出版社「時評社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>時評社

時評社 公式ホームページ

時評社
時評社

時評社 関連通販

時評社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.大前研一は中国語ペラペラですか? 大前が夕刊フジで 中国情勢を評論している。 あいつ、MIT卒だろ? ↓ http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130707/frn1307070734000-n1.htm 党腐敗、毒食、影の銀行… 中国は本当に大丈夫なのか 2013.07.07 連載:大前研一のニュース時評 中国の習近平国家主席(共産党総書記)は先月、党の重要会議で「民衆の支持がなくなれば、党の滅亡につながる」と腐敗の一掃を指示したという。 習主席は、胡錦濤前主席よりも党腐敗の問題に真剣に取り組むという意気込みを見せたわけだが、同時に「中国は大丈夫なのか」とも思ってしまう。トップが明日の世界を国民に語るのではなく、口を酸っぱくして危機感を伝えなければならないほど中国の政治家、役人の腐敗はひどいことになっているということだからだ。 国の運営をおかしくした事項は、ほかにもある。たとえば先日、新華社の情報サイトに「中国の残留農薬基準、項目数は日本のわずか100分の1」と題する記事が掲載された。食の安全問題が深刻化するなか、中国の食品生産技術や法制度が先進国から大きく遅れていることを認めた内容だ。 日本で禁止されている食品添加物などがほとんど禁止されておらず、1200ある河川のうち850が汚染されていることや、130ある湖のうち50以上は赤潮が発生している、などの事例が並んでいる。1960年代の日本のようなものだ。 しかし、こういうことがわかっていながら、中国の企業人は対策を取らない。制度も追いついていない状況だ。 もうひとつ、中国の大手企業で、「影の銀行」(シャドーバンキング=当局の厳しい規制を受ける銀行融資以外の金融取引)を使った資産運用が急拡大している。銀行から借り入れた資金をほかの企業にまた貸しするもので、今年上半期だけで約2200億元(約3兆5000億円)が新たに流入している。 資金の多くは地方政府が設立した土地開発会社などに流れ、インフラ整備や再開発に投入されている。もちろん、役人たちが賄賂をもらった企業や関連プロジェクトなので中止するわけにいかない(変な)義理がある。 この「影の銀行」の金利が最近、十数%に急上昇し、返済のめどが立たず、融資の焦げ付きや延滞などのトラブルも増え始めている。融資焦げ付きの影響が連鎖的に大手企業に及びかねないといわれている。日本の住専、そしてアメリカのサブプライムと似た構造になってきている。 しかし、中央政府や中国人民銀行はこれまでのところ、基本的にこれを放置している。「金利を払えずに滅びるのであれば、そういう会社は潰れなさい。これは市場からの制裁だ」と

A.英語ができリャ、分析は十分だろうと思います。 逆に、日本の「中国語専門家」は外務省も民間企業も、中国の手先見たいに成り果ててますからね。


Q.岩見隆夫さんは素敵ですか 政治評論家の岩見隆夫さ ん、末期がん告白 仕事は すべて休止 2013年6月4日(火)16時13分配信 J-CAST ニュース 毎日新聞の岩見隆夫特別顧問 (77)は2013年6月4日発売の「サ ンデー毎日」(6月16日号)のコラ ム「サンデー時評」で末期の肝臓が んだと明らかにした。 5月23日の検査でがんが見つかり、 24日に緊急手術を行ったという。 サンデー時評と近聞遠見は継続予定 コラムによると1か月ほど体調不良 が続いたため検査に行くと、医師か ら肝臓がんだと宣告されたという。 そのまま入院となり、緊急手術が行 われた。 長年のアルコール摂取が原因で、1 ~4まであるステージのうち、岩見 さんはステージ3と診断された。 コラムでは医師からがんを宣告さ れた際に、「私は声をあげて笑って しまった」と明かす。「なにしろ約 六十年間、ほとんど一日のすき間も なくアルコールを注ぎ込んできた人 生の帰結、というあきらめみたいな ものはどこかで働いていたのだろ う」と振り返っている。 岩見さんは1958年に毎日新聞に入 社。政治部記者として活躍し、論説 委員やサンデー毎日の編集長などを 歴任し、2007年に退社した。2012年 10月からは特別顧問に就任した。 テレビ番組でのコメンテーターと しても知られ、「時事放談」(TBS 系)では司会を務めた。 「昭和の妖怪 岸信介」(朝日ソ ノラマ)、「政治家」(毎日新聞 社)、「陛下のご質問―昭和天皇と 戦後政治」(文藝春秋)など著書も 多数ある。 すべての仕事を休止したが、サン デー毎日のサンデー時評と1989年か ら毎日新聞で続くコラム「近聞遠 見」は継続する意向だ。

A.質問は岩見隆夫さんは素敵ですか?ということだね。 末期がんを告白したことが素敵とは思わないし、 約 六十年間、ほとんど一日のすき間も なくアルコールを注ぎ込んで 肝臓がんになったことが素敵とは思わない。 ただ、石見さんの政治評論は素敵だと思う。


