出版社「新興医学出版社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>新興医学出版社

新興医学出版社 公式ホームページ

新興医学出版社
新興医学出版社

新興医学出版社 関連通販

新興医学出版社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.創価学会員に告げる。池田大作の狂気に気付かなければいけません。彼は田中角栄が言ったように「法華経を唱えるヒットラー」です。今で言えば、金正日などと同じものです。魔物でありサタンであります。 何故、気付かないのか、理解に苦しみます。池田大作は「法華経を唱えるヒットラー」です。 麻薬売買の大本締めであったノリエガと親交が深く、彼の名を付けた公園を作ったように、池田大作は死刑になるべき独裁者です。末端の創価学会員が生活費を切り詰めて財務したお金を自らの野望を実現させるために湯水のように使ってきた大悪人です。 創価学会の信仰は熱心にすればするほど不幸になるようになりました。これは池田大作が創価学会に“魔”を怒濤の如く雪崩れ込ませたためです。オカルトまたは新興宗教を研究されてきた人ならば分かると思います。創価学会の信仰を真面目に行って病気になり一生を棒に振った人はたくさん居ます。創価学会の信仰を真面目に行って病気になり早死にした人はたくさん居ます。これは池田大作が創価学会に“魔”を怒濤の如く雪崩れ込ませたためです。 新興宗教の創始者はほとんどが妄想型統合失調症であることは新興宗教またはオカルトを研究または信仰遍歴してきた人なら知っていることです。現在、幸福の科学の創始者は統合失調症であることを離婚調停中の奥さんが明言しています。彼は夜にベットの上で霊言を唱え始めることが多くあったことを離婚調停中の奥さんが暴露しています。オウム真理教の麻原彰晃も統合失調症ではなかったかもしれませんが、狂気でありました。ヒットラーも統合失調症ではなかったかも知れませんが、狂気でした。池田大作も狂気です。自分は軽症の妄想型統合失調症を疑っています。これは歴史が証明するでしょう。 恥ずべき創価学会に残って恥ずべき一生を終えるか、日蓮正宗に移るかは、その人その人の環境によって左右されるでしょう。自分も子供を持って行かれるため、創価学会を辞めることはできません。隠れ日蓮正宗を貫いています。 創価学会はオウム真理教と同じく恥ずべき宗教団体なのです。創価学会も折伏による日本支配が不可能と分かった時点で「総体革命」というものを唱え始めましたが、「総体革命」は不可能であることは最初から分かっていたことでした。「総体革命」と同時に「武力による日本支配」を池田大作は本気で考えていました。原子力発電所の周囲の土地を買い占めていた理由、フランスでインターネットより原子力の機密を盗もうと現役の警察官(創価学会員)が不正アクセスしていたことなどの理由は、その他には見当たりません。「武力による日本支配」は難しいために中止にしたと考えられます。 創価学会と同じく日蓮正宗より派生した新興宗教である顕正会の会長も自らが日目上人の生まれ変わりと唱え、狂気を晒しています。彼の著作は立派ですが、やはり妄想型統合失調症と診断するより他に方法はないようです。しかし、現代精神医学は「精神疾患とは何か?」が分からず混沌としている状況です。彼は池田大作と異なりゴーストライター軍団を置いていません。彼自身による著作で間違いないようです。 池田大作は顕正会の会長と異なり、何も書くことができず、講演する内容もゴーストライター軍団に任せています。池田大作の講演内容に過去および現在の偉人を述べる箇所が多くあることを怪訝に思った人は多いと思います。自分も少年時代、青年時代、そのことを怪訝に思いながらも疑いの心を押し殺してきました。これはその講演内容は東京の創価学会本部の会長室の上にあるゴーストライター軍団が造ったものであるからです。そのゴーストライター軍団は昭和55年までは原島嵩氏がリーダーでした。現代の御書とされる「人間革命」は篠原善太郎氏が書いたものです。「新・人間革命」は松本某氏が書いているとされます。「人間革命」と「新・人間革命」は文体が異なり、文学に造詣の深い人ならば(例えば出版社の編集員ならば)別人が書いていることは明瞭に分かります。そのために「新」を付けたのだと推定されます。後で問い詰められて弁明が効くようにするためです。 池田大作が書いたものは聖教新聞の「寸鉄」以外にないことは歴史が証明するでしょう。詩が池田大作が書いているという風評がありますが、詩も篠原善太郎氏が存命中は篠原善太郎氏が書いていました。篠原善太郎氏が亡くなってからは池田大作が書いているのかも知れません。 狂顎教授ウイルス殿は高い知能を有していながら池田大作を師匠としていることは、池田大作の側近のように何かの下心があってのものだと推測するしかありません。 ーーーーこれをどう思いますか? http://sky.geocities.jp/mifune008/ 「旧・心の道場、現・スピリチュアリズム普及会」 三船小仏青年 菩提心ちゃん、この世は駄目だったけど、あの世で一緒になりましょう

