出版社「東京文献センター」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>東京文献センター

東京文献センター 公式ホームページ

東京文献センター
東京文献センター

東京文献センター 関連通販

東京文献センター 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.交差点においての優先道路であるか否かについて。 破線のセンターラインがある県道を走行中の自車に、当該交差点を侵入してきた相手車が自車右後部に衝突してきた事故です。 当日見分担当をした捜査官に「交差点内に大部分実線がない。また交差点西側の破線は4mしかなく、中央線とするには長さが足りないので優先道路とはならない」という説明を受けました。その後自分でメジャーで測りに行きましたが線もその間もすべて5mあり、等間隔であることは写真に収めています。またその根拠たる裁判例(昭和56年2月9日東京高裁)を提示しました。しかし、この際に提示された文献を精査したところ、交差点内部に破線の切れ目がある場合、優先道路とするか『疑問である』とされるものの、裁判例には交差点において中央線表示に道路管理側の瑕疵がある場合について審判されたものであり、等間隔に引かれた中央線であり瑕疵がない場合の審議ではないのです。等間隔に引かれた中央線であるものの、たまたま交差点に破線がないというだけで優先道路ではないので、この交差点において徐行義務があると説明を受け、納得がいきません。優先道路に詳しいかた教えてください。

A.今ほど地元の警察署に行き、この件について詳しく伺って来ましたが、捜査上間違いが明らか(中央線は4mではなく5mある=中央線として瑕疵無し)ならばちゃんと訂正するそうです(=優先道路と認める)。 但し道路工事等で該当中央線が消されないうちに申し出ること。 被疑者の(違法)行為に関しての判断変更ではないので事実は事実として善処するそうです。 なのでもしその担当者が対応しないのなら県警本部に申し出れば良いとアドバス頂きました。


Q.そっくりな2つのHP(ひきこもり者用)。 以下の2つのHPに、酷似した記事があります。 A、エムズひきこもり自立支援センター 「精神障害とひきこもりについて」の項目 B、赤座警部の全国自立支援センター 「精神障害とひきこもりの関連性」の項目 記事の内容は置いておくとして(異論も多そうなので)、両社ともレイアウト、文章内容がそっくりです。 ここから考えられるのは、どれでしょうか。 複数回答でかまいません。 1、どちらかが、どちらかの記事をコピペしている(許可、無許可は不明)。 2.、どちらも引用先を掲載していないようだが、何かの同じ文献からコピペしている 3、A、Bは実は関連企業である(Bは全国と謳っているので、別会社を作る理由が不明) 4、偶然 似ているのは、 Aが提携している、労働組合のソーシャルハートフルユニオンで、執行副委員長を務めていたFX商材関連で有名な甲斐輝彦氏が、脱税幇助で昨年3月、東京地検により起訴されている。 Bは、公務員試験関連の商材の販売で有名な人物がかかわっているらしい点。 Bなどは、元警察ということで、警察との関係も深いようにHPにありますので、Aとの関連で、怪しい点があると、警察への信用にも響くので気になります。 どのようにお感じでしょうか。 お願いします。

