出版社「科学技術出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>科学技術出版

科学技術出版 公式ホームページ

科学技術出版
科学技術出版

科学技術出版 関連通販

科学技術出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.(大学ランキング)で上位代表の旧帝・早慶を卒業したら、人生はけっこう快調になりやすいですか? もし「快調になりやすい」でないのでしたら、あまり塾て意味がなくなるとは思うのですが・・・ 否定する人もいそうで・・・ いかが? *** *総合大学力 {文系のお薦め(進路幅、社会実績、偏差値、職歴などより} 1、東京大学、慶應義塾大学 2、京都大学、一橋大学、早稲田 3、地方帝大、横神、早稲田旧二部、上智 4、筑外茶、府立市立、マーカンICU 5、金岡千広 6、国立大(5Sなど) 7、地方国立大、SSM・日本 8、日東駒専、産近甲龍、南山 9、大東亜帝国、愛愛名中 10、関東上流江戸桜、摂神追桃、他Fラン {理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより} 1、東大、医学部医学科 2、京大、東工大、慶應義塾 3、地方帝大、早稲田 4、横神、筑茶、府立市立、上理 5、電農名繊、金岡千広、マーカンなど 6、地方国立大等、4工大等 7、底辺地方国立大、中堅私立大理系 8、私立大学等、Fランクなど 社会的実績・偏差値難易度・将来経済力など様々な実質的要素を考慮する。 (1)東京大学、慶應義塾大学、医学部医学科(国立・難関私立) (2)京都、一橋、東京工業、早稲田政経、私立医学部 (2.3)早稲田(政経以外) (2.7)大阪 (3)東北、横浜国立、名古屋、神戸、九州、上智 (4)北海道、お茶の水、東京外国語、筑波、千葉、大阪府立、大阪市立、中央、明治、立教、理科大、同志社、関西学院 (5)金沢、広島、岡山、横市、東京農工大、名古屋工業、青山学院、学習院、法政、津田塾、関大、立命館 (6)埼玉、静岡、新潟、滋賀、京都工芸繊維、電気通信、名古屋市立、成城、成蹊 ・まずは国立大学を優先的に志望する、という側面も強かったことから、私立大学は「結果的な入学者」も多い。すなわち、国立大学は自分の学力に適した「第1志望」であった学生が多いが、私立大学の場合は、国立志望者も私立志望者も入り乱れての競争となり、国立大学合格者を差し置いて、別次元でまた競争がある。 旧帝大医学部、国立大医学部、東大、京大、一橋、東工大、阪大といえど落ちる受験者のほうが多く、彼らは私立志望者との競争を余儀なくされる。慶應には旧帝医、国医、東大の崩れ、早稲田には京大一橋東工大の崩れ、マーチカンカンなどには旧帝大の崩れ水準が多くなり、それなりにジグザグとなる。 ・早稲田と京大・一橋を比較した場合、受験上の希少性・負担は京大一橋だと言えるが、マスコミ(広告・出版・新聞・TV)・政治・法曹・文壇や商社・特定メーカーにおける学校伝統においては早稲田の方が優位とみなせる部分もある。 ・社会の中枢には早稲田・慶應・東大OBが圧倒的に多い、比率で絞れば東大・慶應か ・たとえば、神戸・横国は文系方面で強い有力国立大で、地方帝大(大阪・東北・名古屋・九州・北海道)は理系方面で強い有力国立大であり、文理相殺を考慮している。 ・上記大学30校以上は上位1割の学力が必要:1学年・・・120万人⇒12万人の高学歴者 ・難関国立の門は狭いが、少数であるため輩出・街道はマンモス大学に譲る部分も見受けられる。 ~リーダー~ 政治・公務⇒東大・慶應 財界・経営⇒東大・慶應・早大 金融・保険⇒東大・慶應 マスコミ等⇒東大・慶應・早大 法曹・司法⇒東大・慶應・早大 会計・税務⇒慶應・早大 教授・学問⇒東大・慶應 医療・病院⇒東大・慶應・京大 生命・化学⇒東大・慶應・京大・名大 技術・工学⇒東大・慶應・東工大 偏差値⇒東大・慶應・医学部 受験負担⇒東大・京大・一橋 スポーツ・・早大日体大 芸能・・・・早大(旧)⇒慶應(新) 強まる早慶・東大の体制 2017年 ●2017年大手企業トップ人事 (東大)・・・昭和電工、住友電装、ナブテスコ、第一三共、ノバルティスファーマ、三井住友トラストHD、三井住友信託銀行、三菱地所、全日空、サトレストランS (慶應) サントリーBWS、日立産機システム、富士通フロンテック、シチズンFD、みずほ信託銀行、百十四銀行、第一生命、朝日生命、タキロン・シーアイ、日本紙パルプ商事、電通、博報堂、MBSメディアHD (早大)・・・デンカ、アサヒG食品、みずほ銀行、東京スター銀行、大和証券、横浜ゴム、ユニー・ファミマHD、小田急電鉄、QUICK ●上記大手企業人事以外でも ・慶應の理系投資が強まる→薬学部の設立、鶴岡慶應生命研究所設立、慶應イノベーション(再生医療・生命科学・宇宙開発)設立 ・一流企業就職、成功起業家、司法試験、公認会計士、大学教授、国家総合職、国会議員・閣僚などでも東大と並んで際立つ早慶 ⇒⇒⇒早慶の台頭と既存東大の存在により、地方旧帝大はもちろん、京大・一橋・東工大といった国立難関校の存在感までもが急速に減退しているのは大学界や産業界に詳しい者なら皆が感じていることだろう。20~30年も前ははいわゆる東大京大を含めた”旧帝一工神”こそが「真なる大学」であったのだ。