A.俳優の西郷輝彦氏は、「一度、池田先生にお会いしたいな」と、しきりに芸能関係の学会員に語っていた。そんなことから平成8年に『聖教新聞』の「日曜てい談」の取材が実現し、平成9年1月5日付の新聞に掲載された。 その陰には、次のようなエピソードがあった。 西郷は、故・田中角栄に可愛がられていた。 郷里の鹿児島に母親を残したまま、西郷は高校を中退して一人上京、歌手を志して苦闘の青春時代を送った。 一方、田中角栄も、郷里の新潟に老いた母を残し、高等小学校卒ながら政界のトップに登りつめた苦労人。 それだけに田中角栄は西郷の気持ちをよく知り、何かと西郷を応援。西郷も田中角栄を慕っていた。 昭和45年頃、ある時、西郷が角栄に尋ねた。「田中先生は、どんな人を尊敬しているんですか?」と。 すると角栄は、間髪を入れずに「実はな、創価学会の池田会長だよ」と答えた。 西郷は一瞬驚いた。創価学会の池田会長といえば、当時「言論問題」でマスコミの集中砲火を浴びていたからだ。そんな人を「なぜだろう?」と思った。 角栄は、しみじみと語った。 「見てみろ。政界じゃ東大出の政治家が40人50人の派閥をまとめるのに大騒ぎしているじゃないか。それに比べて池田会長は苦労しながら今日の学会を作り上げ、実際に何百万人という人々を幸せの方向へと導いている。こんな偉大な人はいないよ。だからワシは池田会長を尊敬しているんだ」 この話を聞いた時から、西郷は創価学会と池田会長(当時)に興味を持ち始めていた。 そして、池田会長の著作を読み始めるうちに、ますます、池田会長の偉大さに心惹かれるようになっていった。 小説『人間革命』も読んだ。また、映画『人間革命』も観た。 ある時、山本伸一役を演じた、あおい輝彦に会った。 同じ名前の「輝彦」仲間の先輩ということもあった、西郷は遠慮なくこう言った。 「人間革命の映画を観たけど、お前の山本伸一は全然なっていない。お前は池田先生の心が分かっていないんじゃないのか。先生の本も読んでいないだろう。お前じゃダメだ。山本伸一をやれるのは俺だよ」と。 ところで、西郷は森繁久彌の数少ない直弟子の一人。まさにこれからが役者としての正念場といえる時期でもあったことから、西郷は自分の生き方などについて、何とか池田先生に指導を受けられないものかと思っていた。 ある時、仕事を通じて親しくなっていた舞台演出家の布施谷貞雄さん(芸術部員)が学会員と分かったので、西郷はさっそく布施谷さんに頼んだ。「池田先生に会わせてくれませんか」 びっくりした布施谷さんが「冗談言わないでよ、西郷さん。世界を舞台に行動されている先生だよ。会員である僕たちだって滅多に会えないんだから」と言うと、すかさず西郷が聞いた。 「じゃあ、僕も会員になったら先生と会えるかな?」 布施谷さんは、なだめるように言った。 「そりゃぁ、会員になれば少しはお会いできる可能性はあるだろうけどね。しかし、学会に入ると色々言われるよ。あなたは人気商売なんだから、ここんとこはぐっとこらえて、今は学会理解者でいればいいんじゃないのかな」 こうした経緯から、聖教新聞社が「日曜てい談」に西郷を登場させたいと交渉についたのが、平成8年の秋。 てい談担当の記者が西郷の事務者に電話を入れたところ、「今、西郷は忙しいから」とにべもなく断られてしまった。 ところが、その日の夕方、その西郷の事務者から聖教新聞社へ電話が入った。 焦っているような口調だった。 「先ほどは、すみませんでした。実は西郷から、そんな大事なことをなぜ報告しないんだと、ひどく叱られました。ぜひ出席させて下さいということです。西郷からも、くれぐれも宜しくお伝え下さいということでした」 「日曜てい談」というと、必ずと言っていいほど、いわゆる「売り込み」がある。 聖教新聞の発行部数が550万部と聞いて、自分の宣伝に利用できないかと考えるのが普通だが、西郷は違っていた。 売り込みは一切なし、むしろ編集部サイドの方が気を使い、西郷の出演する舞台を紹介したほどだった。 「てい談」の中で西郷は次のように語っている。 「偉大な方ですよ、池田先生は。僕は舞台に生きる人間です。生涯懸(か)けてやりたいのは文化。しかし、本当の意味で文化を理解してくれるリーダーは少ない。政治の世界なんかいませんよ」 「そんな中で、池田先生は言葉だけでなく行動で、社会に世界に文化の重要性を示しておられる。目先のことにとらわれない。数百年先を見つめた行動です。心から尊敬申し上げております。きっと池田先生は、日本より海外の方が評価が高いはずです」 また西郷は、池田氏が作詞した「母」の曲がなぜ好きなのかについても語っている。 「二人の兄が亡くなって、すぐ上の兄貴の四十九日に、歌手になりたくて家出した。それでも母親ですね。僕のことをずーっと祈って待っててくれた。母は大地です。現在74才になりますが、本当にありがたい」 「日曜てい談」が聖教新聞に載ってから数日間、西郷は、「池田先生にも読んでいただけただろうか?」と気になって仕方がなかった。 そして思いあまって、てい談の相手ともなった布施谷さんに尋ねた。 「池田先生にお礼のお便りを出しても良いでしょうか」と。 こうして西郷は、便箋三枚に自身の思いと感謝の心をしたためて池田氏に届けたのである。 池田氏からは、すぐさま「写真集」が贈られた。 西郷はちょうど帝劇の舞台に出演中。20分間の幕間に楽屋にその写真集が届けられた。 西郷が写真集の扉をそっと開いた。次の瞬間、大きく目を見開いた西郷は、「おお~~っ!」と声をあげ、思わず写真集を抱きしめてしまった。 写真集の扉には、池田氏の直筆で次のように記されていた。 「日本一の名優 西郷輝彦大兄(たいけい)」 かねてより「池田先生にお会いしたい。そして、ご指導を受けたい」と熱望していた西郷であった。自身の役者としての生き方に、何らかの教示を得られればという思いがあったのか。 ところが、その答えとなるものが、はからずも写真集の扉を開いた瞬間、自身の生命の中で音を立てて大きく弾(はじ)けたのであろう。 「『日本一の名優』…先生は私に人生の目標とテーマを与えて下さった」 西郷の大きな目から、いつしか感激の涙がそっと流れた。 「(写真集は)わが家の家宝です」とも語っていた。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1397354863


