出版社「技術出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>技術出版

技術出版 公式ホームページ

技術出版
技術出版

技術出版 関連通販

技術出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.首相輩出名門成蹊と地方国立・山形大はどちらが就職強い? * {文系のお薦め(進路幅、社会実績、偏差値、職歴などより} 1、東京大学、慶應義塾大学 2、京都大学、一橋大学、早稲田 3、地方帝大、横神、早稲田旧二部、上智 4、筑外茶、府立市立、マーカンICU 5、金岡千広 6、国立大(5Sなど) 7、地方国立大、SSM・日本 8、日東駒専、産近甲龍、南山 9、大東亜帝国、愛愛名中 10、関東上流江戸桜、摂神追桃、他Fラン {理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより} 1、東大、医学部医学科 2、京大、東工大、慶應義塾 3、地方帝大、早稲田 4、横神、筑茶、府立市立、上理 5、電農名繊、金岡千広、マーカンなど 6、地方国立大等、4工大等 7、底辺地方国立大、中堅私立大理系 8、私立大学等、Fランクなど 社会的実績・偏差値難易度・将来経済力など様々な実質的要素を考慮する。 (1)東京大学、慶應義塾大学、医学部医学科(国立・難関私立) (2)京都、一橋、東京工業、早稲田政経、私立医学部 (2.3)早稲田(政経以外) (2.7)大阪 (3)東北、横浜国立、名古屋、神戸、九州、上智 (4)北海道、お茶の水、東京外国語、筑波、千葉、大阪府立、大阪市立、中央、明治、立教、理科大、同志社、関西学院 (5)金沢、広島、岡山、横市、東京農工大、名古屋工業、青山学院、学習院、法政、津田塾、関大、立命館 (6)埼玉、静岡、新潟、滋賀、京都工芸繊維、電気通信、名古屋市立、成城、成蹊 ・まずは国立大学を優先的に志望する、という側面も強かったことから、私立大学は「結果的な入学者」も多い。すなわち、国立大学は自分の学力に適した「第1志望」であった学生が多いが、私立大学の場合は、国立志望者も私立志望者も入り乱れての競争となり、国立大学合格者を差し置いて、別次元でまた競争がある。 旧帝大医学部、国立大医学部、東大、京大、一橋、東工大、阪大といえど落ちる受験者のほうが多く、彼らは私立志望者との競争を余儀なくされる。慶應には旧帝医、国医、東大の崩れ、早稲田には京大一橋東工大の崩れ、マーチカンカンなどには旧帝大の崩れ水準が多くなり、それなりにジグザグとなる。 ・早稲田と京大・一橋を比較した場合、受験上の希少性・負担は京大一橋だと言えるが、マスコミ(広告・出版・新聞・TV)・政治・法曹・文壇や商社・特定メーカーにおける学校伝統においては早稲田の方が優位とみなせる部分もある。 ・社会の中枢には早稲田・慶應・東大OBが圧倒的に多い、比率で絞れば東大・慶應か ・たとえば、神戸・横国は文系方面で強い有力国立大で、地方帝大(大阪・東北・名古屋・九州・北海道)は理系方面で強い有力国立大であり、文理相殺を考慮している。 ・上記大学30校以上は上位1割の学力が必要:1学年・・・120万人⇒12万人の高学歴者 ・難関国立の門は狭いが、少数であるため輩出・街道はマンモス大学に譲る部分も見受けられる。 ~リーダー~ 政治・公務⇒東大・慶應 財界・経営⇒東大・慶應・早大 金融・保険⇒東大・慶應 マスコミ等⇒東大・慶應・早大 法曹・司法⇒東大・慶應・早大 会計・税務⇒慶應・早大 教授・学問⇒東大・慶應 医療・病院⇒東大・慶應・京大 生命・化学⇒東大・慶應・京大・名大 技術・工学⇒東大・慶應・東工大 偏差値⇒東大・慶應・医学部 受験負担⇒東大・京大・一橋 スポーツ・・早大日体大 芸能・・・・早大(旧)⇒慶應(新) ●有力企業2370社CEO{東証一部上場基準(大手運用、大手中核子会社、有力外資系等含む} 2017/1/1 【大学ランキング(メーカー・インフラ系編1120社)】1/2017 ①慶應133人 ②東大103 ③早稲田85 ④京大60 ⑤阪大35 ⑥東北28 ⑦中央25 ⑧一橋・同志社23 ⑩神戸22 ⑪明治20 ⑫北海道19 ⑬関西・日本17 ⑮青学16 ⑯関学・法政15 ⑲名古屋14 ⑳理科・立教13 【大学ランキング(金融・商社・サービス系編1250社)】1/2017 ①慶應171人 ②東大143 ③早稲田113 ④京大44 ⑤中央・明治36 ⑦関学31 ⑧日本28 ⑨一橋27 ⑩青学19 ⑪関西・同志社18 ⑬立教15 ⑭阪大・学習院14 ⑯上智・東北13 ⑱北海道・神戸11 【大学ランキング(全業種2370社)】1/2017 ①慶應304人 ②東大246 ③早稲田198 ④京大104 ⑤中央61 ⑥明治56 ⑦一橋50 ⑧阪大49 ⑨関学46 ⑩日本45 ⑪東北・同志社41 ⑬青学35 ⑭神戸・関西33 ⑮北海道30 ⑯立教28 ⑰法政27 ⑱学習院・上智・九州22 ㉑名古屋・理科21 【学部ランキング】2/2017 慶應経済 117人、東大法 80、慶應商 76、東大経済 75、慶應法 71、東大工 65、早稲田政経57、早稲田商 49、慶應理工 44、早稲田理工44、京大工 40、阪大工 33、京大法 27、京大経済 24、中央法 23、明治商 23、一橋経済 21、理科大 21、立教経済 20、関学経済 19、東工大 18、早稲田法 18、東北工 17、一橋商 17、日大理工 16、同志社経済・明治政経15、早大社学・学習経・中央商13

