出版社「朝日新聞社出版本部」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>朝日新聞社出版本部

朝日新聞社出版本部 公式ホームページ

朝日新聞社出版本部
朝日新聞社出版本部

朝日新聞社出版本部 関連通販

朝日新聞社出版本部 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.日本会議が森友学園をネトウヨと排撃=どう思われますか? http://lite-ra.com/2017/03/post-2967.html 日本会議が籠池夫妻と森友学園を「保守じゃなくネトウヨ」とトカゲの尻尾切り! でも日本会議も園児に教育勅語を 2017.03.06 籠池泰典理事長と直接、何度も会っているにもかかわらず「面識はない」と言い張った安倍首相を筆頭に、維新や自民党の政治家、さらに同学園の運営する軍国教育の塚本幼稚園を絶賛してきた極右文化人たちも、話のすり替えや言い逃れに必死になり始めた そんななか、あの団体も同様の「籠池切り」に入っているらしい。そう、この間、一貫して安倍首相を支え、政権の別働隊として戦前日本の復活に邁進してきた極右組織「日本会議」だ。 テレビなどではあまりクローズアップされていないが、実は森友学園の籠池理事長はこの「日本会議」の大阪支部の運営委員という職に就いている。 ところが、先月末、「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)が籠池氏を日本会議大阪「代表」などと報じるや、日本会議はホームページで即反応。「同氏は本会の『運営委員』として名前は連ねておりますが、『代表』ではありません」との抗議文を両誌の編集部へ送付したことを明かした上で、「このたびの土地取得に関して全く関与していない」と釈明し。 さらに驚いたのは、3月3日の毎日新聞朝刊の記事だった。この日の同紙は森友学園の保守人脈を特集していたのだが、そのなかで「籠池氏を知る日本会議関係者」がこんなコメントをしていたのだ 「森友学園の考えは神道でも保守でもなく、ネトウヨ(ネット右翼)に近い。あれが日本会議の活動と思われるのは心外だ」 籠池氏は日本会議大阪の代表ではないとしても、同団体にいる約50人の運営委員のひとりで、幹部的な存在であることに変わりはない しかも、「同じと思われるのは心外」どころか、日本会議は森友学園とまったく同じことをやっている。それは、思想教育と批判が集中している例の子供たちへの「教育勅語」唱和強制だ たとえば、2011年、建国記念日を祝う日本会議鹿児島の集会で小中校生が教育勅語を奉読しているし、2014年、日本会議沖縄県本部などによる実行委員会が主催した「祖国復帰42周年記念大会」でも、保育園の園児たちが教育勅語を唱和している つまり、園児たちがわけもわからず「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ(危急の事態が生じたら、公のために奉仕し、永遠に続く皇室の運命を助けよ)」などという時代錯誤な言葉を唱和させられているあの光景は、日本会議でも繰り広げられていたものなのだ 森友学園の教育方針はほとんど日本会議のそれと同一だからだ。森友学園のHPには「天皇国日本を再認識」「皇室を尊ぶ」。「愛国心の醸成」「日本人精神の育成」「道徳心を育て」などと言った言葉が羅列されているが、これらの多くは日本会議の活動方針の中にも書かれているものだ。また、籠池夫妻がインタビューや行事あいさつで語っている歴史修正主義や軍国主義丸出しのセリフもほとんどは、日本会議のイデオローグたちがふだん、語っているようなことばかりだ 森友学園は日本会議の運動にも協力してきた。塚本幼稚園では保護者に対して憲法改正を求める署名用紙を配布していたことも明らかになっているが、この運動の大元は「美しい日本の憲法をつくる国民の会」。そう、15年の武道館決起集会では安倍首相もビデオメッセージを送った日本会議の別働隊だ 森友学園の運営する塚本幼稚園がこうした軍歌を歌わせたり、教育勅語を暗唱させるような極右愛国教育を始めたのは、そんなに昔のことではない。先代、つまり籠池理事長の義父が経営していた時代にはそういう教育は一切行っていなかったし、1985年、籠池氏が理事長を継いだ後もしばらくは行っていなかった 各メディアの報道を総合すると、塚本幼稚園が園児に軍歌を歌わせ始めたのは2002年、教育勅語を暗唱させるようになったのは2005年くらいのことだ 2002年頃に日本会議と深い関係にある「谷口雅春先生を学ぶ会」が発足している。菅野完氏の『日本会議の研究』(扶桑社)によれば、この「谷口雅春先生を学ぶ会」は生長の家の路線変更で教団を離れた元信者たちが展開し始めたファナティックな原理主義運動の中心団体で、稲田朋美防衛相や衛藤晟一総理大臣補佐官など、現在の安倍首相周辺の政治家をはじめ、百地章氏、高橋史朗氏など、安倍首相の極右ブレーンが参加 「週刊朝日」(朝日新聞出版)2017年3月10日号によると、2004年、この「谷口雅春先生を学ぶ会」の機関誌「月刊 谷口雅春先生を学ぶ」5月号に、 〈籠池さんのご主人靖(泰)憲さんは日本会議大阪の代表・運営委員(※)や多くの会の役員として、淳(諄)子さんは同女性部会理事として活躍し、ご夫妻ともに、公の場においてかけがえのない存在となっているのである〉 転載(抜粋

