出版社「文化出版局」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>文化出版局

文化出版局 公式ホームページ

文化出版局
文化出版局

文化出版局 関連通販

文化出版局 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.(大学ランキングと就活てだいたい比例しますか? ) 日系最難関一流企業06,07年採用者(一橋のみ06年を2倍) 財閥商社系+日本郵船+電通+4キー局+2デベ(MM)+3新聞(朝日讀賣日経)+3出版(KSS) (比率は人数/表示大学人数合計) 慶應義塾大 399名 早稲田大 347名 東京大 245名 ・・・65%(3大学) ========== 京都大 123名 一橋大 82名 ========== 神戸大 68名 上智大 62名 大阪大 43名 ・・・90%(8大学) ========== 中央大 33名 明治大 32名 九州大28名 北海道大 20名 学習院大 20名名古屋大 19名 横浜国立大 14名 東北大 11名 二大商社(商事・物産)採用数。 2010採用数 慶應 68(商35・物33) 東大 60(商37・物23) 早大 48(商23・物25) ・・・(3大学)70% 一橋 18(商09・物09) 京大 17(商10・物07) 上智 09(商04・物05) ・・・(6大学)85% 阪大 06(商05・物01) 明大 05(商01・物04) 立教 05(商01・物04) 神戸 05(商02・物03) 青学 04(商01・物03) 東北 04(商--・物04) 東工 04(商03・物01) 北大 02(商02・物--) 九大 02(商--・物02) 名大 01(商--・物01) 上記から最難関就職水準という意味では銘柄大学卒業生だけでその企業の正社員構成のほとんどを占めるということで驚きだ。こういった点では幅広い理系的製造企業と文系的集約採用一流企業との間でギャップがある。 日本銀行入行者10年 ~2013年度 ・東京大学 156名 ・慶應義塾大学 119名 _____________________________________100名 ・早稲田大学 59名 ・一橋大学 26名 ・京都大学 24名 ・中央大学 20名 ・東京工業大学 19名 ・学習院大学 16名 ・名古屋大学 15名 ・上智大学 13名 ・東京理科大学 11名 ・広島大学 11名 ・立命館大学 10名 ・関西学院大学 10名 ・青山学院大学 10名 ・神戸大学10名 _____________________________________10名 ・九州大学 9名 ・大阪大学 9名 ・横浜国立大学 8名 ・南山大学 8名 ・明治大学 8名 (一流大学) 〔S1〕東京大・国医・難私医 〔S1-α〕慶應義塾大学・私医 ========== 1.5% ========== 〔S2〕京都大・一橋大・東京工業大・早稲田政経 〔S2-α]早稲田 ========== 2.5% ========== (準一流大学) 〔S2-β〕大阪大学・早稲田下位等 〔S3〕東北大・名古屋大・九州大学・横浜国立大学・神戸大学・上智大学 ========== 4% ========== 〔S3-α] 北海道大学・筑波大学・千葉大・大阪府立大学・大阪市立大・東京農工大 ・同志社大学・明治大学・ICU大・東京理科大 (有力大学) 〔A1〕名古屋工業大・首都大東京・立教大学・中央大学・関西学院大学 〔A2〕横浜市立大・広島大学・立命館大学・青山学院大・津田塾大学 〔A2-α〕・金沢大・岡山大・電気通信大・京都工芸繊維大・法政大学・学習院大学・関西大学・名古屋市立大 ========== 10% ========== (準難関大学) 〔B1〕東京学芸大・静岡大・滋賀大・埼玉大・新潟大・熊本大・奈良女子大・京都府立大・東京女子大・日本女子大・芝浦工大 〔B2〕岐阜大・三重大・信州大・・群馬大・鹿児島大・徳島大・静岡県立大・千葉工業大・山梨大・小樽商科大・成城大・成蹊大・明治学院大・東京都市大学 〔B3〕和歌山大・大阪教育大・兵庫県立大・愛媛大・長崎大・富山大・香川大・千葉工業大・東京海洋大・日本大・近畿大 (中堅上位大学) 〔C〕宮崎大・高知大・神戸市外国語大・佐賀大・奈良県立大・山形大・埼玉県立大・岩手大・山口大・高崎経済大・愛知県立大・秋田大・弘前大・福島大・福井大・大分大・鳥取大・茨城大・北九州市立大・島根大・武蔵大・國學院大・獨協大・東洋大・専修大・西南学院大・駒沢大・南山大・甲南大・工学院大・京都産業大 ========== 20% ========== (中堅大学) 〔D1〕前橋工大・高知工科・琉球大・室蘭工大・龍谷大・関西外語大学・東海大 ・国士舘大 〔D2〕東北学院大学・文教大学・東京経済大学・東京都市大学・二松学舎大学・立正大学・神奈川大学・愛知工業大学・愛知淑徳大学・松山大学・福岡大学・創価大学・帝京大・京都外語大 (中堅下位大学) 〔E〕北星学園大・北海学園大・亜細亜大・桜美林大・産業能率大・大正大・拓殖大・玉川大・東京工科大・金沢工業大・愛知学院大・中部大・京都橘大・大阪経済大・大阪工業大・沸教大・摂南大・広島修道大・大東文化大・関東学院大・明星大・追手門学院大・桃山学院大・神戸学院大 ========== 30% ==========

