出版社「近代出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>近代出版

近代出版 公式ホームページ

近代出版
近代出版

近代出版 関連通販

近代出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.むたいしゅんすけって 行政法学者だったんだね (笑) おんぶおばけかと思った 3 不祥事・発言 4 活動 5 著書 5.1 編著 5.2 監修 6 所属団体・議員連盟 7 脚注 8 関連項目 9 外部リンク 来歴 [編集] この節は検証可能な参考文献や出典が 全く示されていないか、不十分で す。出典を追加して記事の信頼性向上 にご協力ください。(2015年11月) 長野県安曇野市 (旧三郷村)出身。父・丈 彦は教師で、梓川中学校 長を退職後は 豊 科近代美術館長などを務めた [2] 。 長野県松本深志高等学校 を経て、1980年 に東京大学法学部 を卒業し、旧 自治省入省。入省後は旧自治省勤務のほか、 広島県 庁、外務省経済協力局などを経て、 1987年群馬県企画部地域振興 課長、1988年群馬 県総務部財政課長、1990年自治省行政局公務員部福利課課長補佐 、1992年自治省財 政局調整室室長補佐、 1993年自治省税務局府県税課課長補佐、 1994年自治省税務局 企画課課長補佐、1995年1月自治省税務局企画課 理事官、同年6月自治省 自治大臣官 房総務課理事官、1997年茨城県総務部次長、1998年茨城県総務 部長、2000年自治省 大臣官房企画官兼総理府地方分権推進委員会 事務局参事官、2001年総務省消防庁防 災課長、安全保障会議 事務局参事官、2004年総務省 自治財政局 調整課長、 2006年総 務大臣官房参事官、2007年財団法人 自治体国際化協会 ロンドン 事務所長などを務 め、2008年退官 [3][4][5] 。 2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙 で長野2区 より自由民主党 公認・公明党推 薦で立候補するも、現職の下条みつ (民主党公認・国民新党 推薦)に敗れ、落選。 2010年4月より 神奈川大学 法学部自治行政学科教授(2016年9月現在・休職中) [6] 。 2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙 に、再度長野2区より自民党公認・公明党 推薦で立候補し、前回敗れた下条らを破り初当選 [7] 。 2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙 で長野2区で再選(2期目)。 2016年8月か ら第3次安倍第2次改造内閣 で内閣府大臣政務官 兼復興大臣政務官 を務めた [8] 。 政策 [編集] 米国の危機管理システム インシデント・コマンド・システム の導入を進めてい る [9] 。 ヘイトスピーチを法律で規制することに賛成。 [10] 地域分散型の再生可能エネルギーの普及拡大をめざすべき。 [11] 選択的夫婦別姓 制度の導入に反対 [12][13] 。 学校教育で、 政治や宗教から過度に距離を置くことの弊害を指摘している [14] 。 不祥事・発言 [編集] 2016年3月17日、国会内で開かれた「行き過ぎた東京一極集中を打破する議員連 盟」の会合で人口の集中する首都圏で待機児童対策が問題となっていることに関 し、「東京をすべて便利にすると、ますます東京に来て子育てしようとなる。あ る程度、東京に行くとコストがかかり不便だ、としない限り駄目だ」などと述べ た [15] 。 2016年9月10日、 内閣府大臣政務官 兼復興大臣政務官 として同月1日に岩手県岩泉 町(台風10号 の被災地)へ被害調査に訪れた際、被災現場の水たまりをおんぶされ て渡っていたとし、謝罪した [16] 。同月12日には「不適切だったと猛省している」 とし、長靴を持参しなかったことについても「大いに反省している」と述べ た [17] 。 その約半年後となる2017年3月8日に開催された政治資金パーティーで、「『長靴 事件』があったものですから、その後、政府の方で、各省で政府が持つ長靴がえ らい整備されたと聞いている。たぶん、長靴業界はこれでだいぶもうかったので はないか。きょうは、パーティーには長靴業界の人は呼んでいません」と発言 し、菅義偉官房長官から不適切であるとして厳重注意を受けた [18] 。翌9日に内閣 府政務官の辞表を提出し [19] 、翌10日付で辞任となった(後任は 長坂康正 ) [20] 。 活動 [編集] 松本市内の 仏教系 [21] の宗教団体の月例会に定期的に訪問している [22] 。 著書 [編集] 続・地域再生のヒント-東日本大震災の教訓を活かす 2012年 ぎょうせい ISBN 978-4-324-09438-9 地域再生のヒント-現場にある潜在能力を引き出す 2010年 ぎょうせい ISBN 978-4-324-09082-4 日本再生のキーワード —欧州に見る地域の力 2009年 イマジン出版 ISBN 978-4-87299-504-6 政策課題と地方財政 (シリーズ 地方税財政の構造改革と運営) 2007年 ぎょうせい ISBN 978-4324080481 三位一体改革と地方税財政―到達点と今後の課題 2006年 学陽書房 ISBN 978-4313120440 高めよ!防災力―「いざ」に備えて「いま」やるべきこと 2004年 ぎょうせい ISBN 978-4324073865 有事から住民を守る―自治体と国民保護法制 2004年 東京法令出版 ISBN 978-4809021824 どうなる地方税財源―分権委最終報告から見た地方税財源充実の視点 2002年 ぎょうせい ISBN 978-4324068496 地方独自税源探索記―茨城県の核燃料等取扱税が生まれるまで 1999年 ぎょうせ い ISBN 978-4324059432 地方消費税の理論と仕組み 1995年 地方財務協会 自治体財政基盤の確立 1995年 ぎょうせい

