出版社「新潮社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>新潮社

新潮社 公式ホームページ

新潮社
新潮社

新潮社 関連通販

新潮社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.キャンベルさんの騎士団長殺しの批評をどう思いますか 1わからない 2この人はよくテレビにでる 3尾木直樹 4香山リカ 5牛窪なんとか 6と並ぶ四天王だよね ←BLOGトップ 『騎士団長殺し』を読んで 村上春樹『騎士団長殺し』(2巻、新潮社)の書評、今朝の朝日新聞に掲載されています。 「私」が再生する物語 最後に分かるのは、山荘の周辺に起きた奇妙な出来事から現在まで、すでに十年近くが経っていること。最初に明かされるのは、語っている 主人公・肖像画家である「私」がストーリーが回り始める前から別れていた妻とは復縁し、小説の舞台から遠く離れた場所で過去のことを思い 出しているらしい、ということである。 夏目漱石の『こころ』の語り手「私」がしばしば「先生の話が益(ま すます)解らなくなった」等とふり返るように、春樹の「私」も経験豊 かで謎めいた年上の免色渉(めんしきわたる)という相手から言われる ことを度々「よくわからなかった」、という具合である。春樹の「私」 は、生来人前で言うべきことを黙って言わない、どちらかと言えば内気 なタイプ。にもかかわらず、千ページを超える大作の一部始終をコンパ スで製図したごとくきっちりと語りきっている。記憶に揺らぎはなく、 目に見えて耳に聞こえるすべての現実、人によっては見えないけれど実 存するディープな非現実も、果てしなくフラットに詳述されていく。 単調で穏やかそうに見える山中の日々を、少しだけ先に設定された 細々(こまごま)とした約束が運んでいる。夜中に鳴る不気味な鈴の音 源を免色と一緒に探ろうという「今夜の十二時半」の約束。絵画から飛 び出した小っちゃなイデア=騎士団長が同伴する四日後、火曜日に予定 される夕食会。二日後という「私」が設けた、免色の娘と思われる少女 の肖像画を描くかどうかの決断期限。その間に、人知の及ばない切実な ドラマが降って湧く。短距離に連なる未来たちの間を縫うように、主人 公は過去を省み、「むしろ失ってきたもの、今は手にしていないものによって前に動かされている」意識を深めざるを得ない。 単調(な描写)から読者を掬い上げ、目覚めさせ、緊張の渦に巻いてくれるのは「私」が本来嫌いな暗く閉ざされた狭い空間の風景。小さな 棺。祠の奥に潜む石室。離婚届が入った返送用封筒。顔のない男のいる深い「メタファー通路」。真実をめぐるいくつもの暗闇を抜け、「私」 が再生する物語である。

A.読んではいませんが、ふたこと。 ・「粗筋」の纏め方は「あなた」の勝手です。 ・物語の「オチ」は他者にバラすべきことではありません。 …「あなた」以外の人は「いつ」「どこ」で読書していると思いますか? yasuda_misako2017さんへの回答。


