出版社「青弓社」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>青弓社

青弓社 公式ホームページ

青弓社
青弓社

青弓社 関連通販

青弓社 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.矢幡洋という男をどう思いますか 1テレビに出ていたね 2普通の人だろ 3娘さんが自閉症らしい 4そうらしいね 5かつらだよね 矢幡洋 矢幡洋(やはたよう、1958年1月3日 - ) は [1][2][3] 、臨床心理士 [4] 、ライター [4] 、 テーター [2] 。 経歴 1958年東京生まれ [1][2] 。京都大学文学部哲学 科を卒業 [1][2] 。名護浦和相談室(1984年 - 1991 年)、明治生命厚生事業団ウェルネス開発グ ループ(1993年 - 1999年)などを経て、矢幡 [1][5] (現在は、 心理教育研究所(1999年 - ) 矢幡心理カウンセリング研究所に改称) 2004年、第5回菊田・クリミロジー奨励賞受 賞 [7] 。千葉大学・東洋大学・西武文理大学な どの非常勤講師 [1] 。2015年から東京大学大学 院情報学環・学際情報学府に在学中 [3] 。 2000年には既に解決志向セラピー(ソリュー ションフォーカストアプローチ)の優位性を 説いており [8] 、現在も専門分野のひとつとし ている [6] 。西鉄バスジャック事件に関し、町 沢静夫が『論座』2000年7月号において、母 子関係に原因があったと論じた [9] ことに反論 し、同誌10月号において、町沢静夫が犯人の 少年を医療保護入院としたことが凶行に及ぶ 動機を強める結果となったとして、これを論 駁した [10] 。2003年、『危ない精神分析―マ [11] を著し、ジュ インドハッカーたちの詐術』 ディス・ハーマンが導いた記憶回復療法が偽 の幼少期の被虐待記憶を植えつけているとし て、これを論駁した [11] 。2005年、香山リ 「解離」 カに対して、 「境界例」の濫発であ るとして批判を加えた [12] 。現在、 クトラム障害について発達論的アプローチの 立場でフォーラムを開設している [6][13] 。 宮沢賢治 [14] やアントワーヌ・ド・サン=テグ ジュペリ [15] といった作家の心理や、神戸連続 児童殺傷事件 [16] 、ドクター・キリコ事 件 [17] 、文京区幼女殺人事件 [18] 、西鉄バス ジャック事件 [19] 、秋葉原通り魔事件 [20] など の犯罪心理を扱った書籍、心理学に関する一 般書を執筆している [2] 。 「中程度の自閉症」を抱える一人娘の療育を 綴った [4] 『数字と踊るエリ娘の自閉症をこえ [21] は、第33回講談社ノンフィクション賞 て』 の最終候補になったが受賞は逃してい る [1][21][22][23] 。 [24] では日刊ゲン 著書『病み上がりの夜空に』 ダイに「娘の療育記録であると同時に、決し て外からはうかがい知れない家族の苦闘を赤 裸々に描いたノンフィクション。興味深いの は夫、妻それぞれの目から見た日常、そして 心情を吐露している点だ。」と紹介されてお り、矢幡はインタビューに「愛情があれば子 供の障害を受け止められるはず、という母親 信仰が横行していますが、そんなのは第三者 のたわ言であり、道徳や子供をダシにした脅 しですよ。僕らは世間が期待する美しい家族 像なんて演じません。この本は、家族を取り 巻く美しすぎる言葉を蹴散らす、渾身のパン チでもあるんです」と語っている [25] 。 コメンテーターとしては、酒井法子 [26] 、佐村 河内守 [27] 、小保方晴子 [28] などの心理分析を コメントしている。バラエティ番組にも出演 している [29][30] 。 著書 『「賢治」の心理学―献身という病理』 流社、1996年6月。ISBN 978-4882024101。 『宮沢賢治の教育論―学校・技術・自然(朝 朝文社、1998年3 文社百科シリーズ)』 月。ISBN 978-4886951434。 『少年Aの深層心理―「透明な存在」の言 説分析』青弓社、1998年9月。ISBN 978-4787231543。 『Dr.キリコの贈り物』 河出書房新 社、1999年1月。ISBN 978-4309012841。 『「星の王子さま」の心理学―永遠の少年 か、中心気質者か』大和書房、2000年4 月。ISBN 978-4479750437。 『窒息する母親たち―春奈ちゃん事件の心 理ファイル』毎日新聞社、2000年5月。ISBN 978-4620314419。 『少年犯罪の深層心理』青弓社、2001年5 月。ISBN 978-4787231840。 『殺人者の精神科学』春秋社、2002年5 月。ISBN 978-4393332139。 『立ち直るための心理療法』 房、2002年6月。ISBN 978-4480059482。 『アイドル政治家症候群―慎太郎、真紀 子、康夫、純一郎に惹かれる心理』 新社、2003年1月。ISBN 978-4121500748。 『危ない精神分析―マインドハッカーたち の詐術』亜紀書房、2003年7月。ISBN 978-4750503042。 『疲れた看護師の「つらい思い」がやわら ぐ本―あなたと同僚の不安を癒す17の処方 箋』日総研出版、2004年2月。

