出版社「旅行読売出版社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>旅行読売出版社

旅行読売出版社 公式ホームページ

旅行読売出版社
旅行読売出版社

旅行読売出版社 関連通販

旅行読売出版社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.財界の雄!関西学院大学! ・・・ とは聞きましたが、どういうところが経済界で強いのでしょうか? 証憑ありません 弁護士や研究などで強いイメージも特になく・・・ どういうところがいい大学なのか・・・ 知恵袋でも「いい大学だ」、という話が多かった割にはあまり実績がないようで愕然としています。 ・・・ NTT:東大⇒東大法 NTT東日本:東工大 楽天:一橋商 楽天球団:慶應SFC インテック:東大工⇒富山大→東大工 SAPジャパン:慶應→早大 Twitter J:慶應経 Mixi:東大→東大法→中央総 LINE:早大政経 LINE Mobile :慶應法 ザッパラス:東大経→東大法 日本NCR:東大工→慶應理工 コーエーテクモ:東大工⇒慶應商 スクエニ:東大法⇒東大教育 DeNA:東大工 新日本監査法人:慶應→早大 あずさ監査法人:早大⇒慶應 トーマツ監査法人:慶應⇒早大 ATカーニー:東大法⇒東大経済 ローランド・ベルガー:慶應理工 コーポ・ディレクション:東大経 アクセンチュア:スタンフォード大⇒慶應商 PWC:早大⇒慶應理工 アビームC:慶應⇒東大工 三井不動産: 慶應⇒慶應⇒東大 三菱地所:慶應⇒東大⇒一橋 東京建物:東大法→早大商 ケネディクス:東大工⇒慶應 ゴールドクレスト:東大工 日本管財:慶應 ヒューリック:東大 JR東海:東大法⇒東大経 JR東日本:東大⇒東北大⇒東大法 日本電設工業:慶應理工 東鉄工業:東大 JR西日本:東大→九州法 日本旅行:慶應経 JR北海道:東大⇒東大 西武HD:早稲田商→東大経 相鉄HD:慶應⇒慶應 東武鉄道:東大⇒東大 阪神阪急HD:早大政経 阪急電鉄:慶應経 富士急行:慶應⇒慶應 西武HD:東大法 名古屋鉄道:早大→早大 JAL:東大⇒東大⇒慶大中退(航空大) ANA HD:東大法 バニラエア:慶應経 AIRDO:東大工 スカイマーク:神戸→東大 成田国際空港:慶大⇒東大 関西国際空港:東大→東大法 中部国際空港:京大→早大 日本郵船:東大⇒慶大⇒東大⇒慶應⇒一橋 商船三井:東大法 飯野海運:慶應 両備HD:慶應⇒慶應 佐川SGHD:慶應経 三菱倉庫:慶應⇒早大 三井倉庫:慶應⇒早大 住友倉庫:京大→慶應 毎日新聞:東大法⇒東大農 産経新聞:慶應→中央法 日経新聞:慶應⇒東大法 読売新聞G:京大 読売新聞東京本社:東大⇒慶應⇒早大 読売新聞大阪本社:慶應⇒慶應⇒東大→横国 