A.これを見ると、どう感じるのか? https://www.youtube.com/watch?v=G_a-w5sRoJg 国民から自由、人権、民主主義を取り上げるんだってよ。 世界中に拡散するべきなのでは(・・?


Q.南京事件。秦郁彦のデッチアゲについて(2)殺害について。 昭和五十九年八月五日付けの「朝日新聞」は「南京虐殺、現場の心情」と題した、都城二十三連隊兵士の日記を紹介しているが。 そのなかに、「近ごろ徒然なるままに罪もない支那人を捕まえて来ては生きたまま土葬にしたり、火の中に突き込んだり 木片でたたき殺したり」(十二月十五日)とか「今日もまた罪のないニーヤ(中国人のことか)を突き倒したり打ったりして半殺しにしたのを 壕の中に入れて頭から火をつけてなぶり殺しにする。退屈まぎれに皆おもしろがってやるのであるが・・・まるで犬や猫をころすぐらいのものだ。 これでたらなかったら因果関係とか何か云うものはトン々で無有と云う事になる」(同二十一日) 「徒然なるままに」とか「退屈まぎれに」とか理由にもならぬ理由で、無差別殺人に走った日本兵士の行状は、まさに鬼畜の所行というべく、 同じ国民の一人としてただ恥じ入るほかはない。「南京事件」p、203。 (この論争経過は元中隊長の吉川正治が書いた手記(文芸春秋八十七年五月号」に詳しい。「南京事件」p290) 私見。この日記の作者宇和田弥市は、猟奇殺人犯。しかも、真偽も明らかでない「個人の犯罪」を記載し、日本軍を誹謗中傷している。 問一。第二十三連隊は水西門付近の攻防を担当した。夜は城外に適当な家屋がないので水西門内に宿営し、十二月二十二日頃までに南京を去った。(完訳と研究p62) 故に、二十三連隊は十五日から二十二日までは安全区内に入れないので、中国人を捕まえることができない。与太話か? 問 秦の「南京事件」は、秦と中公新書の合意のもと自主的に廃刊すべきですか 最後に 中国南京の大屠殺記念館30万は確実に捏造です。しかも、展示写真は全て偽造。 証拠は蒋介石政府が出版した「南京安全地帯の記録」等です. 故に、大屠殺記念館は大屠殺【捏造写真展示】記念館です、 更に言えば、日本軍は不法行為を禁止していたので、軍の組織的計画的不法殺害(虐殺)はなかった また、南京安全地帯の記録を日本語に訳したのが「南京安全地帯の記録 完訳と研究」冨澤繁信著 展転社出版 この本では、南京事件は「略奪・強姦事件(デッチアゲ)」と主張。 本当に今の中国政府や中国人はウソツキの極み 兎も角、国民政府が出版した「南京安全地帯の記録」を読み、日本を誹謗中傷する南京大屠殺記念館は閉鎖し、 中国政府及び中国人民は日本人に謝罪すべきです 折角、言論自由の国「日本」に来たのに南京捏造大屠殺を主張するなどアキレタ中国人 天安門事件で自国の民を戦車でひき殺すのが漢族の正義ですか? 参考資料 ①第二十三連隊は水西門付近の攻防を担当した。夜は城外に適当な家屋がないので水西門内に宿営し 十二月二十二日頃までに南京を去った。(完訳と研究p62) 故に、二十三連隊は十五日から二十二日までは安全区内に入れないので、中国人を捕まえることができない。与太話か。 ② 森尾市太郎 証言 上等兵(114師団、66連隊第一大隊。中隊本部勤務) 「十二月十二日夜、中隊長と一緒の濠の中にいましたが、まわりには死んだ者や負傷者もおり、そのとき、 中隊長のそばにいた兵隊はわずか十二、三人でした。 そのうち、上から、明日、南京城突入という命令が来まして、中隊長は、この兵力で攻撃か、と涙を流していました。 (私見、森尾の証言が戦場の実態で,戦友の死を悼まず、傷ついた戦友の看病もしないで「徒然なるままに」とか 「退屈まぎれに」とか理由にもならぬ理由で、無差別殺人をしたとの、宇和田弥市の日記は与太話)

