出版社「税務研究会」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>税務研究会

税務研究会 公式ホームページ

税務研究会
税務研究会

税務研究会 関連通販

税務研究会 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.現在、個人事業主(訪問整体)をしているものです。 この事業を軸に、今後研究会(個人事業に関わっていないメンバー含め)を立ち上げ、 地域の方や、同職者の方への講演会・研修会(有料)を行っていけたらと考えています。 そこで質問があります。 ①:個人事業を軸にした研究会の立ち上げ方について。 ②:研究会を立ち上げる際、どの機関(例えば税務署)に連絡や相談をすればいいか。 上記二転に関してお答えを頂きたいです。 よろしくお願いいたします。

A.知恵袋レベルの質問では無いと思います。 いくつか方法あると思いますが、一般社団化することが多いのでは無いでしょうか? ただ、研究会としての活動が軌道に乗るまでは個人事業としてやるのが無難ではないかと思います。 地域的な活動をやろうとすると、正式な団体である必要があることが多い(どこの誰だかで対応が変わるので)ので、一般社団を設立しなければならなくなるかもしれません。 が、地域向けの活動は「日本○○協会」みたいな大きな組織でないと相手が乗って来てくれないことも多いです。 どこまで具体的に活動内容が決まっているのかによりますが、個人名義での活動で様子を見てからの方がいいと思いますよ。


Q.舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑! 家族旅行費を政治資金として届け出 このようなものが都知事として政治家として許されることなのだろうか? 皆様はどのようにお考えでしょうか? ? 舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑! 舛添要一都知事(67)の三つの政治団体、「グローバルネットワーク研究会」(以下「グ研」) 「新党改革比例区第四支部」「泰山会」の政治資金収支報告書(2012~2014年)を 「週刊文春」特別取材班が精査した結果、政治資金規正法違反の疑いが浮上した。 「グ研」の収支報告書によると、舛添氏は2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル 「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」として、237,755円を計上している。 翌年も1月2日にやはり「会議費用」として、133,345円を計上、その金額は、あわせて371,100円となっている。 正月の温泉リゾートで、いったいいかなる「会議」が開かれたのか。 木更津に向かった小誌取材班は同ホテル関係者から次のような証言を得た。 「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。 いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」 言うまでもなく、政治資金には、国民の血税である政党助成金が含まれている。 もしこの証言が事実ならば、舛添氏は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、 かつ「会議費用」と虚偽の記載をしたことになる。 舛添氏に事実関係を尋ねたが、「すべて法的に適切に処理しています」とだけ回答があった。 政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授はこう指摘する。 「収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高い。しかも繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の単純ミスではなく舛添氏による意図的なものと考えざるを得ません」 政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、「5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる 可能性があり、最悪のケースでは公民権の停止もあり得ます」。 舛添氏の真摯な説明がまたれる。 週刊文春 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6133 > 舛添氏の真摯な説明がまたれる。 説明の必要などないよ。即刻辞任表明が待たれるでしょう。家族旅行費を政治資金から流用したなんて、せこい舛添らしいやり口です。このような犯罪で知事の座を失うにお似合いの男です。 私的な温泉旅行など自分の金で行けばいいのに、この男はそんな金もびた一文払いたくないのでしょう。政治資金と言っても寄付などではなく、政党助成金でしょうから、これは国民の税金です。 前日、公用車を止めるとか言い出したから、どうもおかしいと思いましたが、この文春の記事が出ることを分かっていたのでしょう。本人も追い詰められている感じを持ったのかも知れない。 舛添の政治団体絡みでは大きな疑惑があったが、赤旗が報じたせいかたいした騒ぎにならなかった。それは注目度が低かったからです。今回37万円という金額であっても、都知事という要職についており、明らかな虚偽記載であれば、これは捜査して立件すべき事件となります。 しかし、せこい奴というか、舛添という男はドケチなのですね。普通正月の家族旅行など誰だって自分の貯めていたお金を使うでしょう。それを国民の税金でまかなうと言うのですから、こんな最低の政治家見たことありません。 >「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」 舛添要一は嫌われている、ホテルの従業員全員が証言するのではないか?もう、これは隠蔽工作など出来ないでしょう。 完全にアウトで追い詰められてしまったのではないか? 家族旅行を政治団体の家族旅行か?絶対に自腹を切るのが嫌な人間だから、ついに墓穴を掘ってしまったという事ですね。 これまでも散々税金を食いつぶしてきたような奴ですから、何かやっているとは思いましたが、ついに週刊文春が掴んだという事ですね。 テレビ局もこのホテルに早く取材して、その舛添が家族で止まった豪華な部屋でも映して見せたらいいだろう。 正月家族ずれで会議をしてました。単に私的な家族会議でなく、政治資金規正法に記載しても合法な会議です。・・・・どんな言い訳するのか楽しみだね。 又、こんな顔をして時間の無駄だ・・・などと言い放つのかな? 添要一東京都知事 記者の質問へ 「時間の無駄だ!税務署で聞け!」外国特派員協会で、美術品購入など2412万円の政治資金流用に関して回答拒絶 下記より転載 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

A.どれもこれも致命的とは言えないのですが、でも、しかし、記者会見での本人説明に納得できた人もいないと思います。 どうも彼はずれている、公私の区別をする基点がズレているようです。ですからまだ闇の中に、相当やばいことがあると思いますよ。 文春、頑張れと言いたいな。


Q.ベストアンサー有難うございました。 お尋ねの税金の勉強をできるものが何かないかとの事ですが、所で気を紹介します。 医療費控除のすべてがわかる本(税務研究会) http://w3.zeiken.co.jp/books/b000175.html 一目でわかる医療費控除(清文社) http://www.skattsei.co.jp/search/050325.html 新・くらしの税金百科 2015~2016(清文社) http://www.skattsei.co.jp/search/050555.html このへんがお勧めですかね。医療費控除に関しては、私は上記2つを2年毎に交代で購入しています。また税知識の入門編としては『くらしの税金百科』は良いと思います。申告に関する本は、ショッピングサイトを検索すると沢山あります。良さそうと思うものを探してください。 なお、URLは出版社のものですが、ショッピングサイトでも探せますのでそちらで求めても良いでしょう。

A.書籍のご紹介ありがとうございました。本当に助かりますm(._.)m 顧客の確定申告で医療費控除のための集計が今後もたくさんあります。介護保険受けてらっしゃる方が難解なのでぜひ参考にさせていただきたいと思います。 また、今の会社に入社して日が浅く、はじめて確定申告の手続きをやるのですが税理士試験勉強してるわけでもなく税のことは初心者です。税金百科も活用させていただき乗り切ろうと思います。


Q.三井住友HG利益1479億円納税300万円・ソフトバンク利益788億円納税500万円等と 大企業がまともに法人税を払いませんがどうすればいいと思いますか 参照したのは、税金を払わない巨大企業 文春新書 富岡幸雄 著書の作者である富岡幸雄氏は国税庁の大蔵事務官・国税実査官を経て通商産業省中小企業承継税制問題研究会座長・政府税制調査会特別委員等を歴任 現在は、日本租税理論学会理事・税務会計研究会顧問を務める国税の裏表を知り尽くした 税務のスペシャリストが命をかけた曝露本です

A.政治家と癒着しているので無理です。 トヨタが一番でしょ。


税務研究会 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:04:08