出版社「情報センター出版局」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>情報センター出版局

情報センター出版局 公式ホームページ

情報センター出版局
情報センター出版局

情報センター出版局 関連通販

情報センター出版局 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.ISBN(国際標準書籍番号)が知らぬ間に抹消されました?? !! 日本図書コード管理センター(一般社団法人 日本出版インフラセンター)に登録したISBNが、登録者の連絡不能との理由で抹消されていました。同管理センターに問い合わせても、抹消の理由が曖昧です。 経緯は、個人名を登録「出版者」として、6桁ISBNを取得しました。取得年にISBN付きの数種の書籍を個人出版(私家出版)しました。その後は出版は行っていませんでしたが、数年後に、どう言う訳かISBNが抹消されていたことが、年月が過ぎた最近分かりました。 抹消に理由は、上記管理センターの検索ISBN情報によると、「連絡不能」との記載があります。登録住所や電話番号は変更なく、たまたま留守にして同管理センタからの連絡を受けられなかったのでしょう、全く覚えがない状態です。 会社等の営業でなく、個人の立場でISBNを所得して、数種類の本を作り、書店流通とは関係ない場合であり、国立国会図書館に義務納入したり、知り合いに配ったりする程度の出版活動です。このような状態であり、出版業界に何らの不正や妨害はしていません。それにも拘らず、知らぬ間にISBNが抹消されたことは、全く理解が出来ず、納得も出来ません。 日本図書コード管理センターのISBN管理はどうなっているのでしょうか。折角登録したISBNを安易に抹消して、何の意味と目的があるのでしょうか。法務省法務局に事情を簡単に説明して、実情を問い合わせましたが、一般社団公人の自主管理規定であり、国は関与していないとの回答でした。 出版関係の会社や法人でも、個人でも、同じようなISBNが抹消された御経験がある皆様の、ご経験話しやご意見をお寄せください。

A.こんなところでゴネても仕方ないでしょう。


Q.みなさんNHKの悪の実態を知ってますか? 1、法外な職員の給料 約10000人のNHK職員がいます。 総人件費は年間1700億円です。 NHK職員の年間一人当たり平均人件費は1700万円ということです。 国家公務員の年間一人当たり平均人件費は880万円です。 2倍です。なぜでしょうか?? フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日などの民法大手の年間人件費平均が約1700万円です。 それを理由に、その水準に自分たちの給料を合わせているのです。 ここで絶対に間違えてはいけないことがあります。 「民放大手の高い給料」は、各社が健全な経営により生み出した利益の社員への還元の結果なのです。 ”NHKがこれを真似ること自体がそもそもおかしいのです” 国会でこのことを追及されたときのNHK専務理事の答弁が、 「優秀な人材を得るための経費であり、報酬を下げると番組の質の劣化を招く」 などと呆れた説明をしています。 では平均880万円の「国家公務員」は優秀な人材ではないのですか!? いいえ大変優秀な人材に溢れています。 公共放送局の職員ならば国家公務員と同じ給料でいいはずです。 そして受信料を下げるべきです! 2、NHKの営利関連法人 NHKは非営利が原則です。 なのに営利関連法人を多くつくり莫大な利益を生み出しています。 この営利関連法人は総務省はじめ霞ヶ関官僚たちの天下り先になっています。 以下がそうです。 株式会社NHKエンタープライズ 株式会社NHKエデュケーショナル 株式会社NHKグローバルメディアサービス 以下の2社を2009年4月1日に統合。 株式会社NHK情報ネットワーク 株式会社日本文字放送 株式会社NHKプロモーション 株式会社NHKアート 株式会社NHKメディアテクノロジー 以下の2社を2008年4月1日に統合。 株式会社NHKテクニカルサービス 株式会社NHKコンピューターサービス 株式会社NHK出版 株式会社NHKプラネット 以下の地域番組制作会社6社を2008年4月1日に統合。 株式会社NHK北海道ビジョン(北海道総支社、通称「NHKプラネット北海道」) 株式会社NHK東北プランニング(東北総支社、通称「NHKプラネット東北」) 株式会社NHK中部ブレーンズ(中部総支社、通称「NHKプラネット中部」) 株式会社NHKきんきメディアプラン(近畿総支社、通称「NHKプラネット近畿」) 株式会社NHKちゅうごくソフトプラン(中国総支社、通称「NHKプラネット中国」) 株式会社NHK九州メディス(九州総支社、通称「NHKプラネット九州」) 株式会社日本国際放送 株式会社NHKビジネスクリエイト 株式会社NHKアイテック 株式会社NHK文化センター 株式会社NHK営業サービス 3、形式だけの経営委員会 経営委員会とはひとことで言うと、NHK会長以下の執行部に対するガバナンスを行う機関。 委員会は12人で構成される組織で、月に2回の定例委員会が行われます。 自分たちの都合の良い議案を経営委員会にかけて通過させ堂々の大義名分を得る目的で設置された形式だけの仲良しクラブです。 ですから議案が否決されることはありません。 経営委員は2206万円の年間報酬です。 委員長なら3092万円と総理大臣よりも高い報酬を得ています。 ひと月に2回の定例委員会、年間24日間、数時間寄り集まるだけで貰える給料です。 先に述べたように全職員の平均年収は1700万円以上と、キャリア官僚よりもはるかに大きいのです。 4、安倍政権寄りのNHK 安倍総理の「お友だち」である籾井勝人氏がNHKの会長であった期間、「公共放送」であるはずのNHKは、すっかり安倍政権の「御用メディア」となってしまっていました。 NHKはまたトンでもない集金や契約の実態が問題になっています。この集金や契約にかかる費用が1日当たり2億円と言われています。 こんな公共放送局、必要ですか?すぐに解体して健全化すべきなのです!

