出版社「産学社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>産学社

産学社 公式ホームページ

産学社
産学社

産学社 関連通販

産学社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.『超省エネ次世代パワー半導体!日本の総電力を1割削減!名古屋大』 2016/10/4 ⇒ このデバイスだけで、日本の総使用電力を1割削減できる? LED以上の波及効果? ⇒ 日本の最大電力需要は、震災後、すでに原発37基分も減少したが、今後も大きく減少していく? パワー半導体、照明、空調、ゼロエネ住宅、超省エネ自販機、回生ブレーキ、熱電併給、地中熱利用、太陽光やエネファームによる自家消費、各種再生エネによる地産地消など、省エネ技術の進歩がものすごい。 さらに、世界一の少子高齢化、人口減少が加わる。 ・・・ 『超省エネ、次世代パワー半導体を開発へ。国内の使用電力を1割削減可能に。ノーベル物理学賞受賞の名古屋大・天野浩教授らの研究グループ』 2016/10/3 中日新聞 「二〇一四年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大の天野浩教授(56)らの研究グループが来年度、受賞の決め手となった技術をさらに発展させ、電子部品「パワー半導体」の次世代型の開発を本格化させる。名大が学内に関連施設の整備を進めており、実用化を急ぐ。開発、普及が実現すれば国内の全電力使用量を一割以上、削減できるため「省エネの切り札」と期待される。 天野教授は青色発光ダイオード(LED)の開発で赤崎勇名城大終身教授(87)らと物理学賞を共同受賞。青色LEDの材料の窒化ガリウム(GaN)の結晶化に成功したことなどが理由となった。 パワー半導体は電圧や電流を制御する電子部品。大半がシリコン製だが、代わりにGaN結晶を使う次世代型は大幅に省電力化、小型化ができる。ただし、従来のLED用のGaN結晶は構造が粗く、LEDより通電量が多いパワー半導体に使用するための品質向上が課題となっている。 名大はGaN研究を推進するため昨年、天野教授をトップに、研究拠点「未来エレクトロニクス集積研究センター」を発足させ、この難題に挑んできた。 天野教授らは、結晶を成長させる土台の物質を変更するなどして、結晶構造の整った高品質のGaN結晶の生成に道筋をつけた。実用的な一センチ四方の大きさの結晶を効率的に作ることができる新型の結晶生成装置を既に独自開発。来年度から本格運用できる見通しが立った。 現在、名大は構内に延べ三千平方メートルの精密作業用クリーンルーム棟を整備しており、完成後はこの装置や、パワー半導体の製作設備などを置く。さらに五千七百平方メートルの新研究棟を建設。天野教授ら名大の研究室のほか、GaN研究に取り組む他大学との共同研究拠点や、トヨタ自動車などとの産学連携拠点としても活用する。 今年のノーベル賞は三日の医学生理学賞を皮切りに各賞の発表が続く。天野教授は「(受賞後も)やらなきゃいけないことはたくさんある。次世代型の開発で温室効果ガスも大幅に減らせる。地球エネルギー問題、環境問題を解決したい」と話している。 ◆LED以上の波及効果 パワー半導体は半導体の一種で、送電システムやコンピューター、鉄道車両、電気自動車(EV)など幅広い分野で使われている。現在のシリコン製では通電時に熱として放出され、むだになる電力が大きいが、次世代型ではこの損失が十分の一になるとされる。実用化されれば、社会的な波及効果はLED以上といわれる。 名大などの試算では、次世代型が普及すれば日本の電力消費量だけでなく、二酸化炭素(CO2)の排出量も一割以上、削減できる。同時に小型化や高性能化も可能となり、高速データ通信システムや高効率な太陽光発電システムの開発にもつながる。 現在、パワー半導体の市場規模は世界で二兆円以上。次世代型が登場すれば市場拡大は必至で、世界各国が開発を競っている。 国内では研究機関や自動車メーカー、電機メーカーなど計六十一団体が共同研究体「GaN研究コンソーシアム」をつくり、国を挙げて研究を進めている。その中心となっているのが、世界最先端のGaN結晶技術を持つ名大だ。 産業界と大学との橋渡しをしている産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のGaN研究担当者は「GaNを使ったパワー半導体開発は、海外勢に押され気味な日本の電機メーカーにとって大きな力になる」と話す。」 ・・・ <2010年比の電力需要の減少> ◆10社合成最大電力需要:約14%「原発37基分」減少(2013年以降) ◆10社年間販売電力量:約12.1%減少(2015年) ・東電の7月販売電力量:約20.6%減少(2015年) ・関電の7月販売電力量:約17.1%減少(2015年) ・関電の12月販売電力量:約16.2%減少(2015年) <震災後の新たな電力増強> ◆火力:約1990万kWが稼働開始「原発24.5基分」 ◆太陽光:約3000万kWが稼働開始「ピーク時原発30基分」 ◆自家発:「原発7基分」が稼働開始 → 需要減少を加味すれば、原発4800万kW「原発48基分」が停止しても、「原発98.5基分」が増加したことになる。すでに電力供給はあり余っている。 ※

