出版社「平凡社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>平凡社

平凡社 公式ホームページ

平凡社
平凡社

平凡社 関連通販

平凡社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.改名について教えて下さい。 現在32歳の女性です。 小学生の頃から自分の名前を『珍しい』『目立つ』という理由で不快に思っていました。 20歳頃から通販をやるようになり、その頃から2個の偽名を使ってカタログを取り寄せて買い物をしていました。 自分のような理由で改名はできないと思い込んでいたのですが、できる可能性があると知って、 1年半ほど前から改名したい名前を使用するようになりました。 最初は亡くなった祖母か先祖の名前にしようと思いましたが、愛称をもじったものすごく平凡な名前(といわれている)にしました。 1年半前から溜め続けてているのは、 ・大手ネット通販(6社)で買い物をした時に同封された納品書 ・通販カタログが届いた際の、宛名が印字された注文書 ・ショップから届いたセールのお知らせハガキ ↑名前を使い続けた証拠が必要と知り、これらをすべて溜めて保管しています。 私は未婚の実家暮らしで、以前から母には「将来変える」旨を伝えてましたが本気だと思っていないようで、父はショックを受けるか怒るはずなので伝えてません。 両親に許可を取る気はないので、一人暮らしをしたらそのタイミングで変えたいと思っています。 私の場合は実際に「精神的な苦痛」そのものなのですが、審査は通りやすいでしょうか? 現在、私の名前はそこらにいても珍しくないほどよく見かけるようになりました。友達の子供の通う学校に同じ名前の子がいるくらいです。 改名予定の名前が書かれたものは改名ができるまで今後も溜めていきますが、今までの文章で何か見落としなどの注意点がありましたらご指摘下さい。改善したいです。

A.珍しい、目立つ、では、弱いような気がします。 変更できたら良いですね。


Q.百科事典の老舗、定番は、やはり平凡社なのでしょうか?しかし、これは本格派というか学術的で用語(術語)がいちいち難しいですね。もう少し大衆向けというかとっつきやすい百科事典はないでしょうか? 講談社か小学館の方かな?

A.fri_taku0365さんへ 平凡社に『マイペディア』という1冊ものがあります。 私は『世界大百科事典』も『マイペディア』もパソコンにインストールして使っています。


Q.自分の価値観が激変ました。 貧乏な家庭で育ち、大学進学なんて期待もしていなかったですが、「これからの時代は大学くらいは」と無理して大学まで進学させてもらいました。 三流の大学を卒業して、三流の会社に勤めましたが、結婚もして子供もできてそれなりに暮らしてきました。三流の会社でしたが、共働きなこともあり、それなりに貯金も出来ており、まぁ医学部でもなければ私立の大学でも進学させてあげられるであろうくらいの生活水準です。 いわゆる平凡な家庭なのかなと思っていました。 裕福ではないけど、裕福でないなりの工夫をして楽しく生きていこうて思想でした。これまでは。 会社が傾いて拠点集約のため片道キップの転勤を強いられたため転職をしました。 転職エージェントが「最低20社は応募しなさい」と指示するので、数合わせで誰でも名前を知っているような大企業もいくつか応募しました。当然のごとく書類選考で落ちましたので「そりゃそうだな」て感じですが、一社だけ内定まで進みました。 ただ、ずっと三流の道を歩んできた中で「そんな上手い話があるか」と切り捨ててしまいました。 一流とは言えないけど二流(元よりはステップアップ)の企業に転職しました。 給料もいくらかは増えたし、以前は頻繁に休日出勤、深夜残業がありましたが、休日出勤はほぼなくなり、たまにあっても必ず代休を取らされるし、残業も月平均30時間も短縮されました。(元が多過ぎただけですが) 普通に考えたら転職は成功の部類だと思います。 ただ仕事に忙殺されていた頃より時間にゆとりが出来た結果、今まで見えなかったことが見えてくるようになりました。休みの日も昼まで寝て、起きてから子どもと遊んだり買い物に行ったり程度が趣味の時間を持てるくらいの余裕が出来ました。 今までは「よそはよそ」を貫いてきていたのに、何かにつけて他人と比較して、他人を羨む(と言うより妬む)ようになり、今では生活(主に収入)に不満が生じ、なぜ選ぶ権利があったのにあえて低い条件の会社を選んでしまったのか悔いています。ここを選ばなければ他人を妬むことなんてしなくて良かったのにと自分の判断ミスを悔いて、自分より裕福な他人を妬む自分でダメ(イヤ)な思考になっています。 全ては自己判断であり誰のせいでもない、その一流企業を選んだら満足だったのかは行ってみないと分からない結果論でしかないことなのに、ネガティブな思考がやめられません。 どうしたらこのネガティブ思考から抜け出せるでしょうか。 本当に下らない投稿ですみません。

A.少し気張っていた状態から肩の力が抜けて、くよくよモードなのかもしれませんね。そんないっときもあって、いいんじゃないでしょうか。 さて、「足るを知り、至らぬをしれ」という言葉があります。 足りないものを指折り数えていても、家族を巻き込んで不幸になります。今「手元にあるもの」「足りているもの」を書き出して、1つ1つに感謝の心を思い出す、そんな心の整理をしてみてはいかがでしょうか。 お仕事について大変な状況をみごと乗り越え、家族を支える姿は、奥さんにとっても、お子さんにとっても誇らしいパパの背中だと思いますよ。ネガティブな気持ちで曇らせて、尊敬できない父親にはなってほしくありません。 向上心というポジティブな気持ちに変換していって、今任されている仕事、各方面での役割、お子さんのお手本に素敵な目標を設定してほしいと思います。


Q.半藤一利さんの著書について、質問です。 以下の2点は、異なる著書でしょうか? 1、ちくま文庫、「昭和史探索〈1〉一九二六‐四五」 (全部で6冊) 紀伊国屋書店の紹介ページ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784480422217 2、平凡社、「昭和史―1926‐1945」 (単行本・文庫本) 紀伊国屋書店の紹介ページ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784582454307 1と2ですが、異なる著書だとは、思うのですが(たぶん)、 全く違う内容でしょうか。あまり違いがない、、、全く違う、、、双方を読む必要はない、、、等 すでにお読みになった方、内容の違い、ご感想をお聞かせ願います。

A.whakei2929530さんへ 違う本です。 『昭和史探索〈1〉一九二六‐四五』は6冊で1926年から1945年までを描きます。 その(1)は1929年まで。 『昭和史―1926‐1945』は同じ時間を1冊で済ませています。 一人の著者が同じ年代を扱っているのですから似たような記述になりますが,密度が全く違います。


平凡社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:10:20