出版社「東京出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>東京出版

東京出版 公式ホームページ

東京出版
東京出版

東京出版 関連通販

東京出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.明治理系志望です。 現在『稲荷の独習数学』をやっています。 『稲荷の独習数学』を完璧にこなしたとして、次にやる過去問の前に挟む問題集としては、何が1番適切でしょうか? 僕としては ・理系標準問題集 数学 (駿台) ・理系 入試の核心 (標準編) (Z会) ・理系数学 マスト 160 (KADOKAWA) ・厳選!大学入試数学問題集理系262(河合) ・数学の良問問題集300 (旺文社) ・数学 重要問題集 (数研出版) ・1対1対応の演習シリーズ (東京出版) この7つ辺りが最適かなぁと思っています。 他の教科や過去問演習との兼ね合いから時間的に、350題以上の問題数は解けないかなぁと思うので、標準問題精講シリーズやチョイスシリーズ、チェック&リピートシリーズ等はこなせないかなぁと思います。 個人的には、『稲荷の独習数学』は網羅性に不安があるので、『数学 重要問題集』か、時間があれば『1対1対応の演習』シリーズをやっていこうかなと思っているのですが、どうでしょうか? また、一冊(1シリーズ)ではなく 『文系の数学 重要事項完全習得編』(河合) + 『合格! 数学Ⅲ』(マセマ) の組合せなどは如何でしょうか? 理由と共に、ご意見をお聞かせ下さい。

A.今年明治理系に合格したものです。 私が高校三年間で使用した数学のルートは以下の通りです。 ・黄色チャートIAIIB2周 ・青チャートIAIIBIII3周 ここまでが高3の夏に終了 ・入試問題理系2016 ・数学重要問題集(数研出版) ・赤本MARCH関関同立 明治以外は1周 私はこれで全学部入試、一般入試で総合数理学部現象数理学科に合格しました。おそらく全学部入試の方は、数学IAIIBは満点、IIIは8割ぐらいは取れたと思います。MARCHレベルなら青チャートだけでも十分なので質問者さんが例に挙げている参考書1、2冊をやればいいと思います。あと、必ずやってほしいことは他大学の問題も解くことです。いろんな問題に触れてみてください。


