出版社「社会評論社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>社会評論社

社会評論社 公式ホームページ

社会評論社
社会評論社

社会評論社 関連通販

社会評論社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.山口敬之、“安倍太鼓持ち”の歴史=安倍政権と結託して情報操作(?)するような方が大手マスコミ全てに連日呼ばれ発言。大手マスコミもグル?皆さんはこのことをどう思われますか? http://lite-ra.com/2016/06/post-2316.html リテラ > 社会 > マスゴミ > 山口敬之、“安倍太鼓持ち”の歴史幻冬舎が安倍首相と結託してまた政権PR本を出版! 著書は“安倍の太鼓持ち”で有名だった元TBSの官邸担当記者 2016.06.07 今週9日に、とある本が幻冬舎から出版される。書名は『総理』。著者は、安倍首相が官房長官だった時代からずっと番記者として張り付いていた、TBSの元政治部記者・山口敬之氏だ。触れ込みによると、その山口氏が過去の取材内容をもとに、安倍首相の官邸での内情、そして安倍首相を取り巻く麻生太郎や菅義偉といった周辺人物らの動きを〈迫真のリアリティで描く、政権中枢の人間ドラマ〉らしい いったいどんな内幕が暴露されているのか、と思いきや、いち早く内容を知り得た出版関係者によると、「中身は完全な“安倍ヨイショ本”」だという 「一応、ドキュメンタリータッチで描かれているんですが、最初から最後まで、批判的な視点は一切なし。安倍首相がいかに素晴らしいか、国家のことを考えているか、ということしか書いていない。右派思想への賞賛や歯の浮くような美辞麗句が散りばめられていて、ただのPR本ですよ」 しかし、それも当然だろう。著者である山口氏は、TBSの官邸担当記者時代、NHKの岩田明子、産経の阿比留瑠比と並んで、“安倍の太鼓もち番記者三羽烏”と呼ばれていた典型的な癒着ジャーナリストなのだ 「山口氏はリベラルなTBSの中では珍しいゴリゴリの右派。それもあって官房長官時代から安倍さんとはウマが合い、まるで秘書官のようにべったり寄り添っていた。安倍さんが“山ちゃん”と呼ぶくらいの間柄です。しかも、それだけ密着しながら、重要な政界情報は社には上げず、安倍さんのヨイショや政敵を貶めるような謀略情報ばかり流そうとして、報道局といつも揉めていた。TBSも頭を抱えていたようです」(全国紙政治部記者) それを象徴するような、とんでもない行動も発覚している。なんと、山口氏はTBS時代、安倍首相の靖国神社の極秘参拝に同行しながら、それを記事にしなかったというのだ 「安倍さんが総理になる直前、官房長官だった2006年4月に極秘で靖国神社を参拝していたことが発覚するんですが、じつはこのとき、山口記者も同行して一緒に参拝していたというんです。ところが、山口記者はそれを一切報道せず、外部に知られないようなアリバイ工作にも協力していた」(政治評論家) 大きな国際問題に発展する可能性もある重要な現場に立ち会いながら、記事にしないで、極秘行動をサポートするとは、もはや記者というより、秘書官としか思えないが、そのあと、安倍氏が首相になって第一次政権を樹立した後も、そして第二次政権でも、山口記者はこうした安倍氏の情報操作や安倍氏を利するようなPRを流し続け、安倍首相に不利な情報は一切流さなかった また、山口氏はその後、ワシントン支局長に栄転するのだが、その際、韓国軍がベトナム戦争の時に慰安所を設けていたという記事を、会社に無断で「週刊文春」(文藝春秋)に発表。それをきっかけに営業職に配転されることになる 「これも大元の情報源は安倍政権内部だったと言われているんですが、それはともかく、他媒体に無断で記事を発表したことで、さすがにTBSも問題視せざるを得なくなったらしい。それで山口氏を営業職に異動させたところ、山口氏はこれを不服として退職をしてしまった。しばらく噂を聞かず、いったい何をするのか、と思っていたら、安倍首相のヨイショ本を出すというので、なるほど、と思いました」(前出・全国紙政治部記者) 実はこの『総理』はそもそも、幻冬舎の見城徹社長と安倍首相サイドが相談をして出版を決めた本らしいのだ 「今回の出版は、安倍首相から直接、幻冬舎の見城社長に持ち込まれた、と聞いています。いずれにしても、参院選のためのPR作戦の一環であることは確実でしょう。実際、見城さんはこの本に異常なくらい入れ込んでいて、営業にも絶対にべストセラーにするぞ、とハッパをかけています」(出版関係者) 安倍首相と見城社長の“蜜月”については、これまで何度も本サイトが報じてきたが、そのきっかけとなったのは、下野していた安倍氏が2012年の自民党総裁復帰の直前、自分の信奉者だった自称文芸評論家で、現在、極右団体「放送法遵守を求める視聴者の会」事務局長の小川榮太郎氏に『約束の日 安倍晋三試論』という礼賛本を書かせ、それを幻冬舎から出版したことだった この本を安倍事務所が大量に買い占めをして、大手書店で売れ行き1位をとらせ、幻冬舎がそのことを謳う大きな新聞広告を打つ。そうやって、安倍晋三という政治家の復活を後押しした 転載(抜粋

