出版社「恒星出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>恒星出版

恒星出版 公式ホームページ

恒星出版
恒星出版

恒星出版 関連通販

恒星出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.人が星空や天体に関心を持つ時期はいつごろ(何歳頃、学齢期なら何年生頃)が多いのでしょうか?また、その機会は何の事が多いのでしょうか? 私の場合を例示します。 私は、他の自然の構成要素と同様、「子供の頃」つまり小学生以前の時期に、星空や天体に、既に関心を持っていました。 ただし、その時期は、動植物に比べると遅れたはずです。 (なお、動植物は、動物の本などで、もっと前から関心を持っていました。) つまり、小学校入学に前後して関心を持ち始めました。 簡単な天文の本や、理科のノートの表紙(これは後述します)が契機でした。 その頃既に、太陽系を構成する惑星の名前や形状を知っていましたし、「散開星団」等の用語や、恒星では青白い星が高温で赤い星が低温である事も知っていました。 小学校4年生の秋に、初めて理科の授業で体系的にこの方面を習ってから強く関心を持った、わけです。 星座早見盤や天文の本に夢中になり、早速実際の星空(晩秋の宵に東の方に出る鋭い光を放つ青白い星。つまり、プレアデス星団やオリオン座など)を見ました。 日食や月食をこの目で観測したのも、その頃です。 こうした経緯が一般的なのか(時代や世代を問わず)が、お尋ねしたい事です。 人によっては、「小学校入学前から星に関心があった」逆に「中学以降になってようやく関心を持てた」人もいれば、星に関心を持った契機が、野外活動・その他の目的での旅行・夕涼み(いずれも真夏に多いようですが)の例もあるようです。 なお、星や天文に関心を持つ時期が遅くなる傾向があるとすれば、その理由は、以下が考えられます。 ①夜空を仰ぎ、直に星を眺める時期は、ある程度成長しないと難しい。(幼い子が、夜に外出をすることを親御さんなどがどうみなすか、お考えください。また、幼い子供の目では星は見えにくいかもしれません。その点は、動物園や水族館に行けば誰でも見られる「動物」とは違います) ②仮に机上の知識(出版媒体や映像媒体)を介して星やその他の天体などの天文の構成要素を見るにしても、幼い子供はそれに関心を持ってくれるか。「かわいい」「かっこいい」と思える動物とは違い、星や天体を見ても美しいとは思わない可能性がある。 ③天文の構成要素に関わる諸事項が、理解や身近に感じる際に障壁になる可能性。 ここでは、本格的な天文学に要する物理系(これが理解できたら天才児です)の事ではなく、その天体の名称や、天球上の恒星を区分する「星座」に関する諸文化の方を指す。 つまり、星座が関わる古代ギリシャ文化(いわゆる「ギリシャ神話」)は、日本人にとってそれほど身近ではない。 これが幼い子供ともなると尚更で、故に星座絵の人物や器具等を見て、美しいと思えず、怖いと思うかもしれない。 例えば、髭面の男性を模った星座(オリオン座・ヘルクレス座・ペルセウス座など)。 女性を模った星座にしても、例えばアンドロメダ座の星座絵は、通常は若い女性が鎖に繋がれた姿が多いが、それを見て幼い子供はどう思うか。 それゆえか、私が小学校低学年の頃に使った理科のノートにあった四季の星座絵では、「アンドロメダ座の星座絵」からは、鎖が省かれ、かつ愛らしい女児として描かれた(わし座のガニメデも男児として描かれた)例がある。 恐らくは、子供に星座絵に親しみを持たせるためとは思われるが。 (なお、アンドロメダ座やその銀河(M31)および「アンドロメダ」という言葉自体を、その頃知ったはず。 そのノートの表紙だけで知ったかどうかはわからないが) 低年齢の子供向けの天文教材では、星座絵をそういう表現でする事が多いのか? もっと科学的な部分、つまり天体自体の擬人化の例などはあるのか?