A.だいたい比例すると思います。 私は中堅大学卒です。 大学のサークルの仲間20人で、 年収1000万以上に到達する大手企業勤務は私を含め3人程度で、 2年目でサラリーマン年収を超えていたり、5年目で800万到達していたり。 ですが、15人くらいは大卒サラリーマンの平均より下の無名企業に勤めています。


Q.みなさんNHKの悪の実態を知ってますか? 1、法外な職員の給料 約10000人のNHK職員がいます。 総人件費は年間1700億円です。 NHK職員の年間一人当たり平均人件費は1700万円ということです。 国家公務員の年間一人当たり平均人件費は880万円です。 2倍です。なぜでしょうか?? フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日などの民法大手の年間人件費平均が約1700万円です。 それを理由に、その水準に自分たちの給料を合わせているのです。 ここで絶対に間違えてはいけないことがあります。 「民放大手の高い給料」は、各社が健全な経営により生み出した利益の社員への還元の結果なのです。 ”NHKがこれを真似ること自体がそもそもおかしいのです” 国会でこのことを追及されたときのNHK専務理事の答弁が、 「優秀な人材を得るための経費であり、報酬を下げると番組の質の劣化を招く」 などと呆れた説明をしています。 では平均880万円の「国家公務員」は優秀な人材ではないのですか!? いいえ大変優秀な人材に溢れています。 公共放送局の職員ならば国家公務員と同じ給料でいいはずです。 そして受信料を下げるべきです! 2、NHKの営利関連法人 NHKは非営利が原則です。 なのに営利関連法人を多くつくり莫大な利益を生み出しています。 この営利関連法人は総務省はじめ霞ヶ関官僚たちの天下り先になっています。 以下がそうです。 株式会社NHKエンタープライズ 株式会社NHKエデュケーショナル 株式会社NHKグローバルメディアサービス 以下の2社を2009年4月1日に統合。 株式会社NHK情報ネットワーク 株式会社日本文字放送 株式会社NHKプロモーション 株式会社NHKアート 株式会社NHKメディアテクノロジー 以下の2社を2008年4月1日に統合。 株式会社NHKテクニカルサービス 株式会社NHKコンピューターサービス 株式会社NHK出版 株式会社NHKプラネット 以下の地域番組制作会社6社を2008年4月1日に統合。 株式会社NHK北海道ビジョン(北海道総支社、通称「NHKプラネット北海道」) 株式会社NHK東北プランニング(東北総支社、通称「NHKプラネット東北」) 株式会社NHK中部ブレーンズ(中部総支社、通称「NHKプラネット中部」) 株式会社NHKきんきメディアプラン(近畿総支社、通称「NHKプラネット近畿」) 株式会社NHKちゅうごくソフトプラン(中国総支社、通称「NHKプラネット中国」) 株式会社NHK九州メディス(九州総支社、通称「NHKプラネット九州」) 株式会社日本国際放送 株式会社NHKビジネスクリエイト 株式会社NHKアイテック 株式会社NHK文化センター 株式会社NHK営業サービス 3、形式だけの経営委員会 経営委員会とはひとことで言うと、NHK会長以下の執行部に対するガバナンスを行う機関。 委員会は12人で構成される組織で、月に2回の定例委員会が行われます。 自分たちの都合の良い議案を経営委員会にかけて通過させ堂々の大義名分を得る目的で設置された形式だけの仲良しクラブです。 ですから議案が否決されることはありません。 経営委員は2206万円の年間報酬です。 委員長なら3092万円と総理大臣よりも高い報酬を得ています。 ひと月に2回の定例委員会、年間24日間、数時間寄り集まるだけで貰える給料です。 先に述べたように全職員の平均年収は1700万円以上と、キャリア官僚よりもはるかに大きいのです。 4、安倍政権寄りのNHK 安倍総理の「お友だち」である籾井勝人氏がNHKの会長であった期間、「公共放送」であるはずのNHKは、すっかり安倍政権の「御用メディア」となってしまっていました。 NHKはまたトンでもない集金や契約の実態が問題になっています。この集金や契約にかかる費用が1日当たり2億円と言われています。 こんな公共放送局、必要ですか?すぐに解体して健全化すべきなのです!