A.のりぱん、こんばんは 貴方の質問は本質的な問題提起の性格を帯びているのと、タイミング良く、受信料着服して自殺した職員の件が有るため普段ならずらりと居並ぶNHK 擁護の面々が回答して居ませんね。NHK 関連質問回答の殆どが支払いをどうにかして回避したい方達とそれをヤクザ紛いの論法で攻め立てるshadow _ sky diver やサボテンの一派とのせめぎあいです。ある意味NHK 問題が矮小化されていたわけです。 貴方の提案は理路整然としたものです。論理の破綻もありません。NHKの直接の被害に遭っていない人は素朴に公共放送と信じているのです。 のりぱんも公共放送と書いていますよね。そこだけは違います。NHK が設立された当時は確かにそうした一面はあったでしょうが、情報インフラがこれだけ広範になった今 NHK の公共性はただの戯れ言になったと言って過言ではありません。有料化したいのならスクランブル化すればいいのです。こう書くとチャンネルと地方局の問題を持ち出してそんな事は出来ない、電波の初歩的知識もないのかと言う反論があります。しかし今ある技術を投入すれば出来ない訳ないでしょうが。NHK =日本犯罪者機関は人の懐に手を入れたいがため知らぬ顔をしているだけです。のりぱんの言うように解体すべき機関です。共に闘いましょう。


Q.海外旅行や語学に夢中な先輩がいます。情報センター出版局からでている「旅の指差し会話帳」シリーズが気に入っているようすです。 次の言語は「アラビア語」を視野にいれているらしいですが、イランとかチュニジアとかいろんな国でアラビア語が異なる(?)らしいのです。「今すぐ渡航したい国があるわけでない」「教養程度に身につけたい」という前提で、標準的な大枠のレベルのアラビア語を、指差し会話帳シリーズで学ぶには、どの国に向けたシリーズ本を手にするのがよいのか、おしえてください。

A.まず、イランはアラビア語ではなくペルシャ語ですよ。 アラビア語は、観光需要が多いエジプトあたりの言葉が学習者には人気です。 NHKの講座も、エジプトあたりの表現をメインに取り上げています ビジネス需要であれば、サウジアラビアあたりが強いのでしょうが、サウジアラビアへ観光に行くのは困難です。 まあ「語学が好き」という方ならば、この程度のことは自力で調べられると思いますので、ご本人にお任せすれば良いのではないでしょうか?


Q.海外旅行や語学に夢中な先輩がいます。情報センター出版局からでている「旅の指差し会話帳」シリーズが気に入っているようすです。 次の言語は「アラビア語」を視野にいれているらしいですが、イランとかチュニジアとかいろんな国でアラビア語が異なる(?)らしいのです。「今すぐ渡航したい国があるわけでない」「教養程度に身につけたい」という前提で、標準的な大枠のレベルのアラビア語を、指差し会話帳シリーズで学ぶには、どの国に向けたシリーズ本を手にするのがよいのか、おしえてください。

A.むずかしいなあ。 ご存知のように、アラビア語は方言差がきわめて大きく、 しかも、共通語と言えるMSA(現代標準アラビア語)は、 話し言葉としては全く日常語ではなく、 演説かテレビのニュースぐらいでしか 耳にしない存在になっているからです。 話者の多さで言えばエジプト方言、 日本との経済的つながりで言えば湾岸方言 (「指さし会話帳」シリーズで言うとドバイ) が、比較的有用だと思います。 しかし、「今すぐ渡航したい国があるわけでない」 「教養程度に身につけたい」という状況なら、 会話でなく、MSAを学ぶ方がいいと思います。 MSAは、アラビア語圏のほぼすべての人が、 聴いて理解できるものですし、 (つまり、これを学べば、相手の言うことはわからなくても、 自分の言うことはわかってもらえる) また、すべての方言の基礎になります。


情報センター出版局 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:37:53