A.やけに必死で弁護するので、とても客観的な議論にならない。 たしかに独立したばっかりで、食っていくためにコンサバの方が安全だろうけど、それじゃジャーナリストじゃない。 リスキーなのにたいした事がないアベノミクスをやけに擁護する大和総研の熊谷亮丸と同じ。


Q.昭恵夫人が籠池妻に小川榮太郎を紹介=どう思いますか? http://lite-ra.com/2017/03/post-3025.html 昭恵夫人メールにあの男の名前が! 籠池妻に安倍御用評論家で言論圧力団体「視聴者の会」の小川榮太郎を紹介 2017.03.26 “爆弾証言”が連発された森友学園・籠池泰典理事長の証人喚問。焦った安倍政権が公開したのが、籠池理事長の妻・諄子夫人と安倍首相の昭恵夫人とのメールのやりとりだった 「私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように、細心の注意を払わなくてはならないということだったのでしょう」 2月25日に昭恵夫人が諄子氏に送ったこのメールについて、周知のように、籠池理事長が国会で「口止めとも受け取れる」と語ったことから、官邸と自民党が即時にマスコミ各社にリーク、ネガティブイメージの打ち消しに走ったかたちだ。実際は前後を見れば隠蔽をはかっているにもかかわらず、ワイドショーではさっそくこの官邸の情報操作にマル乗りして「これは口止めとは思えませんね」などと連呼している 本サイトとして気になったのは、籠池理事長が国会で引用した部分とは別のところだ。それは、3月10日の昭恵夫人の送信メールのなかで、不意に“あの人”の名前が飛び出したことである 「小川榮太郎さんがFBで反論しています。少しずつこの状況が異常だということになってくるはずです」 これに対し、籠池夫人は「紹介してください 失業するので本をかいて借金かえします」と返信しているのだが、この小川榮太郎氏とは、2012年秋の自民党総裁選直前に『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)という“安倍ヨイショ本”でデビューした自称文芸評論家。安倍氏の首相再登板を後押しし、首相になって以降もずっと安倍応援団の一員として「正論」(産経新聞社)や「Hanada」(飛鳥新社)などの極右雑誌で論陣を張っている 小川氏は現在、「放送法遵守を求める視聴者の会」(以下、視聴者の会)なる安倍応援団の事務局長を務め、活動の中心的役割を担っている。「視聴者の会」といえば2014年安保法制報道をめぐり、放送法を曲解して当時『NEWS23』(TBS)のアンカーだった岸井成格氏に対し「偏向報道」といちゃもんをつけ、結果、番組降板につなげた安倍政権の“言論弾圧代理機関” その事実上のボスである小川氏の「FB」、つまりFacebookの投稿を、昭恵夫人は籠池夫人に伝えたということらしい。事実、小川氏は、このやりとりがあった3月10日の前日、自身のFacebookで森友学園を擁護するようなこんな投稿を 〈塚本幼稚園の経営者や教育方針を「異常」に見せて社会的廃業に追い込む手口は、これ以上放置しては最早自由社会の否定。〉 〈テレビメディアが今してゐる事は、人間として最も恐ろしい罪に該当するのではないか 犯罪以上の、人倫上の深刻な罪ではないだらうか。〉 小川氏は森友学園問題をテレビメディアの“過熱報道問題”にすり替えて、“塚本幼稚園を追及するな”と主張しているように見える。「視聴者の会」は散々“マスコミは安保法制賛成派の声を報じない!国民の知る権利を奪っている!”などと言いがかりをつけていたが、いやはやどの口でと言いたくなる しかも、小川氏は同じく9日の別の投稿で、テレビの森友学園報道について〈一つの幼稚園を保守的な教育方針故に風評被害で倒産に追ひ込まうとするメディアレイプ〉と評したうえで、〈視聴者の会の活動を改めてグレードアップしないとならないやうだ。(略)ここまで無法な振舞が続くと、電波停止への規制強化が必要となるのか〉とも投稿している。一部のテレビメディアが教育勅語の暗唱など塚本幼稚園の方針に疑義を呈しただけで、政府による「電波停止への規制強化が必要」と結論付ける。もはや論外と言うしかない 小川氏のFacebookの投稿も大概ヤバい代物なのだが、本当に危ういのは、これを籠池夫人にメールで報告する内閣総理大臣夫人の感覚だろう。考えようによっては、森友学園問題で窮地に立たされている安倍政権がいま報道規制に乗り出そうとしているとも受け取れるし、そうでなくとも、首相夫人が政府による「電波停止への規制強化が必要」との意見に首肯しているのなら大問題だ。昭恵夫人はこのメールの意図について国民の前で説明するべきだ 籠池夫人から「紹介してください」と頼まれた後、昭恵夫人がこんなメールを送っている 「小川榮太郎さんがお電話されたようですが、繋がらず留守電にもならなかったと言われていたので携帯番号お教えします(編集部註:この後電話番号が続く)」 「週刊文春」(文藝春秋)3月9号で「安倍晋三記念小学校 “口利き”したのは私です」と証言した塚本幼稚園のPTA会長・川田裕介氏が、小川氏と個人的面識があったと明かしたうえで、「十二年四月には、六本木の『豚組 しゃぶ庵』の個室で、安倍さん、SP、秘書の初村滝一郎さん(現政策秘書)、、小川さんら八人 転載(抜粋

