出版社「週刊金曜日」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>週刊金曜日

週刊金曜日 公式ホームページ

週刊金曜日
週刊金曜日

週刊金曜日 関連通販

週刊金曜日 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.保坂展人ってさあ、日本の自衛隊に大反対していたのに、中国の軍拡大賛成でしたね。かの国の工作員なんですか。 日本を属国に貶めたいのですか。 ・ 東京・世田谷区長がトランプ大統領や安倍首相への危機感でシンポジウム開催 7カ国移民の一時入国禁止令だけでなく、多様性と自由の尊重、マイノリティの尊重などの否定、人工妊娠中絶に関する支援組織への補助金打ち切り――など差別・排外的な政策を推進する大統領令を掲げた米トランプ政権の誕生と、それに追随しようとする安倍晋三首相への危機感などをベースとしたシンポジウム「保坂区長とともに人権・ダイバーシティ(多様性)について語ろう」(国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ〈HRN〉主催)が2月11日、東京・世田谷区の成城大学で開催された。 (小宮純一・ジャーナリスト、2月17日号) 週刊金曜日 htp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170303-00010000-kinyobi-soci 補足 保坂 展人(ほさか のぶと、1955年(昭和30年)11月26日 – )は、日本の政治家、教育ジャーナリスト。東京都世田谷区長(第10代)。 衆議院議員(3期)、社会民主党副幹事長、総務省顧問等を歴任。生年月日 1955年11月26日(61歳) 出生地 宮城県仙台市 出身校 東京都立新宿高等学校 定時制(中途退学) 前職 ジャーナリスト 所属政党 (社会民主党→) 無所属 htps://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%9D%E5%B1%E4%BA%BA 参考 社民党の土井たか子は、下のように中国の軍事パレードに感嘆の声を上げている。 社民党の保坂展人の報告なんだから、サヨクはかみしめなさい。 一〇月一日、午前一〇時。 号砲とともに、国慶節の記念式典が始まった。江沢民主席の閲兵があり、演説がある。そののち、軍事パレードが始まった。地響きをたてて戦車が列をなして天安門の前を通過していく。一〇年前の天安門事件を思い出したのは私だけではないだろう。人民解放軍の機甲部隊が近代化された装備を見せつけるように行軍、最後は東風五一号と呼ばれる大陸間弾道弾を積んだトレーラーが通過していった。空には空中給油機が飛び、戦闘機が爆音とともに編隊飛行する。 一時間あまりの軍事パレードが終わると、あとはお祭り一色のパレードが続き、夜は中国各省の舞踏と夜空に打ち上げられる花火が続いた。前日の夜には豪雨だった。朝の四時半まで雨は続いていたという。約四〇億円をかけて用意された国慶節の行事が雨に直撃されなかったのは、「天が味方」したということになるのだろう。 ただし、国慶節の行事を肉眼で見たのは、ほんのわずかな人に限られる。北京市内は交通の全面規制が行われ、一般市民はパレードをテレビで見たにすぎない。警備も厳重をきわめて、私たち社民党訪中団が天安門横の桟敷に到達するまでに、金属検査機を通り抜けて、荷物のX線検査を経て、招待状を三カ所で呈示してようやく中に入れるという状態だった。 帰国の日、土井団長の印象を聞いた。 「国慶節のパレードには、全国各省の代表が来て、農民、労働者、そして科学者が加わっていました。これは、『科学技術は第一生産力』という江沢民主席の打ち出したスローガンにもとづいて、強力にアピールするという姿勢の現れでしょう。建国五〇年を記念する儀礼的な式典に止まらず、参加している人たちのエネルギーを感じました。天を衝く怒濤のようなパワフルで勢いのある『中国』を実感しました。それに比べて日中間の友好交流の現状は対照的で残念な状態になっている。おおいに課題をかみしめ、新しい気持ちで出発したいですね」 保坂展人の突風行脚の記 月刊社会民主99年11月号 補足説明:中国の国慶節のパレード(天安門広場を戦車やミサイル車などの兵器が行軍する軍事パレード)に非武装中立を主張する土井たか子が参加した模様 ... 一時間あまりの軍事パレードが終わると、あとはお祭り一色のパレードが続き、夜は中国 ... www31.tok2.com/home2/jydjk/3hosaka9911/3hosaka9911_archives.html 要、自衛隊をなくし、安保を廃棄して、日本を無防備にすれば、中国が日本を占領して属国とする。 そうすれば、日本は社会主義国となる。 そして、社会党・社民党は属国に本の傀儡政権の長となれる。

