出版社「彩図社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>彩図社

彩図社 公式ホームページ

彩図社
彩図社

彩図社 関連通販

彩図社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.人間の身体は、 その体内組成は、 動物性タンパク質と 動物性脂質と水で おおよそ97%以上を占めます。 動物性たんぱく質の原料になる アミノ酸の9種類は体内合成が不可能です。 これが不足すると体内の動物性たんぱく質が欠乏して 栄養失調で命を落とします。 動物性脂質と動物性タンパク質は 病気であれがんであれ、 糖尿病であれ、摂取しないといきていけないのが、 人間です。 肉や肉の脂や、卵や魚を食べないと、 がんと闘う生命力、免疫力が、なくなり 最終的に激やせして、 命を落とします。 くどいですが、 がんには、 徹底的な糖質制限と、 超高濃度ビタミンC点滴治療を行うべきですね。 ゲルソンや菜食や玄米や蜂蜜なんて摂取していたら がんがどんどん増殖しますよ。 私の周囲の癌患者で、旅立った人は皆 菜食や糖質を推し進めて旅立ちました。 治癒した人は皆、 徹底した糖質制限をやって、 生還した人達ですよ。 菜食信仰はやめて 頭をリセットして以下の医師達が 書いた本を読んでください。 ケトン食ががんを消す 古川健司著 光文社 ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する! 福田一典著 彩図社 がんが消える! 西脇俊二著 ベストセラーズ せい

A.癌が死滅するかどうかは定かではありませんが、増殖のスピードは遅くなるでしょう。


Q.ミリタリー系とか戦争系に力を入れていそうな出版社を教えてください。 私がぱっと思いつくのは 彩図社、草思社、イカロス出版、新紀元社あたりなのですが、他にもありますか? 新書も出してるとこがあればベストなのですが。 (草思社は出してますが) よろしくお願いいたします。

A.おはようございます。 原書房、 光文社、 などは、そんな感じがします。


Q.探してます! よくコンビニに売ってる、コンビニ本ってやつですかね? 今、私の手元に彩図社から出版されてる『その土地の人が口を閉ざす 日本列島のヤバイ話』という本がありますが、これと同じ系統の本なので、出版社も同じかも?? 探してる本は、タイトルが分からないのですが、内容としては、1月1日から12月31日まで順番に365日分、その日に日本で起きた事件や事故を1日一件ずつピックアップして載せてる本です。 タイトルや出版社が分かれば教えて下さい!

A.今日は何の日で調べたら色々出てくると思います。(Amazonとかで出品もされてます) コンビ二で売ってるのとは違うかも知れませんが。


Q.満州国建国後、リットン調査団による報告がなされた後であっても、日本が国際社会でうまく立ち回れば、太平洋戦争を回避できる可能性は大きかったのでしょうか? 日本史のうち、第一次世界大戦後~太平洋戦争終結までの30年間ほどの日本と国際社会の関係について、高校時代の教科書や資料集などから浮かび上がって来るのは、 「我欲むき出しで、正義なき侵略を多方面に繰り返した日本と、正義の名のもとに暴走する日本を征討した欧米諸国」というイメージでした。 しかしながら、『教科書には載っていない 大日本帝国の真実』 (武田知弘著、彩図社) を読んでいると、 ・清王朝は自国の鉄道の多くを外国に作らせてしまっていた ・満州鉄道もロシアが清王朝から鉄道の敷設権を買い、日本がそれを (正当に) 引き継いだ ・清王朝を倒した中華民国は、自国の鉄道を取り戻すために多大な苦労をした ・満州事変も、もともとは中華民国が、日本の満州鉄道の権益を無理やり無効化しようとして生じた側面がある ・リットン調査団の調査報告はそれほど厳しいものではなく、「満州国は日本の傀儡国家であり認められない」としながらも、日本の満州における優先的な権益は認めており、国際監視のもとで満州に自治的な国家を作るように提言していた ・リットン調査団の満州視察の映画を観た各国の大使は、『日本によるインフラ整備』に賛辞を贈り、反対派の大使でも松岡全権大使に対して「もっと宣伝工作をするべきではないか」とアドバイスをした ・1932年9月16日の、イギリスのタイムズ紙は「日本は満州に合法的に経済上の権益を持っているにも関わらず、中国の官憲は不当にもこの権益を侵害した。日本はここ数年、これを是正させようと(略)」と報じられている など、それこそ教科書をもとにした授業では習うことのできない内容が列挙してありました。 軍部の暴走によって、満州事変 → 満州国建国という事態を引き起こしてしまった後でも、(露骨な表現ですが)「欧米列強のみなさん方もごいっしょに、満州をむさぼってしまいましょう。満州の大地から得られる利益を分かち合いましょう」という方向へ舵を切ることができれば、太平洋戦争は回避することができたのでしょうか?

A.リットン調査団の報告はあなたの言われるように、日本の非を論うものだけでは無くむしろ緩い勧告で有ったと思われます。 当時の満州国は、中国本土に権益を持っていた、西欧列強に取って防共の砦でも有り、むしろ日本がソ連と八路軍の南下を防いでくれる方が好都合であったのです。 日本もこの事は充分承知していたから、傀儡政権の満州国を事実上支配しても西欧列強は異を唱えないと思って居たのです。 だから、多少の軋轢は有っても、反共軍団であった蒋介石政権は正面切って日本と事を構える気は無かった。 だが、蒋介石軍と日本軍が前面衝突をする事で、漁夫の利を得ようとした弱小軍団の八路軍は、機会有るごとに蒋介石軍「日本と同じく八路軍掃討を目指していた。」と日本軍の衝突を画策していたと言われています。 実際、リットン調査団派遣の直接の事件としての、柳条湖事件、その後に起こる盧溝橋事件も事件の裏には中国共産党「八路軍」の陰が見え隠れしていたとも言われています。 その結果、お互いが挑発発砲や橋脚爆破をしたと、言い合った結果、日本軍は中国軍の掃討に中国本国への侵攻をする結果と成り、その事で、蒋介石軍と八路軍の抗日統一戦線の結成をさせる結果と成った。 そして日本軍は、中国軍、八路軍との全面戦争の為、中国本土に深く攻め入ったのです。 しかし、今までは中国権益を守る盾であった日本軍が、中国本土の自国の権益を荒す側に回った事で、西欧列強は掌を返したように日本軍を中国本土、さらには満州国から撤退させようと、経済封鎖とか軍事用の石油禁輸等の圧力を掛けるようになり、日本は資源確保の為南方諸国への出兵と成ったのです。 これに対し、当時アメリカ領であったフィリッピンや西欧列強の植民地であったその他南方諸国に進出した日本軍は、西洋列強を敵に回して戦うはめと成ったのでした。 こうして見ると、満州国一国の領有のみであれば西洋列強の虎の尾を踏先ずに済んだかも知れません。勿論国際連盟を脱退せず、国際連盟の中で満州国返還を取り下げさせる粘り強い交渉は必要であったとは思われます。そうすれば、列強との全面対決は避けられたかも知れませんが、それを良しとしなかった現在の中国共産党「八路軍」の妨害が列強及び日本の思惑をつぶしたとも言えるでしょう


彩図社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:13:51