Q.創価学会はオウム真理教と同じく恥ずべき宗教団体なのです。創価学会も折伏による日本支配が不可能と分かった時点で「総体革命」というものを唱え始めましたが、 「総体革命」は不可能であることは最初から分かっていたことでした。「総体革命」と同時に「武力による日本支配」を池田大作は本気で考えていました。原子力発電所の周囲の土地を買い占めていた理由、フランスでインターネットより原子力の機密を盗もうと現役の警察官(創価学会員)が不正アクセスしていたことなどの理由は、その他には見当たりません。「武力による日本支配」は難しいために中止にしたと考えられます。 創価学会と同じく日蓮正宗より派生した新興宗教である顕正会の会長も自らが日目上人の生まれ変わりと唱え、狂気を晒しています。彼の著作は立派ですが、やはり妄想型統合失調症と診断するより他に方法はないようです。しかし、現代精神医学は「精神疾患とは何か?」が分からず混沌としている状況です。彼は池田大作と異なりゴーストライター軍団を置いていません。彼自身による著作で間違いないようです。 池田大作は顕正会の会長と異なり、何も書くことができず、講演する内容もゴーストライター軍団に任せています。池田大作の講演内容に過去および現在の偉人を述べる箇所が多くあることを怪訝に思った人は多いと思います。自分も少年時代、青年時代、そのことを怪訝に思いながらも疑いの心を押し殺してきました。これはその講演内容は東京の創価学会本部の会長室の上にあるゴーストライター軍団が造ったものであるからです。そのゴーストライター軍団は昭和55年までは原島嵩氏がリーダーでした。現代の御書とされる「人間革命」は篠原善太郎氏が書いたものです。「新・人間革命」は松本某氏が書いているとされます。「人間革命」と「新・人間革命」は文体が異なり、文学に造詣の深い人ならば(例えば出版社の編集員ならば)別人が書いていることは明瞭に分かります。そのために「新」を付けたのだと推定されます。後で問い詰められて弁明が効くようにするためです。 池田大作が書いたものは聖教新聞の「寸鉄」以外にないことは歴史が証明するでしょう。詩が池田大作が書いているという風評がありますが、詩も篠原善太郎氏が存命中は篠原善太郎氏が書いていました。篠原善太郎氏が亡くなってからは池田大作が書いているのかも知れません。 ーーーーーこれをどう思いますか? http://sky.geocities.jp/mifune008/ 創価学会内部改革派 三船小仏、死の床より 薄れゆく意識の中より