Q.村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んで僕が気づいたことがひとつだけある それはなんだい、聞きたいな たいしたことじゃないよ 謙遜するなよ じゃ、言うよ、僕は読むのが遅いってことだ あはは でおもしろかったのかい まだ、全部読んでないけど、僕は途中からつまらなくなった どの辺りだい 多崎つくるがノルウェイに出かけた辺りからかな へー じゃ、知恵袋でみんなに聞いてみたら、君たちはおもしろかったかって 知恵袋はは変なのがいるからな あはは、違いない “ミステリーな”村上春樹 大ヒット新作 印税収入、次作の出版元、編集者も会 えない… 2013.05.19 『色彩を持たない多崎つくると、 彼の巡礼の年』(文藝春秋/村上春樹) 村上春樹氏の書き下ろし長編小説『色彩を持 たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春 秋)が4月12日に発売された。村上氏としては 『1Q84 BOOK 1〜3』(新潮社)以来、3年ぶ りの長編小説となる。 初版は30万部で、文藝春秋のこれまでの単行 本としては最多。また、発売前にもかかわらず 3度も重版し、発売時点で50万部に達した。発 売前には、村上氏自身のメッセージが公表され たりしたが、小説の内容について、新聞社や他 の出版社、書店、書評家などにもほとんど知ら されなかったという。発売後1週間で100万部 (8刷)を突破。作品に登場するリスト作曲の クラシック曲『巡礼の年』の輸入盤CDも品切 れが続出し、国内盤CDはすでに廃盤になって いたが、ユニバーサルミュージックが5月15日 に再発売することになった。 発売後、本作の内容については、次のような 論評がなされている。 「世界的な評価を得ている作家による力のこ もった作品だ。過去の自作とよく対話して書か れたのか、アメリカ文化の影響や暴力的な 『父』といった要素が削ぎ落とされ、村上文学 の核にあるものが取り出されて充実した表現が あたえられている」(4月25日付毎日新聞夕刊 『文芸時評』、文芸評論家・田中和生氏) 「本書の背後には3.11の大震災と原発事故があ る。著書が1995年の阪神大震災の後、連作短編 集『地震のあとで』(のちに『神の子どもたち はみな踊る』)を発表したように、本書には津 波も放射能もなにも書かれてはいない。だが、 大震災が行間に深く埋もれている。私はそのよ うに読んだ。同時代の空気を吸ってきた同世代 の者の勘である」(4月21日付東京新聞朝刊、 文芸評論家・横尾和博氏) 一方で出版業界内からは「あれは小説ではな い。戯曲だ。2時間あれば読める戯曲。100万部 売れるからといって傑作とは限らない」(出版 業界関係者・A氏)との声も聞かれ、賛否両論 さまざまである。 ●文藝文春から

A.ノルウェイ?フィンランドじゃねえのか それにしても毎日で書いてるやつの書評は最悪だな・・・・ もっとましなもの引用してこしよ


Q.今年、一番多くテレビCMをうっている政党を教えて下さい。 前回の選挙では、民主党を持ち上げられる報道が多く、選挙で沢山の票をとり、民主党は第一党になりました。マスコミ支配の視点からみると不思議です。自民党は元から日テレと読売新聞をおさえています。公明党は、創価学会の人脈で色々なメディアに人を送り込んでいます。その二党がある程度の票を獲得するのは、何もみないでもわかるのですが。 民主党支持の報道が多かったのは、やはりCMで50億円も払ったのが効いたのかなと思っています。今回の選挙戦では、民主党にも厳しい報道が多いように思います。そういえば、今回はまだ民主党のテレビCMをみかけません。 となると、ここから各局の報道姿勢が変わるのはCMを沢山だしている政党だと思うのです。今年は、あまりテレビをみていないのですが、どこの政党がCMを沢山うっていますか。 民主党は、選挙関係費、宣伝事業費として合計84億円(08年比58億円増)を計上。テレビCM制作・放映料として22億5000万円、新聞広告に17億3800万円使ったのをはじめ、ラジオやインターネットの広告料などとして、広告代理店大手の博報堂と電通Y&R社に合計52億円を支出しました。 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-10-21/2010102102_02_1.html 読売新聞は自民党の機関紙になったのか? 「週刊朝日」問題は朝日新聞社内の出版差別に根源-柴田鉄治のメディア時評 http://www.magazine9.jp/shibata/121128/ 日テレと読売新聞の経営者だった自民党の政治家、正力松太郎 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E6%9D%BE%E5%A4%AA%E9%83%8E

A.それだけわかってらっしゃるのでしたら、あえて質問することも無いと思いますが、 今現在はやはり民主党でしょうね。政党助成金が山ほどありますから。 ただ、そのCMがどれも虚しく見え、「また嘘言ってるよ」って感じで、逆効果になっているのも確かです。


時評社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/26 Sunday 18:03:05