出版社「岩崎書店」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>岩崎書店

岩崎書店 公式ホームページ

岩崎書店
岩崎書店

岩崎書店 関連通販

岩崎書店 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.ことわざで【くちはわざわいのもと】ということわざがありますよね。 ある場面でそのような言葉を見つける事があったのですがそこには【口は災いの元】と書いてありました。 ですが私は過去に岩崎書店さんのことわざ絵本という本を読んだ事がありまして、その本には【口は禍のもと】と書かれていました。 どちらが正しいのでしょうか?

A.「災い」は常用、「禍」は常用外の読み方。 ただそれだけの違いです。


Q.やっぱり、日本共産党員の考え方は上から目線で《バカな人民を指導する》っていう思い上がりなんですかね。愚本・絵本作家の松本春野は、日本共産党幹部松本善明といわさきちひろの孫。 被災地福島を売名のたね、飯のたねに貶めていた。 前衛の日本共産党員は《アカ》だから、福島県民を無知蒙昧と蔑視していたね。 「フクシマを描く善意が差別や偏見を助長したかも」 絵本作家の松本春野さん 2015年4月7日 まつもと・はるの 1984年、東京都生まれ。絵本作家、イラストレーターとして活躍。「モタさんの“言葉”」(講談社)シリーズの絵を担当した=2015年3月12日、石戸諭撮影。 福島で生活する人から学びたい 絵本作家、松本春野さん(31)の新作絵本「ふくしまからきた子 そつぎょう」(父の松本猛さんとの共著、岩崎書店)が話題を呼んでいる。東京電力福島第1原発事故後、福島から広島に母と避難することを選んだ主人公の少女「まや」が、自分が通っていた福島の小学校の卒業式に戻ってくるという物語だ。反原発運動に参加する松本さんは、福島での取材を通じて「(反原発運動は)もっと福島で生活を送る人の声から学ぶべきだ」と感じたという。絵本作家、いわさきちひろの孫として注目された松本さんが福島での取材で何を感じ、どう考えが変化したのか。思考の軌跡をロングインタビューでお届けする。【聞き手・石戸諭/デジタル報道センター】 自分で認めるのはつらいのですが、心のどっかで福島の人を見くびっていたのでしょう。「たぶん、真実を知らないのではないか」「放射線に慣れてしまっただけでないか」と。 「福島に住む人は無知じゃない」 足りなかった想像力 −−「見たい福島の姿」だけを見ていた? 松本さん そうそう。でも、福島に関するデータがだんだん明らかになってきましたよね。 安斎育郎先生(立命館大名誉教授、放射線防護学。国の原発政策に批判的姿勢をとる)が除染や放射性物質の計測をアドバイスしてきたさくら保育園でも、国が出すデータを最初から信用せずに徹底的に再計測していた。そういう姿をみると、だんだん疑問も湧いてくるわけです。「あれ、なんか違うぞ」って。すごく詳しく計測の仕方を教えてくれるし、データについての解説も細かい。「国にだまされて、安全だと思い込まされているから福島に住んでいる」わけじゃないんですよね。 ある図書館の司書さんは涙を流しながら話してくれました。彼女の家庭にも小さなお子さんがいる。夫と一度は福島市内から避難を検討していた。でも、自分は図書館の鍵を最後に閉めるのが仕事だと。子供たちがいる中、自分から先に避難するわけにはいかない。放射線について勉強し「いまの線量なら避難はしない」と決断したそうです。 この決断を不勉強だと誰が責められるのか、と深く考えてしまいました。 福島に住むと決めた人は無知だから決めたわけじゃない。私たちが考えていたことよりたくさん勉強して、考えていた。当たり前ですよね。そんな当たり前のことすら私の想像力は及んでいなかったのです。