A.brabrago22さんのアセスメントが鋭すぎて思わず笑ってしまいました。 奥様も被虐待歴ありの離人やうつ症状に悩まれた背景があるようですが、今回のドキュメンタリー見てると余りそこにはスポットが当たってないみたいですね。 それにしても家の中が片付いておらず、物が溢れていて見苦しかった汗


Q.司法の男目線が性犯罪被害者を傷つける=女性にだけ貞操観念必須?被害者に落ち度があれば無罪?皆さんはどう思われますか? 高畑裕太事件でも…性犯罪における警察、検察、裁判所の“男目線”が被害者をさらに傷つけている! http://lite-ra.com/2016/09/post-2558.html 2016.09.13 不起訴処分となった高畑裕太の事件をめぐり、弁護士による「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」「起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」とするコメント文書が波紋を広げている。そして、案の定と言うべきか、ネット上では被害者を貶める意見が出てきている。 「やっぱりハニートラップだったのか」「示談ってことは最初から金目当てでしょ」「苦しんで悩んで示談は無いよ」 弁護士自身が「他の関係者の話を聞くことはできませんでした」「事実関係を解明することはできておりません」と書いているように、今回のコメントは高畑サイドの言い分でしかない。にもかかわらず、相変わらず被害者は一方的にバッシングに晒されているのである。 本サイトでは、被害者のプライバシーを考慮しないセカンドレイプのような報道、梅沢富美男や千原ジュニアなどワイドショーのコメンテーターであるタレントたちの女性蔑視的な視線を批判してきたが、もうひとつ、今回の事件をきっかけに目を向けなければならない問題があると考える。 それは、司法において性犯罪はいかに“男性視点”で貫かれ、被害者の女性こそが裁かれる場になっているか、ということだ。 『逃げられない性犯罪被害者─無謀な最高裁判決』(杉田聡・編著/青弓社)によれば、まず、〈単なる通報はまだしも、加害者を告訴することははるかに難しい〉〈非常に多くの被害者が告訴をあきらめています〉と、性犯罪に遭った女性たちがいかに二次被害を恐れたり近しい人たちの関係性から告訴にいたらないかという現実が示されているのだが、もし告訴しても、被害者女性にはさらなるセカンドレイプが待っているという。 というのも、裁判では「レイプ神話」に基づいた被害者の「落ち度」が問題とされ、〈仮に強かん被害が公判に持ち込まれても、その「落ち度」のために加害者が無罪扱いされてしまうことがある〉からだ。 社会でも〈被害者の服装が露出的だった〉〈女性が夜一人で歩いていた〉〈一緒にお酒を飲んだ〉〈同じ部屋に入った〉といったような「レイプ神話」が被害者の「落ち度」として語られるが、同書は〈残念ですが、裁判所には、性犯罪にあった女性の「落ち度」を問題視する視線が、いまでも実際に残っているようです〉と述べる。 たとえば、1994年のある性犯罪の判決では、〈被害者が初対面の被告人と飲食店で夜中の三時すぎまで飲んだこと、その際セックスの話をしたこと、野球拳で負けてストッキングを脱いだこと、そして被告人の車に一人で同乗したことなど〉を「大きな落ち度」とし、被害者の供述の信用性を疑って被告人に無罪判決を出している。 言うまでもないが、〈悪いのはあくまで、自由なる存在である一人の女性を自らの欲望の満足のために道具視し、その性的自由を踏みにじった加害者〉だ。しかし、裁判所は判決のなかで「(被害者女性には)自らにも落ち度があったことの自覚が全く窺えない」「A子(=被害者)は社会常識に欠けるどころか甚だしい女性とみられてもやむを得ない」と被害者を非難。「一緒に飲酒し、ゲームの中でセックスに関する会話までしていた」点から、被告人が強姦したと見なすことを「余りにも唐突で不自然であるといわざるを得ない」としているのだ。これは酒の席で女性が下ネタ話をしたことを“合意”の理由にあげていると言っていいもので、言葉を失うしかない。 この裁判における判決文で裁判官が繰り返し使用しているのは、「貞操観念」という言葉だ。合意もなく暴力に出た被告人の「貞操」は問わず、被害者にだけそれを強要する。男女によって非対称的な性道徳を押し付けることは性差別以外の何物でもないが、裁判官はそれを当然のこととして判決に反映させているのである。 しかも、〈その種の判決は、残念ながらいまでも出されています〉と著者はいう。 実際、同書はおもに2011年に出されたある性犯罪の判決を疑問視し、問題提起した内容なのだが、それは当時18歳の女性が「ついてこないと殺すぞ」と男に脅迫され、ビルの踊り場で強姦されたという事件だった。 この裁判では、まず地裁が女性の供述の信用性を認めて被告人に懲役4年の有罪、高裁も一審判決を支持して控訴を棄却したのだが、最高裁は自判し、“女性が助けを求めていないのが不自然”“「無理やり犯された」のに膣などに傷もついていない”“女性は供述を変化させている”などとし、一審判決を「経験則に照らして不合理であり、是認することができない」としたうえで逆転無罪が言い渡されたのだという。 転載(抜粋)