A.どちらも出世街道には乗れませんが、成蹊の三菱に強いゼミに入れば三菱系列に入れます。成蹊はどちらかというと都内の会社経営者の子供が入学して親の企業を引き継ぐというパターンが本筋でした昔は。


Q.最強大学・京都大学から総合商社・メガバンクには簡単に行けますよね? そしてかなりのポジションも狙えますか? てわたしが経済学部なんですけどね、テヘ *** (ネット参照情報) {文系のお薦め(進路幅、社会実績、偏差値、職歴などより} 1、東京大学、慶應義塾大学 2、京都大学、一橋大学、早稲田 3、地方帝大、横神、早稲田旧二部、上智 4、筑外茶、府立市立、マーカンICU 5、金岡千広 6、国立大(5Sなど) 7、地方国立大、SSM・日本 8、日東駒専、産近甲龍、南山 9、大東亜帝国、愛愛名中 10、関東上流江戸桜、摂神追桃、他Fラン {理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより} 1、東大、医学部医学科 2、京大、東工大、慶應義塾 3、地方帝大、早稲田 4、横神、筑茶、府立市立、上理 5、電農名繊、金岡千広、マーカンなど 6、地方国立大等、4工大等 7、底辺地方国立大、中堅私立大理系 8、私立大学等、Fランクなど 社会的実績・偏差値難易度・将来経済力など様々な実質的要素を考慮する。 (1)東京大学、慶應義塾大学、医学部医学科(国立・難関私立) (2)京都、一橋、東京工業、早稲田政経、私立医学部 (2.3)早稲田(政経以外) (2.7)大阪 (3)東北、横浜国立、名古屋、神戸、九州、上智 (4)北海道、お茶の水、東京外国語、筑波、千葉、大阪府立、大阪市立、中央、明治、立教、理科大、同志社、関西学院 (5)金沢、広島、岡山、横市、東京農工大、名古屋工業、青山学院、学習院、法政、津田塾、関大、立命館 (6)埼玉、静岡、新潟、滋賀、京都工芸繊維、電気通信、名古屋市立、成城、成蹊 ・まずは国立大学を優先的に志望する、という側面も強かったことから、私立大学は「結果的な入学者」も多い。すなわち、国立大学は自分の学力に適した「第1志望」であった学生が多いが、私立大学の場合は、国立志望者も私立志望者も入り乱れての競争となり、国立大学合格者を差し置いて、別次元でまた競争がある。 旧帝大医学部、国立大医学部、東大、京大、一橋、東工大、阪大といえど落ちる受験者のほうが多く、彼らは私立志望者との競争を余儀なくされる。慶應には旧帝医、国医、東大の崩れ、早稲田には京大一橋東工大の崩れ、マーチカンカンなどには旧帝大の崩れ水準が多くなり、それなりにジグザグとなる。 ・早稲田と京大・一橋を比較した場合、受験上の希少性・負担は京大一橋だと言えるが、マスコミ(広告・出版・新聞・TV)・政治・法曹・文壇や商社・特定メーカーにおける学校伝統においては早稲田の方が優位とみなせる部分もある。 ・社会の中枢には早稲田・慶應・東大OBが圧倒的に多い、比率で絞れば東大・慶應か ・たとえば、神戸・横国は文系方面で強い有力国立大で、地方帝大(大阪・東北・名古屋・九州・北海道)は理系方面で強い有力国立大であり、文理相殺を考慮している。 ・上記大学30校以上は上位1割の学力が必要:1学年・・・120万人⇒12万人の高学歴者 ・難関国立の門は狭いが、少数であるため輩出・街道はマンモス大学に譲る部分も見受けられる。 ~リーダー~ 政治・公務⇒東大・慶應 財界・経営⇒東大・慶應・早大 金融・保険⇒東大・慶應 マスコミ等⇒東大・慶應・早大 法曹・司法⇒東大・慶應・早大 会計・税務⇒慶應・早大 教授・学問⇒東大・慶應 医療・病院⇒東大・慶應・京大 生命・化学⇒東大・慶應・京大・名大 技術・工学⇒東大・慶應・東工大 偏差値⇒東大・慶應・医学部 受験負担⇒東大・京大・一橋 スポーツ・・早大日体大 芸能・・・・早大(旧)⇒慶應(新) ●有力企業2370社CEO{東証一部上場基準(大手運用、大手中核子会社、有力外資系等含む} 2017/1/1 【大学ランキング(全業種2370社)】1/2017 ①慶應304人 ②東大246 ③早稲田198 ④京大104 ⑤中央61 ⑥明治56 ⑦一橋50 ⑧阪大49 ⑨関学46 ⑩日本45 ⑪東北・同志社41 ⑬青学35 ⑭神戸・関西33 ⑮北海道30 ⑯立教28 ⑰法政27 ⑱学習院・上智・九州22 ㉑名古屋・理科21 【学部ランキング】2/2017 慶應経済 117人、東大法 80、慶應商 76、東大経済 75、慶應法 71、東大工 65、早稲田政経57、早稲田商 49、慶應理工 44、早稲田理工44、京大工 40、阪大工 33、京大法 27、京大経済 24、中央法 23、明治商 23、一橋経済 21、理科大 21、立教経済 20、関学経済 19、東工大 18、早稲田法 18、東北工 17、一橋商 17、日大理工 16、同志社経済・明治政経15、早大社学・学習経・中央商13