Q.村上春樹の新作は無惨な失敗作だと僕は思うのであった。 (笑) 2月24日に発売された、村上春 樹の長編小説『騎士団長殺 し』。手がけたのは元新潮社装 幀室長の?橋千裕だ。 ?橋を中心 に、新潮社で30年来、村上春 樹を担当する編集者・寺島哲也 も交えて、今作の装幀の狙いを 聞いた。 村上春樹『騎士団長殺し』の装幀。 「殺」の文字だけがズレた手書き風のタイトル ロゴ。表紙から裏表紙へ、大胆に本を貫く二種 類の剣。村上春樹の新刊『騎士団長殺し』の装 幀は、発売初日までそのデザインが明らかにさ れなかったこともあり、ファンの注目を集めて いた。装幀を手がけたのは元新潮社装幀室長で 『ねじまき鳥クロニクル』や『1Q84』など村上 の長編作品も担当してきた?橋千裕。「装幀は、 装幀家がひとりでつくるものではない」と話す? 橋。担当編集のひとりである寺島哲也ととも に、著者も交えた制作現場を振り返った。 Q 今作の装幀はいつ頃から準備を始めたので しょうか? ?橋 原稿を手にしたのは2016年の10月中旬で す。発売日の4か月程前ですね。私は2014年に 新潮社を定年退職しているのですが、今回もあ りがたいことに声をかけていただいて、春樹さ んの7年ぶりの本格長編を担当することになり ました。 Q 原稿を読んだ後、どのように装幀にとりか かるのでしょうか? ?橋 春樹さんの場合は少し特殊です。私は普段 は著者と会うことはせずに装幀を考えるのです が、春樹さんとは直に会って、綿密に打ち合わ せをします。なぜ普段は著者に会わないのかと いうと、引きずられ過ぎてしまうからです。特 に新潮社時代はインハウスデザイナーですか ら、著者の意向を否定して心象を害すようなこ とはしづらい。なので、まずこちらで装幀を進 め、それを著者に判断してもらう、というスタ ンスで仕事をしていました。でも、春樹さんの 場合は本人からファーストサジェッションを受 け取ります。というのも、これは私の推測です が、春樹さんは小説を書きながらぼんやりと装 幀を思い描いているのではないかと思うんで す。言葉の人なので、映像として具体案が浮か んでいるかはわかりませんが、なんとなく固 まっているものがある。これは今まで担当させ てもらって感じてきたことです。なので、春樹 さんがどう思っているかを聞くことから始めま す。 『ねじまき鳥クロニクル』や『1Q84』な ど、新潮社時代に?橋が装幀を手がけた村上作品 と最新作の『騎士団長殺し』。普段は著者とは 会わずに仕事を進める?橋だが、村上とは顔を突 き合わせ、綿密に打ち合わせを重ねるという。 Q では、今作では最初にどのような話をした のですか? ?橋 春樹さんは、まず「剣」だろうと。なの で、装幀のテーマが「剣」だというのは最初の 話で決まりました。そして、1巻と2巻の2冊を デザインするので、ひとつは飛鳥時代の和剣。 もうひとつは洋剣にしようとなりました。『騎 士団長殺し』というタイトルからも分かるよう に今作はオペラの『ドン・ジョバンニ』が関係 しているので。 Q 『ドン・ジョバンニ』はモーツァルトのオ ペラですね。次々と女性を誑かす主人公のド ン・ジョバンニが、ある夜、ドンナ・アンナと いう女性を騙そうとして屋敷に忍び込むが、父 親に見つかってしまう。そして、騎士団長でも あったその父親をとっさに剣で殺してしま う……という。 ?橋 そうです。それで剣をどうデザインしよう かと悩んで、最初は鞘に入った剣と抜き身の剣 をクロスさせた案などをつくりました。小説か らミステリアスな印象を受けていたので、そん な雰囲気もあったと思います。それを見た春樹 さんは「もっとシンプルにしてほしい」とおっ しゃいました。 緑の帯の第1巻に洋剣、えんじの帯の第2巻 に和剣を描いた。装幀の仕事を数多く手がけ る、イラストレーター・チカツタケオの仕事。

A.それより、毎年なぜ村上春樹しか注目されないの? 毎年ノーベル賞を獲る人って、全く気にもしなくて、受賞者として発表されてから、各マスコミが慌てて取材し始めてるのが現状で、村上春樹が選ばれるとしたら死後になりそうな予感