A.相変わらずネットのコピペ+『どう思いますか?』てぇ 能無し野郎の思考停止投稿かよ?(嘲笑) リテラってサイトは昔存在した『噂の真相』という ゲスなスキャンダル雑誌を作ってた奴が運営している しょ~もないサイトじゃんかよ!(失笑) まぁ、オマエ(tiezou_japan)にはそういう下世話な サイトがお似合いって事か?(冷笑) バカが! ---------- http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11163740651 >>hourigakukingさん >>左翼かどうかは知りませんが、リテラはジャーナリストじゃなくて >>ブロガーレベルの「時事ネタブログサイト」だと思います。 >> >>客観的事実より主観的批判が記事の大部分を占めていて、 >>文章に記者としての教養が感じられないし、 >>子供の誹謗中傷レベルの言葉も度々出てきます。 >> >>リテラはあの2chですら禁止ソースとして指定する程の >>「ソースは2ch」以下のサイトなので、 >>リテラをまともなニュースサイトだと思って読んでる人は2ch脳以下の脳みそです。


Q.強制起訴された、強姦犯のゴルフ場経営者が、無罪判決された。裁判官を、裁くことはできないのか。 裁判官には、専門知識を持つ『分野』は、設定されないのだろうか。 >>鹿児島 毎日新聞 3月27日(木)12時33分配信 ◇「女性、拒絶できなかったとまでは言えない」 ゴルフの教え子の女性(当時18歳)への準強姦(ごうかん)罪に問われ、性犯罪で初めて強制起訴されたゴルフ練習場経営の男性(63)=鹿児島市=に対する判決が27日、鹿児島地裁であり、安永武央裁判長は「両者の供述から性的交渉が真意に基づかなかったものとしても、拒絶できなかったとまでは言えない」として無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。 男性は2006年12月、ゴルフの指導を口実にこの女性を鹿児島市内のホテルに連れ込み、抵抗できない状態に陥ったことを認識しながら性的暴行を加えたとして起訴された。 これまでの公判で、検察官役の指定弁護士は「師弟関係で女性は精神的に抵抗できなかった」と主張。一方、被告弁護側は「抵抗せず自分を受け入れてくれたと思った」と反論していた。 事件を巡っては、鹿児島県警が11年4月、鹿児島地検に書類送検したが、同地検は容疑不十分で不起訴処分とした。鹿児島検察審査会は12年5月、起訴相当と議決。地検は再び不起訴とし、検審が同10月、「起訴すべきだ」と議決したため、同12月、指定弁護士が在宅起訴した。【津島史人】 性犯罪にあうということでは、『逃げられない性犯罪被害者』無謀な最高裁判決/杉田聡編/青弓社 という出版がある。 経験された方は、異口同音に、パニックになったりして、逃げようとする行動が取れなくなってしまう、と、言う。なぜ、拒絶できたはずなどという、パワーハラスメントを繰り返すのか。 これは、パワーハラスメントであり、暴力を見て、見ぬふりをするものだ。

