出版社「森北出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>森北出版

森北出版 公式ホームページ

森北出版
森北出版

森北出版 関連通販

森北出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.現在画像があげられる図申し訳ありませんが、森北出版株式会社の「例題で学ぶExcel統計入門 第2版」という教科書の83ページ演習7.2を解いた方いらっしゃいますでしょうか? 大学で授業を行っているのですが、講師の説明もいくら聞いてもあやふやで学生間で正解を導き出すこともなかなか難しい状態です。自分たちで調べてはいますがうまく正解が出ないため、開放のヒントなどを教えていただけるだけでもありがたいです。演習の7.2の画像は後程添付いたします。 お手伝いしていただける方がいましたら是非よろしくお願いいたします。

A.大学は教わるところではありませんよ。課題を提出して単位をとるところです。


Q.大学2年、理系です。後期の授業で「水理学」を学ぼうと思っています。授業のシラバスには、参考文献として『絵とき水理学』(オーム社)と『やさしい水理学』(森北出版)が挙げられているのですが、どちらが分かりやす いですか?また、水理学を学ぶに当たって、よい入門書および参考書はありますか?授業では、ベルヌーイの式やダルシーワイズバッハの式を使った応用問題をやるようです。

A.ご希望に沿わない回答かもしれませんが、ご容赦を…。 >授業のシラバスには、参考文献として『絵とき水理学』(オーム社)と『やさしい水理学』(森北出版)が挙げられているのですが、どちらが分かりやすいですか? 『絵とき水理学』の方がずっと分かりやすいと思います。 (私もこの本にはだいぶお世話になりました。) >また、水理学を学ぶに当たって、よい入門書および参考書はありますか? 私も水理学を分かりやすく解説している参考書はないだろうかと思い、大学の図書室に行ったり実際に購入してみたりして色々探しましたが、結局何もいい参考書は見つかりませんでした。申し訳ございませんが、現時点ではいい入門書・参考書はないと思います。 (水理学ではなくて土質力学の話になりますが、最近『マンガでわかる土質力学』という大変分かりやすい参考書が出版されましたので、いずれは『マンガでわかる水理学』も出ればいいなと思います。ちなみに、水理学と関連の深い流体力学の参考書で、すでに『マンガでわかる流体力学』というものが出ていますので、それも参考になるかもしれません。ただし、「開水路」の分野の話が載っていなかったり、「水頭」という概念も載っていなかったりしますので、この参考書だけでは水理学の基本事項をカバーできないことに注意してください。)


Q.森北出版の電気磁気学第二版・新装版の教科書を取り扱っていて、 その演習問題の問題です。 [正方形の各頂点に等量同符号の点電荷がある。 正方形の中心に有限な電気量を持つ任意の点電荷を置いたとき、これにはたらく力がゼロになることを示せ。] これについての解答が省略となっていて、調べてもでてこなかったのでこちらのほうで質問させていただきます。よろしくお願いします。

A.4方向から同じ大きさで、ちょうど向きが対象の力が働くので打ち消しあうから。 例えば、正方形の右上の頂点をA、左上をB、左下をC、右下をDとし、 中心をOとし、「有限な電気量を持つ任意の点電荷」はOにあるとすると、 Aから受ける力とCから受ける力は打ち消しあい、Bからの力とDからの力は打ち消しあう。


Q.【電気磁気】教えてください!《250枚》 森北出版の「電気磁気学」の下の問題がわかりません。 ヒントだけでもいいので教えてください! (できれば考え方もあればありがたいです) 1.3ㅤ等量異符号の2つの点電荷が10cmの距離にあるとき, ㅤㅤその間にはたらく静電吸引力が0.9Nであった.それぞれの ㅤㅤ電気量を求めよ. 1.5ㅤ下図に示すように,3個の電荷Q1,Q2,Q3[C]が間隔a[m] ㅤㅤ及び2a[m]で一直線上に並んでいるとき,各点電荷にはたらく ㅤㅤ力を求めよ.ㅤただし,図の右向きの力が正とする. 1.6ㅤ一辺の長さがa[m]の正三角形の頂点A,B,Cに,それぞれ ㅤㅤQ1,Q2,-Q2[C]の点電荷があるとき,頂点Aの点電荷に ㅤㅤはたらく力を求めよ. 1.7ㅤ点A,BにそれぞれQ[C],-Q[C]の点電荷が距離r[m]離れて ㅤㅤ存在する.ㅤ4Q[C]の第3の電荷をどこに置いたとき,点Bの ㅤㅤ電荷にはたらく力がゼロとなるか.その位置を求めよ. 1.8ㅤ電荷Q[C],質量m[kg]をもつ2個の粒子が,それぞれ長さℓ[m] ㅤㅤの重さが無視できる軽い絶縁糸で,同一の点からつるされて ㅤㅤいる.ㅤ糸と鉛直方向とのなす角をθとしたとき,つぎの関係が ㅤㅤ成り立つことを証明せよ. ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ16πε₀mgℓ^2sin^3θ=Q^2cosθ 1.9ㅤ正方形の各頂点に等量同符号の点電荷がある.正方形の ㅤㅤ中心に有限な電気量をもつ任意の点電荷を置いたとき,これに ㅤㅤはたらく力がゼロになることを示せ.

A.flan_scarlet1998さん もう、すご~く前にやったことだから半分忘れているけど クーロンの法則を使うことだけは分かるが下記はクーロンの 法則の基本なのでこれから求める。 (2つの式から文章を書くと下の3行になる) 2つの同じ量の電荷を1m離して置き、8.988×10⁹(N)の 大きさのクーロン力が働くとき、この電荷を1(C)と言う。 クーロン力には斥力が存在する。 F = k*Q1Q2/r² (N) k = 1/(4πε0) = 8.9877*10⁹ (Nm²/C²) この問題は点電荷間の距離を求めて足し算すればよいので 最初の2問だけ、これがヒントになるが計算間違いがあるかも? これもヒント 点電荷が放射状に電気力線を出すときこの空間を球とすれば 球の表面積は半径 r のところは 4πr²、ここに球の中心にある 電荷が放出されると単位面積当たり Q/4πε0r²、これが電界となる。 この点のどこかに、ある電荷 q を置いたときに球の中心にある 電荷と球の表面に置いた電荷との間に力(引力又は斥力)が働く。 この力を求めよという問題 F = qE = q*Q/4πε0r² (1.3) 等量異符号の2つの点電荷だから引力 F = 0.9(N) r = 0.1(m) ∴ 0.9 = k*Q1Q2/0.01 から Q = (√0.009/k) (Coulomb) 2個の点電荷は等量異符号 (1.5) 点電荷から r の距離における夫々の電界の強さは E1 = Q1*k/r² E2 = Q2*k/r² E3 = Q3*k/r² 点電荷に働く力は電界に電荷を掛けたものだから F1 = Q1Q2*k/a²+Q1Q3*k/(3a)² F2 = -Q2Q1*k/a²+Q2Q3*k/(2a)² F3 = -Q3Q1*k/(3a)²-Q3Q2*k/(2a)²


森北出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:42:54