出版社「朝日ソノラマ」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>朝日ソノラマ

朝日ソノラマ 公式ホームページ

朝日ソノラマ
朝日ソノラマ

朝日ソノラマ 関連通販

朝日ソノラマ 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.【あのプロレス(もの)漫画の続きが知りたい!】 1987年~88年頃だったと記憶してるんですが、朝日ソノラマが創刊した「月刊コミックファイター」という漫画雑誌がありました。 わずか7号で休刊したらしいのですが、格闘技+プロレス(一部ミリタリーものも含む)の漫画だけを扱うコンセプトで、同誌には シューティングタイガー 著:原田久仁信 ※佐山聡のシューティング(現・修斗)を題材にした作品 餓狼伝 著:谷口ジロー 原作:夢枕獏 ※餓狼伝の記念すべきコミカライズ第1弾 邪鬼王爆烈 著:石川賢 ※北斗の拳っぽいバトル漫画 蹴撃エンジェルRUMI 著:近石雅史 ※JWPの風間ルミを題材にした作品 黄金玉列島 著:林正之 ※格闘技を描いたわけではないが、プロレス技がふんだんに登場するギャグ漫画 見参! 銃士隊 著:きむらひでふみ ※サバイバルゲームを題材にした作品(これだけ格闘技とは何の関係も無い)。 などが掲載されました。 私は創刊号からたしか5号くらいまでは購読を続けていたのですが、(たしか近所の本屋で扱わなくなったから…だったかな)その後は手に入れられませんでした。 さて、今回の質問ですが… ホラー漫画界の大御所、「御茶漬海苔」先生が同誌に掲載したプロレスものの漫画作品があったのです。 作品のタイトルは忘れてしまいましたが、こんな話でした。 若手の有望株レスラーであった主人公が(海外遠征か何かで)乗っていた旅客機がアフリカ(?)で墜落。機体は残骸と化し大惨事となったが、奇跡的にも主人公と一人の少女が助かった。 少女は実はプロレスファンで、主人公を応援していた設定。主人公は若手の登竜門であるトーナメントで惜しくも準優勝に終わったが、その試合も応援に駆けつけるほど。 救援を待つ2人だったが、2人の前に現れたのは救援隊ではなく、現地の原住民であった。 原住民は2人を拘束、少女を縛り上げ、主人公には「助けたくば村の一番の闘士と戦い勇気を証明せよ」と要求する。 なぜ戦わねばならないのか理由もわからないまま、主人公は少女を助けたい一心で勝負を受ける。 ロープもコーナーも無い、レフェリーもいない、ただむき出しの地面があるだけの「場」での真剣勝負。 村の闘士はするどいパンチや蹴りを容赦なく叩き込んでいき主人公を圧倒するが、負けられない主人公はジャーマンスープレックスで逆転すると、死に物狂いでスリーパーホールドで絞め落とし、勝利する。 原住民は当初の約束どおり少女を解放するが、今度はなんと「私たちの村を助けてほしい」と主人公に懇願する。 その村はある部族(?)に苦しめられており、その部族の長が、村の闘士ではまったく歯が立たないほどの強者らしい。それで奴を倒す勇者が現れるのを待っていたという。 …ここで第1話が終わります。続きがあるような終わり方でしたので「読みきり作品」ではないと思うのですが…私はその後の購読が途絶えてしまったのでその続きを知りません。 御茶漬海苔先生の短編集・単行本の全てをチェックできてないので断定はできませんが、先生はホラーものばかりを発表している漫画家さんですので、ホラー短編集に格闘技モノ・プロレスモノの作品を掲載すると思えず、おそらく単行本未収録ではと思うのです。 私はこの漫画の続きを知りたいと以前から思っていました。 1987~88年当時プロレスや格闘技のファンで、コミックファイターというマイナー漫画雑誌を読み、しかも現在知恵袋を利用している方が果たしてどれほどいるのか…非情に厳しい話ではありますが、もし、この漫画についてご存知の方がおりましたら何卒、教えてくださいませんでしょうか? お願いいたします

