出版社「文芸社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>文芸社

文芸社 公式ホームページ

文芸社
文芸社

文芸社 関連通販

文芸社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.保田樹輝さんの出た金沢泉丘高校って 旧制金沢一中なんだね 著名な出身者 [編集] 一泉同窓会 」と称している。 同窓会組織は金沢一中と連続していて「 徒・団体を対象に模範生徒等表彰事業を実施している。 永井柳太郎 - 元衆議院議員 、元拓務大臣 ・逓信大臣 ・鉄道大臣 中村孝太郎 - 陸軍中将 / 朝鮮軍・東部軍司令官(石川県尋常中6期) 畠山一清 - 荏原製作所 創業者(石川県尋常中7期) 大橋八郎 - 政治家、俳人(石川県尋常中10期) 八田與一 - 元台湾総督府 内務局土木課技師(石川県尋常中11期) 下村定 - 元参議院議員 、陸軍大将(石川県尋常中12期) 草鹿任一 - 海軍中将(石川県尋常中13期) 広瀬豊作 - 元大蔵大臣 (金沢一中18期) 岡田次作 - 海軍少将、ミッドウェー海戦 時の加賀艦長として戦死(金沢一中18期) 森島守人 - 元衆議院議員 、駐ハルピン(1932年) 佐藤賢了 - 陸軍中将(金沢一中21期) 中川善之助 - 法学者、東北大学 名誉教授、元 金沢大学 学長(金沢一中22期) 加藤楸邨 - 俳人(金沢一中30期) 折口春洋 - 国文学者 、折口信夫 の養子(金沢一中32期) 浦茂 - 元防衛庁航空幕僚長 (金沢一中34期) 杉森久英 - 小説家(金沢一中36期) 西出大三 - 截金作家、人間国宝 (金沢一中39期) 隅谷正峯 - 日本刀匠、人間国宝 (金沢一中45期) 坂本三十次 - 自民党、元衆議院議員 、元労働大臣 ・内閣官房長官 戸部新十郎 - 小説家(金沢一中51期) 和田静夫 - 日本社会党 、元参議院議員 、元衆議院議員 南奈央 - 女優 中川和雄 - 第5代大阪府知事(金沢一中51期) 宮太郎 - 大和百貨店 会長(金沢一中51期) 奥田敬和 - 自民党→民主党、元衆議院議員 、元郵政大臣 ・運輸大臣 石川弘 - 元農林水産省 事務次官、元 参議院議員 (金沢一中53期) 沓掛哲男 - 自民党→民主党、、元 参議院議員 、衆議院議員 、元国家公安委員長 、防災担当大臣(金沢一中54期) 岩城宏之 - 指揮者(金沢一中57期、2学期間のみ在学) 土肥孝治 - 元検事総長 (金沢一中58期) 中田直人 - 元弁護士・茨城大学 教授(金沢一中卒) 大崎剛彦 - 元競泳選手(金沢泉丘9期卒) 杉原弘泰 - 元公安調査庁 長官(金沢泉丘9期卒) 飛田秀一 - 北國新聞 社社長・主筆(金沢泉丘12期卒) 進村武男 - 宇都宮大学 第18代学長(金沢泉丘14期卒) 桑原豊 - 民主党、元衆議院議員 (金沢泉丘16期卒) 寺西俊一 - 経済学者 (金沢泉丘21期卒) 岡井直道 - 演出家(金沢泉丘22期卒) 奥田建 - 民主党、元衆議院議員 (金沢泉丘29期卒) 若松正志 - 歴史学者 、京都産業大学教授(金沢泉丘34期卒) 角野達洋 - MROアナウンサー(金沢泉丘36期卒) 西田谷洋 - 富山大学 教授(金沢泉丘37期卒) 米林宏昌 - スタジオジブリ 監督(金沢泉丘44期卒) 今井亮一 - 交通ジャーナリスト 竹村優香 - フリーアナウンサー (ドラマー) 野崎真助 - ミュージシャン 二木あい - フリーダイビング 水中映像家 松野博明 - 東京医科大学 客員准教授 川北博 - 中国人民大学客員教授 松井昌雄 - 瑠璃教会 代表 喜多昭夫 - 歌人・俳人・文芸評論家 山野之義 - 金沢市長 塩村宰 - ジャズミュージシャン 、作曲家、編曲家

A.ご質問は何でしょう?


Q.明治大学で経営学部と文学部にダブル合格したらどちらへ 進学しますか?就職率などはどちらの方がいいのでしょうか? 因みに、前者の場合は経営学科、後者の場合は文芸メディア専攻 で将来は新聞社やテレビ局などのマスメディア関係への就職を希 望しています。

A.メディア系なら、学部関係ないんやない。農学部出身でもメディア行く人はいるでしょ。そら、好みよ。


Q.二浪で明治大学文学部(文芸メディア専攻)ってバカですか? というか、まともな企業に正社員として就職できるんですか? 大学一年からしっかり就活を見据えて資格取得などに励めば 「どこにも就職できない」という状況は回避できますか? 本当に不安でしかないです。僕の頭が悪い且つ怠け癖が染みつ いているのがそもそもの原因なんですが、いざ二浪で入学とい う現実を実感すると今すぐ何か行動を起こさなければという気 になってしまいます。今年入学なんですが、今から何かしたい と思ったらどんなことをやればいいんでしょうか?希望する 就職先はマスコミ関係です。在学中はマスコミ研究室に入り、 地元(東北地方)の新聞社や放送局で働きたいです。勿論、二浪 しているので贅沢は言えません。どこでもいいから正社員とし てサラリーマン生活を送られれば十分です。何かアドバイスを お願いします。