A.太陽光発電のメガソーラー発電所なんて 原発一基分と同等施設作るだけで6~7兆円かかって、 その莫大な費用は既に「再生エネルギー賦課金」って形で 消費者に重くのしかかってるのを何で隠蔽するんだ? ん? なんでオマエは隠蔽するんだよ???


Q.電通、「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」が6つの学校で共同研究・実践授業をスタート 電通総研「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」、 東京学芸大学と連携し、6つの学校で共同研究・実践授業を順次スタート 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)の電通総研が次世代人材育成のための方法論の体系化と全国の教育機関サポートなどのために立ち上げた「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」(2015年10月設立、http://dii.dentsu.jp/activelearning/)は、東京学芸大学の小林正幸研究室と連携し、6つの学校で共同研究・実践授業を順次行っていくことにしました。 2016年に第1期の共同研究校となったのは、八王子市立弐分方小学校、中央区立明石小学校、東京都立多摩科学技術高等学校の3校、また実践校は、大阪府立金岡高等学校、神奈川県立元石川高等学校、高崎商科大学の3校です。 それぞれの研究・実践では、電通が広告ビジネスや独自の社会貢献活動で培ってきたアイディエーション(発想)やプランニングメソッドなどの知見やノウハウをもとに、多様な授業スタイルや研究のためのアプローチ方法を探っていきます。6つの学校で推進する授業カリキュラムや研究・開発プロジェクトは、小林研究室の監修のもと、電通がプロデュースしていきます。 2017年初頭には、研究内容の発表や実践方法をシェアする活動も行う予定です。 各学校における具体的な共同研究・実践授業の内容は次のとおりです。 <共同研究の内容> ■八王子市立弐分方小学校 生徒の授業への興味を引き出し、モチベーションを上げ、主体的な学びを導くにはどうすべきか。授業の「導入」の声掛けや、学んだ知識を自分ゴト化する「ゴール」の工夫などを中心に、現状の指導案にプラスする形で、教員が事前に授業をプランニングするための方法を模索中です。 ■中央区立明石小学校 「協働的に学ぶ授業」の研究に取り組んでいきます。研究協議のやり方を見直し、一人一人の先生が今日の授業の良いところや問題点を付箋に書き、模造紙に貼っていくことからすべてが始まります。そして、ベテランも若手も同じ立場で意見を述べ、次の授業プランへと反映させます。「教師が変わると授業が変わる」を実践していきます。 ■東京都立多摩科学技術高等学校 先進的な理数教育を実施する学校として、文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されています。知識の習熟を目的とした既存の授業とは一線を画すことで、発生するさまざまな現場の問題を一つ一つ議論していきます。これまでとは異なる授業スタイルを通して、先生の役割や立場の変化、成果物の評価方法などの新しい研究を行います。 <実践授業の内容> ■大阪府立金岡高等学校 他の学校に先行し、2016年4月から総合学習の枠で「探Q『変な授業』」と題した共同授業を行っています。対象は2年生362名。「株式会社電通 金岡高校支社?」という架空の支社の社員という想定で、コミュニケーションや課題解決などの授業ニーズに合わせてクリエーティブ、発想、マーケティングの授業を行っています。2学期も継続予定です。 ■神奈川県立元石川高等学校 2017年度から2年生を対象に新しい選択科目が導入される予定です。科目名は「アントレプレナーシップ」。課題を発見・解決するための力を養う実践的な授業を展開していきます。研究所は、企業向けのマーケティングサポートやサービス開発の知見をもとに、テーマの設定や実践フィールドの提供、プロジェクトマネジメントのサポートを行っていきます。 ■高崎商科大学 枠にはまらない、これからの若者を育成するため、高崎商科大学と企業3社((株)アドビシステムズ、(株)楽天、(株)電通)が協同で実施する産学連携プロジェクト「3.5本の矢」の1社として参加します。就職活動のためのツールではない、学生の豊かな人生のきっかけになるような自己分析・自己発見の方法を共同で研究しています。9月2日、3日に「世界初の自己発見の方法」についての共同授業も行う予定です。 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=418394&lindID=5