中日新聞:早大 共同通信:慶應⇒慶應⇒上智 増進会出版社:東大農⇒慶應経 幻冬舎:慶應法 講談社:慶應法 KADOKAWA・D:早大→京大工 KADOKAWA:慶應 DNP:慶應経 凸版印刷:中央法 日本写真印刷:慶應商 TBSHD:早大→京大経 毎日放送:慶應 中部日本放送:慶應→早大 フジメディアHD∶慶應 フジテレビ:早大政経 ニッポン放送:慶應→早大 関西テレビ:早大 東海テレビ:慶應 日本テレビHD:東京外大 読売テレビ:東大 テレビ朝日HD:慶應法⇒中央⇒東大法 テレビ朝日:東大法→慶應商 電通:慶應文→上智 電通国際:慶應 博報堂DY:一橋 東映:慶應商→中央 松竹:慶應⇒慶應 日本コロンビア:慶應 ユニバーサルM:慶應→日大 リクルート:東大工→立教 リクルートマーケ:慶應 テンプHD:青学経営 マンパワーグループ:東大⇒慶應 JTB:東大⇒慶應商⇒関学 JTB首都圏:上智法 JTB西日本:慶應 HIS:外国大 帝国ホテル:慶應→学習院 ホテルオークラ:慶應 東京ドーム:中央→慶應 よみうりランド:東大文 常盤興産:東大 三越伊勢丹HD:東大法→慶應商 岩田屋三越:慶應→慶應 丸井G:早大→慶應 Jフロント:慶應法→京大→明治商 大丸松坂屋:慶應 松屋:東大 天満屋:東大工→青学 阪神阪急百貨店:京大 近鉄百貨店;早大 ローソン:慶應→慶應→阪大経 セブン&I:法政 ファミリーマート:東大→上智 セイコーマート:慶應 ライフコーポ:慶應 ヤオコー:東大 ジャパネットHD:東大経 キングジム:慶應 ナフコ:東大 大塚商会:立教経 三菱鉛筆:慶應理工 ニトリHD:北海学園→宇都宮 ファーストリテ:慶應→早大政経 三陽商会:慶應 オンワードHD:東大経 ワコールHD:同志社 ワールド:東大 ヒマラヤ:東大 綜合警備保障:東大→東大 JRA:早大教育 ヤマハ:東大→慶應 IBJ:東大経 リソー教育:早大→東大文 明光ネット:東大文 学究社:慶應商 クリエイツレストラン:東大経 サガミチェーン:慶應 東京電力 :東大⇒慶應⇒一橋 関西電力:京大法 中部電力:東大工⇒慶應理工 日本原子力発電:阪大→慶應経 Jパワー:東大→東大 イ―レックス:東大法→慶應法 東邦ガス:一橋⇒慶應理工 鹿島:慶應法⇒東工大 大成建設:東大工⇒東大工 大和ハウス:慶應法 日揮:慶応文⇒東北大工⇒慶應経済 YKK:慶應法→上智 YKKAP:慶應法⇒慶應経 Lixil:東大経⇒東大工→東大経 JT:東大経 味の素:東大文⇒慶應経→同志社 Jオイル:慶應→一橋 明治HD:慶応⇒学習院⇒慶応 森永製菓:慶應→早大理工 日清食品HD:慶應商 日清食品:慶應理工 マルハニチロHD:慶応⇒東大⇒中央法→同志社 キッコーマン:慶應⇒慶應⇒慶應 KIRIN・HD 東大農⇒ 慶應商→慶應経→慶應