A.おっしゃるとおりでしょう。 「寸鉄」は少しでも文学に造詣のある人ならば、とても恥ずかしくて、書ける内容ではありません。 書く人の品性や精神があまりにも下劣ですから。 池田大作が書いていると聞いて納得しました。 今は寸鉄も書けない状態という事ですので、監禁でもされているのでしょうか?多分字も書けず、言葉も話せないのでしょうね。


Q.文京区本郷に出版社が多いのは、東京大学があるからですか? <ーーー文京区本郷の出版社ーーー> 吉川弘文館、医学書院、みすず書房、東京大学出版会、久山社 医学図書出版、協同医書出版社、克誠堂出版、株式会社三輪書店 新興医学出版社、全日本病院出版会、南江堂、文光堂 MEDSI、株式会社塙書房、株式会社ひとなる書房、株式会社有信堂高文社 桜井書店、日本コンピュータ協会、株式会社廣川書店 株式会社メディカル葵出版、日常出版株式会社、有限会社医学情報社 アカデミア・ミュージック株式会社、株式会社医学芸術社、株式会社医療科学社 株式会社御茶の水書房、株式会社日本スポーツ企画出版社、 株式会社ユニオンエース、克誠堂出版株式会社、平尾出版株式会社 明文書房、株式会社杏林書院、株式会社くろしお出版 株式会社ウォルターズ・クルワー・ヘルス・ジャパン、株式会社ユリシス 株式会社エコノミスト社

A.ずいぶん調べられましたね。本当にたくさんあるんですね。 その一部は文京区音羽にある講談社本社の関連出版社です。 あとは大多数、文京区本郷にある東京大学至近な学術出版社です。 多くは東大の正面の本郷、その周辺近辺にあります。 湯島の北地域にもありますが、南地域の湯島聖堂近辺の出版社はむしろ少ないです。 流れ的には、東京(帝国)大学ができて周辺に出版社と印刷会社が集まり、その近くに明治の文人たちが居を構え、一大出版地域を作り出したということだそうです。