A.アッキード疑惑のキチガイおかぁちゃんなら大麻 学校他ツッコミどころ満載やからタダじゃすまないやろ〜な! なにヒロイン気取りしてんだかクソババァがwww キモいわアッキー晋三wwwwww


Q.籠池、稲田、小籔が絶賛!安倍政権が復活狙う「教育勅語」の正体(前編)=皆さんはこのことをどう思われますか? http://lite-ra.com/2017/03/post-2990_2.html 籠池、稲田だけじゃなく小籔千豊も「教育勅語のどこが悪い」 ならば教えよう、教育勅語はここが悪い! 2017.03.13 森友学園問題は籠池泰典理事長の突如の認可申請取り下げ表明で、政界との癒着疑惑がうやむやになってしまうのではないかという懸念が広がっているが、もうひとつ暗澹とすることがある。それは、森友学園問題を機に「教育勅語じたいは間違っていない、むしろ復活させるべきだ」という主張が頭をもたげてきたことだ この期に及んで国会で「親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理観で世界中から尊敬される道義国家を目指すもので、復活すべき」などと答弁した稲田朋美防衛相はもちろん、右派評論家連中も必死で教育勅語と森友学園問題を切り離し、復活論をがなりたてている 小籔千豊も3月7日の『バイキング』(フジテレビ)でこんなことをドヤ顔で述べていた 「僕は教育勅語じたいは何にも悪くないと思います。なにを教育勅語に関して問題になっているのか、意味が分からないです。(略)お父さんお母さんを大切にしましょう、一生懸命勉強しましょう、まわりに感謝し、公の心で社会貢献しましょうみたいなことガッチリ書いてありますよ。何があかんの。ええことと悪いことがごちゃごちゃになってると思うんです」 籠池理事長が9日の囲み会見でまくしたてた「教育勅語、どこが悪いん? 12の徳目、夫婦仲良く、勉強がんばりなさい、それのどこが悪いん?」という主張とあまりにもそっくりで笑ってしまったが、しかし、これは笑い話ではすまされない。小籔あたりまでがテレビで堂々とこんなことを口にし始めると、国民の間に「森友はおかしいけど、教育勅語は悪くないんじゃ……」なんていう勘違いが広がりかねない。 教育勅語の本質をきちんと指摘しておかなければならないだろう。教育勅語には、籠池も稲田も小籔も意図的にネグっていることがある。それは、明治天皇の名の下に発布されたこの言葉が、天皇のために命を投げ出すことを子どもたちに教え込むものだったという事実だ 漢文訓読形式で書かれている教育勅語は一読しただけでは意味がわからないが、冒頭、「皇室の先祖が国を始めたのは遠い昔のことで、徳を積み上げてきた」「億兆の国民が心を一つにして、代々その美徳を行ってきたこと、これが国体(天皇を中心とした国)の精華であり、教育の淵源もここにある」ということから始まる 問題は、最後の12番目の徳目とされる〈一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ〉とそれに続く〈以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ〉だ。これは、「国に危機が迫ったなら忠誠心を発揮してその身命を捧げ、それによって、永遠に続く天皇様の勢威を支えよ」という意味。明らかに国のため、天皇様のために命を投げ出せ、と言っているのだ。その考え方は、「天皇陛下のため」という言葉で国民に無謀な戦争に駆り立てた軍国主義思想そのものである この部分こそが教育勅語の中核部分であるとういう点だ。〈以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ〉の「以テ」は、12の徳目すべてにかかっている。つまり、「親孝行」や「夫婦仲良く」とかいう、「ええこと」も、すべては「永遠の天皇様の勢威を支える」という目的のためにあるということだ そして、教育勅語はこのあと、「このような心構え、行動がわたし(天皇)の忠実な国民であることを証明し、祖先の伝統を表す」と続く いったいこれのどこが、「当たり前のええこと書いているだけ」ということになるのか。金日成への個人崇拝と主体思想を一体化させた北朝鮮の小学校教育とほとんど同じ、天皇崇拝の強制以外の何物でもないだろう 実際、教育勅語が国民に天皇と国家のために身を捧げる教育を目的にしていたことは、その発布までの経緯を見ても明らかだ 勅語が発布されたのは1890年。右派論客や明治神宮などは、「道徳の荒廃に心を痛めた明治天皇がご自身のお言葉で親しく国民に道徳のあり方を語りかけ、ご自身が率先して道徳を守ることを決意された」などといっているが、これはフィクションだ。旗振り役は、明治政府の軍事拡大路線を指揮した日本軍閥の祖で、治安警察法などの国民弾圧体制を確立した、時の内閣総理大臣・山縣有朋。山縣は、自由民権運動を潰し、天皇と国家神道支配の強化、富国強兵と中央集権体制の確立のため、自分の息のかかった地方長官会議に建議させ、井上毅内閣法制局長官や儒学者の元田永孚らに命じて、この教育勅語をつくらせたのだ 教育学者の山住正己は著書『教育勅語』(朝日新聞社)の中でこう指摘している 「自由民権思想を抑え、日常的に広範な民衆の言動をうまく規制できるものである必要があった。(略)そには身近にあった徳目を利用するのが近道であった」 転載(抜粋)