A.良い大学を卒業して、人生が快調になる筈がないじゃないですか(笑)。かえって苦労するだけですよ。 慶應義塾大学や早稲田大学や東大、京大を出て企業に入ろうものなら、一生世界中を転々としなくてはなりません。 給料はいいですけどね。 苦労は、普通の人より多くなりますね。 適度に良い大学、というあたりが一番いいのではないですか?、又は慶應義塾大学を出ても、地方の転勤の無い中企業に入るとかの人生のほうが幸せだと思いますよ。


Q.(大学ランキング)で上位代表の旧帝・早慶を卒業したら、二次的、三次的にどんな特典がありますか? ・高給もらう→かわいい彼女と結婚しやすい→妻から離婚しにくい ・早稲田つながりで営業常務と仲良くなりやすい など *総合大学力 {文系のお薦め(進路幅、社会実績、偏差値、職歴などより} 1、東京大学、慶應義塾大学 2、京都大学、一橋大学、早稲田 3、地方帝大、横神、早稲田旧二部、上智 4、筑外茶、府立市立、マーカンICU 5、金岡千広 6、国立大(5Sなど) 7、地方国立大、SSM・日本 8、日東駒専、産近甲龍、南山 9、大東亜帝国、愛愛名中 10、関東上流江戸桜、摂神追桃、他Fラン {理系のお薦め(研究&マネジメント、就職実績、職歴、偏差値などより} 1、東大、医学部医学科 2、京大、東工大、慶應義塾 3、地方帝大、早稲田 4、横神、筑茶、府立市立、上理 5、電農名繊、金岡千広、マーカンなど 6、地方国立大等、4工大等 7、底辺地方国立大、中堅私立大理系 8、私立大学等、Fランクなど 社会的実績・偏差値難易度・将来経済力など様々な実質的要素を考慮する。 (1)東京大学、慶應義塾大学、医学部医学科(国立・難関私立) (2)京都、一橋、東京工業、早稲田政経、私立医学部 (2.3)早稲田(政経以外) (2.7)大阪 (3)東北、横浜国立、名古屋、神戸、九州、上智 (4)北海道、お茶の水、東京外国語、筑波、千葉、大阪府立、大阪市立、中央、明治、立教、理科大、同志社、関西学院 (5)金沢、広島、岡山、横市、東京農工大、名古屋工業、青山学院、学習院、法政、津田塾、関大、立命館 (6)埼玉、静岡、新潟、滋賀、京都工芸繊維、電気通信、名古屋市立、成城、成蹊 ・まずは国立大学を優先的に志望する、という側面も強かったことから、私立大学は「結果的な入学者」も多い。すなわち、国立大学は自分の学力に適した「第1志望」であった学生が多いが、私立大学の場合は、国立志望者も私立志望者も入り乱れての競争となり、国立大学合格者を差し置いて、別次元でまた競争がある。 旧帝大医学部、国立大医学部、東大、京大、一橋、東工大、阪大といえど落ちる受験者のほうが多く、彼らは私立志望者との競争を余儀なくされる。慶應には旧帝医、国医、東大の崩れ、早稲田には京大一橋東工大の崩れ、マーチカンカンなどには旧帝大の崩れ水準が多くなり、それなりにジグザグとなる。 ・早稲田と京大・一橋を比較した場合、受験上の希少性・負担は京大一橋だと言えるが、マスコミ(広告・出版・新聞・TV)・政治・法曹・文壇や商社・特定メーカーにおける学校伝統においては早稲田の方が優位とみなせる部分もある。 ・社会の中枢には早稲田・慶應・東大OBが圧倒的に多い、比率で絞れば東大・慶應か ・たとえば、神戸・横国は文系方面で強い有力国立大で、地方帝大(大阪・東北・名古屋・九州・北海道)は理系方面で強い有力国立大であり、文理相殺を考慮している。 ・上記大学30校以上は上位1割の学力が必要:1学年・・・120万人⇒12万人の高学歴者 ・難関国立の門は狭いが、少数であるため輩出・街道はマンモス大学に譲る部分も見受けられる。 ~リーダー~ 政治・公務⇒東大・慶應 財界・経営⇒東大・慶應・早大 金融・保険⇒東大・慶應 マスコミ等⇒東大・慶應・早大 法曹・司法⇒東大・慶應・早大 会計・税務⇒慶應・早大 教授・学問⇒東大・慶應 医療・病院⇒東大・慶應・京大 生命・化学⇒東大・慶應・京大・名大 技術・工学⇒東大・慶應・東工大 偏差値⇒東大・慶應・医学部 受験負担⇒東大・京大・一橋 スポーツ・・早大日体大 芸能・・・・早大(旧)⇒慶應(新) 強まる早慶・東大の体制 2017年 ●2017年大手企業トップ人事 (東大)・・・昭和電工、住友電装、ナブテスコ、第一三共、ノバルティスファーマ、三井住友トラストHD、三井住友信託銀行、三菱地所、全日空、サトレストランS (慶應) サントリーBWS、日立産機システム、富士通フロンテック、シチズンFD、みずほ信託銀行、百十四銀行、第一生命、朝日生命、タキロン・シーアイ、日本紙パルプ商事、電通、博報堂、MBSメディアHD (早大)・・・デンカ、アサヒG食品、みずほ銀行、東京スター銀行、大和証券、横浜ゴム、ユニー・ファミマHD、小田急電鉄、QUICK ●上記大手企業人事以外でも ・慶應の理系投資が強まる→薬学部の設立、鶴岡慶應生命研究所設立、慶應イノベーション(再生医療・生命科学・宇宙開発)設立 ・一流企業就職、成功起業家、司法試験、公認会計士、大学教授、国家総合職、国会議員・閣僚などでも東大と並んで際立つ早慶 ⇒⇒⇒早慶の台頭と既存東大の存在により、地方旧帝大はもちろん、京大・一橋・東工大といった国立難関校の存在感までもが急速に減退しているのは大学界や産業界に詳しい者なら皆が感じていることだろう。20~30年も前ははいわゆる東大京大を含めた”旧帝一工神”こそが「真なる大学」であったのだ。

A.また出たの? 高学歴だとかわいい彼女ができると信じている人。 かわいい彼女が欲しかったら、テラスハウスにでも応募した方が、確立高いよきっとね。


Q.将来銀行、テレビ局、出版社などの職業につきたいなと思っている高校生です。できれば大手がいいです。テレビ局は技術系ではなく制作系に興味があります。 東京理科大学理工学部経営工学科 東京理科大学理工学部情報科学科 早稲田大学人間科学部人間環境学科 これらの大学のうちで僕のなりたい職業になるのに有利なのはどこですか?大学のホームページを見てもよく分からなかったです。 どこの大学に行ったとしても自分次第だというのは分かってるのですが有利不利というのは少なからずあると思い質問してみました。