A.というより、世界中に嫌われるトランプにペコペコして、日本人の尊厳を踏み躙り日本を属国に貶めたい安倍晋三がアメリカの工作員ではないでしょうか。


Q.これだから、アカは信用できない。 『週刊金曜日』早々に森友レース撤退!! 裏取引でもしたのか?

A.これも、それも無く、アカなんぞ信用出来ません。


Q.墜落したオスプレイ「極秘フライトマニュアル」が沖縄沿岸に漂着! 中には大惨事の可能性認める衝撃の記述が=皆さんはこのことをどう思いますか? http://lite-ra.com/2017/02/post-2902.html 2017.02.08 昨年12月、沖縄県名護市海上で墜落事故を起こした米軍輸送機・MV22オスプレイ。主翼が真っ二つに大破した機体の姿は、「未亡人製造機」とも呼ばれるオスプレイの危険性を最悪の形で証明したが、事故の全貌が明らかにされていないにもかかわらず、安倍政権は事故のわずか6日後に飛行再開を認め、年明け1月6日には墜落原因となった空中給油訓練も再開した。アメリカのいいなりとなって、自国民の生命や生活を軽視しているという他ない。 そんななか、発売中の「週刊金曜日」(金曜日)2月3日号が、墜落したオスプレイのものとみられる「フライトマニュアル」の内容を検証するスクープ記事を、写真付きで掲載している。 フォトジャーナリストの新藤健一氏による同記事によれば、フライトマニュアルは、耐水性のプラスチック・ペーパーに印刷されたA5版サイズ。厚さ4センチの約300ページにわたるもので、通常時の手順と緊急時の対処手段が記されている。12月13日の事故発生から1週間ほどたった21日昼過ぎ、墜落現場から約18キロメートル離れた宜野座村城原区の沿岸に、ヘルメットとともに漂着していたという。ヘルメットには、英語で人名とみられる文字が記されていた。 フライトマニュアルの記載は、墜落事故が何度でも発生することを強く示唆している。 今回の事故の場合、直接的原因は空中給油の際、オスプレイのプロペラが給油用のホースを巻き込み、これによってプロペラが損傷したためと米軍側は説明している(ただし、詳細については明かされていない)。しかし、実はこの給油時のトラブルは、漂着したフライトマニュアルにも「大惨事」となる危険な事例として記載されていた。 〈空中給油中にホースやその他の装備が機体にぶつかることがありえる。プロップローター(プロペラとローターの合成語)にぶつかったときは大惨事になりかねない〉 〈(前略)ホースが給油機から切り離された後、ホースがプロップローターを叩きつける可能性がある。その時は大惨事になる〉(同記事より、フライトマニュアルの該当箇所の概略) また、同記事では、今回の墜落事故の背景に、昼間よりもさらに危険性の高い夜間低空飛行や、空軍特殊戦群の訓練への関与があったのではという疑惑も指摘されている。詳しくは発売中の「週刊金曜日」2月3日号をご覧いただきたいが、同記事は「海兵隊と空軍の隠密作戦を裏付けるような記載が、このマニュアルにあった」として、次回記事に続くとされている。 昨年には、4月にモロッコで、6月に米フロリダ州で墜落事故が起きている。米国防総省はこの2件ともに人為的ミスで機体そのものには問題はないとしているが、果たして公式発表を信頼できるものなのか。今年に入ってからも、1月31日にイエメン中部で事故を起こし、3人の負傷者が出たと国防総省の報道官が明らかにしたが、発表では「ハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)」との表現にとどまり、詳細は明らかにされていない。 また、最近になって、普天間基地の返還を明記した1996年12月の日米特別行動委員会(SACO)最終報告について、米側が内部資料でオスプレイの危険性について触れていながら、その直後にオスプレイの表記を削除していたことも判明している。当時、オスプレイは開発段階で、91年6月に試作機が墜落、92年7月には着陸直前に落下し7人が死亡していた(毎日新聞1月30日付)。 記事によれば、米軍が作成し防衛庁と交わした96年11月27日付の文書「防衛施設局のための沖縄県及び地域社会説明の想定問答集」のなかには、「オスプレイの構造は既存のヘリコプターより複雑」「飛行試験中に事故が報告され、開発計画は一時中止されかけた」などと言及されていた。一方「既存のヘリと比べ安全か?」とする想定質問には回答はなかった。この想定問答集のなかで米側は「防衛庁の望ましい回答」としてオスプレイに直接触れないことを「模範解答」としていたという。 そうしたなか、同年12月2日のSACOの最終報告では、「海上施設はヘリコプターとオスプレイ部隊の駐留を支援するよう設計される」と明記されていた「草案」(同年11月22日作成)から一転、「オスプレイ」の文言が削られていた。ここからは、米側と日本政府が普天間のオスプレイ配備計画について、機体の危険性を認識しながら、反発を恐れてSACO最終報告からその存在を抹消したという経緯が見て取れる。 昨年の墜落事故時、安倍政権はかたくなに「不時着水」と言い張って「墜落」を否定したことも同様だが、結局のところオスプレイをめぐっては、その危険性やネガティブなイメージを徹底して排除しようとの意向が日米間で働いている 転載(抜粋