A.満天の星空を見られる環境にあれば、寄る星を観ることは自然な行為です。物心がつけば関心がわくかもしれません。 自然環境以前に親が関心を持っていてプラネタリウムなどに連れていけば、自然と関心がわくかもしれません。 いずれにせよ、子どもは好奇心の塊です。特に10歳前後あるいはもっと早く4~5歳でいろいろなものに「なぜ?」を連発するようになります。それを上手に汲み上げるのは周囲の大人の仕事です。 綺麗な星空は魅力的です。


Q.■韓流ブームは嘘だった! テレビ局や新聞、出版社も、 韓国の映画・ドラマ・K-POP・料理・旅行・製品などを宣伝すると 韓国政府の「国家ブランド委員会」から補助金をもらうことが出来る。(電通経 由のケースも) ■コンテンツ、官民で開拓 映画や音楽“隣人”へ輸出 韓国の成功 (2010年11月29日、日本経済新聞) 「プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査によると、日本を除くアジア太平洋地域の09年のコンテンツ市場規模は05年比50%増の約1838億ドル(約15兆円)で、14年には2860億ドルに拡大する見通し。 アジア市場に早くから目をつけ、官民一体で開拓してきたのが韓国だ。 韓国は97年のアジア通貨危機後、金大中政権が新たな輸出産業としてコンテンツの輸出を奨励。 「韓国ドラマを買い付けると買い付け額以上の補助金がもらえたときもあった」(台湾のテレビ番組の輸出入大手、恒星多媒体の林錫輝・総経理)という。 韓国政府はさらに13年までに3100億ウォン(約230億円)を投じ、映画・ドラマなどコンテンツの輸出額を78億ドルに増やす戦略だ。」 2010年11月29日付日経新聞によれば、台湾のテレビ局では「韓国ドラマを買い付けると買い付け額以上の補助金がもらえたときもあった」そうだ。 要するに韓国ドラマを5000万円で買ったら、韓国政府から補助金が6000万円もらえることも有り得る仕組みになっているのが「韓流人気」の背景だ。 韓国政府は、外国で韓国を宣伝するために、これ程巨額の補助金を外国のテレビ局や新聞社や出版社などに渡している。 日本のテレビ局、新聞、今回のような出版社が、韓国ドラマやK-POPや韓国料理や韓国旅行や韓国製品などをゴリ押しするのは、韓国政府や電通経緯で流れて来る巨額の補助金を獲得するためだ。 毎年韓国政府から電通に数百億の宣伝費が支払われているという話は5年以上前からあった。(後略) 人気ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」より抜粋

A.>■韓流ブームは嘘だった! ま、嘘は言い過ぎかもしれない。 状況がここまで改善されれば必死になる必要もないしね。 ゴリ押し捏造に騙され、しかも騙され続けてるイタい人たちもまだまだ多いし。 日本では嘘は嫌われる。 狭い国土、流動の少ない社会では信頼関係を保つことが必須だったから。 韓流ブームってのはそこを見誤ってたよね。 表面を取り繕って宣伝で売ろうってのは、韓国の音楽・芸能に限らず工業製品にも共通すること。 マトモな頭の持ち主なら軽蔑しか感じない。 一部の韓流ファンは得たけれど、それに百倍する反感日本人を生んでる戦略なんだけどね。 現在の日韓関係の破綻。そして今後数十年の単位で続くであろう日韓関係の不和に、あの「韓流ブーム」が大きく貢献してることは間違いありません。 無理が通れば道理が引っ込む...って感じだった韓流ブームの最中は非常に不愉快だったけれど、それが今の日韓関係の構築に貢献したんだから「ありがとう韓流ブーム」って言いたいですね。 あっ「さようなら、今生の別れだけどお元気で~」も付け足したいかもwww


