出版社「羊土社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>羊土社

羊土社 公式ホームページ

羊土社
羊土社

羊土社 関連通販

羊土社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.「羊土社」ってなんて読むんですか?

A.ようどしゃ と読みます


Q.培養細胞に関する書籍を探しています。 細胞株の由来、特徴、どの様な研究に有用かなどを知りたいです。 このような本として、羊土社の細胞・培地活用ハンドブックを見つけましたが、あまり詳 細ではないので他にそのような書籍があれば比較して購入したいと思っています。 洋書でも構いません。

A.本である必要はあるのでしょうか? まずは、セルバンクのウェブページで調べてみてはいかがでしょうか。


Q.遺伝子組み換え実験に関する質問です。 以前、細胞表面抗原に対するモノクロを作製する時に抗原となるタンパク質を遺伝子組み換えにより作製する際「大腸菌の培養や、タンパク発現誘導の知識と技術」が必要だと教えていただきました。 羊土社のタンパク質実験の本に大腸菌を利用する組み替えタンパク質発現系の他に「無細胞合成系」というのがありました。各メーカーからキットが出ているようなのですが、こちらの系でも細胞表面抗原の組み換えタンパクを作製することはできますでしょうか? 質問内容がいろんな方面に飛んでしまってすみません。 よろしくお願いいたします。

A.答から:できます。 以下、私の考えです。 できますが、お勧めしません。 できないかもしれないですから。「無細胞合成系」は rabbit reticurocyte 使用のものから始まって、いろいろな系が開発されていますが、どの系も、満足に機能しているとは言い難い(私の考え)です。使用する系によって、添加してある合成系関連物質が違いますし、効率も違います。また、全てのタンパク質に適応できるものではなく、やってみないとわからないです。ちなみにですが、CD は本来が膜貫通タンパク質で膜発現なので、この手のタンパク質には適応できないことが多いです。最近は「膜発現タンパク質にも適用可」と唱っているものもありますが、果たして全てに適応できるかどうかわかりません。また、免疫やその後の確認の ELISA にもタンパク質が必要なモノクロ作製に、必要充分なタンパク質が発現/回収できるかというと厳しいと言わざるを得ません。 実際的な話かどうかわかりませんが、抗原を得るのであれば、最も一般的な大腸菌のシステムか昆虫細胞のシステムの方が実際的です。もちろん、タンパク全長が必要ではないかもしれません。その場合、エピトープを限定するためにペプチド合成して KLH などにつないだ方が実際的かもしれません。まあ、質問とは関係無いですが、自分でモノクロをとる気であるなら、また詳細をご相談下さい。ですから、「大腸菌の培養や、タンパク発現誘導の知識と技術」が必要というのはごくごく一部で、モノクロ作製に関連するこういうもろもろのこと(一部を前の質問で箇条書きした分)が自分で判断していける知識/技術が全般的に必要だとご説明したわけです。 この質問単独への回答は上に書いたとおり「できます」になります。 (モノクロ作製に必要十分か?という質問なら答えは上述の理由により「わかりません」です)


Q.医学系出版社の特徴について教えてください。 私は就活をしており、今度医学系の出版社を受けることにしました。 以前から出版業界に興味があったものの、医学系の出版社のことはまったくわかりません。 大きな本屋で医学系コーナーをざっと見まわしたのですが、医学書院や南江堂の本が多いことがわかったくらいで、各出版社ごとにどのような特徴があるのかなどはわかりませんでした。 もしよろしければ、医学書院・南江堂・金原出版・南山堂・羊土社などの出版社のそれぞれの特徴などを教えてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。

A.インターネットで各出版社の書物で 著者の状況を調べられてみてはいかがでしょう。 例えば、どこどこは東北大出の先生が多く書かれているとか、 どこどこは○科専門だとか解って来ると思いますよ。 科学雑誌ニュートンでも傾向はあるはずです。


羊土社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:22:37