出版社「現代書館」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>現代書館

現代書館 公式ホームページ

現代書館
現代書館

現代書館 関連通販

現代書館 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.新たな賠償請求の種を捏造したのですね。とうの昔に否定されているのにね。大ウソ・捏造がバレバレになった。いわゆる従軍慰安婦に代わる、ゼニ・カネたかりですね。 関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実 : 工藤美代子 : 本 : 日本史一般 ... www.amazon.co.jp/関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実... 関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった! (WAC BUNKO 203) : 加藤康男 ... www.amazon.co.jp/関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかつた... - 関東大震災(大正12年)時、デマに惑わされた日本人暴徒が多数の朝鮮人を虐殺した。 学校教育等で、近現代史の汚点として、このように教えられますが、 実際は、不逞鮮人によるテロに等しい集団暴力事件の多発。軍も出動。 日本人は自身や家族を守る為に、自警団でそれに対抗。 不逞鮮人と自警団・軍隊の激突で双方に被害者がでた、一般鮮人にも死者がでた。 不逞鮮人と左翼系組織との連携があり、偶発的な事件ではなく計画性があった。 事後に、左翼学者による不逞鮮人の暴動の隠蔽工作、一般鮮人被害者数の水増し工作。 無実の一般鮮人を巻き添えにしたという日本人の良心の呵責を利用し、 疑問や反論も許さぬ「タブー」として、日本人が悪いと印象操作を行うことで、 お人よしで人を疑わない日本人を騙し、世論は朝鮮人と左翼の狙い通りになっていった。 当時の新聞などを調べると真実が見えてくる。 ◆不逞鮮人益々広大 不逞鮮人300余名が手に手に爆弾を携え、之を投じ、或いは放火し… ◆全暴徒の一隊が爆弾を投じ放火せりを目撃 (庄内新報(号外) 九月三日) ◆鮮人一味 上水道に毒を散布 ◆囚人三百名脱獄し鮮人と共に大暴状 (下越新報 大正12年9月3日) ◆不逞鮮人各所に放火 石油缶や爆弾を携えて (小樽新聞 号外 大正12年9月3日) ◆鮮人の陰謀 震害に乗じて放火 ◆発電所を襲う鮮人団 ◆不逞鮮人1千名と横浜で戦闘 歩兵一個小隊全滅か (新愛知新聞 大正12年9月4日) ◆朝鮮人が暴徒となって放火していると伝える 大阪朝日新聞(1923年9月3日号外) ◆屋根から屋根へ鮮人が放火して廻る 鮮人が盛んに悪いことをしているのは憎むべき事で 屋根から屋根へ渡って火を放っている居る様な有り様で… (新愛知新聞) ccce.web.fc2.com/sinnsai.html 「朝鮮人を生きたまま火あぶりにした」 惨状証言集めた『関東大震災朝鮮人虐殺の記録』 2016年09月02日 東京=聯合ニュース、イ・セウォン特派員 「『朝鮮人をつまみ出せ』という声が聞こえた。(中略) 何のことか全く分からなかったので『通訳してくれ』と大声を出すやいなや自警団が日本刀を打ち下ろした。」 1923年9月1日、日本で関東大地震発生後、東京一帯で広がった組織的な朝鮮人虐殺の際、九死に一生を得て生き残った慎昌範(シン・チャンボム)氏が生前に残した証言だ。河川堤防工事現場で働いていたイム・ソンイルという名前の朝鮮人は大地震発生3日後、避難所を訪ねてきた自警団の日本語が理解できずにシン氏の名前を呼び助けを求めて無惨に殺害された。 朝鮮人が自警団に順に殺害されるのを見たシン氏は必死に逃げたが、身体のあちこちに傷を負って大量の死体の間に気絶したまま放置されて命拾いした。シン氏は自警団が大きな魚の様に亡くなった朝鮮人の足首に鉄鉤をかけて引っ張っていったとし「私の右足の内側と左足の内側にある二カ所の傷は私が気絶した後、警察(所)まで引っ張っていこうと付けた傷」と証言した。 93年前に起きた関東大虐殺目撃者の生々しい証言が、西崎雅夫(57)一般社団法人ホウセンカ(鳳仙花)理事が1日出版した「関東大震災 朝鮮人虐殺の記録」(現代書館)に集められた。関東大虐殺の真相究明に献身してきた西崎理事は日本各地の図書館を隅々まで探して集めた虐殺関連証言1千100を500ページ余りの本で構成した。

A.う~む、なんというかなあ… 関東大震災の時にデマで殺された朝鮮人が多数いた、って言う話は、誰でも見られる国立公文書館所蔵の資料に書いてあるんだよ。例えば、↓は当時の警視庁警視の1923年9月6日の談話。 ~~~ 国立公文書館アジア歴史資料センターレファレンスコードB04013322800『本邦変災並救護関係雑件/関東地方震災関係 2.大島町事件其他支那人殺傷事件 分割1』5/97画像より引用 目下の所集団的不逞行動を全然認めず 鮮人の放火等に関する風説頻に行われ為に鮮人にして殺害の厄に遭遇せるもの多数ある 鮮人を保護せんとする本邦人にして危害を加えられたるもの亦多数あり ~~~ それでもいるんだね、そのデマそのものを事実って事にした本を平気で書いちゃう加藤康男や工藤美代子の言う事を信じる人間が…… 地震直後の混乱した時ならまだしも、最近になってまたデマが垂れ流され、いくら匿名とは言え恥ずかしげもなく、それを信じている事を広言する人がいるんだね。 ま、キミみたいな人がいないと加藤康男や工藤美代子みたいなのが、物書きとして生活出来ないだろうけどね。 まあ、イタイタシイ、と言うのが一番ピッタリくるな