Q.森友疑惑と橋下元後援会長一家の関係=皆さんはこのことをどう思われますか? http://lite-ra.com/2017/03/post-2974.html 森友学園“疑惑の人物”が橋下徹の元後援会長親族に働きかけと「新潮」が報道 麻生財務相への仲介依頼も 2017.03.08 連日、新たな疑惑が次々と発覚している学校法人森友学園の小学校設置認可と国有地格安払い下げの問題。大きな権力、すなわち政治家の力が働いていたことは明々白々だが、そんななか、気になる情報がSNS上に投稿された。投稿したのは、維新の会を除名処分となった上西小百合議員だ。 一昨日、上西議員は、“維新の暴言王”こと足立康史議員が〈如何わしいのは国でも府でもなく、森友学園親子とU議員だった、ということにならなければいいが…〉などと疑惑を混ぜ返すようなツイートを行ったことを受け、こんな返事をしていた。 〈貴方達の精神的支柱Hさんの後援会の会長の息子が2人のKと国有地売却に絡んでるんですか?と私のところに取材が多数来てます。もうすぐ記事でますよ〉 維新議員の「精神的支柱Hさん」と言えば、あきらかに橋下徹・前大阪市長だろう。しかし、その「後援会の会長の息子」と「2人のK」が国有地売却に絡んでいるとは、一体どういうことなのか。 一時は上西議員のフカシではないか、との話も流れていたが、そんなことはなかったようだ。明日発売の「週刊新潮」(新潮社)がその疑惑を報じているというのだ。週刊誌関係者が語る。 「『週刊新潮』が記事のなかで籠池泰典理事長と政界をつなぐキーマンとして挙げているのが、例の川田氏らしいんです。そして、川田氏は橋下徹氏の後援会長の親族に森友学園問題の口利き協力を働きかけたと書いているようです」 「例の川田氏」とは、先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)で「安倍〈晋三記念〉小学校“口利き”したのは私です」と証言した川田裕介氏のことだ。 大阪で経営コンサルタント業をしているというこの川田氏は、塚本幼稚園の元PTA会長で、籠池理事長の支持者。「週刊文春」の告白で川田氏は、息子が塚本幼稚園に通っており新設小学校にも入学予定であること、そして安倍晋三事務所に顔を出していたことや鳩山邦夫元総務相の「事務所参与」という肩書きをもっていたことを明かした上で、籠池理事長のために「近畿財務局に『鳩山邦夫事務所 参与』の肩書きで連絡を入れました」と話し、近畿財務局と面談した事実を述べていた。 しかし、この記事が出たときから、森友疑惑を追う記者のあいだからは「川田氏の証言は安倍首相を庇うためのものではないか」「鬼籍に入った鳩山元総務相を利用して、何かを隠しているのではないか」という見方が広がっていた。実際、川田氏自身も、今週発売の「週刊朝日」(朝日新聞出版)の取材に対して、「文春さんに話したのは安倍政権を守りたいから。私が鳩山の名前を出せば、安倍首相に目がいかなくなると思ったからです」と語っている。 そして、川田氏は近畿財務局とは別に、ある政界と深い結びつきをもつ人物に口利きの仲介を働きかけていたことを「週刊新潮」は掴んだのだという。 「『週刊新潮』の記事には、『新建産業』という会社の社長・奥下幸義氏が登場して、川田氏から政界ルートの紹介を頼まれたことを証言しているらしいんです。『週刊文春』の告白では明かしていませんでしたが、川田氏はこの『新建産業』で働いていたらしい」(前出・週刊誌関係者) 「新建産業」という会社名に見覚えがある大阪府民も少なからずいるだろう。というのも、「橋下徹後援会」の会長は奥下素子氏という女性が務めていたが、この女性は新健産業社長の夫人。そして、この素子氏の息子である奥下剛光氏を、橋下は大阪市長時代に特別秘書として起用していたからだ。後援会会長の息子を特別秘書につけ、年約600万円もの給与を税金から支払うとはまったく私物化も甚だしいが、この問題は週刊誌などでも取り上げられ、さらに剛光氏に特別秘書としての業務実態がなかったとして市民が給与や賞与の返還を求める訴訟を起こしたほどだった(裁判所は請求を棄却)。また、日本維新の会は次の衆院選でこの剛光氏を擁立する予定で、大阪7区から出馬すると見られている。 ようするに川田氏は、橋下の後援会長の夫であり、橋下の元特別秘書だった男性の父親に政界ルートの紹介を依頼したというのだ。 じつはこの新健産業は、麻生太郎財務相の実家である麻生グループの「麻生セメント」の販売店であり、社長の奥下幸義氏は麻生財務相の後援者だ。 実際、「週刊新潮」では、同社社長の幸義氏が、森友学園へ便宜を図ってもらうべく「麻生財務相を紹介してほしい」と川田氏に依頼されたと証言しているらしい。 奥下一家と橋下の密接な関係を考えると、小学校設置基準を緩和した当事者である松井一郎府知事の周辺や維新の会に働きかけが行われていた可能性もある。 転載(抜粋)

A.というか、豊中市ですからね。 最初から橋下、というかB関係のルートだと思われますよ。 そもそも割引内容が「ゴミ」だということでピンとくると思います。


Q.新潮社の書籍編集はどれくらいの学歴がいりますか?また仕事はどういった内容でしょうか?

A.新潮社のモットーは「天才集団」です! そう言って恥ずかしくないような人々の集団です。 仕事の特徴は「全て自分で取材し自分で書く!」です。 天才が思うままに書くので常に裁判と闘っています!


新潮社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:03:26