A.のりぱん、こんばんは 貴方の質問は本質的な問題提起の性格を帯びているのと、タイミング良く、受信料着服して自殺した職員の件が有るため普段ならずらりと居並ぶNHK 擁護の面々が回答して居ませんね。NHK 関連質問回答の殆どが支払いをどうにかして回避したい方達とそれをヤクザ紛いの論法で攻め立てるshadow _ sky diver やサボテンの一派とのせめぎあいです。ある意味NHK 問題が矮小化されていたわけです。 貴方の提案は理路整然としたものです。論理の破綻もありません。NHKの直接の被害に遭っていない人は素朴に公共放送と信じているのです。 のりぱんも公共放送と書いていますよね。そこだけは違います。NHK が設立された当時は確かにそうした一面はあったでしょうが、情報インフラがこれだけ広範になった今 NHK の公共性はただの戯れ言になったと言って過言ではありません。有料化したいのならスクランブル化すればいいのです。こう書くとチャンネルと地方局の問題を持ち出してそんな事は出来ない、電波の初歩的知識もないのかと言う反論があります。しかし今ある技術を投入すれば出来ない訳ないでしょうが。NHK =日本犯罪者機関は人の懐に手を入れたいがため知らぬ顔をしているだけです。のりぱんの言うように解体すべき機関です。共に闘いましょう。


Q.皆川 盤水様 (1918-2010)の事教えて下さい。別解説では、いわき市出身だとも書いてありました。いわき駅の近くの材木町に同じ苗字の方がいるのですが、もう少し詳しい出身地を教えて下さい。 由来があるのでしょうか? -抜粋- 資料1-大正7年、福島県いわき市生まれ。本名正巳。昭和26年「かびれ」同人。33年「風」に同人参加。41年「春光」(現「春耕」)を創刊主宰。平成5年、句集『寒靄』で第三十三回俳人協会賞受賞 社団法人俳人協会顧問、国際俳句交流協会評議員、ペンクラブ・文芸家協会会員 資料2皆川 盤水 (1918-2010) 皆川 盤水(みなかわ ばんすい、1918年 - 2010年)は、俳人。 福島県生。 日本大学法学部卒。 少年時代に兄・二樓の「鹿笛」に所属し俳句を学ぶ。 のち大竹孤舟に師事。 「かびれ」同人を経て、1958年に「風」同人。 1966年「春耕」創刊・主宰。 1993年句集『寒靄』により第33回俳人協会賞受賞。 2008年「春耕」名誉主宰。 句集に『積荷』『銀山』『寒靄』『随處』『暁紅』『山海抄』『花遊集』など、その他の著作に『山野憧憬』『芭蕉と茂吉の山河』がある。 2010年死去、91歳。 俳人協会顧問も務めた。 [参考文献] 長谷川櫂 編著 『現代俳句の鑑賞101』 新書館、 刊行年月 皆川盤水全句集 皆川盤水 [著] ; 春耕俳句会 編 Kadokawa 角川文化振興財団 2016.10 皆川盤水集 皆川盤水 著 ; 棚山波朗 編 俳人協会 2015.12 凌雲 : 皆川盤水句集 皆川盤水 著 角川マガジンズ 2011.10 盤水一日一句 盤水 著 ; 池内けい吾 編 春耕俳句会 2011.12 現代俳人奧の細道を詠む 皆川盤水 編著 駒草書房 2009.5 花遊集 : 句集 皆川盤水 著 角川グループパブリッシング 角川書店 2007.5 新編月別仏教俳句歳時記 山田春生 編 ; 皆川盤水 監修 東京新聞出版局 2006.6 新編地名俳句歳時記 皆川盤水 監修 東京新聞出版局 2005.5 新編俳句表現辞典 皆川盤水 監修 東京新聞出版局 2004.4 以上

A.はじめてきいた ’’’’’’


Q.以前に服飾の専門学校と洋裁学校に関して質問しましたが、文化出版局の書籍で、 洋裁の実技全書およびパターンメイキングの基礎およびパターンマジックの内容が理屈も意味もパーフェクトに把握して完全に悟ってモノにするためには、服飾の専門学校または洋裁学校で教わる必要が多いにあると想像しますでしょうか?また、独学でテキストや教本で培った場合と服飾の専門学校または洋裁学校で教わった場合とでは、やはり習得する知識や技術のレベルは、はるかに違ってモノをいうのでしょうか?なにかと、今更ながら、服飾の専門学校の造形やパターンの教わることができる、知識や技術的な事が気になります。何かと気になって落ちつかないくらいです。詳しい方、実際に服飾の専門学校または洋裁学校を卒業された方、意見や説明願います。

A.本で独学だと、囲み製図になります、所詮家庭洋裁どまりです。 やはりプロをめざすなら、平面製図から、立体裁断、パターンの展開を マスターする必要があり、専門学校だけでもプロにはなれません。 しっかりとしたパターンをひくメーカーに就職して、 毎日毎日教えてもらいながら覚え、10年位たつと、 やっと一人前かな?ぐらいです。それでも10年ぐらいではまだまだ 迷いがあります。 がんばってください。


文化出版局 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:07:12