A.ご無体さんは長野県の安曇野の人間の耳心です。 母親も昨年文春で取り上げられましたが5億円騒動がありますし、親子揃ってろくなもんじゃねぇ! 因みに氏の政務活動費の指摘をしたらDMで圧力かけられました。


Q.山川出版さんの日本史Bの教科書(朱色の表紙)を持っている人に質問です。テストの範囲が291ページから最後までなのですが、肝心の教科書を学校に置いて来てしまいました…。291ページのタイトル(例えば「近代国家の成 立」のような)を教えていただきたいです。宜しくお願いします;;

A.例えば「近代国家の成 立」のような。


Q.【平和憲法を考える⑤】 自民党改憲案は、国益・公益優先で個人の人権を縛る危険を孕んでいるのではないでしょうか? 人権制約 (人としての尊重等) 第十三条 全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。 (表現の自由) 第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。 2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。 3 検閲は、してはならない。通信の秘密は、侵してはならない。 日本国憲法13条は、「公共の福祉」による人権制約を認めます。「公共の福祉」とは、全ての人に保障される人権相互の衝突を調整する原理と理解されてきました。 ところが自民党改憲案は、「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に書き換えています。さらに「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない」(12条)として、公の秩序優先で人権制約することを明確にしました。 「自民党改憲案Q&A」は、「公共の福祉」を「公の秩序」に変えた理由を「基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを明らかにした」と告白しています。他者の人権との調整を超えた「公の秩序」優先で、人権の大幅な制約がまかり通ることになります。秩序の中身は権力者の恣意(しい)的判断で決まる恐れもあります。 人権保障のために憲法が権力を制限するという立憲主義が壊され、国家優先で人権を縛る憲法に転換するのです。 立憲主義 根本から否定 日本国憲法97条 削除 (削除) 97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。 自民党改憲案は13条の「個人の尊重」の「個人」から「個」の一文字を消し、「個人」という憲法の根本概念を消し去っています。さらに、憲法が最高法規であることの実質的根拠とされる「人権の永久不可侵性」(97条)は全面削除されています。 人が人である以上当然に認められる権利として、人権の保障を受けるという「天賦人権思想」について、「自民党改憲案Q&A」は「(そのような)規定振りを全面的に見直した」としています。 このように、日本国憲法と近代立憲主義の核心にある「個人の尊厳」を最高価値とする理念を否定しています。「公益」優先で人権を制約し、権力を縛る憲法から国民と人権を縛り付ける憲法へと逆転しています。「憲法が憲法でなくなる」もので、まともな改憲案とはいえないものです。

A.全くそんなものじゃありませんけどね。 あの草案がくだらないものであるのはそのとおりですが、人権を動向って内容とは全く異なります。 そもそも97条を削除したといってもほかの部分に、特に前分から人権を歌ってるのでむしろ意識としては強化されているとさえ言えます。 更に言えば天賦人権などと言いますが、それを守るのはなんですか? そんな人権があっても守られなければ意味がない。人権を守るのはその人間が所属する社会、つまり国家による『力』です。 当然、個人個人の人権と、全体の人権を守るべき国家が対立する場合は、より有事されるべきなのは全体の人権を守る国家です。 個人の人権。。。欲望と言い換えましょうか。それと国家の権限を弾き比べ、個人の権利・・・要するに欲望を重視するのは野蛮人であって、人権派でもリベラルでもありません。 繰り返しますが自民党の改憲草案はほかの面で重大な問題を含んでおり、また、全体としてみてもくだらないと言うしかない代物ですが、飽くまでも現行憲法を下敷きに改憲するのであればま、あんなもんでしょ・・・程度のものです。 ろくなもんじゃないが、現行憲法と比べるなら別にさほど劣ってはいません。 どっちにしてもろくなもんじゃないので。