A.>私見。この日記の作者宇和田弥市は、猟奇殺人犯。しかも、真偽も >明らかでない「個人の犯罪」を記載し、日本軍を誹謗中傷している。 私は違う見立てをしています。宇和田弥市氏が猟奇殺人犯だったわけではなく、日記に書かれている内容が捏造であろうと考えます。 この日記は、宇和田弥市氏の死亡後に奥さんから仲介役の三浦松治氏が預かったものとされています。宇和田弥市氏が腎臓病で亡くなったのは昭和48年です。 都城23連隊のOB達は、昭和49~53年に過去の戦史の編纂作業を行っています。その時には、宇和田弥市氏が「徒然なるままに」無差別殺人をしたといった記述は発見されていません。 このような状況で、昭和59年に同日記と一緒に発見されたと朝日新聞が報じた写真3枚が偽物と判明していることから、同日記についても捏造の可能性を考える必要があります。 朝日新聞との闘い・われらの場合 都城23連隊の戦史を汚すことは断じて許さぬ 吉川正司(元都城歩兵第23連隊・中隊長) http://www.history.gr.jp/nanking/books_bungeishunju875.html


Q.南京事件 秦郁彦の極悪非道な印象操作(11) 昭和五十九年八月五日付けの「朝日新聞」は「南京虐殺、現場の心情」と題した、都城二十三連隊兵士の日記を紹介しているが。 そのなかに、「近ごろ徒然なるままに罪もない支那人を捕まえて来ては生きたまま土葬にしたり、火の中に突き込んだり 木片でたたき殺したり」(十二月十五日)とか「今日もまた罪のないニーヤ(中国人のことか)を突き倒したり打ったりして半殺しにしたのを 壕の中に入れて頭から火をつけてなぶり殺しにする。退屈まぎれに皆おもしろがってやるのであるが・・・まるで犬や猫をころすぐらいのものだ。 これでたらなかったら因果関係とか何か云うものはトン々で無有と云う事になる」(同二十一日) 「徒然なるままに」とか「退屈まぎれに」とか理由にもならぬ理由で、無差別殺人に走った日本兵士の行状は、まさに鬼畜の所行というべく、 同じ国民の一人としてただ恥じ入るほかはない。「南京事件」p、203. (この論争経過は元中隊長の吉川正治が書いた手記(文芸春秋八十七年五月号」に詳しい。p290. 問一。第二十三連隊は水西門付近の攻防を担当した。夜は城外に適当な家屋がないので水西門内に宿営し 十二月二十二日頃までに南京を去った。(完訳と研究p62) 故に、二十三連隊は十五日から二十二日までは安全区内に入れないので、中国人を捕まえることができない。与太話か。 問二 この日記の作者宇和田弥市は、猟奇殺人犯と思います。しかも、蒋介石政権の宣伝本、南京安全地帯の記録より酷い。 更に、真偽も明らかでない「個人の事件」を記載して、日本軍を誹謗中傷する秦の南京事件を如何に思われますか。 問三 秦の「南京事件」は、秦と中公新書の合意のもと自主的に廃刊すべきですか 最後に 中国南京の大屠殺記念館30万は確実に捏造です。