A.怪しいね。5月のハワイの墜落や、沖縄は同日2機ですが、詳細が分からない。危ないね。


Q.2017年4月テレ朝番組改編予想 ★(局が公式に実在した) ☆(自作で実在しない) 【月曜日】 19:00~ガチステージショー!(新番組☆) 19:57~Qさま 21:00~中居正広のミになる図書館(枠移 動★) 23:15~月曜元気ナイトドラマ(新設ドラマ☆) 24:20~ナイトゾーン(新番組☆) 【火曜日】 19:00~林修の今でしょ!講座 20:00~みんなの家庭の医学 21:00~こんなところに日本人 23:15~火曜ナイトドラマ(新設ドラマ☆) 24:20~キスマイレージ 【水曜日】 19:00~あいつ今何してる? 19:57~クイズ!ミラクル9 21:00~水曜21時枠刑事ドラマ 23:15~怒り新党 24:20~ならデキ 【木曜日】 19:00~クイズ!名探偵は君だ!(仮)(新番組☆) 20:00~テレビ朝日木曜8時枠の連続ドラマ 21:00~木曜ドラマ 23:15~アメトーーク 24:20~タキツバケーション(新番組☆) 【金曜日】 19:00~ドラえもん(アニメ) 19:30~クレヨンしんちゃん(アニメ) 20:00~Mステ 21:00~金曜ロンドンハーツ 23:15~金曜ナイトドラマ 24:20~ニューウィー(新番組☆) 【土曜日】 18:56~スゴ~イデスネ!!視察団 19:54~池上彰のニュースそうだったのか!! 21:00~サタデーステーション(新番組★) 22:00~しくじり先生(枠移動★) 23:15~スマステ 24:35~「豆腐プロレス」継続放送(土曜深夜ドラマ) 【日曜日】 18:57~日曜もアメトーーク 19:56~人生で大事なことは◯◯ から学んだ 21:00~サンデーステーション(新番組★) 22:00~日曜洋画劇場(枠移動☆) 24:00~関ジャム完全燃SHOW(枠移動☆) 【その他】 平日朝5:25~グッドモーニング 8:00~羽鳥モーニングショー 10:30~スクランブル 12:00~ワイド!スクランブル 13:00~徹子の部屋(枠移動☆) 13:30~上沼クッキング 21:48~報道ステーション 土曜 6:00~週刊ニュースリーダー 8:00~朝だ!生です旅サラダ 日曜 7:00~ヘボット!(アニメ) 7:30~宇宙戦隊キュウレンジャー 8:00~仮面ライダーエクゼイド(共に特撮) 8:30~キラキラ☆プリキュアアラモード(アニメ) 9:00~題名のない音楽会 9:30~ペットの王国 11:55~TVタックル 12:55~新婚さん 13:25~アタック25 【新番組】 【月曜】 【19:00】【ガチステージショー!】 爆笑問題が司会。バトルアクションステージで芸能人やあらゆるジャンルの人達が対決する番組 【24:20~】【ナイトゾーン】 Sexy Zone初の冠番組 「月曜深夜だけど、僕達が元気付けます!」の番組 【木曜】 【19:00~】【クイズ!名探偵は君だ!