A.タイトルは「必殺魔鏡陣」。NO.2に掲載されて、続くになってますが廃刊まで連載は無かったです。


Q.その4【ウルトラセブン(1967)】第49話「史上最大の侵略」幽霊怪人ゴース星人、双頭怪獣・改造パンドン編【明けの明星と宵(ヨイ)の明星~金城哲夫氏は日本語がおかしかった!? ~】 ● 9/11(日)、NHK-BSプレミアム、ウルトラマンシリーズ名作選第1位、記念アーカイブ質問。 脚本:金城哲夫、監督:満田カズホ。 【完成作品】 …「西の空に、明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙に飛んでゆく。 それが僕なんだよ。 さようならアンヌ。」 夜~明け方の最終決戦を経て、セブンの地球離脱シーンは明け方。 映像では、明けの明星の方角(=東の空)へ飛び立っている。 ▼▼明けの明星 …明け方(夜明け前)に東の空に見える金星。 ▼▼宵(ヨイ)の明星 …夕暮れ時に西の空に見える金星。 一番星。 ↑ ●「明けの明星とは、本来、東の空に見える星であり、『西の空に明けの明星が輝く』は誤りでは?」 との特撮カテでは、もはやお馴染みとなった定番質問。 『西の空に明けの明星が輝く』のではなく、『(東の空に)明けの明星が輝く頃、セブンが西の空に飛び立つ。 西とは金城哲夫氏の故郷:沖縄、あるいは西方浄土(常世/トコヨ)、即ち、死後の世界の暗喩。』 との解釈が一般的だが、映像表現上は、明けの明星の方角、つまり、東の空に飛び立っている完成作品。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14121603799 【脚本・決定稿】 ●朝日ソノラマ刊行、宇宙船文庫「金城哲夫シナリオ傑作選:ノンマルトの使者」収録、決定稿より。 ↓ ★★p198、セブンに変身した後、 「一番星の出る頃、西の空を見てくれ、大きな光が宇宙に帰っていく。 それが私だ…。」 ⇒西の空に一番星(=宵の明星)が輝く夕暮れ時に、同じ方角である西の空へ飛び立つと予告している。 (方角は真逆ながら、輝く星に向かって飛び去るセブンのビジュアルイメージの源泉は、この時点で確立済み。) ↑ ●完成作品版での明け方の地球離脱に対し、その前段階である決定稿版では夕暮れ時の地球離脱であったのか。 ●しかし、その前後の脚本記載の時間帯指定の記述を列記すると、 ↓ ★★p192~193、ダンを秘密基地に匿(カクマ)う秋夫少年。(夜) ★★p194~196、防衛軍基地・作戦指令室。 「キリヤマ隊長、敵の基地は、まだ発見できないのか。」~「基地の所在地が分かりました。」(夜) ★★p197~199、ダンがアンヌに自分の正体をカミングアウト~マグマライザー突入~改造パンドンとの死闘。(夜) ★★p201、改造パンドンが倒された後、(朝)、ホーク1号、着陸する。 ↑ ●最終決戦は、脚本(決定稿)の段階で、夜から明け方にかけての時間帯と明確に記載有り。 完成作品での時間帯と同一だが、下記の矛盾に注目。 ★★p201、上記の直後、『空を見上げると、宵の明星がまたたいている。 と、西の空に、宇宙に飛び立っていく一条の光がある。』 ⇒死闘の末、ようやく明け方に改造パンドンを倒したセブンだったが、地球離脱は、宵の明星(=一番星)が輝く夕暮れ時。 即ち、夜明けから夕暮れ時まで約12時間、セブンは地上に突っ立っていたのか!? 一応、決定稿版の台詞通りだが、不自然すぎる。 http://heroscafe2.exblog.jp/8986072/ ↑ ●1972年まで戦勝国アメリカ統治下(=外国扱い)に置かれ、日本本土との人的・文化的な交流が、現在よりも遥かに希薄であった沖縄の出身であるメインライター金城哲夫氏は、そうした環境の影響もあり、『日本語の使い方が少しおかしかった。 折に触れて指摘し、都度、直していた。』との同僚:飯島敏宏監督の興味深いコメント。 朝、昼、夜などの日常用語であればともかく、明けの明星、宵の明星、一番星など、日常に使う頻度の少ない言葉の正しい意味(見える方角を含む)を金城哲夫氏が、果たして正確に理解できていたのだろうか。 【結論】 ★★完成作品における夜~明け方の最終決戦と、それに続く明け方のセブン地球離脱の流れは、少なくとも脚本(決定稿)の時点で確定済み。 ★★脚本の中に散見される『宵の明星、一番星』等の有暮れ時のイメージの単語に関して、執筆した金城哲夫氏は、朝のイメージの明けの明星と混同(取り違え)して書いていたと考えれば、全てが矛盾なく説明できる。 (例えば、一番星とは、朝、一番に輝く星との勘違いでは。) 同様に見える方角も勘違いしていたのでは。 ★★決定稿(=台本)と異なる完成作品の台詞は、撮影に立ち会った金城哲夫氏が、現場で台本を手直ししたもの。 明け方に輝く星は、明けの明星と正しく訂正できたが、慌しい撮影現場で、その見える方角の誤りまでは誰も気付かず、スルーしたのが真相では。 ⇒冒頭記載の完成作品の台詞の矛盾は、金城哲夫氏の勘違いが真実。 ↓ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13121650708 質問 ①エピソードの感想、印象的なシーン、トリビア等、下さい。

