出版社「玄光社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>玄光社

玄光社 公式ホームページ

玄光社
玄光社

玄光社 関連通販

玄光社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.手塚治虫のマンガなどの表紙を集めたムック「イラストレーション別冊 手塚治虫表紙絵集」(玄光社)が31日、発売される。 どう思いますか?

A.最近娘さんが色々やってるよね・・・ ファンにお届けしたいというより、資金集め?って思っちゃう・・・ユニコと青いブリンクが良かったけど


Q.玄光社の季刊誌"illustration"のサイズは何年か前はもう少し小さいサイズだったのですが、何号から今の大きいサイズになったのでしょうか?分かる方教えて下さい。

A.2008年9月号(No.173)から A4変形になっています。 それ以前はB5でしたね。 http://store.genkosha.jp/?pid=18493733


Q.フォトショップでカットイラストを描いて、出版社等の依頼主に納品する場合について フォトショップでカットイラストを制作して、出版社などに納品する場合、「CMYK」だとか「350dpi」、「レイヤーは統合する」等の設定について勉強するにはどういった本を読めばよいのでしょうか? 私が持っている本は、 「はじめてのphotoshopcs3」秀和システム 「もえキャラ photoshop テクニック事典」工学社 「イラストを描く人のためのデジタル制作術」玄光社 ですが、上記の本にはそういった設定についての記載がありません。 アナログ原稿をPSDで納品したときは上記の玄光社の本を読んで 何とかなったのですが、デジタル画はまだ描いたことがなく、玄光社の本にも記載がありません。 今日も本屋にいって、何種類か本を見たのですが、テクニックについては 描かれていても、私が知りたい納品時の設定の記載を見つけられませんでした。 とりあえずカットイラストなので、テクニックについては特に必要ありません (もちろんテクニックについて記載されていても構いませんが)。 何か良い本はないでしょうか? 依頼主によって設定は多少異なるかもしれませんが、現在の一般的な傾向が知りたいです。 よろしくお願いします。

A.そういうのは、あくまで相手との取り決めなので、都度確認するしかないと思います。 たとえば、サイズは寸法と解像度ではなく、ピクセル数で指定されることもあると思います。 私は、印刷原稿を作ることがあるのですが、印刷会社を指定されることがあります。 その場合は、都度、印刷会社のサイトで仕様を確認しています。 しかし、細かい違いはあれど、だいたい似たようなものなので、プリントパックやグラフィックといった大手のネット印刷会社の、テクニカルガイドを参照すれば、だいたいのことはわかると思います。 印刷会社がいちばん注意するのは、データが化けていないかと言うことですね。 たとえばRGB→CMYKの変換を行うと、色が変化してしまうのはご存じだと思います。 photoshopなら、完全なラスターデータなら問題ありませんが、文字をそのまま文字として扱っていると、相手もそのフォントを持っていないと、代替フォントが使われたり、特殊な場合だと文字化けや全く表示されなかったりします。 そのため、特にイラストレーターだと「文字はアウトライン化して」ということになります。 他には画像はEPSでというのも、昔は普通でしたが、今はそこまで指定してくるところはまず無いですね。 逆にPDFでの入稿を受け付けるところも、今では一般的になりつつあります。 昔の感覚ではとんでもないことだったのですが、今は決まった基準で作られたPDFなら、配置したはずの画像がないとか、そういうエラーが起こりにくいからです。 あとは350dpiと言うのも、一般的な印刷機の解像度が175線だからです。 しかしこれももっと解像度の高い印刷機もあるので、絶対的な数値ではありません。 いろいろ書きましたが、photoshopでのイラストなら、印刷ならCMYK、WEBならRGBで、あとは依頼者の指定される解像度、サイズで作成すれば、まず問題になることはないと思います。


Q.大人の塗り絵を購入しました。さっそく家にあった24色の色鉛筆で塗ったのですが、出来映えがいまいちです。 本のタイトルはgarden coloring book 小鳥と花と動物の塗り絵 玄光社です 。 見本はいくつかついているけど 色を混ぜたりぬらないところをつくったりしたのですが うまくいきません 塗り方例えば外側から塗るとか こつがあったら 教えていただけませんか

A.コツですか...。 薄い色から塗る。 一気に塗らず、撫でるように塗り重ねる。 補色の重色で深みを出す。 このくらいしかないですよ。 講座あります。 http://www.otonano-nurie.com/lecture/challenge_02.html 作者さんのブログ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5618599#2 「何も考えずにただ楽しくぬってもらいたい。」


玄光社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:21:55