出版社「誠文堂新光社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>誠文堂新光社

誠文堂新光社 公式ホームページ

誠文堂新光社
誠文堂新光社

誠文堂新光社 関連通販

誠文堂新光社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.自動車の「単一のモデル」の概念について(長文) 私は広汎性発達障害(ASD)と診断されている者です。これから質問することは普通の定型発達の方の感覚からすると理解しにくいことかもしれ ません。 自動車の開発において、シャーシやコンポーネントを流用することがありますよね。 古い例だと ・フォルクスワーゲンタイプ1→タイプ2、カルマンギアetc ・フォードファルコン→マスタング ・ダットサン乗用車(ブルーバード)→スポーツカー(フェアレディ) 等があり、現代だと専用のプラットフォームを使っていることのほうが稀ですよね? 上記のような、他の車のシャーシをベースに生まれた車は、ベースになった車のバリエーションの一つ?それとも別個のモデルとして考えるべき?という思考が頭の中をうずまき、苦しい思いをしています。 「単一のモデル」の概念が変わると自分自身が車を選ぶ上での判断基準が変わってくるからです。 以前(3年くらい前まで)は、シャーシを流用して生まれた派生車であっても、あくまでも別のモデルとして開発された車は、ベース車とは別個のモデルであるという概念を持っていたのですが、どういうわけか、それまでの「当たり前」に疑問を感じるようになってしまったのです。 最近ではシャーシを共有していても別個のモデルとして扱われるけれど、実は昔はまとめて一つのモデルとする考え方があったのではないか?という気もしています。 他車のシャーシを流用した車が単一のモデルとして扱われていないのではないか?という根拠として、 ・カーグラフィック誌1970年11月号65ページの中でホンダZがNⅢ360の一バリエーションとして扱われている ・カーグラフィック誌1971年12月号の中での初代スバルレオーネの紹介記事はff-1の派生車であると書かれているとも解釈できる ・別冊モーターファン国産車100年の軌跡(1978年)の中で、マツダキャロルがR360の、初代スバルレオーネがff-1の、初代スバルレックスがR-2のそれぞれバリエーションモデルとして扱われている。 ・クラシック&スポーツカー日本語版第4号の中で、シトロエンアミ6が2CVの一部であると解釈できる文章がある。(80ページ) ・モーターマガジン臨時増刊世界の自動車特集62年4月号の中で、シトロエンアミについて「ニューモデルというより2CVの発展改良型の印象がつよい」との記述がある。(142ページ) ・モーターファン64世界オートレビュウの中で、シトロエンアミについて「2CVの近代版」との記述がある(98ページ) ・自動車のアルバム1964年版(誠文堂新光社)でシトロエンアミについて2CVの高級型との旨の記述がある(70ページ) ・古いモーターファン誌?の中でトヨタスポーツ800について、メーカー側にパブリカの仲間ですか?と尋ねたインタビューがある(これはスポーツ800が元々パブリカスポーツというショーモデルだったからか?) 改めて言うと、私が知りたいのは他車のシャーシを流用して生まれた車が、派生元とは別個のモデルであるという概念が確実に昔からあったのかということです。 昔から車が大好きで生き甲斐だったのに、こんなことで苦しみ、調べごとにかなりの時間やお金をかけるようになってしまいました。またいつか、心の底から安心して車を楽しめる日々が来ることを望んでいます。 この意味不明な文章を最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

A.ベースとなるシャーシを流用しても、別の車種でしょう。それは昔も今も同じです。 たとえば、ちょっと古いですが トヨタのマークⅡとチェイサーとクレスタ。 これは全く同じボディがベースです。ほとんどの部品も共用です。でもこれらは別の車種です。(兄弟車という言い方はしますがね。) いまだとノアとヴォクシィ、アルファードとヴェルファイアなどもそう。 今はモノコックボディが主流ですから、VWやベンツ、BMW、国産車も、 同じように○フレーム、△フレームといった具合に。 ベースとなるフレームを同じくしても、車種は異なります。 単純に考えてよいのではないですか? 同じシャーシを流用していようが、派生していようが、 メーカーが、異なる車種として発売していれば、それは別のクルマです。


Q.雑誌のタイトルを教えて下さい。 ・少なくとも1991年度から92年度の間には月刊で発刊されていた。 ・幼稚園生〜小学校低学年を対象として、毎号一つの物事について書いていた科学雑誌。 ・ 91年度と92年度のテーマにはダンゴムシ・ラッコ・イカ・骨・ゴマフアザラシ・警察犬・アルミ缶とスチール缶などがあった(どれがどの年度のかは何月号なのかは不明) ・版やページ数は不明だが、小さくはなく(A4程度?)、ページ数は多くない。 ・モノクロページはなく写真がふんだんに使用されていた。 ・出版社や執筆者、編集者等は不明。 ・誠文堂新光社の「子供の科学」、福音館書店の「かがくのとも」ではない。 以上の条件に合致する雑誌を探しています。 雑誌のタイトル以外の付帯情報(出版社・当時の販売価格・現在の発刊状況・収蔵図書館などなど)もご教示下さりますと幸いです。

