出版社「開拓社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>開拓社

開拓社 公式ホームページ

開拓社
開拓社

開拓社 関連通販

開拓社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.転職について 現在、とある金融の営業職をしております。 1年間外回りや、電話を使っての新規開拓に従事しておりました。 元々金融商品には興味がなく、その中でも最もリスクある商品を扱っていたため、それが苦痛で精神的に少し病んでしまいました。 そして転職を決意し、働くなら興味のある仕事がしたいと思いダメ元で、雑誌の記者や編集者を一社だけ受けました。 すると内定を頂けました。それはいいのですが契約社員で、東京勤務。 家賃補助、ボーナス無しということに不安を感じております。 興味はものすごくありますし、心の中では行く!と決めているのですが、初めてのひとり暮らしということもあり本当に生活できるのだろうかと不安面が大きいです。 ただ今まで興味がなさすぎる仕事でも給料、休みなど待遇面は最高でした。 それでも体を崩してしまうくらいだったので、どうせやるならやりたい仕事をしたいと強く思う部分もあります。 仮にここを蹴って、地元で安定的な仕事についたとしても興味を感じられるようなものではないでしょうし、後悔もしそうです。 手取り17万で、東京都ひとり暮らしは可能でしょうか? 夢を見ずに地元で安定的な仕事をみつけるべきでしょうか?

A.一つだけアドバイスしておきますね。「雑誌の記者」ですよね。 24時間勤務が当たり前です。それも踏まえての給与ですから、「時間外手当」などはないと思ってくださいね。 そして、記事が取れなければ、ガキが怒られる以下の罵詈雑言は覚悟してくださいね。記事は早いもの勝ちですから、あなた様が最初に送ればあなた様の勝ちですし、遅れればあなた様の会社の負けになります。その競争に勝っていけますか。 そのたびに給与は露骨に減額されていきます。 雑誌社というものはそういうものなんです。


Q.池田大作の軌跡3巻の第2章中国方面の開拓の中に出雲大社の蕎麦屋という話があります。 出雲大社の参道の御蕎麦屋さんが1961年(昭和36年)に創価学会に入信したはよいが、出雲大社の協会(参道商店街)から孤立状態になり、 店の売上げも落ちたが、真面目に店を続け、売上げも徐々に上がってはいったが、 東京の学会の幹部からは神社の参道で商売していることは謗法だと言われ、 自分のやっていることは(参道での商売・鳥居をくぐること)謗法かと悩んでいた、 1973年(昭和48年)9月17日に、池田大作会長(当時第3代)が、蕎麦屋に立ち寄り、激励して立ち去ったが 蕎麦屋の主は会長に聞きたいことがあったので、後を追うと、池田会長は、二の鳥居、三の鳥居を平然とくぐっていった 主は、入会してから鳥居をさけていたことを、ちっぽけな迷信と気づかされた 会長に神社参道での商売は謗法ですかと質問、 「信心していない人のご飯を作って謗法なら、料理人は皆、謗法だよ。信心は信心。商売は商売。」と答え 参道での商売は謗法ではないことを確認した。 一瞬いい話のように思われますが、この話はとてもずるく・卑怯な話と思っています。 なぜなら、池田大作の軌跡3巻は、初出 月刊「潮」の2007年(平成19年)11月号掲載だからです。(出来事から34年後) 1973年(昭和48年)はまだ、日蓮正宗創価学会時代で、学会の指導は、蕎麦屋の主が鳥居を避けていたというように、祭り、御輿等の参加は謗法 神社の鳥居をくぐったら罰があたるくらいのことを言っていました。(東京の幹部が参道での商売は謗法、こっちが当時の学会指導・日蓮正宗依り) この当時、池田会長は自分だけ隨方毘尼を行っていたのでしょうか? 私は1970年代に創価学会3世として生まれました、 1970年代、80年代、90年代・・・・・と、修学旅行や仕事等で神社の鳥居等を避け、町内会の祭り御輿には参加せずにきました。(この出来事を知っていれば、鳥居を避けず、御輿等にも参加できた) 1991年(平成3年)11月、創価学会とSGIが日蓮正宗から破門される。 1992年(平成4年)8月、池田名誉会長を含む全創価学会員が日蓮正宗から信徒除名処分 なぜ、1973年(昭和48年)にすでに、鳥居を平然とくぐっていった、隨方毘尼を行っていたのに、破門・除名後に、蕎麦屋の話をせず、 その後10年以上後(2007年)に、蕎麦屋の話なのか? 1998年(平成10年)9月、当時の秋谷栄之助会長は、学会員の祭りへの参加についての質問に答えて、 「今日、祭りとはいっても、宗教に起源をもっていますが、もはや宗教的な意味はほとんど薄く、むしろ地域の親睦をはかるという社會的、 文化的な面が強くなっています。したがって、この種の祭りについては、参加することは何ら問題ありません」 「(日蓮)大聖人は『随方毘尼』といって、仏法の本義に違わない限り、その地方の風習に従ってもよいとの原理を示されています」 しかし、1973年(昭和48年)に、池田名誉会長は、もうすでに神社の鳥居をくぐっているのです。随方毘尼していたのです。 せめて、このタイミングで蕎麦屋の話をすればよいのでは? 集団的自衛権(創価学会員の戦争法案デモや創価学会職員の内部告発本)2015年 本門の戒壇(遠藤文書)2014年 創価大宮田幸一氏の発表(須田氏の文書)2015年 創価学会仏 2016年 ここ最近の創価学会の重要と思われること柄に、池田名誉会長のコメントは一切発していません 池田大作の軌跡3巻の出雲大社の蕎麦屋の話のように、何十年後に、実は名誉会長はこう言っていたとか、こういう行動していたとか ずるく・卑怯な話は無いようにしてください。 創価学会員800万世帯のトップ指導者たる人が、自分だけ随方毘尼をしっているからと、平然と鳥居をくぐり、それを知らない末端の自ら入会したわけでもない子供たちや会員は、学校や町内や職場で我慢させていたのかと思うと・・・