Q.私の回答に、嘘、妄想と言う人が居ます。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11153009336 出典は「増補改訂版 障害者はどう生きてきたか」杉本章著 現代書館 です。

A.貴方の回答に限りませんがまじめに回答しているにも関わらず、誹謗中傷をする人がいることは残念です。 出展を明らかにされている真摯な内容に感服いたします。 回答者(質問者)の知識と経験を尊重して楽しく質問・回答しましょう。


Q.現代書館のホームページが閲覧できません。トップ画面にコンピューター言語?みたいなのが書いてあり読むことができません。このような変な文字が出てるサイトを見るとウイルスに感染するという ことを以前聞いたことがあります。どうしたらサイトを見ることができますか?またウイルスに感染していないでしょうか?ちなみにサムスン製のGALAXYS5を使用しています。

A.http://www.gendaishokan.co.jp/で間違いないですか? でしたら私のandroidでは正常に閲覧できました。 キャッシュ削除を試してみてください↓ http://forfreeworld2020.blog.jp/archives/43756056.html ページのソースが表示される不具合というのは、大体ブラウザに蓄積された ゴミデータによるものですので、ウイルス感染の心配は要りません。


Q.これで当分baromarinさんに質問することはないと思います。 もしかしたらこれが本当に最後の質問になるかもしれません。 私の持っている創価学会関連の書籍を全て公開します。 この中で、読むべき書籍、読むべきではない書籍をbaromarinさん的に教えてください。 baromarinさんが持っている、読んだこともある書籍も教えていただけると幸いです。 一通り全てには目を通しているつもりです。 文庫本 ・お笑い創価学会 信じる者は救われない 佐高信・テリー伊藤共著 知恵の森文庫 2000年 ・池田大作 「権力者の構造」 溝口敦著 講談社α文庫 2005年 ・公明党・創価学会の真実 平野貞夫著 講談社α文庫 2008年 ・公明党・創価学会の野望 平野貞夫著 講談社α文庫 2008年 ・闇の流れ 矢野絢也メモ 矢野絢也著 講談社α文庫 2008年 ・イケダ先生の世界 ベンジャミン・フルフォード著 宝島社文庫 2008年 新書本 ・創価学会 島田裕巳著 新潮新書 2004年 ・公明党VS創価学会 島田裕巳著 朝日新書 2007年 ・創価学会の研究 玉野和志著 講談社現代新書 2008年 ・「黒い手帖」裁判全記録 矢野絢也著 講談社 2009年 ハードカバー等 ・公明党=創価学会の野望「自・創」野合政権を撃つ 乙骨正生著 かもがわ出版 1999年 ・公明党=創価学会の真実「自・創」野合政権を撃つⅡ 乙骨正生著 かもがわ出版 2003年 ・公明党=創価学会の真相「自・創」野合政権を撃つⅢ 乙骨正生著 かもがわ出版 2004年 ・池田大作・幻想の野望 小説 『人間革命』批判 七里和乗著 新日本出版社 1994年 ・創価学会とは何か 山田直樹著 新潮社 2004年 ・政教分離原論 自自公を批判する 白川勝彦著 花伝社 2000年 ・学会員への最終通告!!池田大作・創価学会に騙されるな 創価学会問題研究会著 日新報道 1993年 ・創価学会池田大作をブッた斬る 藤原弘達著 日新報道 1988年 ・創価学会公明党スキャンダルウォッチング 内藤国夫著 日新報道 1989年 ・シンジケートとしての創価学会=公明党 古川利明著 第三書館 1999年 ・システムとしての創価学会=公明党 古川利明著 第三書館 1999年 ・自民党・創価学会亡国論 屋山太郎著 三笠書房 2001年 ・別冊宝島225 となりの創価学会 内側から見た学会員と言う幸せ 宝島社 1995年 ・別冊宝島Real072 池田大作なき後の創価学会 巨大教団が迎える危機の研究 宝島社 2007年 ・やさしい法律相談 池田大作著 弁護士:築地伸之、新堀富士夫、枡井真二、小川治彦、大谷美紀子 鳳書院 1999年 ・ガセネタ屋 乙骨正生の正体 増補改訂版 鳳書院 佐倉敏明著 2006年 ・ガセネタ屋 乙骨正生の正体 鳳書院 佐倉敏明著 2002年 ・裁かれた捏造報道 創価学会に謝罪した『週刊新潮の大罪』 前原政之著 潮出版社 2003年 ・聖教新聞の読み方 創価学会・機関紙のエネルギー源を探る 渡辺武達著 三五館 2000年 ・創価学会報道に見る 週刊誌のウソと捏造 これは犯罪だ! 佐倉敏明著 エバラオフィス 1996年 ・『週刊新潮』の知られざる内幕 丸山実・坂口義弘共著 長崎出版 1996年 ・創価学会バッシング(たたき)の真相 第三文明編集部著 第三文明社 1995年 ・反人権雑誌の読み方 体験的「週刊新潮」批判 亀井淳著 第三文明社 1996年 ・謀略の環 山崎正友の暗躍とそれに乗った人達 吉村元佑著 第三文明社 2000年 ・捏造報道 週刊誌文化の罪と罰 衝撃の『週刊新潮」手記はまったくの作り話だった! 坂口義弘著 第三文明社 2003年 以上かな。他には創価学会専門の書籍はないと思います。

A.>この中で、読むべき書籍、読むべきではない書籍をbaromarinさん的に教えてください。 あなたの自由ですので好きな本を読んでください 私から申し上げることはありません >baromarinさんが持っている、読んだこともある書籍も教えていただけると幸いです。 残念ながらありませんね(笑)


現代書館 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:20:41