A.スーツを購入し工場見学を終えてから辞退したいね


Q.「いわさきちひろ」ってのは、日本共産党幹部の嫁だね。こいつの孫だから、無意識にしろ意識的にせよ、福島を差別していたんだわ。なぜ、他者・読者に責任転嫁するのか。 絵本のネタが見つからないから、福島を飯のタネにしたんだろうね。 夫は日本共産党元国会議員松本善明。孫は絵本作家の松本春野。 部落解放同盟と江川紹子と同じ、福島差別を飯のタネにしているんだね。 【復興の道標・ゆがみの構図1】被災地、無意識に差別 生の声聞き実情知る 福島民友新聞 2月15日(月) 「つらくて、本が開けません」。絵本作家松本春野(31)=東京都=は、自作に寄せられた県民からの声にはっとした。2012(平成24)年に出版された「ふくしまからきた子」(岩崎書店)への感想だ。「何がいけなかったの?」。その時は分からなかった。 松本は、子どもの水彩画で知られる絵本画家いわさきちひろ(本名松本知弘(ちひろ)、1918~74年)の孫だ。東京電力福島第1原発事故後、放射線の不安で本県の子どもが外遊びを制限されていると知った。「絵本作家としてできることをしたい」。その夏から県内で取材を始めた。 「ふくしまからきた子」は、本県から広島市に「母子避難」した「まや」が「ことしのなつはプールにもはいれなかった うんどうかいもなくなった」と語る。子どもに向けた「反核」のメッセージも込めた。「本当に福島で暮らして大丈夫なのか」との思いがあった。 作品に対する批判的な声を踏まえ、県内で取材を続けた。学校関係者が線量を測った上で議論を重ね、プールや外遊びの再開にこぎ着けていった経緯を知った。「私が疑問に思うことは全て、現地の人はとっくに疑い、対策を議論していた。そんな当然のことが分からなかったのは『真実を知っているのは自分の方』とのおごりが無意識にあったからかもしれない」 個々の事情を理解せず、福島を被災地として象徴化しようとしていたことに気付いた。 佐賀新聞社 「福島で新たな差別が」 江川紹子さん講演 差別と人権を考える佐賀県民集会が28日、佐賀市文化会館で開かれた。ジャーナリストの江川紹子さんが講演、「福島の放射能汚染を科学的に捉えることなく、『ケガレ』とみるような新たな差別が生まれつつあることに敏感でなければならない」と話した。 江川さんは福島の知人から聞いた話として、他県の人との結婚が破談になる差別が起きていると指摘。京都・五山送り火で岩手の松の受け入れが取りやめになり、福岡市で福島の物産販売イベントが中止になった例を挙げ、「そういう人たちはゼロリスク、絶対安全を求めるが、世の中には多くのリスクがあるわけで、冷静にいろんな視点を持って考えていくことが大切」と呼び掛けた。 部落解放同盟中央財務委員長の西島藤彦さんは、愛知県で発覚した司法書士や探偵事務所による戸籍不正取得事件に触れ、「個人情報が暴かれ、差別を受けても泣き寝入りするしかないのが現状。国連から設置勧告を受けている人権救済機関の早期発足を求めていきたい」と訴えた。 集会は、部落解放・人権政策確立要求県実行委員会が毎年開いており、23回目。企業や行政、学校関係者約1800人が参加した。 2012年09月29日更新

A.こういうのは反共で凝り固まっているから、何をやっても反共に結び付けで下品な投稿をする。相手にしないに限る。そんなことよりA級戦犯の岸伸介の孫の安倍晋三が日本を戦争をする国に誘導して亡国に導いて居ることを問題にすべきだね。


Q.いわさきちひろってのは、日本共産党幹部の嫁だね。こいつの孫だから、無意識にしろ意識的にせよ、福島を差別していたんだわ。なぜ、他者・読者に責任転嫁するのか。 絵本のネタが見つからないから、福島を飯のタネにしたんだろうね。 夫は日本共産党元国会議員松本善明。孫は絵本作家の松本春野。 部落解放同盟と江川紹子と同じ、福島差別を飯のタネにしているんだね。 【復興の道標・ゆがみの構図1】被災地、無意識に差別 生の声聞き実情知る 福島民友新聞 2月15日(月) 「つらくて、本が開けません」。絵本作家松本春野(31)=東京都=は、自作に寄せられた県民からの声にはっとした。2012(平成24)年に出版された「ふくしまからきた子」(岩崎書店)への感想だ。「何がいけなかったの?」。その時は分からなかった。 松本は、子どもの水彩画で知られる絵本画家いわさきちひろ(本名松本知弘(ちひろ)、1918~74年)の孫だ。東京電力福島第1原発事故後、放射線の不安で本県の子どもが外遊びを制限されていると知った。「絵本作家としてできることをしたい」。その夏から県内で取材を始めた。 「ふくしまからきた子」は、本県から広島市に「母子避難」した「まや」が「ことしのなつはプールにもはいれなかった うんどうかいもなくなった」と語る。子どもに向けた「反核」のメッセージも込めた。「本当に福島で暮らして大丈夫なのか」との思いがあった。 作品に対する批判的な声を踏まえ、県内で取材を続けた。学校関係者が線量を測った上で議論を重ね、プールや外遊びの再開にこぎ着けていった経緯を知った。「私が疑問に思うことは全て、現地の人はとっくに疑い、対策を議論していた。そんな当然のことが分からなかったのは『真実を知っているのは自分の方』とのおごりが無意識にあったからかもしれない」 個々の事情を理解せず、福島を被災地として象徴化しようとしていたことに気付いた。 佐賀新聞社 「福島で新たな差別が」 江川紹子さん講演 差別と人権を考える佐賀県民集会が28日、佐賀市文化会館で開かれた。ジャーナリストの江川紹子さんが講演、「福島の放射能汚染を科学的に捉えることなく、『ケガレ』とみるような新たな差別が生まれつつあることに敏感でなければならない」と話した。 江川さんは福島の知人から聞いた話として、他県の人との結婚が破談になる差別が起きていると指摘。京都・五山送り火で岩手の松の受け入れが取りやめになり、福岡市で福島の物産販売イベントが中止になった例を挙げ、「そういう人たちはゼロリスク、絶対安全を求めるが、世の中には多くのリスクがあるわけで、冷静にいろんな視点を持って考えていくことが大切」と呼び掛けた。 部落解放同盟中央財務委員長の西島藤彦さんは、愛知県で発覚した司法書士や探偵事務所による戸籍不正取得事件に触れ、「個人情報が暴かれ、差別を受けても泣き寝入りするしかないのが現状。国連から設置勧告を受けている人権救済機関の早期発足を求めていきたい」と訴えた。 集会は、部落解放・人権政策確立要求県実行委員会が毎年開いており、23回目。企業や行政、学校関係者約1800人が参加した。 2012年09月29日更新

A.日本共産党の幹部の孫うんぬんは関係無いです。 「ふくしまから来た子」というタイトルで、何も分かっていないんじゃないか?と誤解されても仕方が無いかと思います。


岩崎書店 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:03:34