A.テーマの部分の確認が取れないので、なんともなんですが。 こちらとかちょっとあやしいですかね。 写真よりイラストの方が多そうなので違うかな? 『コペル21』くもん出版 http://id.ndl.go.jp/bib/000000038740 1983年に創刊され、1993年3月に廃刊になった雑誌です。 ネットに落ちてる情報も少なく、表紙画像等も80年代の物ならあるのですが。 一応現物は上記の通り国際こども図書館に所蔵がありますので、お近くの図書館もしくは直接「91年と92年の各号テーマが知りたい」とレファレンス(参考調査)依頼をするとよいかと思います。 表紙から写真だと、福音館の『たくさんのふしぎ』かな、と思ったのですが、こちらは対象年齢が小学3・4年生なのと、HPでバックナンバーの確認ができるのですが、該当年にそれらしきものがないので、こちらではないと判断しました。 幼年向きの『ちいさなかがくのとも』は創刊が2002年なので明らかに違いますし。


Q.以前質問されていた、銀河系のバルジの中の恒星の動きについて、私自身も興味を持ったので、調べた結果をご報告します。 1.「基礎からわかる天文学」半田利弘著(鹿児島大学教授)、誠文堂新光社(P188) 「一方、バルジやハローにある天体は共通の軸を持たず、まちまちな方向にさまざまな速度で公転運動しています。銀河内の恒星はその大きさにくらべて間隔が桁違いに離れているため、このような運動をしていても、直接衝突することはありません。そのため、全体の運動が揃っていないままでいられるのです。」 (注)上のように書かれていますが、その根拠等は一切不明です。 2.JASMINEプロジェクト 国立天文台などが協力して小型の衛星を打ち上げ、銀河系の中の星の動きを観測しようというプロジェクトです。現在、正にこの問題について研究中のようです。 http://www.jasmine-galaxy.org/pub/baba20101201.pdf(P9~10) 一口に「バルジ」といっても、ボクシーバルジと古典的バルジの2つの領域があり、 ・ボクシーバルジは、銀緯によらない同じ回転速度(円筒形的な回転) ・古典的バルジは、回転なし(等方速度分散で支えられた系)。高銀緯ほど回転速度が遅い。 http://www.jasmine-galaxy.org/pub/JASMINE_Nagashima101201.pdf(P2~4) ・バルジがどうやってできたのかは、全然わかっていない。 ・小さな楕円銀河が集まって出来たとしたら、ほとんど回転しないはず=古典的バルジ(速度分散によって支持されている) ・スモールバルジは回転しているっぽい などと書かれています。 結局、よくわからないです。まだ、よくわかっていないというのが、今の研究の現状なのではないかと思われます。 ここまで調べた私の印象としては、バルジでは、回転による遠心力と重力が釣り合っているわけではなく、速度分散(気体の圧力のようなもの)により重力と釣り合っている、すなわち空に浮かんでいる雲みたいなイメージではないかという気がしています。 地味な分野ではあるようですが、JASMINEの今後の研究に期待したいところです。

A.わぁ! ホントにホントにありがとうございます。 知恵コレクションにして、後ほどじっくり読ませていただきます。 ホントにありがとうございます。 ちょっと感動すらしています。


Q.新刊本を書店店頭掲載時と同時に図書館に貸し出しているのは、新潮社だけですか? -ベストアンサーに選ばれた回答をここで抜粋させて頂きます- kojisan2007さん2011/3/1122:01:35. 「新文化」という出版業界紙に発表(2011年2月7日号)された、某大手書店グループの2010年の出版社別売上ベストによる上位10社は、 講談社 集英社 小学館 角川グループパブリッシング 学研マーケティング 新潮社 宝島社 文藝春秋 ダイヤモンド社 医学書院 以下主な出版社は、 幻冬舎 NHK出版 岩波書店 PHP研究所 成美堂出版 朝日新聞出版 昭文社 デアゴスティーニ・ジャパン 日本経済新聞出版社 南江堂 光文社 ポプラ社 日経BPマーケティング 主婦の友社 JTBパブリッシング 旺文社 有斐閣 医歯薬出版 高橋書店 中央公論新社 徳間書店 早川書房 スクウェア・エニックス 筑摩書房 中央経済社 世界思想社数学社 白泉社 東洋経済新報社 オーム社 双葉社 柏書房 メディアファクトリー マガジンハウス 河出書房新社 中経出版 ソフトバンククリエイティブ 中央法規出版 技術評論社 メディカ出版 主婦と生活社 ナツメ社 インプレスコミュニケーションズ メディックメディア 秀和システム 日本能率協会 翔泳社 祥伝社 廣川書店 アルク ミネルヴァ書房 世界文化社 実業之日本社 福音館書店 毎日コミュニケーションズ 三省堂 TAC出版 丸善 朝倉書店 扶桑社 大和書房 偕成社 自由国民社 日本実業出版社 三笠書房 ベストセラーズ 新星出版社 ワニブックス 東京大学出版会 文光堂 平凡社 ベースボール・マガジン 実務教育出版 白水社 大修館書店 角川春樹事務所 共立出版 誠文堂新光社etcあります

A.「新潮社の社長が、一部の新刊に限って図書館に対し1年間の 『貸し出し』の猶予を求める考えを明らかにしました」 今更ですが、この場合の「貸し出し」は 出版社が図書館に本のレンタル云々という話ではなく 図書館が利用者に対して行っている貸出サービスのことです。


誠文堂新光社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/23 Thursday 09:13:36