A.あなたのように創価学会を脱会して日顕宗に行った輩が年がら年中いっているイチャモンですね(笑) 日顕宗にいって失敗したから、こんなことでも言わないと気が収まらないか(笑) それより現実問題、日顕のための特別供養60億円を集めることだけ考えてろよ。


Q.人間らしくあるために大切なこと http://www.youtube.com/watch?v=QdvQ8b10eAQ&feature=youtube_gdata_player タクシー値下げ 運転手「もうけ減」 地方も注視 産経新聞1/30(月) 7:55配信 「駅から4回乗せたけど、2回が初乗り運賃だった。値下げ後はもうけが減って しまう」と焦るのは、深夜のJR中央線三鷹駅で“駅待ち”をしていた男性運転手。 タクシー会社は接客態度への注意を呼びかけるが、「1時間待って410円だった ら、態度にも出るよ。人間だからね」とぼやいた。 全国自動車交通労働組合総連合東京地方連合会は「初乗りを嫌う車が“流し”に切 り替えれば、渋滞や排ガス問題を引き起こす可能性があり、駅やホテルで待つ車も 減るだろう。みな戦々恐々としている」と新運賃に否定的だ。 全国的にはタクシーの初乗り運賃は上昇傾向にある。沖縄本島で昨年、40~5 0円値上げし550円(1・75キロ)とした。愛媛県の一部では、初乗り運賃 (580円)を維持したまま距離を短縮した。 国土交通省によると、平成27年度の全国のタクシーによる輸送人数は10年前 に比べ約3割、総収入は約2割減っており、東京の動きに注目が集まっている。札 幌市出身の主婦(62)は「寒い冬はワンメーターで地下鉄の駅まで乗ることがよ くある」と値下げを希望。一方、仙台市のタクシー運転手の60代男性は「うちで も値下げしたら倒産する」とおびえる。 昨年、加盟社の協力を得て乗車実態の調査を始めた神奈川県タクシー協会は「協 会で分析し、各社に報告する予定。東京のなりゆきを見守りたい」と話した。 新運賃について、関西大学の安部誠治教授(交通政策論)は「新規需要を開拓で きるが、この動きは流しの多い大都市特有の現象ではないか」と分析。一橋大学の 山内弘隆教授(交通経済学)は新運賃体系を評価しつつ、「東京五輪を機に、世界 的な運賃体系に合わせる動きはある程度地方にも広がるだろう」とみている。 【関連記事】

A.こんにちは。 いろいろ 大変です。


Q.部下の逆ギレ、パワハラ発言に悩んでいます。大阪の中堅クラスの広告代理店で営業の管理職をしております。中途採用で不動産屋から転職してきた営業部員がおります。当初は彼は売上がよくなかったので、一度営業部会 で彼に『お前はたいしたことないな』というような発言を私がしましたら、彼は翌週から売上が増え始め、いまでは社の売上の1/5程度を1人で稼ぐ営業マンになりました。しかも他人から引き継いだ仕事は全くなく、全部飛び込みで開拓してきました。素晴らしい結果が出たので、全社員がいる中で誉めてみたら『部長にも売上あげてくださいよ』『営業が売上が上げるのは当然ですよね』と逆ギレされました。以降も事あるごとに部下から社員の前で『部長もお子さんが小さいのに、そんだけの稼ぎじゃやってけないですよね?』等、嫌味、逆ギレ、暴言を繰り返しています。売上はさらに伸びており、もう誰も止められません。元はと言えば、私がもう少し言葉を選んで指導すれば良かったのですが、さすがにずっと部下から嫌味を言われると精神的にもツライです。ちなみに当社の社長やその他の社員は我関せずで、むしろ社長は、逆ギレ営業部員を大変評価しており、揉み手で近づいています。まさかあれほどの才能と実力を発揮するとは思いませんでした。何か良い方法はありませんでしょうか?

A.私は読む限り、その部下は、仕事の手腕は優れているが人間的に優れた人じゃないなーと思いました。 そしてまた、広告代理店とはいえ顧客、つまり人を相手にする仕事ですから、最終的にはお客さんの気持ちにちゃんと寄り添える営業マンこそ、顧客と会社をハッピーに出来るのではと思います。 上司に対し暴言や逆ギレを繰り返す部下が、人の気持ちの奥深い部分での「本当に寄り添う営業」が出来るとは思えませんね。 憶測ですから本当のところは分かりませんが。 しかし、周囲は我関せず&社長は揉み手かぁ。 部下がどうこう、というよりそういう会社の雰囲気が、あなたにとって一番堪える原因ですよねきっと。 どこかに気持ちを吐き出せる、「まあまあ」と言ってくれる人がいる、そういう場所があれば気持ち的に全然違うと思います。 誰か、社内に愚痴を聞いてくれる人を探しましょう。 そして、あなたの当初の「大したことない」発言は失敗だった、でも、失敗を許しあい修復しあえる雰囲気を作るにはどうしたらいいか、ゆっくり気長に模索していくのはいかがですか。 我関せずの他の社員の中にも、絶対息抜きをしたいと思ってる人いますよ。


開拓社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 07:24:00