出版社「生産性出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>生産性出版

生産性出版 公式ホームページ

生産性出版
生産性出版

生産性出版 関連通販

生産性出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.ネトウヨ「日本凄い!」 いつから日本は自画自賛を善しとする文化になったのでしょうか? ネトウヨは武士道精神を知らないのですか? 新渡戸稲造博士は著書「武士道」の中で、「恥はすべての徳、善き道徳の土壌である」と述べ、恥を知ることの意義を肯定的に取り上げている。 http://www.ne.jp/asahi/midoriku/mykdc/basic/haji.htm 「日本の文化は恥の文化である」といわれた。 「日本人は自分自身に厳しい枷をはめている。それは社会的に非難されたり葬り去られる恐怖から逃れる為であり、彼らは自己規制によって一度その味を覚えた個人的欲望とそれを満足する喜びを放棄しなければならない。彼らは人生における重大時にはこの衝動を抑制しなければならない。これを犯して自らの自尊心まで失う危険に身を晒す者はほとんどみられない。何事をするにも「jichou」自重し、そしてその判断基準は善悪ではなく社会的評価が得られるか、得られないかである。立派な人とは「haji」恥を知る人であり、常に慎重に行動する人である。恥を知る者は家族へ、一族へ、そして国家へ名誉をもたらす。・・・・日本人は自己責任について、自由なアメリカよりもはるかに徹底した観念をもって認識している。このため日本人の刀は攻撃を象徴するものではなく、理想と自己責任を象徴するものとなっている。」 これは昭和20年以前、つまり戦前の日本人の倫理観を分析し、1946年に出版されたRuth Benedict の著書「The Chrysanthemum and the Sword , 12 The Child Learns・菊と刀、12章 子供は学ぶ」の内容の一部である。彼女は一度も来日したことがないにもかかわらず、日本人の精神生活と文化について詳細に分析しているのは、まさに驚嘆に値する著書である。 恥を知ることの善し悪し、あるいはその意義は別にして現在の日本にかつての恥を知る日本人がどれほど居るだろうか。 新渡戸稲造博士は著書「武士道」の中で、「恥はすべての徳、善き道徳の土壌である」と述べ、恥を知ることの意義を肯定的に取り上げている。 新渡戸博士によれば、恥の語源は、梵語で「傷を負う」の意味を持っていると考えられる。即ち、恥は痛みを意味するのである。 この恥とは、良心に対する傷を感じること、良心に対し痛みを感じ取り、自分の心に対して恥じることである。良心が鈍感になれば、恥を感じなくなる。良心の恥は生産的な恥でありその判断基準は善である。そしてこの恥は自分の行いに誇りを持つ「矜恃」に通じ、また「罪を天に獲れば、祷る所なし」(論語 八いつ篇・七七、獲罪於天無所祷也。)と答えた孔子の教えに通ずるものである。 他方、非生産的な負の恥もある。これは劣等感につながる恥である。幼児期に幼児が人からさらしものになっていると感じたり、幼児ばかりでなく大人でも人から不当に見られているという自意識から生まれるのが「羞恥心」であり、時には劣等意識から幼児的残虐性を発揮し周りの者たちを傷つけることになる。この場合の恥は劣等感から起こる心理的な恥で、非生産的な負の恥である。R. Benedict の指摘した日本人の倫理、恥の観念は善悪に無関係な非生産的負の恥である。良心に対する心の痛みである「生産的恥」について彼女は気付いていないのか、指摘していない。 新渡戸博士は、武士道とは己の良心に対する恥を持つことであると説いている。R. Benedictは非生産的恥を指摘したのであり、さらに日本人の中で九割以上の多数を占めていた武士以外の一般庶民の倫理観については明確には触れていない。そして日本武士の「刀に対する観念」、すなわち武士の誇りの象徴としての「刀は武士の魂」が一般庶民とは無縁の存在であったことに、彼女は気付いていない。 しかし武士道が、旧日本軍部によって単に命令に盲従することを美徳とし、それを庶民出身の兵士達に強要する「下劣化した武士道」として存在した時代には、西洋のシバリー(chivalry・騎士道)にも対比されうる新渡戸博士の「崇高な道徳としての武士道」(アグネシカ・コズイラ著 新渡戸稲造のキリスト教的武士道から)は忘れ去られ、それを彼女が指摘したと考えるべきなのかもしれない。 昨今の世相を見ると、日本人から生産的良心に対する恥の心がさらに薄れ非生産的負の恥からの、それどころか恥も誇りも捨て去った不道徳的現象が多い。ルーズベルト大統領に感銘を与えた武士道の精神は何処へいってしまったのか。武士道の精神は、やはり一般庶民とは無関係の武士のみの、それも一部の武士の精神であったのか。真の武士は、もはや日本の社会には一人もいなくなったのだろうか。身近を見回してみてもあまりにも身勝手な、そして恥も誇りもかなぐり捨てた行動をとる者が見受けられる。