A.各教科でやるのは大学入試改革がされない限り無理。授業準備に時間を割く余裕は全くない。準備に時間がかかるってことは、前々回の総合的な学習と同じような結果となり、形骸化してしまうだろう。学級担任の仕事、校務分掌の仕事、部活動指導の仕事も従来通りやらせた上でのアクティブラーニングの導入は、物理的に不可能。あと、大学入試が今のシステムのままならば、ほとんど実現は不可能。アクティブラーニング導入発表以前に、大学入試をどのように改革するか?の決定版を先に出してから、次期学習指導要領の概要説明をするべきだった。確か、国語と数学に筆記試験を入れるくらいしか発表してないはず。年3回全国一斉にセンター試験みたいなのをやるって言ってたけど、そちらの決定版も示されてない。これらを示してから、次期学習指導要領は概要を発表するべきだった。文科省はいつもそうだが、自分たちで一度アクティブラーニングなるものを実践して、DVD配布するなり、実例を示さないで、理念のみの発表で、現場はいつも大混乱します。あなた方文科省の偉い先生方の模範授業DVDを配布しないと、私は従来型授業しかしません。あと、授業以外の雑用も減らさないとやりません。


Q.「医用工学分野では血のりのつかないメスを開発」を開発したのは(学)関東学院大学さんっていうのは本当ですか? 私は今上司にそんな事も知らないのかと怒られました。 関東学院大学さんは医学部持ってないのに、こんな凄い発明してるのに無名・・・というかネットの評判はいろんな意味で凄いことになってます。もちろん私も含めて大人の目から見ると冗談にしか聞こえて来ませんし、ここが特許で凄い大学だとは当然産学共同をわが社のグループ本社知っていますが、こんな凄いまで開発してたのですか? これがまず質問の1点目です。 2点目大学としての評価が低すぎでは? これが欧米なら関東学院って1流の大学でしょうね。ネットでは恨み持ってる人間が評判をわざと落としていますがw 「偏差値」はあてにならないのでは? これが2点目の質問です。 高校生、大学生、学歴厨はお断りします。 できれば医療機器業界の人間に回答を希望します。

A.http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/main/collaboration/103.html


Q.「RPG世代」とはどういう意味ですか? 辞書を調べたら①「ロケット推進式擲弾」の略だが、その発射機を含めていう場合が多い。 ②Report Program Generator1961年、米IBM社が開発したプログラミング言語 ③ロールプレイングゲームが出てきました 余計わからなくなりました -原文-杏林会 http://www.kyorinkai.com/main.cgi?c=3/3:23 十数年前、まだ幼かった子どもら3人を連れて『人体の不思議展』へ行ったときのこと、当時すでにRPG世代だった3人を前にいつもの癖で細部にわたって解説を加えていると、周りは黒山の人だかり。 定時定点でアルバイトの人(ポスドクだったと想う)が、解説を行う間だったので、解説者の一人と間違われたのかもしれない…w。 肝心の子供らは実際の屍とは知る由もなく、息子など一番下の現物を見て“お父さん、このひとはウンコしながら死んでったのか?”と言い出す始末。 末娘に至っては、ついこないだまで実の父の風呂上りに遭遇しただけで絶叫してたのに、聞くと今は献体の真横でサンドウィッチを級友と頬張る。 医学とは気におもしろき世界… 曰く、外からしか見ない『内科』、内部を切り裂く『外科』 ここから先は決して踏み込まないでください… ポスドク 博士号を取得した後の研究員。任期付きの支援を受けて研究する不安定な身分だが、常勤の教員と違って研究に専念できる。06年度で約1万6千人いる。 朝日新聞掲載「キーワード」 ポスドク 「ポスドク」とは、ポストドクターの略。博士課程を終了し、常勤研究職になる前の研究者で、全国におよそ1万人以上がいるといわれている。若手の研究者の多くは大学などの「ポスドク」(非常勤職員)として雇用され、我が国の研究活動を支えている。 産学連携キーワード辞典 ポスドク問題 科学技術創造立国をめざす国は、博士号取得者の量産に取り組んできたが、就職の受け皿となる大学や公的研究機関のポストを増やさなかったため、1万人以上のドクターが正規の職につけていない。企業への就職をいかに開くかが課題になっている。

A.http://www.rpgjapan.com/kagami/2012/11/rpg-13.html どうも、ロールプレイングのことのようです。私としては、バーチャルの方がしっくりくると思うのですが。すべてが、ゲームのように、現実感がない。そのような思考形態や行動をするということだと思います。


産学社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 07:25:00