思います。 私の意見は、中学受験の算数の勉強をするなら、さっさと中学数学を勉強したほうがいいと思います。もちろん、学校で使っている『計算ドリル』のような計算問題集は、きちんとできないといけませんが。 2. 英語については、英文法はできるよと書いていますね。具体的に、こういう勉強をしてきたよと書いてくれると、こちらも教材をすすめやすいのですが。 中1の英文法レベルなら大丈夫だよ、というなら『山田暢彦先生の英語 基本文型マスター (中学生のための特別授業)』(学研)といった教材で勉強するのもいいかなぁと思います。CDがついています。 英文法の復習をしながら、中1と中2の前半で勉強したことを使って、いろんな場面でしゃべることができるように勉強できる教材になっています。簡単な会話だけでも、自分で英語をしゃべることができたら、かっこいいよね。これ1冊で英語ペラペラしゃべることはできないけれど、少しは英語を使う機会になるかなぁと思います。 本来なら、少し英語のできる中2の人が夏休みに使うような教材かな。 3. 中3の英文法までとりあえず勉強したよ、というなら、『未来を切り開く学力シリーズ 本多式中学英語マスター 短文英単語』(文藝春秋・赤のタイトルのほう)を使って勉強するといいかな。 こちらは、短文を6つ集めて、1つのテーマとなっています。1冊に30テーマの英文があって、全部で180の短文ということになります。その英文の中に出てくる英単語は約300語で、重要単語がだいたいカバーできています。 この教材の使い方は、教材に書いているんだけど、まずはCDを聞いてどんなことを言っているのかなぁと考えながら「聞きます」。次に、英語の力をつけるのは、やはり音読なので、CDの英文に合わせて声に出して「音読します」。そして、何回も音読したら、今度はCDの音声を聞きながら実際に「書く」。英語は、書くことも大切です。 最後に、頑張って、英文そのものを「覚えて」いきましょう。 「聞く」「読む」「書く」「覚える」勉強をしていくことができるので、『未来を~ 短文英単語』の教材はなかなか使えるかなと思っています。 4. 英単語については、ただ英単語とその意味を覚える勉強をしても仕方がないんだよね。実際にどの文でこの英単語が使えるのか分かっていないといけません。日本語と英語って違うからね。こうした点を考えると、まずは中学3年分の英文法を一通り勉強した後で、英単語集を使った学習をしていくのがいいんじゃないかなと思います。 字数の関係から、今回は英語の紹介だけになってしまいました。他の教科については、また質問してくださいね。一緒に(いっしょに)考えていきましょう。書籍名については、そのまま検索してもらえば、だいたいamazonのページが来るので、それで表紙を確認しておいてくださいね。 それにしても、しっかり文章が書けているよね。さすが、北野高校を目指すだけありますね。


Q.問題集や参考書を電子書籍で購入できるサイトについての質問です。 問題集や参考書を電子書籍で購入したいのですが、探しても見つかりません。 ・増進堂 ・受験研究社 などの学習本を売っているサイトはありませんか? また、学年については、幼児から高校までのものを探しています。 正規販売のサイトを希望します。 よろしくお願いします。

A.お探しの問題集や参考書そのものがまだ電子化されて いないのではありませんか。 出版社に問い合わせるのが近道です。 「○○の電子書籍版はありますか」 といった内容で問い合わせましょう。


Q.中学生の理科の参考書についての質問です。 自由自在理科(増進堂・受験研究社)と中学総合的研究理 新装(旺文社) で迷っています。 なので、使っていた人、いる人の感想が聞きたいです。 お願いします。

A.私は、『中学総合的研究理科』(旺文社)のほうがいいのではないかと思います。 『中学総合的研究理科』については、レイアウトから柔らかめに作られていて、内容についても、説明を分かりやすくしている分、とっつきやすく読みやすくなっているかと思います。理科に苦手意識のある中学生でも、なんとか取り組めるような教材にはなっていると思います。公立高校の受験については、知識面についてはこれ1冊で十分かなぁと思います。 一方、『自由自在理科』(受験研究社)については、レイアウトが硬めで、細かい知識についても触れられてはいます。かなりマニアックなものも含まれています。しかし、細かな知識は書いてはありますが、この知識を覚えることでどういう意味があるのかは書いてはないんですね。 もう1つ気になることは、昔からのものをベースに作られていて、課程が変わるたびごとに、部分的に切り貼りをしていったのでしょうね。そのため、現在の中学校の現場で学習している内容や入試問題と照らし合わせると、何かずれているような気がしてなりません。 『自由自在』は過去の栄光がありますから、何の教材研究もしない塾講師なんかが無責任にすすめているようですが、私は『自由自在』については、死んだ教材だなぁと感じています。今の中学生の実態を考えると、この教材については、ほとんど使いこなせずに本棚の肥やしになっているのではないかなぁという気がします。 今の中学生は、参考書を持っていても「宝の持ち腐れ」状態になるのではないかと思います。「調べる」ということができませんので。なので、読み物として『中学総合的研究理科』といったところが限度になるんだろうと思います。 本来ならば、理科や科学全般についてもっと興味を持って欲しいと思いますが、現実問題としては高校入試に向けて問題を解くことで、理科の勉強は終わりとなっているのが現状でしょうね。教科書に加えて『未来を切り開く学力シリーズ 図でわかる中学理科』(文藝春秋)といった問題集中心の勉強スタイルを提示している私にも責任はありますが、今の中学生に参考書までを使って勉強するのは少し無理があるのが実状です。


増進堂・受験研究社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 07:22:06