Q.minamiyama1994さんに その3 前からの続きで,最後に参考にURLを載せておきます。 > 統計的に少なくとも半数以上の方は「文字数にびっくりして圧倒されてBAをあげた」という状況だと ・・・・ 文字数にびっくりしてという心情は現実のこの場では,ここでの統計でなければ分からない事です。 あくまでも文字数云々は読んだ人の感じですから,一応私の感想で反論を書きました。 さてこれを抜かしても,私は誰も知らない故に説明がある程度長くなる訳で,これを問われても短くすれば分からなくなるだけの話。 それから私の思考をプログラミング言語と一緒にされても困るのですが,プログラムでは明らかに結論がハッキリしてますから,初心者云々の話は通ずるでしょう。 しかし今の科学の宇宙論は,科学者自身が4%しか分かっていないと言っている程で結論が出ている訳ではありません。 ただ一番多くの人が空間から宇宙が初まったという事を支持しているのに過ぎないだけの話で,未だ学問は経過中なのです。 私が初心者に話して駄目な話をされて,それこそ経過中の今の学問の話にだけ集中させよというのはプログラミングのような世界では通用しますが,もし私が正しい事を言っていた場合に,いつ世界に通ずるものになるでしょうか? 初心者こそ最初から何の偏見もなく平等に思考出来る立場にあって,それを将来もっと深く学習する機会に比べて見る人にもなれるのです。 本題ですが,「微妙な量」と言ったのは,恒星等の重力で引かれる空間の量と比較して,宇宙全ての空間が広がる広さがどれだけ多いかを比べて言った事です。 正しく天文学的な数字の違いです。 像でバネの話を持って来たのは,空間がブラックホールなどの物質で窪む(引っ込む)のはバネと同じ力現象で同等の意味を持つとして例えたのです。 それで広がる空間は,このような力に対抗して広がったのでは私は考えられません。 折角連星パルサーでも確認されているのは,重力で空間が引かれるという現象に対してです。 しかし重力に逆らって空間が広がる実験の証拠が何処にあったのですか? なお自費出版するほど思考が纏まっている訳もなく,取りあえず知恵袋は思考がブツカリ合う事でも勉強になります。 最後に前のURLです。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105786491