A.文章の基本とは『いつ』『誰が』『どこで(どこから)』『どうする(どうした)』です。 いつ 『明けの明星が輝く頃』 誰が 『僕(ダン)が』 どこから 『西の空から』 どうする 『宇宙へ帰る』 この台詞は、ダンがアンヌに別れを告げるシーンの台詞です。 別れを告げているのだから、宇宙へ帰る時間と、宇宙へ帰る方角を告げるのは当たり前ですね。 『西の空に明けの明星が輝く頃』では、ダンが宇宙へ帰る時間しか告げていない事になり、ダンが宇宙へ帰る方角を知らないアンヌは見送る事が出来なくなります。 ダンがアンヌに伝えたかった内容は「明けの明星が輝く頃、僕は、西の空から、宇宙に帰るんだよ」です。 物語の内容を正しく理解し、日本語を正しく理解している者にとっては、特に難しくもなく、悩む事もない単純な文章です。 『西の空から宇宙へ帰るのは何故か?』 太陽系外から来たセブンが、太陽系外へ帰るのだから、太陽とは逆の方角に故郷の星があっただけの話です。 「映像では、明けの明星の方角へ飛び立っている」 劇中で、あの星が『明けの明星』だとは言われていませんが? ダンが故郷の『ウルトラの星』へ向かって飛び立った可能性は? 少なくとも、私は「ダンがウルトラの星へ向かったんだな」と言う思いで視聴していました。


Q.朝日ソノラマの2014年版「航空実用ハンドブック」ですが、2005年版とどの辺が違うのでしょうか?2005年版は所持しています。 ご存知の方、教えていただければと思います。

A.手に入れて見比べればいんじゃね? 2005年以降に開港した空港について、2005年版には載ってないことは間違いないwww


Q.TV版宇宙戦艦ヤマトのエンディング曲は、当時のコロムビア、朝日ソノラマのどちらのEP盤が使用されていたのでしょうか。

A.TVサイズなので・・・・ http://www.amazon.co.jp/dp/B006WI50UY/ ささきいさお/ミュージカル・アカデミーです。


朝日ソノラマ 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:34:50