A.東京、一橋、京都、神戸の普通の学生ならメガバンク、総合商社は可能ですね。 普通の学生ならです。 かなりのポジションは本人の努力次第だと思います。


Q.マスコミ業界の就職活動について。 こんにちは。 私は今就職活動真っ最中の私立文系四年制大学の3年生女子です。そこでマスコミ業界の就職活動についていくつか質問があります。 私の就職活動を簡単に説明すると、去年の夏頃から就職活動を始め、多くの企業を見てインターンに参加した結果、今年の1月にブライダル業界1社から内定を頂いており、(就職活動は続けたいという意志を伝え、現在は無期限で待っていただけています。)今はテレビ業界1社と大手IT企業1社の選考が進んでいる状況です。 しかし先日大手出版社の説明会に参加した際に、小さい頃から憧れていたファッション雑誌の編集者になる夢がふつふつと蘇り、頭からー離れなくなりました。 実は現在の大学も編集者の夢を叶えるため入ったのですが、激務で狭き門というイメージだけで自分には無理だと決めつけていつしか簡単に諦めてしまっていました…。 そこでもう一度自分は一体何をしたいのかと自己分析をし直した結果、『自分で何かを発信して影響力がある仕事がしたい』という思いが強いことが分かり、これからの就活を、出版社、広告会社、デザイン会社などマスコミ業界に縛ろうと考えています。 職種としては編集者、クリエィティブ職(ファッション雑誌に関われる広告・webデザイナー・イラストレーター)に興味があります。 美大卒業の先輩にすぐに相談したところ、クリエィティブ職にはポートフォリオが必要と知り、フォトショなどを教えてもらいながら現在毎日徹夜して製作中です。(イラストやポスターでは受賞した経験もあり自信はあるのですが、パソコン技術は全く無経験) やはり出版社という狭き門一本で絞るということに不安があり、デザイン制作会社からでも携わりたいと思い、今頑張っていますが、やはりスタートダッシュが遅すぎたため、これからの就活に不安しかありません。 そこで皆さんに質問があります。 ①出版社に絞り小論文・時事問題対策を徹底的にするか、デザイン会社に絞りポートフォリオを完璧に作り上げるかどちらが効率的だと思いますか。 ②私立文系でもクリエィティブ職につける可能性はあるのでしょうか。 ③大学では勉強を1番に頑張ろうと決め、入学から今まで全ての学期で上位5パーセントの成績をおさめてきました。これはマスコミ業界にウケる自己アピールになるでしょうか。中高でキャプテンを務めた時に乗り越えた壁のエピソードの方がウケがいいでしょうか。 もう不安で押しつぶされそうでほぼ毎日徹夜です…もちろんこんな状態で体を壊したら元も子もないので、優先順位を決めたいのですが、1人でどんだけ考えても空回りしてしまいます。 皆さんの個人的な意見でも構いませんので率直なご意見をお待ちしております。 真剣に悩んでいますので是非よろしくお願い致します。

A.世の中に絶対不可能ということはないかもしれませんが、でもまあ文系学生がクリエイティブ職に就くのはそれに近いですよ。 美大生はここまでの3年間、正確にはその前の1~2年間美大予備校でもずっと美術を専門的に勉強して来てるんですよ。 これまで授業であったり個人で制作してきた作品の中から選んだものをポートフォリオに入れて来る、上位の美大では1年生で一度ポートフォリオを作らせたりもしてます。 一年生からフォトショップやイラストレーターを使うなんてフツーのこと。 あなたの作ったポートフォリオはそれに太刀打ちできるものですか? たとえば反対に美大の学生が一般事務職に就きたいと思っても世間では「美術ばかり勉強してきたのに出来るの?」という評価です。 一般大学生から見たって事務職のライバルとしては「ああ、美大生ね」という上から目線の扱いじゃないですか。 それと同じですよ。 夢ややりたいことだけでは就活は成就できません。 出来ることが何か、がポイントです。 あなたは美大生ではないけどその代わり勉強を頑張ってきたんですよね。 それならそれがあなたにとっての武器なんですから、それを前面に出して就活するべきでしょう。 もし出版や編集関係に進みたいというのなら一般大学生の枠で就活しましょう。 クリエイティブ職によそ見する暇やエネルギーがあるのなら本丸にぶつかるための準備に費やしましょう。 フォトショを習ったばかりの素人が徹夜で制作する…正直時間の無駄でしかないですよ。 出版社は狭き門、それがわかっているなら余計に自分をレベルアップさせるべきじゃないですか。 本当にほしいものがあるならそこに全てのエネルギーを結集させましょう。