A.相変わらずネットのコピペ+『どう思いますか?』てぇ 能無し野郎の思考停止投稿かよ?(嘲笑) リテラってサイトは昔存在した『噂の真相』という ゲスなスキャンダル雑誌を作ってた奴が運営している しょ~もないサイトじゃんかよ!(失笑) まぁ、オマエ(tiezou_japan)にはそういう下世話な サイトがお似合いって事か?(冷笑) バカが! ---------- http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11163740651 >>hourigakukingさん >>左翼かどうかは知りませんが、リテラはジャーナリストじゃなくて >>ブロガーレベルの「時事ネタブログサイト」だと思います。 >> >>客観的事実より主観的批判が記事の大部分を占めていて、 >>文章に記者としての教養が感じられないし、 >>子供の誹謗中傷レベルの言葉も度々出てきます。 >> >>リテラはあの2chですら禁止ソースとして指定する程の >>「ソースは2ch」以下のサイトなので、 >>リテラをまともなニュースサイトだと思って読んでる人は2ch脳以下の脳みそです。


Q.次の情報・主張に、何か間違いがあるでしょうか。 一部、推測で書きこんでいる内容もありますがね。 池田大作は北朝鮮人という噂もあり、創価学会に入ってから、裏で行っていた高利貸しの強引な取り立てなどを行いまくって実績をつくり、創価学会のトップにのし上がるなり、創価学会を私物化し、権力を握るために政教が一体となった公明党を設立し、暴力団とも手を組み、野党の時は、時の与党政権である自民党を批判しまくり、手段を選ばず政権与党になれば、野党である民主党や社民党や共産党や日蓮正宗や不都合な宗教団体やマスコミや団体を批判しまくり、裁判所や検察幹部や警察幹部やマスコミやタレントや経済界などに、創価学会の回し者を送り込み、創価学会や自分達だけに都合のよい、日本社会にしようと企んでいるわけであり、オウムアレフと同じ邪教集団なのであります。 無差別テロをやってないだけの違いであり、狂信者に対して洗脳マインドコントロールも行っています。 そしてマスコミを裏で支配するために、新聞社の印刷の下請けを支配して牛耳ろうとしているわけであります。 実際、毎日・TBSは創価学会に乗っ取られております。 裏では暴力団(山口組系後藤組など)や似非右翼や警察や検察や裁判所が控えているという事も重々承知している事もあって、創価学会に対してほとんどのマスコミやジャーナリスト、評論家、コメンテーターなどが批判やコメント、報道をしないわけなのです。(後藤組とは決裂) 創価学会が関わったものだけではないですが、実際日本でも何十人か暗殺されています。 マスコミが報道してないものもありますし、たんなる事故や自殺で片付けているものもあります。

A.彼らは、偏執的で攻撃性が強く、犯罪者の論理で考える団体である。 黒い疑惑が多く、まさに「カルト宗教」である。


社会評論社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 11:39:24