A.かつて大陸文化や欧米文化に憧れた弱小国家時代からのコンプレックス。


Q.こいつは、世界の事件を知らないのですか。検索するということもできないのですか。相模原の事件にしても、虐殺ならノルウェイでも、あったのにね。 音楽雑誌やっていると、 津田 大介のごとく、バカになるんですか。 ・ 「この世界はクソだ」と知ることから始めよう 第3回(全3回)<新春対談2> - 津田 大介/安田 菜津紀 1/2 ジャーナリストでありメディア・アクティビストの津田大介さんと、フォト・ジャーナリストの安田菜津紀さんは、今年、世界と日本のどんな動きに注目しているのか? 不寛容、当事者性の欠如、効率性至上主義……「クソ」なのは日本だけじゃない。そんな世界を私たちはどう生きていくのか。メディアに何ができるのか。連続対談の最終回です。 (構成:岡田仁志 写真:岡村大輔) ・日本より欧米での報道のほうが大きかった相模原の事件 安田 電通の24歳の女性社員が自殺したこともあって、去年はブラック企業の問題も大きく浮上しました。今年は政府も「働き方改革」なるものに力を入れるようです。 津田 あの自殺は、避けられたはずなんですよ。なぜなら、電通は90年代にも同じような自殺者を出して、その裁判では企業側に初めて過労自殺の責任を認める判決が出ているからです。労働裁判の歴史に残る判例を悪い意味でつくってしまった電通が、再び同じことを繰り返した。これは非常に大きな話です。 ただ、これは電通だけではなく、日本社会全体の問題とも言えます。いまだ社会のいたるところに男女差別が残っているし、それが彼女を追い詰めた面もある。「われわれ全員が彼女を殺したんだ」という当事者意識を持たないといけない。 安田 私の周囲では「あれは自分だったかもしれない」という声が予想以上に多かったんです。「長時間労働+パワハラ、セクハラ」というのは、多くの若い世代にとって他人事ではないんですね。 まったく違う事件ですけど、去年起きた相模原の大量殺人事件と過労自殺は根底でつながっていると思うんです。 どちらも、「生産性」や「効率性」が社会の物差しになっていることが大きな要因。 生産性や効率性だけを重視すると、障害者を排除する考え方になってしまうし、働き方もどんどん過酷になります。 津田 相模原の事件はナチスの優生思想と近い話ですよね。 その意味では人類史的な大問題と言える。ところが日本では、あっという間に忘れられてしまった。 日本より欧米での報道のほうが大きい扱いで報道されていた。 本来、あれは思想界や批評界が大文字で論じるべき話だったと思いますが、日本ではそういう言論が出版界も含めてなくなってしまったんですね。 昔の日本なら、あの事件をきっかけに論壇誌が大特集を組んだでしょう。 でも、いまは論壇もメディアもそういう機能を失ってしまった。 安田 若い世代が抱えているこの生きづらさは、どうしたらいいんでしょうかね。 津田 やっぱり「この世界はクソだ」と認識することからスタートしないといけないんじゃないですかね(笑)。 だって、トランプが大統領になっちゃうわけですから。そういうクソな世界を目の当たりにして「自分はちっぽけすぎて何もできない」という思いを抱えて、それが生きづらさや政治不信につながってるような気もしますね。 htp://blogos.com/article/207545/ 参考 ノルウェー連続テロ事件は、2011年7月22日にノルウェーで発生した連続テロ事件。 2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロ政府庁舎 (Regjeringskvartalet) 爆破事件とウトヤ島銃乱射事件が連続して発生した。 政府庁舎爆破事件により8人、銃乱射事件により69人がそれぞれ死亡しており、両事件で77人が死亡。ノルウェー国内において第二次世界大戦以降の最悪の惨事とされている。