Q.「リゼロ」がアニメ・ラノベ部門で2冠獲得! 「SUGOI JAPAN Award2017」結果発表 世界に紹介したい日本のポップカルチャー作品をファンの投票で選ぶ「SUGOI JAPAN Award2017」の各部門1位の発表が、3月16日によみうり大手町ホールで行われました。 マンガ部門1位は「僕のヒーローアカデミア」、アニメ部門とラノベ部門の1位はともに「Re:ゼロから始める異世界生活」、エンタメ小説部門の1位は「小説 君の名は。」となっています。 同賞は、2013年1月1日から2016年7月31日の間に刊行された「マンガ」「ラノベ」「エンタメ小説」と、2015年7月1日から2016年7月31日の間に放送や上映が行われた「アニメ」が対象。 ファンによる推薦と有識者らの議論によりカテゴリーごとに20作品を「SUGOI 20(スゴイ トウェンテイー)」として選出し、“国民投票”により各カテゴリーごとに最多得票となった作品を表彰します。投票は2016年11月16日から2017年1月3日の期間にSUGOI JAPAN公式ウェブサイトで行われ、投票総数は6万8411票に上りました。 ・マンガ部門1位「僕のヒーローアカデミア」 堀越耕平さんの漫画作品で、出版レーベルは集英社ジャンプコミックス。 世界総人口の約8割が“個性”と呼ばれる超常能力を持つ超人社会で、最高のヒーローになることを夢見る少年・緑谷出久(みどりや・いずく)が名門・雄英高校ヒーロー科に入学。普段は気弱で見た目もパッとしない少年が、人を救うためにどんな強敵や困難にも立ち向かっていく少年漫画の王道的作品です。 2014年11月に刊行開始し、2015年には「このマンガがすごい!2016」(オトコ編)第5位を獲得。累計発行部数は420万部超(2016年時点)で、2016年4月にはテレビアニメ化。第2期シリーズの制作も決定しています。 ・アニメ部門・ラノベ部門1位「Re:ゼロから始める異世界生活」 “リゼロ”の略称で知られる「Re:ゼロから始める異世界生活」は、過去3回実施された同投票で、初の2部門同時受賞作品となりました。 高校へ行かず、ひきこもり生活を送っていた少年・菜月昴(なつき・すばる)が突然、異世界へ召喚され、死ぬ度に過去のある時点へと戻る“死に戻り”の力だけを武器に、何度も死を繰り返しながら大事な人々を守るため困難な運命を切り開いていく物語です。 KADOKAWA MF文庫Jから、長月達平さん著のラノベとして2014年1月に刊行がスタートした同作は、発行部数累計100万部超(2016年時点)。2014年にマンガ化、2016年4月にテレビアニメ化されています。 ・エンタメ小説部門1位「小説 君の名は。」 夢を通して意識が入れ替わる、東京の少年と山深い糸守町の少女。出会うはずのなかった2人が、迫りくる彗星と伝統的な神事に導かれ運命を切り開いていく物語です。新海誠監督によるアニメは圧倒的な映像美が特徴でしたが、同じ新海さんの筆となる小説版では奥行きある作品世界が表現されています。 同作は2016年6月に角川文庫から発刊され、発行累計部数累計130万超。映画は興行収入176億円を超え、文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門を受賞したほか、海外でも幾つもの映画賞を受賞しています(数字はいずれも2016年時点)。 そのほか、各部門の2位から5位は以下の通り。 ・マンガ部門 2位「ゴールデンカムイ」(野田サトル) 3位「テンカウント」(宝井理人) 4位「だがしかし」(コトヤマ) 5位「魔法使いの嫁」(ヤマザキコレ) ・アニメ部門 2位「僕だけがいない街」 3位「ジョーカー・ゲーム」 4位「ワンパンマン」 5位「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」 ・ラノベ部門 2位「この素晴らしい世界に祝福を!」(暁なつめ) 3位「イエスかノーか半分か」(一穂ミチ) 4位「クオリディア・コード シリーズ」(さがら総・橘公司・渡航) 5位「神様の御用人」(浅葉なつ) ・エンタメ小説部門 2位「ダンガンロンパ霧切」(北山猛邦) 3位「コンビニ人間」(村田紗耶香) 4位「真実の10メートル手前」(米澤穂信) 5位「羊と鋼の森」(宮下奈都) さてさて、アニメ・ラノベ好きの皆様、これを御覧になられてどう思われましたか? 一人でも多くの書き込みをお待ちしております。_(._.)_

