出版社「昭和堂」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>昭和堂

昭和堂 公式ホームページ

昭和堂
昭和堂

昭和堂 関連通販

昭和堂 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.創価の池田某はなぜ、大石寺の御法主上人に謝罪をしたのですか? 第66代日達上人「日蓮正宗の教義でないものが一閻浮提(全世界)に広がっても、それは広宣流布とは言えないのであります。」 創価学会「五十二年教義逸脱」池田犬作3代会長辞任の幕 池田某は、正本堂建立を機に宗門に根強い反感を抱くと同時に、学会は主、宗門は従との支離滅裂な考えを基に、宗門支配を画策し、宗門に対してさまざまな圧力を加え始めました。 昭和52年には、学会に批判的な僧侶に対する吊るし上げを次々と行い、公然と宗門批判・僧侶否定の指導をするようになりました。 1977 昭和52年 1月15日 池田大作 第9回教学部大会で「仏教史観」を語る 創価学会昭和52年教義逸脱路線が表面化 【52年路線の主なもの】 1)戸田会長の悟達が創価仏法の原点 2)大聖人直結、血脈・途中の人師論師不要 3)「人間革命」は現代の御書 4)会長に帰命、久遠の師、本門弘通の大導師、主師親三徳 5)寺院・会館混同(寺院軽視) 6)謗法容認 7)在家でも供養を受けられる 8)学会僧宝論 1978 昭和53年 2月9日 日達上人 創価学会の歴史的経過の上から教義逸脱路線の根源を指摘 2月22日 日達上人 2月12・14日の池田大作の御目通 りの内容を公表 1)池田大作「手を切るのだけはやめてほしい」と懇願 2)日達上人「池田会長に日蓮正宗信徒の基本を徹底するよう」指南 6月29日 日蓮正宗 教師指導会で創価学会からの教義逸脱是正文書を公表 6月30日 創価学会 「教学上の基本問題について」(教義逸脱を是正)を発表(通 称「6.30」) 9月28日 創価学会 模刻本尊7体を総本山に納める 11月7日 創価学会 創立48周年記念登山代表幹部会において、池田大作 52年逸脱路線について謝罪(通 称「お詫び登山」) 1979 昭和54年 4月24日 池田大作 学会問題の責任を取り会長を辞任し名誉会長となる。 北條 浩 創価学会第4代会長に就任 4月26日 池田大作 学会問題の責任を取り法華講総講頭を辞任し名誉総講頭となる 5月3日 日達上人 創価学会第40回本部総会において、池田名誉会長他首脳がそれまでの過ちを正直に反省したことを大前提として52年逸脱路線問題を収束される(創価大学体育館) 7月22日 日達上人 御遷化 日顕上人 第67世御法主に登座 https://gyazo.com/c2783267b80fdef0e94985fef536bfe2

A.「池田某は、正本堂建立を機に宗門に根強い反感を抱くと同時に、学会は主、宗門は従との支離滅裂な考えを基に、宗門支配を画策し、宗門に対してさまざまな圧力を加え始めました。昭和52年には、学会に批判的な僧侶に対する吊るし上げを次々と行い、公然と宗門批判・僧侶否定の指導をするようになりました。」と、何年何月何時何分何秒に何処の誰が決めた?今直ぐソース出せ。 日顕宗の虚偽捏造資料なんかソースになるかアフォwWw