A.2かと思います 厚生労働省が定義したひきこもり ガイドラインを参考にしているのではないかと


Q.兄が「上顎の扁平上皮癌」「悪性黒色腫」どちらかと診断されました。 骨破壊や回りの組織の進行具合から「ステージ4b」とのことです。 自分でも色々調べてみましたが、 病気に対しての知識もなく、また適切な情報かも分からないため、 このたび投稿させていただきました。 (検索トップページに2006年の文献がでてきたりと、 知識のない私(弟)には理解が難しい内容です。) なんとか良い情報を得たいと思ってます、お願いします。 ■■■■■経緯①■■■■■ 6年前親知らずを抜歯するも、抜いた歯の歯肉が ふさがらず今年の夏まで様子を見ていたそうです。 (夏前まではかかりつけの歯医者を月1で受診、絶対癌ではない!と言われ続けた。) しかし口の中の痛み、穴の周囲が少し傷むようになり、 夏くらいから鶴見大学歯学部附属病院でCTを取ったが癌の疑いは言われなかった。 次に神奈川歯科大学附属病院(横須賀)を受診、親不知の穴が塞がらない原因が分からず、 腫瘍の可能性もあるね!と言われたが検査をしようという話が出なかった。 水道橋の大学病院で3件目。ここですべて明らかになった。 (関係あるかどうか定かではありませんが、左の肩と首にも痛みがあり) ■■■■■経緯②■■■■■ ①東京歯科大学水道橋病院口腔外科 10/29初診:この日にCT検査⇒数日後、翼状骨の破壊を指摘される。 11/9にMRIの造剤検査 11月中旬 尿検&血液検査&組織検査 12/4⇒癌だと告知される市川癌センターに紹介を受ける。 骨はかなりなくなってるようです。 ②東京歯科大学市川総合病院の口腔癌センター(千葉) ⇒12/8、癌でない可能性もありと聞かされる。 珍しい症例で、組織検査をさらに精査する必要となる また血液検査&尿検査&肺のレントゲン。 ⇒12/19、「上顎の扁平上皮癌」「悪性黒色腫」どちかかと診断される。 (左の顔の骨)(上顎洞癌?とも言うのかな?) ③12/21、東京ベイ先端医療・幕張クリニックの病院PET検査 ⇒12/26、PET検査結果「転移はしていない」とのこと。 ここでは「上顎の扁平上皮癌」と診断。 腫瘍マーカーで色のついた場所から2×5センチ程度の腫瘍とのこと。 2ヶ月ぶりにCTを取ったが、骨破壊の進行はみられない。 2ヶ月前の画像とあまり変わらないと言われた。 血液検査、尿検査、胸のレントゲンではすべて異常なし。 12/28、「上顎の扁平上皮癌」もしくは「悪性黒色腫」のどちらかで決定みたいです。 (どちらか正しくはまだ決定ではない。) 紹介状を覗き見した限り、骨破壊や回りの組織の進行具合から「ステージ4b」 ●来年1/7予定:国立癌研究センター中央病院(築地) にセカンドオピニオンに行く予定。 ■■■■■症例として珍しいケース■■■■■ 翼状骨が破壊されているのに、周囲の小さい骨や、 上顎癌ならまっ先に溶けるはずの鼻の回りの小さな骨が溶けてない、 珍しいケースらしい。かなりの人数の先生方が話し合いの結果、 癌と結論を出したらしい。MRI結果は左頬が真っ白に写っていたが、 画像担当の先生は炎症性により白く写ったとの見方だったらしい。 PET検査は左頬骨の下に鼻の横から耳の方向に2×5センチぐらいに 赤く色が付いた。色がつく場合は癌腫瘍または炎症により色がつくみたい。 組織検査で癌細胞が出たから間違いないという見解らしい。 ■■■■■希望の情報■■■■■ ・名医(ゴッドハンド)など治療の名医 ⇒「上顎の扁平上皮癌」「悪性黒色腫」 ・なるべく体に負担をかけない治療方法 ・生き抜ける手段 ・(ご家族などでご経験された方) アドバイスをお願いします。 兄はH50生まれの40歳で、川崎住まいです。 嫁がいますが、体が弱く仕事ができません。 子供もまだ小学6年生です。 病気でまいってしまうのには早すぎるのです。 どうかお力添えお願いします。 (この投稿は弟:次男です。)

A.先進医療でお金はかかりますが、上顎洞癌の、扁平上皮又はメラノーマの場合で得れば重粒子の適応が得るかもしれません。 切除不能な場合や、切除出来てもリスクが高い場合など選択肢になります。 一度問い合わせてみてはどうでしょうか? 神奈川なら、千葉か群馬でしょうか? 神奈川がんセンターはまだ行っていないようなので。


Q.厚生労働省・都道府県発行の「危険ドラック」p2に『DENKIBRAN』と載っていました 電気ブラン(でんきブラン)は、東京都台東区浅草にある神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が作ったアルコール飲料とは違いますよね 写真は、粉末紅茶のように見えました どうしてこんなことが起こったのでしょう? p2には『騙されないように!』だってさ 参考文献 「薬物の乱用はあなたとあなたの周りの社会をダメにします」厚生労働省・都道府県 後援:鋼材麻薬・覚せい剤乱用防止センター

A.危険ドラッグに携わる輩が名称や商標を真面目に扱う訳無いでしょうね。


東京文献センター 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:00:47