A.時間逆行ものは安定して面白いな、と。 2016年はタイムリープ豊作だった。


Q.「リゼロ」がアニメ・ラノベ部門で2冠獲得! 「SUGOI JAPAN Award2017」結果発表 世界に紹介したい日本のポップカルチャー作品をファンの投票で選ぶ「SUGOI JAPAN Award2017」の各部門1位の発表が、3月16日によみうり大手町ホールで行われました。 マンガ部門1位は「僕のヒーローアカデミア」、アニメ部門とラノベ部門の1位はともに「Re:ゼロから始める異世界生活」、エンタメ小説部門の1位は「小説 君の名は。」となっています。 同賞は、2013年1月1日から2016年7月31日の間に刊行された「マンガ」「ラノベ」「エンタメ小説」と、2015年7月1日から2016年7月31日の間に放送や上映が行われた「アニメ」が対象。 ファンによる推薦と有識者らの議論によりカテゴリーごとに20作品を「SUGOI 20(スゴイ トウェンテイー)」として選出し、“国民投票”により各カテゴリーごとに最多得票となった作品を表彰します。投票は2016年11月16日から2017年1月3日の期間にSUGOI JAPAN公式ウェブサイトで行われ、投票総数は6万8411票に上りました。 ・マンガ部門1位「僕のヒーローアカデミア」 堀越耕平さんの漫画作品で、出版レーベルは集英社ジャンプコミックス。 世界総人口の約8割が“個性”と呼ばれる超常能力を持つ超人社会で、最高のヒーローになることを夢見る少年・緑谷出久(みどりや・いずく)が名門・雄英高校ヒーロー科に入学。普段は気弱で見た目もパッとしない少年が、人を救うためにどんな強敵や困難にも立ち向かっていく少年漫画の王道的作品です。 2014年11月に刊行開始し、2015年には「このマンガがすごい!2016」(オトコ編)第5位を獲得。累計発行部数は420万部超(2016年時点)で、2016年4月にはテレビアニメ化。第2期シリーズの制作も決定しています。 ・アニメ部門・ラノベ部門1位「Re:ゼロから始める異世界生活」 “リゼロ”の略称で知られる「Re:ゼロから始める異世界生活」は、過去3回実施された同投票で、初の2部門同時受賞作品となりました。 高校へ行かず、ひきこもり生活を送っていた少年・菜月昴(なつき・すばる)が突然、異世界へ召喚され、死ぬ度に過去のある時点へと戻る“死に戻り”の力だけを武器に、何度も死を繰り返しながら大事な人々を守るため困難な運命を切り開いていく物語です。 KADOKAWA MF文庫Jから、長月達平さん著のラノベとして2014年1月に刊行がスタートした同作は、発行部数累計100万部超(2016年時点)。2014年にマンガ化、2016年4月にテレビアニメ化されています。 ・エンタメ小説部門1位「小説 君の名は。」 夢を通して意識が入れ替わる、東京の少年と山深い糸守町の少女。出会うはずのなかった2人が、迫りくる彗星と伝統的な神事に導かれ運命を切り開いていく物語です。新海誠監督によるアニメは圧倒的な映像美が特徴でしたが、同じ新海さんの筆となる小説版では奥行きある作品世界が表現されています。 同作は2016年6月に角川文庫から発刊され、発行累計部数累計130万超。映画は興行収入176億円を超え、文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門を受賞したほか、海外でも幾つもの映画賞を受賞しています(数字はいずれも2016年時点)。 そのほか、各部門の2位から5位は以下の通り。 ・マンガ部門 2位「ゴールデンカムイ」(野田サトル) 3位「テンカウント」(宝井理人) 4位「だがしかし」(コトヤマ) 5位「魔法使いの嫁」(ヤマザキコレ) ・アニメ部門 2位「僕だけがいない街」 3位「ジョーカー・ゲーム」 4位「ワンパンマン」 5位「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」 ・ラノベ部門 2位「この素晴らしい世界に祝福を!」(暁なつめ) 3位「イエスかノーか半分か」(一穂ミチ) 4位「クオリディア・コード シリーズ」(さがら総・橘公司・渡航) 5位「神様の御用人」(浅葉なつ) ・エンタメ小説部門 2位「ダンガンロンパ霧切」(北山猛邦) 3位「コンビニ人間」(村田紗耶香) 4位「真実の10メートル手前」(米澤穂信) 5位「羊と鋼の森」(宮下奈都) さてさて、アニメ・ラノベ好きの皆様、これを御覧になられてどう思われましたか? 一人でも多くの書き込みをお待ちしております。_(._.)_

A.リゼロ凄い。 これくらいしか思い浮かばないwww


Q.村上春樹氏のトークイベントで村上春樹氏に南京大虐殺の件を問いただすお方はおられますか? 村上春樹さん、来月トークイベント 都内で朗読など予定 https://www.google.co.jp/amp/www.asahi.com/amp/articles/ASK3H4V83K3HUCVL00T.html 作家の村上春樹さんのトークイベントが4月27日、東京で開かれる。「村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事」の刊行を記念したもので、出版元の中央公論新社と紀伊国屋書店の共催。村上さんが公の場に姿を現すのは珍しく、ファンには貴重な機会になりそうだ。 新刊は村上さんの翻訳者としての歩みを振り返る内容で、イベントでは翻訳家の柴田元幸さんをゲストに迎え、翻訳実践講座や朗読などが予定されている。午後7時から、東京都渋谷区の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA(タカシマヤタイムズスクエア南館7階)。3240円(「村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事」代金を含む)。4月3~6日に紀伊国屋書店HP(https://www.kinokuniya.co.jp/)内のキノチケオンラインで予約抽選受け付け(1人2枚まで、会員登録が必要)