A.字が間違ってるんですよ。


Q.〔若宮啓文氏(元朝日新聞主筆)28日、訪問先の北京市内ホテル浴室で急死(68)〕 (朝日新聞 2016年4月28日) http://www.asahi.com/articles/ASJ4X6CTHJ4XUHBI022.html 朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任した ジャーナリストの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)さんが 28日、訪問先の北京市内のホテルで亡くなっている のが見つかった。68歳だった。 シニアフェローを務めている 公益財団法人・日本国際交流センターから家族に連絡があった。 現地の警察当局によると、外傷はなく、病死とみられる。 北京で28、29両日に開かれる 日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していた。 27日、ソウルから北京入り。 同センターのスタッフと北京で合流したが、 同日夜から体の不調を訴えていたという。 28日昼過ぎ、 電話をしても応答がないことを不審に思った スタッフがホテルの従業員と部屋を確認したところ、 浴室で倒れていた。 * 1970年に朝日新聞に入社。 長野支局時代に、 部落差別の現状を伝える連載キャンペーンを展開。 加筆して著書「ルポ現代の被差別部落」を刊行した。 75年に配属された政治部では、 宮沢喜一氏らの宏池会などを担当した。 2002年に論説主幹に就くと、 「闘う社説」を掲げる一方、 国際社会の中で日本がとるべき針路を改めて問うた。 07年の憲法記念日に21本の社説を一挙に掲載した 「提言・日本の新戦略――社説21」を主導。 憲法9条は堅持しつつも、 新しい平和安全保障基本法で 自衛隊の役割を位置づけるべきだと主張した。 小泉純一郎首相の靖国神社参拝では、 読売新聞の渡辺恒雄主筆と雑誌「論座」で対談。 両紙を代表する2人が足並みをそろえて 「参拝反対」を訴えた。 12年3月には、 大統領復帰直前のロシアのプーチン首相と 海外主要紙幹部とともに会見。 日ロ間の領土問題について、 プーチン氏から「引き分け」で 解決しようとの発言を引き出した。 朝日新聞退社後も追い続けたのは、 日本の保守政治の「アジア観」だった。 日韓国交正常化50年の昨年、 旧著に加筆して「戦後70年 保守のアジア観」を出版。 昨年度の石橋湛山賞を受賞した。 日中韓を中心とする国際交流に尽くし、 韓国の大手紙・東亜日報にもコラムを書いていた。 *** 〔ザハ・ハディド氏(女性建築家)31日、 急性心疾患のため米病院で急死(65)/新国立旧計画〕 (NHK 2016年4月1日 ) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10157677305 〔エド・ギリガン氏(米アメックス社長)29日、 出張先の日本から帰国の社用機内で突然死(55)〕 (2015年5月30日) 〔桐山秀樹氏(作家)6日、 滞在先の都内ホテルで急性心不全のため死去(62)〕 (silvershield 2016年2月15日) 〔森本晃司氏元建設相)18日、 出張中の東京都内のホテルで急死(73)〕 (毎日新聞 2015年12月19日配信) 〔中村勝広氏(阪神TのGM)23日、 都内ホテルの部屋で急死(66)〕 (スポニチアネックス / 2015年9月23日) 〔玉木一徳氏(国士舘大教授)18日、 入浴中に倒れ溺死で長野県山ノ内町の旅館で死去(58)〕 (2015年2月) でも触れた 国外&国内・西日本からの 東日本方面への訪問という いわゆる「入市被ばく」型 を端的に応用して考えれば、 その逆のパターン 特に 東日本方面の(初期+慢性)被曝者が 国外&国内・西日本方面にて、 潜在的・被曝素因が顕在化する 可能性も十分想定内だと思うのですが。 とりわけ、 〔横浜市立大学の女子学生21日、 肺血栓のため旅行先・中東カタールで急死〕 (silvershield 2016年3月30日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10157600850 の中でも触れた 【 航空機乗務員の放射線被曝問題 ~航空機乗務員は放射線職業人より3~4倍の被曝量 】 という、 飛行上の、あるいは訪問先での新たな環境要因が 従前の致命的な被曝素因を重畳作用的に 顕在化させやすくなる 可能性も十分想定 できるのではないでしょうか? 60代後半という 老人性疾患の多発期に近い側面もあるにせよ、 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。 特に最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? そして、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、今年2016年度以降、 比較的若年層の突然死を筆頭とした この種の重篤疾患も 従前とは桁違いの規模で表面化し、 国際的にも大きく社会問題化するのは 概ね予測できるのでは?

A.あなたが回答した質問は、質問としてわかりづらいとみなされ削除されました。 質問になっていないので回答する価値なし。やったね、頑張ってねこじつけ野郎さん回答少ないね ところで質問はなんや、あほか。内容なんか見てないよ