A.宗教的な理由や政治的な理由で大量殺人を企てるのはブレイヴィークの事件以外にも近年山ほどあって、それを知らないわけがないでしょう 相模原の事件が特異なのは障害者をターゲットに大量殺人を行ったことです これは他国でも例をみない(探せばあるのかもしれませんが)ですし、論点も全く違ったものになってきます あまりにも論点がシビアすぎて論壇はそれをとりあげることから逃げたとも言えると思います


Q.自分自身が「犬のクソ試し腹トンスル」だから、世界をクソと罵るのですか。豊かな世界と受け取るか、クソと思うかは本人の気持ちと努力なんですがね。 津田 大介は、改革と改善、自己変革の努力を放棄したのはどうしてなんですか。無能に生まれついたのですか。可哀そうに。 ・ 「この世界はクソだ」と知ることから始めよう 第3回(全3回)<新春対談2> - 津田 大介/安田 菜津紀 1/2 ジャーナリストでありメディア・アクティビストの津田大介さんと、フォト・ジャーナリストの安田菜津紀さんは、今年、世界と日本のどんな動きに注目しているのか? 不寛容、当事者性の欠如、効率性至上主義……「クソ」なのは日本だけじゃない。そんな世界を私たちはどう生きていくのか。メディアに何ができるのか。連続対談の最終回です。 (構成:岡田仁志 写真:岡村大輔) ・日本より欧米での報道のほうが大きかった相模原の事件 安田 電通の24歳の女性社員が自殺したこともあって、去年はブラック企業の問題も大きく浮上しました。今年は政府も「働き方改革」なるものに力を入れるようです。 津田 あの自殺は、避けられたはずなんですよ。なぜなら、電通は90年代にも同じような自殺者を出して、その裁判では企業側に初めて過労自殺の責任を認める判決が出ているからです。労働裁判の歴史に残る判例を悪い意味でつくってしまった電通が、再び同じことを繰り返した。これは非常に大きな話です。 ただ、これは電通だけではなく、日本社会全体の問題とも言えます。いまだ社会のいたるところに男女差別が残っているし、それが彼女を追い詰めた面もある。「われわれ全員が彼女を殺したんだ」という当事者意識を持たないといけない。 安田 私の周囲では「あれは自分だったかもしれない」という声が予想以上に多かったんです。「長時間労働+パワハラ、セクハラ」というのは、多くの若い世代にとって他人事ではないんですね。 まったく違う事件ですけど、去年起きた相模原の大量殺人事件と過労自殺は根底でつながっていると思うんです。どちらも、「生産性」や「効率性」が社会の物差しになっていることが大きな要因。生産性や効率性だけを重視すると、障害者を排除する考え方になってしまうし、働き方もどんどん過酷になります。 津田 相模原の事件はナチスの優生思想と近い話ですよね。その意味では人類史的な大問題と言える。ところが日本では、あっという間に忘れられてしまった。日本より欧米での報道のほうが大きい扱いで報道されていた。 本来、あれは思想界や批評界が大文字で論じるべき話だったと思いますが、日本ではそういう言論が出版界も含めてなくなってしまったんですね。昔の日本なら、あの事件をきっかけに論壇誌が大特集を組んだでしょう。でも、いまは論壇もメディアもそういう機能を失ってしまった。 安田 若い世代が抱えているこの生きづらさは、どうしたらいいんでしょうかね。 津田 やっぱり「この世界はクソだ」と認識することからスタートしないといけないんじゃないですかね(笑)。 だって、トランプが大統領になっちゃうわけですから。そういうクソな世界を目の当たりにして「自分はちっぽけすぎて何もできない」という思いを抱えて、それが生きづらさや政治不信につながってるような気もしますね。 htp://blogos.com/article/207545/

A.この通名・津田大介は朝鮮の工作員なのは明白!!!


Q.ゲームする時間は無駄、生産性がないという意見について。 最近ネットや広告で、こういった意見をよく目にします。 本屋ではスマホを捨てよう、自由になろうといった単行本もありますね。 なぜ、ここまでゲームは無駄だと本まで出版して主張する方が多いのでしょうか? 例えば同じ一時間でも価値が違うと割り切っていればよい話。 誰が何をしようが自分に被害がないのであればほっとくべきではと思っていましたが、 どこにいっても目にしたものですから質問しました。 歩きスマホはやめましょうと言われている時に、歩きスマホを勧めるようなポケモンGOが普及。こちらの方が理解し難いです。 ちなみに私はゲームを一切しません。どちらかといえば読書が好きです。

A.ゲームに生産性は無いです。ただ無駄かと言うと主の言う通りそれを判断するのは個人の自由です。


生産性出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:42:19