しかも、展示写真は全て偽造。 証拠は蒋介石政府が出版した「南京安全地帯の記録」等です. 故に、大屠殺記念館は大屠殺【捏造写真展示】記念館です、 更に言えば、日本軍は不法行為を禁止していたので、軍の組織的計画的不法殺害(虐殺)はなかった また、南京安全地帯の記録を日本語に訳したのが「南京安全地帯の記録 完訳と研究」冨澤繁信著 展転社出版 この本では、南京事件は「略奪・強姦事件(デッチアゲ)」と主張。 本当に今の中国政府や中国人はウソツキの極み 兎も角、国民政府が出版した「南京安全地帯の記録」を読み、日本を誹謗中傷する南京大屠殺記念館は閉鎖し、 中国政府及び中国人民は日本人に謝罪すべきです 折角、言論自由の国「日本」に来たのに南京捏造大屠殺を主張するなどアキレタ中国人 天安門事件で自国の民を戦車でひき殺すのが漢族の正義ですか? 参考資料 ①森尾市太郎 証言 上等兵(114師団) 「十二月十二日夜、中隊長と一緒の濠の中にいましたが、まわりには死んだ者や負傷者もおり、そのとき、中隊長のそばにいた兵隊はわずか十二、三人でした。 そのうち、上から、明日、南京城突入という命令が来まして、中隊長は、この兵力で攻撃か、と涙を流していました。 十三日朝、城壁の前の高台で中隊長と一緒だったことは記憶していますが、私は昼前、中華門から入り、そのとき中隊長も一緒だったかどうか記憶にありません。 城内では煉瓦作りの建物を中隊本部にして、中隊長もここにいました。 十三日、十四日と二晩南京城内にいて、私は十五日か十六日、中隊の遺骨を持って日本に帰るよう(略)。 捕虜については何も聞いておりません。捕虜を捕まえたり、命令があったということを陣中日誌に書いたこともありませんでした。 (略 三月に原隊に戻りましたが、虐殺という話は戦後聞いたことで、中国兵は軍服を脱いで市民になりすましていたのでそういう兵隊をやったことを虐殺と言われているのでしょう」 (私見、是が戦場の実態だと思う。) ②1930年~40年代にかけて、米海軍の情報将校や武官として上海や重慶に駐在したジェームス・M・マクヒューがまとめた。 1937年。ドナルド・ティンパーリは、蒋介石夫妻の私的顧問の同じオーストラリア人ジャーナリストのウィアム・ヘンリー・ドナルドから宣伝工作に参加するように勧誘された。 財政部長宋子文から月1千ドルを受け取ることで合意。(米コーネル大図書館所蔵の資料)産経新聞。 ③中国国民党中央宣伝部(国際宣伝処)のトップであった曽虚白の回想録に「金を使ってティンパーリー本人とティンパーリー経由で、 スマイスに依頼して、日本軍の南京大虐殺の目撃記録として二冊の本を書いてもらった」と記録されて、それ裏づけるように、 台北の国民党史館で所蔵されていた「国民党中央宣伝部国際宣伝処工作概要」(1941年)の「対敵宣伝本の編集製作」の部分にティンパーリーの 「戦争とは何か-中国における日本の暴虐」は同機関が編集印刷した対敵宣伝書籍と明記されている。