Q.私は容易くわかる「本門戒壇之大御本尊(以下、板漫荼羅と記す)」疑義を、永年に亘って認めることができなかった。これはしかし、私一人の問題ではない。 創価学会を含む大石寺系集団の、その信徒会員に共通する大問題である。 それは創価学会を含む大石寺系集団に共通する言っては成らない禁忌であった。私たち創価学会員は大石寺に欺されていたのである。 「戒壇の大御本尊様以外は、たとえ日蓮大聖人の真筆でも拝んではいけない。罰が当たる。御本尊を写真に撮るのは謗法だ。御本尊の写真集なんて見るものじゃない」などと言った〝指導〟である。私たち創価学会員は大石寺に欺されていたのである。 各家庭に頒布される「形木本尊」と言われる印刷漫荼羅は写真撮影された原稿を製版印刷したものである。写真撮影を禁じれば、この頒布自体が成りたたない矛盾が生じる。 にもかかわらず、真筆の御筆大漫荼羅から目を遠ざけさせ、さらに漫荼羅の写真を禁止すれば、信徒会員はビジュアル情報を完全に閉ざされることになる。彼 らにとって日蓮真筆は「本門戒壇之大御本尊」唯一つとなる。もっともこれは参拝でも遠目でよく見えない。よく見ることができるのは各家庭に下付された大石 寺住職が書いた原本を印刷した「本尊」、あるいは寺院、会館の、同じく大石寺住職が書いた「本尊」だけとなる。信徒会員は御筆大漫荼羅を見ることを謗法と 禁じられているわけだから、それが一体どのようなものであるかという基本的となる知識を持ち合わせていない。 見事な情報操作だ。こうして言うがままに信じ込まされている「唯一絶対の御本尊は大石寺御宝蔵の弘安2年10月12日建立の本門戒壇之大御本尊様のみ」と。 しかし、弘安2年10月12日建立の本門戒壇之大御本尊様とは紙製の御本尊であった。現在、千葉県保田妙本寺に保管されてある大御本尊が弘安2年10月12日建立の本門戒壇之大御本尊様である。 このことに昭和40年頃に気付いた人が居る。民音の責任者であった人だ。しかし、当時は正本堂が建設中であり、彼の意見は異端として退けられた。 大石寺では、日蓮の真筆御筆大漫荼羅を見聞することを禁忌として人々の知的欲求を閉ざしてきた。その「思考停止」という心理操作に よって、板漫荼羅を疑う心の自由を奪い取ってきた。それによって、国立戒壇に人々を駆り立て、かつて創価学会は多額の〝供養〟を集め、大石寺に正本堂を建立した。私たち創価学会員は大石寺に欺されていたのである。 さらに大石寺は、その大建築を破壊したうえで新堂宇・奉安堂を建造し、信者相手に公開している。顕正会に至っては、板漫荼羅を見た こともない会員たちが、見ない故に誇大なイメージを膨らませて理想化した「本門戒壇之大御本尊」を夢想し、いまだに日蓮正宗の国教化・大石寺を富士山本門 寺と改称せんとする国立戒壇実現の虚構に踊らされている。彼ら顕正会員も大石寺に欺されてきたのだ。 そして、彼らは共通して「本門戒壇之大御本尊」を誹謗することに極端な恐怖を懐き、批判をなすものを憎悪するようにも操作されている。この恐怖と憎悪という二つの操作が板漫荼羅信仰の典型的な特徴になっている。これが社会問題にも発展する原因となっていると観察できる。 それでも希望の曙光はある。近年、急速に進歩するインターネットで容易に現存真筆漫荼羅を閲覧することができるようになったいま、少しばかりの冷静な観察眼を持つ人があれば、以下、わたしが指摘することには気付くことができるからだ。 かつて「本門戒壇之大御本尊」をひたすらに信じてきた一人として、以上の事実を記すことは断腸の思いであるとともに、著しい痛みも伴う。しかし、事実を事実として受け容れる勇気を私は持ちたいと思う。私たち創価学会員は大石寺に欺されていたのである。 ーーーーこれをどう思いますか?

A.核保有、軍備急速増強、必須です。 日本(とくに沖縄)もチベットのようになってしまいます。 早く憲法を改正して、核保有、軍備急速増強をしなければいけません。 核保有は戦争抑止になります。核がないと敵国が攻めてきます。核とは使えない兵器ですが、このように戦争抑止に役立ちます。 自衛隊の軍備急速増強は非常に急務です。


Q.歴史について質問です。 1960年(昭和35年)に浅沼稲次郎が東京都千代田区にある日比谷公会堂での演説中に17歳の右翼少年、山口二矢に暗殺されたテロ事件ですが、この少年は何で浅沼稲次郎を殺 したのでしょうか?

A.山口のポケットから↓の文章が見つかっています。これが動機でしょう。 「汝、浅沼稲次郎は日本赤化をはかっている。自分は、汝個人に恨みはないが、社会党の指導的立場にいる者としての責任と、訪中に際しての暴言と、国会乱入の直接のせん動者としての責任からして、汝を許しておくことはできない。ここに於て我、汝に対し天誅を下す。 皇紀二千六百二十年十月十二日 山口二矢。」 刃物は、自宅にあった脇差だったようですが、「刃渡り33cmの銃剣」とも言われています。


Q.1970〜80年代のアイドルが好きです。 「マルベル堂」や「ディスクユニオン昭和歌謡館」のように、昭和アイドルのグッズ(レコードや雑誌、ポスターなど)を購入できる、東京周辺にあるお店を探しています。 グッズが買えなくてもおすすめスポットであれば知りたいです。 よろしくお願いします。

A.神保町の古本屋にその手のアイドル雑誌・ポスター専門店があります。 (値付けが高いのが多いですが・・・) 八幡山のカルチャーステーションも有名です。 http://www.culturestation.co.jp/


昭和堂 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 11:21:15