Q.以前の公認会計士は二級建築士と同じくらいの難易度だったらしい。 ほかにも宅地建物取引主任者、基本情報技術者、社会福祉士と同等の難易度だったらしいのですが、当時の詳しい状況を教えてください。 2000年代前半だそうです。ちなみに、なんらかの養成課程を受講した場合は下記のとおりの合格率だそうです。その養成課程は誰でも簡単に入学できたそうです。 合格率 年齢層(ボリュームゾーン) 多い学歴 公認会計士 30% 22歳 大卒,専修学校卒(2年在学で免除あり) 二級建築士 25% 28歳 大卒,専修学校卒 社会福祉士 28% 31歳 大卒,短大卒 宅地建物取引主任者 25% 30歳 専修学校卒(数週間の講習で免除あり) 基本情報技術者 15% 24歳 大卒,専修学校卒 こうみると、基本情報と宅建主任がかなり過小評価されていますね。 反対に、会計士は簿記1級と同等か、それより劣ったかもしれません。 会計士を過小評価するつもりはないが、まじで簡単すぎる。 よく一級建築士や高度情報処理を100時間で合格するとか嘘を述べて 当時の資格のガイドブックを見ても、会計士はそんなに評価が高くありません。 ディスる会計人材がいるけど、ぜんぜん相手になってないみたいですね。どういうことだろうか。 たとえば、永田出版2002年の資格ガイドブックでは 第一種電気主任技術者 難易度6 第二種電気主任技術者 難易度5 第三種電気主任技術者 難易度4 通訳技能検定1級 難易度6 貿易実務検定Aクラス 難易度5 国連公用語特Aクラス 難易度5 シスコインターネットワーキングエキスパート 難易度5 システム監査技術者 難易度6 テクニカルエンジニア 難易度5 司法試験 難易度5 技術士 難易度5 第一種放射線取扱主任者 難易度4 労働安全コンサルタント 難易度4 通訳案内士 難易度4 一級建築士 難易度4 公認会計士 難易度4 社会保険労務士 難易度4 行政書士 難易度4 ソフトウェア開発技術者 難易度4 司法試験予備試験 難易度3 二級建築士 難易度3 基本情報技術者 難易度3 第一種放射線取扱主任者 難易度3 社会福祉士 難易度3 宅建主任者 難易度3 第一種電気工事士 難易度3 第二種電気工事士 難易度2 簿記検定1級 難易度3 簿記検定2級 難易度2 実用英検1級 難易度4 実用英検準1級 難易度3 実用英検2級 難易度2 薬剤師 難易度2 栄養士 難易度1 ホームヘルパ2級 難易度1 マイクロソフトオフィススペシャリスト難易度1 あんまりあてにならないけど 電験1種とシステム監査が難しかったのは合ってるなあ。 技術士なんてほとんど誰も知らなかったしね。 薬剤師なんて特に優秀じゃなくても取れたしね。 みんな専門の学部くらいいくよ。

A.公認会計士の国家試験は、一次試験の大幅免除がありました。 しかも、一次試験の大幅免除は、所定の教育機関で学べばほぼ全員が取得できたものです。 つまり、公認会計士は、滅茶苦茶簡単だったということです。 合格率は申込者のうち20%~30%が合格しましたが 受験者のうちだと大体30%くらいでした。 会計士は年端も無い、若い世代の受験者で構成されていますから、レベルも滅茶苦茶低かったです。 しかし、会計士はどこへ行っても、自分が王様だと思い込んでいます。 他の業界のことをまるで知らない、若造が多かったのです。 いまさら、年齢層を上昇させても無駄です。 他の業界の資格を簡単にさせるのも無駄です。 なぜならば、記録が残っているからです。 会計士の難易度は、足蹴にしていた、社労士やFP1級や税理士の難易度どころか、 ビジネス会計検定1級より簡単でしたから。 社会福祉士が4年以上の経験が必要なのに対して、 会計士補になるには2年以上の経験でOKでした。 年齢層は会計士補が25歳なのに対して、社会福祉士が30歳、 合格率は同じくらいなので、社会福祉士のほうが難しかったというわけです。 初級シスアドが年1度だったころの合格率も30%で、年齢層が28歳くらいなので これより簡単だったかもしれない。 会計士補になるには2年間、Fラン大学や専門学校へ通って合格率30%の試験に合格すればよいだけ。 今まさに、勘違いしまくってる、会計人材が必死になって、もみ消そうとしている。 もみ消す方法は、無理やり他の業界の受験者層を 下げて、会計士と同等にして 会計士の方があたかも上等だったかのように嘘を吹聴していたことをごまかそうとしているのだ。 技術士の年齢層を30代にして、その他の技術系資格を20代にしてしまおうとしている。ほかにも、不自然なところがいっぱいだ。簡単にするように促した資格がごまんとある。販売士などもその類。


技術出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:15:24