A.日本の裁判方式は「判例」がひとつの道筋ですので、それに似たような事件が過去になかったかどうかで始まります。 無罪になった理由として、「拒絶できなかったとまでは言えない」とありますが、これは一般的に判断です。 「18歳」という年齢は義務教育も終わり、「人」としての行動の良い悪いは判断出来る年齢です。 いくらゴルフの師弟で指導口実でも「ホテル」で行われることは普通に考えればありません。 これでは被害者の方も小学生ではないのですから同意と判断の上でホテルに行ったことになります。 いくら精神的に抵抗できなかったとされていても、いきなり性行動を起こされれば抵抗出来ます。 これらの証言や証拠を基に小規模の裁判であれば、通常少数の裁判官の総結により、判決が下されます。 なので、歴史上あきらかに犯罪者だろうと思われる人物でも法治国家では「証拠」「事実」が無ければ、それについて判断を下すことは出来ません。


Q.アントン・ラヴェイの悪魔教、悪魔の聖書について。 初めまして、こんにちは。 今、ラヴェイの悪魔教や悪魔の聖書について興味が有り、調べています。 ラヴェイは1969年に『悪魔の聖書』を出版したと聞きましたが、 それは日本語版は販売されていないのでしょうか?一応検索した所、 「新薬 悪魔の聖書(バイブル) (単行本(ソフトカバー)) けいこ (著)」 というのが出ましたが、これは違うのですよね?他には、 「 ブランチ・バートン「悪魔教」青弓社」というのが出ました。 この著者ブランチ・バートンはサタン教会理事長と聞きました。 と言う事は、これが内容としては一番近いですか? あるいは悪魔の聖書そのものはすでに無いのですか? 他にオススメの本は何かありませんか? この方面に御詳しい方、よろしく御願いします。

A.デモノロジー(悪魔学)ということでなら、ラッセルの『悪魔の系譜』(青土社)やミノワの『悪魔の文化史』(白水社)、フォーサイスの『古代悪魔学』(法政大学出版会)等々の方がよいと思います。 ただし、ご指摘のラヴェイ『悪魔の聖書』に対しては「でたらめなオカルティズムのごたまぜ」(ラッセル)とか「怪しげで難解な語彙を混ぜ合わせた、がらくたの寄せ集め」(ミノワ)と学問的には手厳しい評ばかりですよ。非常に気を付けねばならないでしょうが、洋書コーナーで「Satanic Bible」ないし「Anton Szandor Lavey」で検索すれば原書の情報は得られると思います。 http://en.wikipedia.org/wiki/Anton_LaVey http://en.wikipedia.org/wiki/Satanic_Bible


青弓社 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/26 Sunday 18:08:49