A.テレビ局に勤務していました。 私の局ではいろいろな出身大学がありますが、東京理科大学よりは早稲田の方が多いと思います。 あくまでも私の周りですが。


Q.ときどき、推薦がほぼ今までなかった東大を称賛しておきつつも、幼稚舎や推薦入試を重視する学府をあまり称賛しないなどのヒトもいたいようで戸惑っています。いったいどういう思考・思想をしているのでしょうか?? ? 慶應法推薦により司法試験合格者数は№.3内を絶えずキープするようになっています、から推薦は大変有効でしょう。むしろ、東大崩れを嫌い、センター試験入試もやめたそうです、優秀な人材を集めるには推薦比率を上昇させたそうな。 また幼稚舎実績を見れば超一流企業就職や医師・弁護士・会計士などに大変、効率的に輩出できており、かなり有効な学府となっていることが分かる。 ・日本一のエリート小学校「慶應幼稚舎」を分析する。(橘木元経済学会会長) ⇒一部上場企業の中では慶應出身の社長が最も多く、上層部が慶應閥という企業も多いので、就職に関しても「慶應」という看板は大きくものを言います。面識がなくても先輩の援助が受けられる場合もあり、中でも幼稚舎出身ネットワークは強固であるそうで将来にわたり有益です。 1995年慶應幼稚舎K組卒・2004年慶大卒 34名 ・御曹司4 ・高級専門職8人(医師4、歯科医1、弁護士2、公認会計士1) ・法科大院生1 ・一流マスコミ6(電通2、博報堂、TBS、日本テレビ、フジTV) ・一流金融商社等4(ボスコン、三菱商事、三菱銀行、第一生命) ・一流メーカー系4(キリン、サントリー、NEC、IKEA) ・一流企業2(横浜銀行、日本アジア投資) ・ほか就職4(コンサル、専門商社、金融、ソムリエ) ⇒まとめると 御曹司4人、高度専門家9人、超一流企業14、一流企業など6 例えば一般の公立中学校のクラスで考えれば、医師・弁護士・公認会計士になれる人材というのは学年に1人いるかいないかである。学年に0.5人と置けば、よくある公立中・1学年280人だとすると、さらにクラス34人に置き換えれば、0.06人、公立クラス34人に0.06人の高度専門家人材がいる。慶應幼稚舎は9人とみなせるので、その比率は0.06:9.00=1:150ということになる。 すなわち単純に考えれば、慶應幼稚舎のクラスは一般公立クラスより150倍も高度専門家人材が誕生しやすいこととなる。 また公立クラスの半分は非大卒となり(40人なら20人が非大卒)、さらに大卒うち半分はFランクに近いような大学に落ち着くことが想定される。慶應幼稚舎上記ケースは専門家以外に御曹司や一流ならぬ超一流企業就職も多く、大変恵まれた進路となっていることが分かる。 ・・・ スーパーグローバル大学37校 スーパーグローバル大学には2つのカテゴリーがあります。ひとつは「トップ型」で、世界ランキングトップ100を目指す力のある大学を支援するプログラムです。このカテゴリーでは、国際経験の豊かな教員の確保や、海外大学との共同カリキュラムなどが想定されています。もうひとつは「グローバル化牽引型」で、これまでの実績をもとに新しい試みに挑戦する大学を対象にするとしています。 これまでも同省は、研究支援政策の中核となっている科学研究費補助金(いわゆる科研費)を特定大学に重点的に配分する政策を実施してきましたが、一部からは、予算配分が旧帝国大学に圧倒的に偏っているという批判が出ていました。このため、同省は昨年「研究大学強化促進事業」を打ち出し、研究水準が高く、世界的な成果が見込めるという22の大学を支援対象として選定することになりました。 ⇒ トップ型:4億2千万円補助:13校 北海道、東北、筑波、東京、東京医科歯科、東京工業、名古屋、京都、大阪、広島、九州、慶応義塾、早稲田 グローバル化けん引型(1億7千万円補助):22校 千葉、東京外語、東京芸術大、長岡技術科学大、金沢大、豊橋技術大、京都工芸繊維大、奈良先端大、岡山大、熊本大、国際教養大、会津大、国際基督教大、芝浦工業大、上智大、東洋大、法政大、明治大、立教大、創価大、国際大、立命館大、関西学院大、立命館アジア太平洋大 好業績に沸く総合商社への就職では慶大の強さが他大学を圧倒2014年8月週刊ポスト 最近では「学歴を考慮しない」採用を謳う企業が増えているが、人気企業の出身校別採用人数を調べると、結果的には東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学といった有名大学が多くの企業で上位を占めている。 近年、好業績に沸く総合商社では、慶大の強さが他大学を圧倒。三菱商事(26位)、三井物産(15位)、伊藤忠商事(7位)、住友商事(51位)、丸紅(18位)の大手5社すべてで採用人数トップとなっている。一方、早大はマスコミに人材を多く輩出する。朝日新聞社(57位)、読売新聞社(76位)といった大手新聞社、講談社(63位)、集英社(67位)、KADOKAWA(103位)、小学館(123位)といった大手出版社では早大がトップ。マスコミでもテレビでは必ずしも早大優位とはいえない。日テレとテレ東では慶大が多数派だ。

A.やだよ。慶応は。入ったら葉山につれていかれ、レイプされるんだろ。


科学技術出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:10:41