出版社「講談社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>講談社

講談社 公式ホームページ

講談社
講談社

講談社 関連通販

講談社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.曽根まさこ先生の短編作品「12月のエルメイン」で主人公エルメインが男性にだけ発症する血が止まらなくなる「血友病」を受け継ぐという設定でした。収録されていたKCなかよし『海にしずんだ伝説 』では「血友病」だったのですが、それから後の講談社漫画文庫『闇に消えたクリスマス』に収録された時には「不治の病」と変更されていました。「血友病」のままだと問題があるのでしょうか?

A.たぶんあとから遺伝子や染色体異常の事実が分かってきて、 内容表記を変えたんじゃないですか。 ウソを発信し続けてはならないという出版社の判断だと思います。 特に大手の出版社で、漫画となると、 医学の問題にはうるさく言う人が出てくるから。 (関係ないけど「闇に消えたクリスマス」懐かしい。 単行本でまだとってあります) えらく医学的・専門的な話になるけど 「血友病」は必ず男性だけが代々発病要素を保有するのではなくて 遺伝子で、母親側に発病要因があれば、隔世遺伝するため、 血友病=男だけ、というへたな誤解を植え付けない為ではないですか。 後述しますが、条件的に、女性が受け継ぐ染色体遺伝子であり、 夫婦のカップリングによっては、 女子にも25%の確率で血友病患者が生まれます。 ヒトの性染色体は、男性の染色体はXYで、女性はXXです。 で、血友病の男性患者の染色体は「X’Y」です。 ですが、どの男性も持っている「Y」の遺伝子は、娘には遺伝しません。 娘は女性ですから「Y」など持てるはずがなく、 性染色体が「X」関係だけになるからです。 ということは「X’」という、血友病特有の染色体が、 その子孫たちに血友病を引き起こすわけです。 そしてこれは「X」の特殊な染色体なので、 通常、「Y」を持たない女性にしか受け継がれず、 女性がこの染色体を持つ事によって、子孫に遺伝してしまうわけです。 わかりにくいですかね、すみません。 例えば、父親が血友病の「患者(X’Y遺伝子)」で、 母親が「健常者(XX)」だった場合、 この夫婦の息子の遺伝子は普通に「XY」であり、 患者どころか、発病遺伝子を持つ保因者にすらなりません。 ところが、この夫婦の「娘」の遺伝子は「X’X」となり、 血友病遺伝子を持つ「保因者」となります。 つまり、「父親が患者×母親は健常者」の夫婦なら、 その娘である女子はみんな「X’X染色体保因者」として生まれ、 もし健常者の男性と結婚し、子供が生まれた場合、 隔世遺伝します。 この場合、25%の確率で息子が血友病患者になり、 25%の確率で、娘が保因者になり、 残りの50%は息子・娘どちらも健常者として生まれます。 また、女子で血友病患者が生まれる可能性も低くはないのです。 例えば「父親が血友病患者」で「母親は遺伝で生まれた保因者」 だった場合、この夫婦の間に生まれる女の子は、 25%の確率で、「血友病患者」になります。 メンデルの遺伝子法則みたいな。 詳しくはこちらでどうぞ。 ↓ http://hemophilia-japan.org/contents/knowledge/2-1-1/2-1-1-2.html


Q.漫画家の小松大幹の絵を見ていると、なにかそのまま浦沢直樹が描いたキャラなんじゃないかという絵があります。検索しても、浦沢直樹のアシスタンをしていたという情報は出てきませんでした。 小学館系でデビューされていて、竹書房や講談社でも描いていたので、アシスタントをしていたとしてもどの時点でというのがよく分かりません。 小松大幹が浦沢直樹アシスタントをしていたのではなく、自然に描いていたらいつのまにか浦沢直樹風の絵になったとか、共通しているプロのアシスタントがいるのでサブキャラであればその方が描かれている可能性もあります。暇になった浦沢直樹が描いているのかもしれませんが、それはなさそうです。どのような経緯で浦沢直樹絵になったのかご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

A.もしかすると浦沢直樹と 「手本」が同じなのかもしれません。 浦沢直樹の絵柄のルーツは 「バンドデシネ」という、フランス漫画ジャンルです。 実は日本の漫画の進化というのは 日本独自の発展ではなく、 このバンドデシネが大きく関わっているんです。 バンドデシネの大きな特徴は リアルとコミカルの融合。 日本では今じゃ当たり前ですが これが1979年に紹介されるまでは もれなく手塚治虫系ばかりでしたし、 バンドデシネに影響された作家には 浦沢直樹のほか宮崎駿・大友克洋・ 鳥山明・松本大洋・荒木飛呂彦などなど 絵に定評のある人ばかりなので バンドデシネがいかに日本の作画に革命を与えたか ご理解いただけるでしょう。 そんなわけで、その小松とか言う人も バンドデシネに影響を受けた一人なのかもしれません。


Q.ライトノベルの出版社について。 気の早い話ですが、ライトノベルの新人賞に応募してみようと思っているのですが、製本化された時にソフトカバーの単行本サイズが理想で、ちょうど『掟上今日 子シリーズ』のようなサイズにしたいという希望があるのですが、講談社メフィスト以外でこのサイズのライトノベルをリリースしている出版社はあるのでしょうか? 御存じの方いましたら教えてください。

A.MFブックス(メディアファクトリー=KADOKAWA) レッドライジングブックス(TSUTAYA) アルファポリス こんなところですね。 ハッキリ言って、マイナーレーベルしかありませんし、オーバーロードレベルの人気がでないとあまり儲かりません。 中高生をターゲットにしたライトノベルという分野では、単行本はメッキリ売れないのです。 素直に文庫サイズのレーベルの新人賞に出すのが良いでしょう。


Q.講談社『中日辞典』によると 受不了…たまらない、耐えられない 受不起…たまらない、耐えられない 受不住…たまらない、耐えきれない わかる方、もう少しこれらの違いの説明をお願いします。

A.受不了:我慢できない、たまらない 例句:你的脚太臭了,真让人受不了。 お前の足が臭すぎてもう我慢できないわ。 受不起:受取る・受入れる資格はない 又は 受取る・受入れる能力がない 例句:这么贵重的礼物,我受不起。 こんなに貴重なプレゼント、受け取れないよ。 受不住:受不了とほぼ同じ。


講談社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 06:07:47