(仮)】 芸能人や他の有名人などが、謎・ミステリー・事件などを回答して解決する新感覚クイズ番組 MCは船越英一郎 【24:20~】【タキツバケーション】 タッキー&翼の冠番組 ゲストアーティストとタッキー&翼でトークかゲームなどをする音楽番組 【金曜】 【24:20】【ニューウィー】 NEWSの冠番組 メンバー全員があらゆる企画・コーナーをやる番組 【新設ドラマ】 【月曜元気ナイトドラマ】 主に元気が出る・勇気を持てる・明日への勇気になる・明日から頑張れるなどの内容・メッセージなどのドラマを放送 【火曜ナイトドラマ】 主に10代・20代をターゲットの新設ドラマ 主に、学園ドラマ、コメディドラマ、会社や企業などが舞台の青春ドラマ、スポーツドラマ、アクションドラマなどを放送 【終了】 「ぶっちゃけ寺」 「橋下×羽鳥の番組」 「夜の巷を徘徊する」 「日本人の3割しか知らないことくりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【その他説明】 ○「徹子の部屋」が13:00に移動なのは、12:00のフジの新番組「笑いまショー」で司会の中居正広とゲストの対談コーナーがあるので ○「土曜ワイド劇場」は土曜に時々特番で放送する形式でやる(局がそうするのかは分からないが) ○Sexy Zone、タキツバ、NEWSの冠番組を作るのは、今後の映画ドラえもんの主題歌に起用したくて (キスマイが起用されたのは、「キスマイレージ」が放送されたから(分からないが))(「関ジャム完全燃SHOW」の関ジャニ∞もありそうか) ○【金曜ナイトドラマ】と【土曜深夜ドラマ】は今後、 キャストがグラビアアイドルだけ・女性アイドルグループのメンバーだけのドラマを時々放送する方針 (自作なので実在しない) Q:2017年の春改編はこういう形にしてみ ましたが、 私が考えた編成予想のメリットとデメリットは、どことどこですか? そして、私が考えた新編成は成功しますか ? また、どの新番組・新設ドラマが裏番組に勝てそうですか ? 以上をお考え下さい。 また、逆にどんな新番組が見たいですか? 自分ならこんな新番組が見たい? あと、この改編の予想や新番組、終了番組などについてのダメ出しや評価なんか も、是非是非お願いします!

A.予想を評価すると月曜日と火曜日と金曜日と土曜日と日曜日はOK 水曜日は 【水曜日】 19:00~あいつ今何してる? 19:57~クイズ!ミラクル9 21:00~若手俳優陣の番組(戦隊もの出演者優先) お母さん世代や小さい子どもをターゲットにする 23:15~怒り新党 24:20~ならデキ 木曜日は 【木曜日】 19:00~クイズ!名探偵は君だ!(仮)(新番組☆) 20:00~木曜ドラマ 21:00~アメトーーク 23:15~天才イケメン俳優古川雄輝とキスマイ北山の討論バラエティー番組 帰国子女の天才 古川雄輝と名司会者中居正広の後継者キスマイ北山が司会 男女とはず、お父さん、お母さんも見れる番組 24:20~タキツバケーション(新番組☆) だったらテレ朝見るかな。


週刊金曜日 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/25 Saturday 20:34:36