A.南京大虐殺、これは虚構の産物である。 これは朝日新聞が捏造記事(朝日新聞の記者「本多勝一」が、「中国の旅」という検証をなにもしていない書を出した) を書かなければ存在しない虐殺である。 1937年12月、日本軍が南京入場の際には歓迎されたのである。 そして蒋介石の国民党や共産党の略奪や暴行から救われた人達が大挙して入城し、 5万人まで減っていた人口は、30万人に膨れ上がった。 新聞でも「平和甦る南京」とされています。 南京大虐殺は、中国国民党がプロパガンダとして捏造したものを、 東京裁判でアメリカが原爆を正当化するために残虐な日本人を作り、断罪の為に利用したものである。 つまり南京大虐殺は、朝日新聞がキャンペーンとして取り上げ、それを更に中国共産党が反日ナショナリズムに利用した、全くの捏造。 これについても、日本人が黙っていると、いつの間にかエスカレートして30万人が虐殺されたことになっています。 日本軍が南京攻略前、空から「無血開城を求める」ビラをまく。 南京市民は重慶へ「大移動」、敵軍幹部は「逃亡」。 そこで蒋介石の国民党が船や列車で逃げる時に一般市民が邪魔で乗れないので一斉射撃で虐殺したのを全部日本軍のせいにしています。よっぽど日本軍が強かったのでしょう。 第四次南京事件(昭和24年)の中共軍が南京を制圧した時が、最大の悲劇であった。 共産主義とはブルジョアから財産を取り上げるためには何をやってもかまわないのである。 そのときに10万~15万人の人々が殺された。 これらの共産党軍の残虐行為を覆い隠すために、すべて日本軍がやったことになっている。 しかし日本軍は終戦でもう中国にはいません。 ですから南京大虐殺記念館の写真は、全てが嘘である。これはある日本人の証明済みである。 つまり蒋介石の国民党軍や毛沢東の中共軍の残虐非道の写真だし、合成や無関係な写真だと私も思っています。 「30万」という数字が出てきた背景には、「何とか増やせないかと努力していた人がいた」。 アメリカは、東京大空襲や広島・長崎への原爆投下といった国際法違反のホロコーストで、30万人以上の日本人を犠牲にした。 そのため、30万という数字を“捏造"してアメリカよりも日本がより残虐であったことをアピールし、空襲や原爆投下といった行為を正当化したかったのである。 日本人なら騙せるだろうと考えたのかも知れません。 安全区を管理していた外国人の委員会の人口動態の調査によると、 南京占領前20万人(虐殺30万人)1か月後25万人。つじつまが合わない。 反日日本人である村上春樹氏は 40万人 虐殺 と言っています。不勉強極まりない。 つまり自分の本を巨大な中国市場で売りたい売国作家である。 ちょうど吉田清治が済州島で慰安婦の強制連行があったと嘘の記事を お金の為に朝日新聞に書いたのと同じではないか。 もしノーベル文学賞をとれば中国共産党がこれを利用して40万人虐殺にするでしょう。 なぜなら「日本のノーベル賞作家が言っているのだからこれほど確かな事実はない」と中国共産党は世界に向かって発信するからです。 これからも日本人が黙っていると、さらにエスカレートして50万人虐殺になると桜井誠氏は述べてます。 https://www.youtube.com/watch?v=-5x5fvLx-Rw 【『騎士団長殺し』に南京大虐殺の文言】百田尚樹が村上春樹を批判。村上春樹は不勉強の馬鹿?


東京出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:04:00