Q.ブログの誹謗中傷について何か対処法等はないでしょうか? 自分は医師ですが、自分のかつての医学部時代の同級生が個人ブログを立ち上げていて、そこで「学生時代の思い出」を綴っているようなのです。 そのなかで、勝手に自分のことが取り上げられていました。その同級生とは学籍番号が近く、実習を共にすることが多かったのですが、そのでの僕の失敗談等を延々と綴っているのです。書き方も人権を蔑ろにした、侮蔑に満ちたものでした。 ブログの主の同級生は、当時から非常にプライドが高く、周囲に威圧感を与えており、まるで女王様といった感じ。 愚鈍な自分は相当いじめられました。 ブログでは僕の名は一応、伏字となっているのですが、見るとすぐに実名が分かりそうなもので、彼女や大学はそのまま実名で出ているため、少しでも自分に関係しているものが見ればすぐに分かってしまうものです。 実際、そのブログの存在を知ったのは、先日、後輩医師から「これ、先輩のことでしょ?」と教えられたからです。 彼女は現在、とある病院で働いている一方で、エッセーや小説なども書いているようです。また某新興宗教団体の信者でもあり、彼女はその宗教団体の運営する出版社から、自分の作品をだしているようです。 そして、いずれ、その「学生時代の思い出」もまとめて出版しようと目論んでいるようなのです。 自分は、愚直ながら勤務医として臨床に勤しみ、家庭も持っており、地味ながら静かに人生を送っております。 なぜ、今頃、こんな形で侮辱されなければならないのでしょうか? これって、人権蹂躙、生活の侵害ではないでしょうか? なにかやらないと気が済みません。 対処法等を教えて頂ければ、幸いです。

A.まず、ブログ管理者に「警告」としてそのブログを外すように要請。それでもきかないなら弁護士に。というのが一番楽です(弁護士費用がかかりますが…)。損害賠償を十分に求められますね。 そのブログのIPアドレスが日本なのであれば、警察に「名誉毀損」で被害届をだすこともできます。実は、私もネット上で本名は当然、私であることが明らかに特定できる情報と共に、ひどい卑猥な内容で、しかも虚偽の内容を書かれ、警察に届け出ました。当時は、その人物とは知り合って間もないだけでなく、「友達」とも言えない程度の間だったので知らなかったのですが、とんでもないハッカーで、今もひどい目に遭っています…。だからこういう事情に詳しく、お気持ちも痛いほど解るので回答させて頂きました。特に「なぜ、今頃、こんな形で侮辱されなければならないのでしょうか?」という部分!!!解ります!!!私の場合は「なんでコイツに、こんなことされなきゃいけないわけ?私が何したって言うの???」の世界です…今は、パソコンも携帯電話までハッキングされ、「監視」状態です。他にも多くの被害者がおり、被害者仲間で知り合った友達が、本当に好きで頼れる友達なのに、このハッカーが私の携帯をハッキングして私を利用して友達の生活(2人いますが、2人とも既婚者なのです)を壊そうと嫌がらせをするので、泣く泣く、友人を守るため、「私とはもう連絡取らない方がいい」と理由を説明して縁を一旦切りました…。携帯の番号を変えればいい、と簡単に警察も友達も言うのですが、諸事情から「いや」なだけでなく、しばらくできないんです…。しかたありません… 何はともあれ、証拠を隠滅される前に、そのページをプリントアウトして下さい。そして、相手が変な宗教に絡んでいるような人なのであれば、(私もそうですが)対処には慎重を期した方がいいですね…。ただ、そんな本を出版すれば、それこそ裁判で巨額の損害を相手が被ることになりますが。 警察に相談するのもアリ。ドメインネームから、まずはIPアドレスを確認しましょう。Whoisで簡単にできますよ☆ こういう汚い人間に負けないでください!!私のためにも(笑)頑張ってください!!!


新興医学出版社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 11:21:37