A.放送人です。 あなたが二浪を引け目に感じることなく学生時代を通じてきちんと自分を磨けば可能だと思います。


Q.南京事件。秦郁彦のデッチアゲについて(2)殺害について。 昭和五十九年八月五日付けの「朝日新聞」は「南京虐殺、現場の心情」と題した、都城二十三連隊兵士の日記を紹介しているが。 そのなかに、「近ごろ徒然なるままに罪もない支那人を捕まえて来ては生きたまま土葬にしたり、火の中に突き込んだり 木片でたたき殺したり」(十二月十五日)とか「今日もまた罪のないニーヤ(中国人のことか)を突き倒したり打ったりして半殺しにしたのを 壕の中に入れて頭から火をつけてなぶり殺しにする。退屈まぎれに皆おもしろがってやるのであるが・・・まるで犬や猫をころすぐらいのものだ。 これでたらなかったら因果関係とか何か云うものはトン々で無有と云う事になる」(同二十一日) 「徒然なるままに」とか「退屈まぎれに」とか理由にもならぬ理由で、無差別殺人に走った日本兵士の行状は、まさに鬼畜の所行というべく、 同じ国民の一人としてただ恥じ入るほかはない。「南京事件」p、203。 (この論争経過は元中隊長の吉川正治が書いた手記(文芸春秋八十七年五月号」に詳しい。「南京事件」p290) 私見。この日記の作者宇和田弥市は、猟奇殺人犯。しかも、真偽も明らかでない「個人の犯罪」を記載し、日本軍を誹謗中傷している。 問一。第二十三連隊は水西門付近の攻防を担当した。夜は城外に適当な家屋がないので水西門内に宿営し、十二月二十二日頃までに南京を去った。(完訳と研究p62) 故に、二十三連隊は十五日から二十二日までは安全区内に入れないので、中国人を捕まえることができない。与太話か? 問 秦の「南京事件」は、秦と中公新書の合意のもと自主的に廃刊すべきですか 最後に 中国南京の大屠殺記念館30万は確実に捏造です。しかも、展示写真は全て偽造。 証拠は蒋介石政府が出版した「南京安全地帯の記録」等です. 故に、大屠殺記念館は大屠殺【捏造写真展示】記念館です、 更に言えば、日本軍は不法行為を禁止していたので、軍の組織的計画的不法殺害(虐殺)はなかった また、南京安全地帯の記録を日本語に訳したのが「南京安全地帯の記録 完訳と研究」冨澤繁信著 展転社出版 この本では、南京事件は「略奪・強姦事件(デッチアゲ)」と主張。 本当に今の中国政府や中国人はウソツキの極み 兎も角、国民政府が出版した「南京安全地帯の記録」を読み、日本を誹謗中傷する南京大屠殺記念館は閉鎖し、 中国政府及び中国人民は日本人に謝罪すべきです 折角、言論自由の国「日本」に来たのに南京捏造大屠殺を主張するなどアキレタ中国人 天安門事件で自国の民を戦車でひき殺すのが漢族の正義ですか? 参考資料 ①第二十三連隊は水西門付近の攻防を担当した。夜は城外に適当な家屋がないので水西門内に宿営し 十二月二十二日頃までに南京を去った。(完訳と研究p62) 故に、二十三連隊は十五日から二十二日までは安全区内に入れないので、中国人を捕まえることができない。与太話か。 ② 森尾市太郎 証言 上等兵(114師団、66連隊第一大隊。中隊本部勤務) 「十二月十二日夜、中隊長と一緒の濠の中にいましたが、まわりには死んだ者や負傷者もおり、そのとき、 中隊長のそばにいた兵隊はわずか十二、三人でした。 そのうち、上から、明日、南京城突入という命令が来まして、中隊長は、この兵力で攻撃か、と涙を流していました。 (私見、森尾の証言が戦場の実態で,戦友の死を悼まず、傷ついた戦友の看病もしないで「徒然なるままに」とか 「退屈まぎれに」とか理由にもならぬ理由で、無差別殺人をしたとの、宇和田弥市の日記は与太話)

A.>私見。この日記の作者宇和田弥市は、猟奇殺人犯。しかも、真偽も >明らかでない「個人の犯罪」を記載し、日本軍を誹謗中傷している。 私は違う見立てをしています。宇和田弥市氏が猟奇殺人犯だったわけではなく、日記に書かれている内容が捏造であろうと考えます。 この日記は、宇和田弥市氏の死亡後に奥さんから仲介役の三浦松治氏が預かったものとされています。宇和田弥市氏が腎臓病で亡くなったのは昭和48年です。 都城23連隊のOB達は、昭和49~53年に過去の戦史の編纂作業を行っています。その時には、宇和田弥市氏が「徒然なるままに」無差別殺人をしたといった記述は発見されていません。 このような状況で、昭和59年に同日記と一緒に発見されたと朝日新聞が報じた写真3枚が偽物と判明していることから、同日記についても捏造の可能性を考える必要があります。 朝日新聞との闘い・われらの場合 都城23連隊の戦史を汚すことは断じて許さぬ 吉川正司(元都城歩兵第23連隊・中隊長) http://www.history.gr.jp/nanking/books_bungeishunju875.html


文芸社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:11:27