出版社「晶文社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>晶文社

晶文社 公式ホームページ

晶文社
晶文社

晶文社 関連通販

晶文社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.仏教について質問があります。 私は特別に詳しい知識を持っているわけでもないです。御書と本尊はどっちが真実を告げているのです。しかも御書は晶文社がいいですか昭文社ですか。 どちらも学会系出版社で創価大学で使用する授業地図とかも配慮されてますか。

A.質問の内容がやや不明確なのですが。要するに、創価学会が使用している日蓮大聖人の御書は、どこの出版社が発行しているか、ということですよね。 御書を出版しているのは、晶文社でもなければ昭文社でもありません。聖教新聞社です。また、この2社は、学会とは無関係です。学会系出版社といわれているのは、潮出版社、第三文明社、鳳書院などです。 また、創価大学は宗教法人ではなく、あくまでも学校法人です。学会と創大は全く別の組織です。創大の授業において、学会関係の本を使用することなどありません。 御書と本尊はどっちが真実を告げている、これも意味不明なのですが。私から言わせれば、どちらも真実を告げていますよ。 御書は日蓮大聖人の御指導集です。「日蓮が弟子と云つて法華経を修行せん人人は日蓮が如くにし候へ」と四菩薩造立抄にあるように、大聖人の弟子と名乗るのであれば、大聖人の仰せのままに、南無妙法蓮華経を信仰し、日蓮仏法を実践しなければならないのです。御書の仰せに違背して自己流に信心をすれば、それは我見となり、功徳は生じないのです。 「日蓮がた(魂)ましひをすみ(墨)にそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ」「日蓮が・たましひは南無妙法蓮華経に・すぎたるはなし」と経王殿御返事にあります。御本尊は大聖人御自身が全生命を注いで御図顕されたものであり、この御本尊を強く信じ、祈り抜いていくならば、幸福境涯を確立することは間違いないとの御文です。 御書と本尊はどちらも、人類幸福のための軌道を示すものであるという真実を告げているのです。


Q.内申42で狛江高校受けるとすれば当日難点くらいとれば合格ライン、ほぼ合格ラインですか? 塾では380点くらいが基準くらいと言われましたが、その辺に売っている本で見て見ると見込みありのラインが400点くらいになってます その本は晶文社のやつなのですがその中での見込みありはどのくらいの確率でしょうか。 個人的には400点くらいとれればほぼ確実的に行けるのかな?と思います。 また、今年の狛江高校の競争率は高くなりますかね?去年の反動で増えるとか言われてますがどうなんですか?

A.換算内申42ですと、400/500なら合格できるとは思いますが、毎年変わるのでなんとも言えません。最低、380でもいけるとは思いますが、400のが安心だと思います。 倍率は去年と同じくらいだと思います。 受験は可能な限り取った方が有利です。受験まで短いですが、頑張ってください!


Q.ケアマネ二回不合格でした。 今年は 7訂を読んだり 晶文社、基本問題や予想問題に過去問 ナツメ社、合格テキストに一問一答 学研、過去問7回分 を繰り返しやったり セミナーにも参加しました。 正直受かると思っていました。 来年はどう勉強したら良いか分かりません。 合格された方は、どんな勉強をしましたか? 通学講座は良いのでしょうか?

A.テキストの量がすごいですね。 色々なものに手を出しすぎだと思いますよ。 私の知人が今年の試験を受験して、自己採点16-26で合格をしました。 勉強方法は試験の二か月前からユーキャンの速習レッスンを繰り返して学習し、試験一週間前に職場の同僚から模擬試験のコピーをもらって解いただけだと言っていました。 テキストは沢山使えば良いという訳ではありません。 どの会社の受験対策テキストでもそうですが、そのテキストを一冊やり込めば合格点ぐらいはとれるようにつくられています。 ましてやケアマネ試験は合格基準点の低い試験です。 満点をとる必要もないので、ある程度捨て問なんかがあっても構いません。 通学等にすがりたくなる気持ちもわかりますが、要領よく勉強すれば合格することは難しくない試験です。 勉強方法を見直すことから始められてはいかがでしょうか?


Q.好きな出版社があるという方、いらっしゃいますか。ラインアップ、本の装丁、なんでもいいです。 私の好きなのは晶文社と早川書房です。ただし、どちらも今のではなく30年くらい前のなんですが。

A.「ポー全集」限定版、「ヴィリエド・リラダン全集」限定版など、背革の本を刊行していたころの東京創元社。 倒産してしまった小沢書店。 単行本未収録作品集を刊行することが多い幻戯書房。 いろいろな個人全集を刊行した筑摩書房、岩波書店。


晶文社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 05:55:26