A.>私の思考をプログラミング言語と一緒にされても困るのですが,プログラムでは明らかに結論がハッキリしてますから,初心者云々の話は通ずるでしょう。 明らかにプログラミングの事を知らない人間のセリフですね。せめて多少のコードを複数の言語で書くようになってから、それでもそう思うならそうおっしゃってもらえません? プログラミングの世界は、物理や宇宙論よりも圧倒的に主観が入り込みやすい世界です。結論がハッキリすることなんか滅多にありません。 特に僕が挙げた例では「好き嫌い」の話まで持ち込んでいるので、もはや主観しかないと言ってもいいぐらいの例でした。 したがって >今の科学の宇宙論は,科学者自身が4%しか分かっていないと言っている程で結論が出ている訳ではありません。 >ただ一番多くの人が空間から宇宙が初まったという事を支持しているのに過ぎないだけの話で,未だ学問は経過中なのです。 というのとさほど状況は変わりありません。圧倒的多数の意見というのが存在しない分、プログラミングの方が話がややこしいぐらいです。 まあ、プログラミングの話はあくまで「適切な」例であって、本題とは外れるわけですが。 >私が初心者に話して駄目な話をされて,それこそ経過中の今の学問の話にだけ集中させよというのはプログラミングのような世界では通用しますが,もし私が正しい事を言っていた場合に,いつ世界に通ずるものになるでしょうか? >初心者こそ最初から何の偏見もなく平等に思考出来る立場にあって,それを将来もっと深く学習する機会に比べて見る人にもなれるのです。 「標準的にはこうなってるんだよ」と優しく教えた上で「でも絶対とは限らないんだよ」と、含みを持たせた言い方にすれば十分です。 貴方のような、壊れた日本語でマシンガントークをする必要性は皆無です。 >バネの話を持って来たのは,空間がブラックホールなどの物質で窪む(引っ込む)のはバネと同じ力現象で同等の意味を持つとして例えたのです。 >それで広がる空間は,このような力に対抗して広がったのでは私は考えられません。 何となく把握しました。要するに「ゴムシートのようなもの」という捉え方ですか? 違えば補足欄でお願いします。 さて……多少なりとも宇宙論を本格的に学んだことがあるならこれに疑問を抱くことはないと思うのですが……。 確かに、現在宇宙は広がっているように観測されていて、それも加速されているように見えています。したがって、何かしらの重力現象がこれに関わっているとすればそれは斥力であって、それを発生させているエネルギーが謎の「ダークエネルギー」なわけです。 これは、宇宙規模の非常に大きな構造では宇宙の広がり方などに大きな影響を与えますが、太陽系や連星パルサーなどの規模では無視してもよいエネルギーです。 このまま広がるのが加速し続ければそのうち無視できなくなるそうですが、現状はとりあえず身近な範囲内ではこのダークエネルギーは無視してもよいようです。 宇宙規模であれば、もちろん無視はしてはいけませんがね。 時空をゴムシートに例えるのは初心者向けの本ではよくある考え方ですが、そもそも時空とゴムシートを同じ扱いにしている時点でアウトです。別物です。お判りでしょう? >折角連星パルサーでも確認されているのは,重力で空間が引かれるという現象に対してです。 >しかし重力に逆らって空間が広がる実験の証拠が何処にあったのですか? 「加速膨張」でググってください。観測済みです。 なお、一応ひとつ言っておきます。 一般相対性理論は、数学的に見る限りは、「リーマン幾何学」という数学理論の特殊例です。元が数学ですから、内部矛盾はありません。少なくともあっても数学の理論体系の中では分かりません。 したがって、一般相対性理論の中で内部矛盾を探すのは無理な話です。観測と矛盾した場合に限って理論が矛盾していることが分かります。 今のところ、観測と理論は矛盾していないようです。したがって、一般相対性理論の内部矛盾を指摘しようというのであれば、それは無理な話だと忠告させていただきます。 >なお自費出版するほど思考が纏まっている訳もなく,取りあえず知恵袋は思考がブツカリ合う事でも勉強になります。 HPを作るという手もありますが? アンチ相対論で有名な窪田氏などはHPを作って自己主張をされています。知恵袋で初心者を狙い撃ちにするよりもHPを作ったほうが圧倒的にさまざまな面で役に立つと思います。


Q.初めての質問です。 ある漫画について知りたいんです。 題名、作者、出版社など知ってる方や、過去に読んだ方がいれば是非教えていただきたいです。 ・1980年前後の漫画 ・1冊の本。漫画を見ながら宇宙の知識がわかる感じのつくり ・ブラックホールが出てくる(でも漫画「コスモス・エンド」ではない) ・基本のストーリーはSF小説「タウ・ゼロ」のような感じ ・バサード・ラム・ジェット・エンジンを積んだ恒星間宇宙船が事故を起こし、大人達は全滅、7~8人の少年少女が生き残る ・速度がどんどん増して行き、船内時間では数十日なのにもう地球時間では千数百年たっている ・覚えているセリフは、地球からの距離を計算した少女が叫ぶ「地球から……1648光年!」(数字は適当に補完) ・進行方向にブラックホールがあることが判明して、やむをえず突入する ・ラストシーンはホワイトホールを抜けて、居住区だけ破損を免れて、未知の惑星に降り立っていく 小学生の時これを読んで、ドキドキワクワクしながら宇宙への憧れが募って、宇宙好きになった記憶があります。 とにかくすごく素敵な漫画でした! どなたか知っている方、読んだことがある方がいらっしゃれば、どうかお願いします。

A.「2001夜物語」・・・じゃないですよね。私はこれで同じように感動した記憶があります。 面白そうですね。 しかし残念、知りません。 「SF漫画」から、しらみつぶしに探してみては? http://ja.wikipedia.org/wiki/SF%E6%BC%AB%E7%94%BB#1970.E5.B9.B4.E4.BB.A3.E7.94.9F


恒星出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 07:16:13