Q.この文書を小学生の私にも分かるように教えてください。 第二次世界大戦の敗北は、軍事力の敗北であった以上に、私たちの若い文化力の敗退であった。 私たちの文化が戦争に対して如何に無力であり、単なるあだ花に過ぎなかったかを、私たちは身を以て体験し痛感した。 西洋近代文化の摂取にとって、明治以後八十年の歳月は決して短かすぎたとは言えない。にもかかわらず、近代文化の伝統を確立し、自由な批判と柔軟な良識に富む文化層として自らを形成することに私たちは失敗して来た。そしてこれは、各層への文化の普及滲透を任務とする出版人の責任でもあった。 一九四五年以来、私たちは再び振出しに戻り、第一歩から踏み出すことを余儀なくされた。これは大きな不幸ではあるが、反面、これまでの混沌・未熟・歪曲の中にあった我が国の文化に秩序と確たる基礎を齎らすためには絶好の機会でもある。角川書店は、このような祖国の文化的危機にあたり、微力をも顧みず再建の礎石たるべき抱負と決意とをもって出発したが、ここに創立以来の念願を果すべく角川文庫を発刊する。これまで刊行されたあらゆる全集叢書文庫類の長所と短所とを検討し、古今東西の不朽の典籍を、良心的編集のもとに、廉価に、そして書架にふさわしい美本として、多くのひとびとに提供しようとする。しかし私たちは徒らに百 科全書的な知識のジレッタントを作ることを目的とせず、あくまで祖国の文化に秩序と再建への道を示し、この文庫を角川書店の栄ある事業として、今後永久に継続発展せしめ、学芸と教養との殿堂として大成せんことを期したい。多くの読書子の愛情ある忠言と支持とによって、この希望と抱負とを完遂せしめられんことを願う。

A.<超まとめ> 日本が戦争に負けたのは「文化」を育てるのに失敗したから。だから角川書店は文化を育てるために頑張るよ。文化を育てるために角川文庫を出すよーん。 <だいたいこんな感じ> ちょりーっす!日本は戦争に負けちゃったんだよ-ん!日本の軍隊が負けたってだけでなくってね、「文化」の面でも負けちゃったんだよねーん。 どういう意味かって?もっと「戦争やめよーよ!」とか「争いはよくないよ!」「なんとか回避しようよ!」ってお互いに言い合って相談するような『文化』ってものがそだっていれば、悲しい戦争なんかせずに済んだかもしれないんだよね。でも文化では戦争を止めることができなかった。私たちはそれをヒシヒシと感じてるってわけ。 長年ヒキコモリで誰とも付き合ってなかった日本っていう国が、いろんな国と付き合うようになったのは80年ほど前なんだよーん。80年もあったら、もっと「戦争よくないよ!」「他の国と仲良くしようよ!」って言い合うこともできたわけじゃん?でも日本はずーっと失敗してきたんだよーん!何度も戦争しちゃったんだよ-ん!で、その責任は、私達出版にかかわる人にあるって思うわけ。だってね、インターネットもスマホもない時代は、「本」ってものがみんなで意見交わしたり良い意見を伝えたり文化をそだてたりする大きなアイテムだったんだもーん。マジ私たちの責任! 日本が戦争に負けた1945年、私たち出版関係者はイチからやりなおしすることになったんだよーん。戦争を回避するための文化を育てるのに失敗して、たっくさんの人が死んで、すごい悲しい目にあったからね。超不幸だけど、でもチャンスでもあると思うわけ。これまでメッチャクチャでグチャグチャだった日本の文化を、きちっきちっと育てていくチャンスだって思うわけよ。 角川書店はね、戦争が終わってたくさんの人が死んでひどい状態になっている日本でね、全力で「文化」ってものを立て直そうとしてきたんだよ-ん。で、角川書店を始めたときからずっとずーっとやりたいなーって思ってた「文庫」を出すことに決めたんだよ。世界中のすぐれた本を、良心的なお値段で日本のみんなに届けるためにね。 あ、でも言っとくけど、単にシュミに走ったような文庫ばっかり作ろうってわけじゃないよ!私たちは戦争でひどい目にあったでしょ?二度とそんなことにならないよう、「文化」ってものを育てるために文庫を作るんだよ。それって超ステキなビジネスじゃない? 今後ずーっと文庫を作り続けて、「角川文庫はいいよね、素晴らしいよね、文化を育てるチャンピオンだよね!」そう言われるようになりたーい!読書好きのみんなに支えてもらって、いろいろ意見も聞いて、夢を叶えたいって思ってるんだ-!


近代出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 11:24:18