A.笠原十九司さん。 いうまでもなく、左翼であり、虐殺派で残っている、ただ一人の歴史学者であります。 哀れですねぇ。(^0^) さて、 その笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 234ページですね。 引用開始 自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」に南京事件小委員会を設置、 2007年6月に「調査検証の総括」を発表、 東中野教授らの否定論を受け売りして、 「中国が主張する南京大虐殺は政治的プロパガンダにすぎない」 「南京大虐殺は東京裁判で虚構が証明された」 などと内外に公表したのである。 引用終了 このように、自民党は、東中野教授の主張を受け売りして、 中国が主張する南京大虐殺は政治的プロパガンダに過ぎない。と、結論づけています。 ちなみに、 「南京大虐殺は東京裁判で虚構が証明された」は、笠原氏の引用ミスで 正しくは 「東京裁判の南京大虐殺は、虚構が証明された」ですね。 さらに、 東中野教授は、南京事件について、 限りなくゼロに近い、と、結論づけています。 なぜ、ゼロとせず、ゼロに近いなのか? 戦場であった以上、不法行為がゼロという事は考えにくい訳です。 ただし、 東中野教授は、全ての事件を検証し、立証責任が果たされたものはない、と、結論づけました。 立証責任の果たされた殺人も略奪も存在しないのです。 もっとも、それは、シロと証明された訳ではありません。 灰色の事件はあるのですね。 東中野教授がゼロとせず、 限りなくゼロに近い、 としたのは、こうした理由です。 日本政府は、東中野教授の結論を受け入れて、 殺人や略奪があった事は否定できない、と、主張しています。 東中野教授は、無視されているどころか、自民党も日本政府も東中野教授の主張を踏襲しています。 さて、再び 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 234ページですね。 引用開始 さらに、民主党内でも、鷲尾栄一郎ら国会議員20名が呼びかけ人になって、 議員連盟「民主党慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」を組織して、 中略 東中野教授や藤岡信勝ら否定派を招いて「南京事件の史実を検証」するという。 引用終了 今は、民主党ではなく民進党ですが、 民主党も東中野教授を招待して、南京事件の史実を検証しているのです。 自民党からも民主党からも、東中野教授は南京事件の研究の第一人者の歴史学者として高く評価されています。 さて、再び 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 今度は234ページではなく、237ページですね。 237ページから引用します。 引用開始 大阪国際平和センター(ピースおおさか)を会場にし、 「戦争資料の偏向展示を正す会」の主催で、 東中野修道を講師に呼んで、 「20世紀最大のウソ、南京大虐殺の徹底検証集会」を開催した。 引用終了 ピースおおさかは、かつて、先頭きって、南京事件の資料を大量に展示していた場所です。 そこに、否定派の代表である東中野教授が招かれ、 「20世紀最大のウソ、南京大虐殺の徹底検証集会」が開催されるのですから、 隔世の感がありますねぇ(^0^) 昔のピースおおさかは、小林よしのり氏の戦争論2巻で徹底的にこきおころされていました。 しかし、ピースおおさかは、真実を知らなかっただけなのです。 今では、東中野教授について勉強し、南京事件の展示は全て撤去されました。 南京事件は、なかった、これは、もう歴史的事実なのです。 もちろん、戦場であった以上、不法行為がゼロという事は考えにくい訳です。 ただし、立証責任が果たされた殺人や略奪はゼロですけれどね。(^0^) さて、再び 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用しましょう。 238ページ 引用開始 平和資料問題を考える自治体議員ネットワークと連動して、 全国の自治体が設置した「平和記念館」「戦争博物館」における南京虐殺などの日本軍の加害行為を扱った展示写真や映像を批判、攻撃して、展示場から撤去させる活動を展開した。 引用終了 引用はここまでです。 これに解説を加えると、 まず、公的な平和記念館や戦争博物館において、南京事件の展示物は現在は一つもありません。全て撤去されました。 保守や右翼の主張ではありませんよ、 笠原十九司さんの著書「南京事件論争史」(平凡社新書)から引用です。 笠原十九司さんは、いうまでもなく、左翼であり、虐殺派で残っている、ただ一人の歴史学者であります。 笠原十九司さん自身が、自民党からも民主党からも相手にされない事を嘆き、 日本の右傾化を呪っています。 孤立しているのは、 笠原十九司さんの方であり、 東中野教授は、自民党からも民主党からも歴史博物館からも引っ張りだこ。 とくに、 歴史博物館からは、南京事件の展示物は全て撤去されました。 ビクトリー(^0^)


