出版社「本の友社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>本の友社

本の友社 公式ホームページ

本の友社
本の友社

本の友社 関連通販

本の友社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.天理教の道友社の本は書店に取り寄せ可能ですか?

A.各支部単位だと思うのですが道友社取り扱い書店があります あまり在庫はおいてないとおもいますが 普通の書店でも取り寄せできますし 道友社HPから購入もできますが全ての本ではないですね


Q.ピアノの先生に質問です。 ピアノ歴2年の娘がいます、ピアノに関して全くの無知でお恥ずかしい話で申し訳ないのですが、先日友人が娘の教科書を見て「娘の教科書はバイエルではない、普通はバイエルからはじめるものだよ」と言っておりました。ちなみに娘は個人レッスンの先生で使用していた教科書は「音楽乃友社」の「ピアノランド」という本です。バイエルを習ってないと何か問題があるのでしょうか?ちなみにに先日この本を卒業しグローバーという本に移行しました。それからもうそろそろ3年目でグローバーではかなり遅い方でしょうか?先生は素晴らしい方で熱心に教えて下さるので進度が遅いのが申し訳なくも思います。言い訳ですが、練習は毎日30分ほどですが、なかなか時間がなく増やせない現状です。

A.>普通はバイエルからはじめるものだよ 古くさい言葉。 テキストは指導者が選択します。バイエル以外を選ぶ先生も大勢います。私の子供の教室もバイエルは使わなかったし現在私が通う教室ではグローバーも使用されてますよ。 バイエルを使う先生も多いと思います。それぞれに指導者の考える長所と欠点があり生徒のタイプや好みによって合うテキストが違うのが当たり前だと思います。他の習い事や塾のテキストと同じですよ。同レベルのテキストやドリルであってもいろいろなものがあるでしょう? 私自身はバイエルを習いましたが、日本では昔はバイエルが流行っていたというだけだと思います。 「ヨーロッパではすでに出版すらされていない」「欧州の音大の学生は誰もバイエルを知らなかった」とヨーロッパ留学経験のある子供の先生から聞いたことがあります。 >バイエルを習ってないと何か問題があるのでしょうか? 特に無いです。 グローバーとバイエルは同レベルのテキストだと思いますよ。 わからない事は先生に聞いてみればいいんですよ。私は子供の先生によく教えてもらってましたよ。 先生を否定しないような質問の仕方が難しいですか? だけど素人が知らないのは当然のことなので教えてもらえばいいだけだと思うんですが。「やはりバイエルよりグローバーの方がお勧めですか?」なんて私なら気軽に聞いてますね。


Q.東京都内で中古の切符を販売しているお店はありますか? 本で線友社や新橋スタンプ商会など掲載していたのですが、電話とかで予約したりせずに店に行けば、販売しているのでしょうか?線友社や新橋スタンプ商会は店の雰囲気はどんなかんじですか?

A.交趣ギャラリーに問い合わせてみて下さい。 http://shopping.hobidas.com/shop/koushu-gallery/index.html


Q.天理教道友社から刊行されている書籍の中で 読んでみて面白い・好きだなと思う本は何かありますか?

A.多くの書籍は教内者向けだと思いますが(発行の意図はそうでないものも含め) guxianzhengren2さん、hanamaru2224さんの勧められる本はとても素晴らしい本だと思います 漫画の教祖物語は漫画なら、という人には大変おすすめです 「カルガモ母さんシリーズ」や『姑はよみがえった』信仰者の実際の体験談というかそういうもので、 「科学者が驚いた、神の働き」?といったものは、教外の方による神様の御守護の一つの感じ方のようなものについての本だと思います(読んだことはありません) 道友社ではありませんが、教内者である村上和雄氏の『サムシング・グレート』はそれに当たると思います(天理教の話とは明記しておられないと思いますが) たくさんいい本があるので、私の方からは又別の本、天理教の教義について一般向けに書かれた本を一つ紹介させていただきます 天理教の教会長であり、心理学者(宗教心理学者?)であられた松本滋先生の『神へ近づく道』という本です 松本先生はできるだけ教外の方にも分かりやすいようにという姿勢で書かれたと聞きます 心理学的見地からも天理教の教理のエッセンスを分かりやすく書かれています 信仰者として道友社の面白い本、好きな本は選びきれませんが、今思いついた私のおすすめの本はこれです おすすめの本はご質問ではありませんでしたね 失礼しました 松本滋『神へ近づく道』 もちろん、面白いと思う、大好きな本です いずれかの本でも、それ以外でも、興味をもたれましたら是非


本の友社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 11:21:43