Q.私は将来出版社で働きたいと思っています。 東日本大震災の翌日にアメリカに修学旅行で行き、アメリカでの報道と日本での報道のギャップに疑問を持ち、高校二年生だった私は帰国後に一人で被災地に行き、 自分の目で現状を確かめてきました。そこでまた、アメリカのとも違う、日本のとも違う、自分の目でしか気づけないものに出会い、将来ジャーナリストになりたいと思い、報道の裏表や、911テロに関する本など、無知ながらもたくさんの本を読んだり調べたりの努力をしています。 高校3年になった時には、読売新聞学生団体のようなものに参加させていただいたりしました。また、その将来の夢のためにもっと語学力を伸ばそうと外語大に入りました。(高校も国際語科で小学生の時から英会話を習っています。海外経験はアメリカの修学旅行だけです) しかし、私の大学ではジャーナリズムやマスメディアについて深く掘り下げる環境は整っていません。なのでそれも踏まえて、学費無料の交換留学でアメリカ現地の大学に専門的な知識を身につけようと計画をしていました。そしてこの前ついにその交換留学生に選ばれることができ、今年の八月から一年間アメリカに留学します。 ですが最近、出版社という軸は変わっていないのですが、そういったジャーナリストよりも、グルメ雑誌のようなマスメディアに関わりたいと思い始めました。 私は本当に食べることが大好きで、カフェやたくさんのグルメを食べ歩いています。 報道の歪みや闇について個人ジャーナリストとして追求することにもとても興味はありますが、女性向けの雑誌やおしゃれなカフェの雑誌なども私の趣味にあっていて興味があります。 ですがアメリカにもそういった職業はあるのでしょうか?無知なもので、そのような企業などを探しているのですがいまいちよくわかりません。 くだらない質問で申し訳ないのですが回答お待ちしています。

A.まったくくだらない質問ではありませんよ。ただせっかくの素敵な文章を書かれたのに、肝心の質問があやふやで理解ができません。 そういった職業・企業はアメリカにありますか?とは、報道の歪みを突きつつ、女性向けのおしゃれな雑誌を発行しているジャーナリストや出版社がありますか?という事なんでしょうか? 少なくともアメリカの記者は企業に属していても個人として記事を発信します。メールアドレスを公開し、読者とも意見交換をします。大を否定して小を代弁するような記事も書きますし、個人でチームを作って様々な物事を実証する記事を作ったり、人脈を活かして政治・企業の裏側を暴くこともあります。 フリーランスのジャーナリストになると、だいたい世界共通で使える媒体は全て使って自分が得た情報を発信していく事になると思います。 まあ、これで質問にしっかりと答えられている自信はないのですが、とりあえずファッション・グルメは両立できるでしょうけど、真実を暴くようなジャーナリズムが入ってくると両立は難しいと思うので、今回の海外研修と敢えていいますが、そこで最終的に判断されるのがいいと思います。 向こうでは一年ですので、おそらく200~300台のクラスが殆どであり、一番重要な400番台のクラスを受ける時間はないと思います。そのため、あちらのジャーナリズムの教授に相談して、いくつか400番台のクラスのシラバスや教科書を持って帰るのもいいと思います。


Q.新聞の一面の最下段の広告はなぜ必ず出版社のものなのでしょうか? 今まで気づきませんでしたが、一面の最下段の広告って、絶対に 出版社の広告ですよね?読売旅行とか阪急交通社とか地元の お祭りの広告とかがあっても、テレビ面や三面に載ってます。 一面に限らず2~8,9面くらいまではほとんどが出版社の広告 ですが、これは新聞と同じ活字文化を共有していることと関係あるの でしょうか?

A.戦前の一時期、新聞の一面が全て広告だった時代がありました。 初めからこうだったわけではなくて、ある時期(社により異なるが、日露戦争後の明治の終わりから大正期~昭和初期くらい)のみ行われていたものです。理由としては、当時は横に四つ折りにして帯封をつけて郵送していたので、露出する一面が汚れやすいため、という広告主が聞いたら怒りそうな話から、日露戦争時に号外を出し過ぎて経費がかさみ、その穴埋めのため広告収入を増やすため、などいくつかあるようです。昭和初期以降は、新聞の減ページを余儀なくされたりとか、その他モロモロによって元に戻ります。 しかし、一面に載せる広告、となると、一番目につくものですよね。 だから、ヘンな広告を(中のページならともかく、少なくとも一面には)絶対に載せるわけにはいかない、というのは各社ともあるようで、その結果昔も今も、出版広告の指定席みたいになってますね。出版広告と言っても、堅い内容のものが殆どで、週刊文春とかの広告は一面には載ってませんよね。質問者さまがご指摘された点も、無関係ではないかもしれません。 一面以外の広告については、その日の出稿量その他によって変わってくるので、臨機応変に、というところかな。


旅行読売出版社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:09:06