Q.なぜ、同じ発想で、自分に反対するものを精神障害と決めつけるのですか。週刊朝日も朝日新聞社もバ韓国も同じ穴のムジナなんですかねえ。 思い出したのは旧ソ連、反体制派のサハロフ博士を精神病院に強制入院させていたねえ。反対派を精神病と決めつけて抹殺を図るのが反日腐れサヨクの手法なんですか。 参考1, 室井佑月「この方、ヤバいのではないか?」 2016年11月18日 07時00分 週刊朝日 10日の衆院本会議で環太平洋経済連携協定(TPP)承認案と関連法案が可決された。議論半ばで採決に至ったことに、作家の室井佑月氏は怒りを露わにする。 * * * 衆院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員会は、11月4日午後、自民党・公明党、野党である日本維新の会の賛成多数で可決した。 結局、強行採決じゃん。安倍総理のお仲間の「強行採決(すればよい)」という発言が問題になっていたが、強行採決は自民党内で暗黙の了解になってたんでしょ? 安倍さんは、その発言が問題とされたとき、国会でこう言った。 「円滑に議論し、議論が熟した際には採決する。民主主義のルールにのっとっていくのは当然のこと」 さらに、 「我が党は結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」 とまで言い切った。 ……。もう言葉も出て来ませんな。よく、そんな嘘が平気でつける。 この方、ヤバいのではないか? 小説や映画に出て来るサイコパスかもしれん。 htps://news.nifty.com/article/magazine/12107-20161118-2016111600107/ 参考2, ・韓国大学の教授が朴槿恵大統領の精神年齢を17~18歳と認定 ・発達障害の可能性もあり ・同教授は過去に「生殖器だけ女性で女性としての役割を果たしていない」と発言 韓国の延世(ヨンセ)大学心理学のファン・サンミン元教授が、朴槿恵大統領の精神年齢について発達状態ではないかと言及した。11月4日に放送されたファン・サンミン元教授はチェ・スンシル問題と関連し朴槿恵大統領の心理状態について触れた。 この日、元教授は「朴槿恵大統領が大統領府(青瓦台)に入った年齢が11歳くらいになる。チェ・スンシルと出会ったときの年齢が23~24歳という話がある」と述べた。 続いて「一般的な社会生活をしてきた人と比較すると朴槿恵大統領の実際の精神年齢は17~18歳くらい。これ以上発達していない可能性が見られる」と説明。 元教授は“発達障害の状態”と付け加えた。一方、元教授は2012年大統領選当時、テレビ討論に映った朴槿恵大統領に向かって「生殖器だけ女性で、女性としての役割を果たしたことがない」と発言をして議論を巻き起こしたことがある人物。 以来この元教授は今年1月に営利活動禁止条項に違反したという理由で延世大学から教授職を解任された。 htp://gogotsu.com/archives/23595 参考3, 精神科医の香山リカさんが著書の中で「安部晋三首相はうつ病であった」と書いていました。 双極性障害と言うよりは、うつ病であったのが治療によって本来の姿に戻ってきたと考えるのが適当かと思われます。双極性障害の発症率は1000人に2~3人ですので可能性は低いかと思われます。 自殺をした政治家は数多くいますがほとんどはうつ状態であっただろうと考えられています。 参考4, 1973年 昭和48年、当時のソビエトの原子物理学者アンドレイ・サハロフ博士が記者会見を行ってソビエト政府を激しく批判しました。この会見でサハロフ博士は、ソビエト体制に反対する多くの人達が精神病院に隔離され、投薬によって知的能力に危険が加えられていると暴露しました 参考5, 日本共産党は、日本共産党を批判する者を代々木病院の精神科に閉じ込める。 『査問』(川上徹、ちくま書房) 一九七二年五月に日本共産党内で起こった人権侵害事件──後に「新日和見主義」事件とよばれる──についての、当事者の回想である。 出版は九七年、四半世紀後に初めて公けにされた。 著者の川上徹氏は、東大在学中にいわゆる代々木系全学連委員長をつとめ、共産党の指導する公称二〇万人の青年組織、民主青年同盟の中央常任委員であった。 現在の不破議長・志位委員長らの経歴と似た、共産党のエリートコースである。 それが突然「代々木の党本部」によびだされ、小部屋に軟禁されて二週間、「査問」という名の身体拘束・精神的拷問を受けた。釈放後も「隔離・再教育」と称して自由を拘束された。

A.最近の経団連は安倍政権に取り入り私利私欲でござんす TPPもその一環でござんす 正確には 安倍政権は労働者よりも企業を優先するから円安に導こうとしている ではなくて 安倍政権は労働者よりも粉飾決算する企業を優先するから円安に導こうとしている でござんす。 だって 輸出企業って海外に生産拠点を移して外国人労働者を雇用しておいて 日本には一切お金と製品を経由してドル建てて決済しているから 売り上げが伸びなくても ドルを円に直せば決算が良く見えるだけでござんす。 そして国内の内需企業は円安で経営を直撃して苦しむのでござんす。 そして安倍政権で粉飾決算する企業は優遇されてこのような企業は上場している企業が多いので 安倍政権は経済で成功していると嘘の宣伝をして 消費税増税の地ならしをしようとしているだけでござんす 消費税増税と円安で国内の内需は壊滅し 安倍政権で初めて家計収支がマイナスになったでござんす 戦後最悪の内閣でござんす ちなみに 雇用の実態は今のままでは生活できない人を増やして 副業ダブルワークをする人が増えているので 頭数は増えていなくても 延べの数は増えて ここでも粉飾できるでござんす それでも家計収支がマイナスだから ひどいもんでござんす


朝日新聞社出版本部 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:41:46