出版社「KKロングセラーズ」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>KKロングセラーズ

KKロングセラーズ 公式ホームページ

KKロングセラーズ
KKロングセラーズ

KKロングセラーズ 関連通販

KKロングセラーズ 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.最近の若いやつは!-昔からどの世代も、上の世代からいわれてきたことである。団塊世代は,1947-1949年の生まれの一団、出生数計約804万人。ともかく競争、競争。 受験戦争、出世競争、末は墓石まで競争。大学時代は学生運動の末期という世代である。 小生は平成元年に初めて専属産業医になった。内科出身であるが、月一回嘱託精神科医がみえるとき以外は、必然的にメンタル不調者を診ることになる。精神科医から「最近精神分裂病(統合失調症)、うつ病も軽症化した」と教えられた。企業は毎年 新入社員が加わり定年退職者が去る。しばらくして最近の若い人の悩み方が変わってきたなと感じるようになった。ちょうどその頃「シゾフレ日本人(若者たちを蝕む“自分がない”症候群:和田秀樹、KKロングセラーズ、1994年)」という本を読んだ。和田は日本人がメランコ人間(躁欝病型人間)という自分にこだわる種族から,シゾフレ人間(精神分裂病型人間:1960年生まれくらいから)という周囲にこだわるパーソナリティーに変わってきたと考えている.前者は、自分がありすぎる(自分が作った秩序でがんじがらめ)、自分だけ特別でいたい、一と一緒はいや競争志向。後者はみんなと一緒でいたい、自分のなさ、周囲にあわせてしまう、競争回避(いじめが社会問題化)。 そのうち、約10年前頃からだろうか。メディアに「新型うつ」、「現代型うつ」という言葉が取り上げられるようになった。2012年4月29日にはNHKスペシャル「職場を襲う“新型うつ”」として放映された。それまでにも1977年「逃避型抑うつ」(広瀬徹也)、1978年「退却神経症」(笠原嘉)、1991年「現代型うつ病」(松浪克文)、1995年「未熟型うつ病」(阿部隆明)2005年「ディスチミア親和型うつ病」(樽見伸)、その他「非定型うつ病」(DSM-Ⅳでは診断名ではなく、大うつ病性障害の特定用語)がある。 小生、大学講義では「器質性うつ病」、「内因性うつ病」、「心因性うつ病」と習ったので、原因や誘因は問わないDSMは少々戸惑う。いずれにしても「現代型うつ病」の定義はないし、非メランコリー親和型うつ病(従来型のうつ病)としてとらえられている。小生の勤務する会社でも、従来型のうつ病のように、「ゆっくり休んで、お薬をきちんと飲んでいればだんだん良くなりますよ」との対応ではうまくいかない例が増えてきた。また神奈川産業保健推進センター電話相談でも、これは従来型うつ病ではないと考えられる相談が増えてきている。 近年、主として若年層の間に「従来型のうつ病」とは異なる抑うつ病像が広がっている。大うつ病性障害の診断基準を満たすものの、漠とした不全館倦怠感、集中力低下、無気力感などが主たる症状である。自責感は目立たず、会社への帰属意識、職業的役割意識希薄である。自己中心的、他罰的なパーソナル傾向が指摘されている。 就職氷河期といわれて久しいが、新卒の3年以内の離職率は3割近い(大卒で31%、短大卒39.9%、高卒で39.2% 、中卒で62.1%)。ゆとり教育(1980年-2011年)の影響(number one よりonly one = 個性尊重??)、挫折経験が少ない(いい子は特に挫折が少ない)。またそのときの社会環境、労働環境に影響を受けるのだが、やはり家族の教育、家庭ではないか。そのうち、新・新型うつ、新・新・新型うつ、宇宙型うつが出現するかもしれない。時代病理、社会病理、病気も時代とともに変化していくという。

A.ざっと目を通させていただきましたが、質問は何でしょう?


Q.最近の若いやつは!-昔からどの世代も、上の世代からいわれてきたことである。団塊世代は,1947-1949年の生まれの一団、出生数計約804万人。ともかく競争、競争。 受験戦争、出世競争、末は墓石まで競争。大学時代は学生運動の末期という世代である。 小生は平成元年に初めて専属産業医になった。内科出身であるが、月一回嘱託精神科医がみえるとき以外は、必然的にメンタル不調者を診ることになる。精神科医から「最近精神分裂病(統合失調症)、うつ病も軽症化した」と教えられた。企業は毎年 新入社員が加わり定年退職者が去る。しばらくして最近の若い人の悩み方が変わってきたなと感じるようになった。ちょうどその頃「シゾフレ日本人(若者たちを蝕む“自分がない”症候群:和田秀樹、KKロングセラーズ、1994年)」という本を読んだ。和田は日本人がメランコ人間(躁欝病型人間)という自分にこだわる種族から,シゾフレ人間(精神分裂病型人間:1960年生まれくらいから)という周囲にこだわるパーソナリティーに変わってきたと考えている.前者は、自分がありすぎる(自分が作った秩序でがんじがらめ)、自分だけ特別でいたい、一と一緒はいや競争志向。後者はみんなと一緒でいたい、自分のなさ、周囲にあわせてしまう、競争回避(いじめが社会問題化)。 そのうち、約10年前頃からだろうか。メディアに「新型うつ」、「現代型うつ」という言葉が取り上げられるようになった。2012年4月29日にはNHKスペシャル「職場を襲う“新型うつ”」として放映された。それまでにも1977年「逃避型抑うつ」(広瀬徹也)、1978年「退却神経症」(笠原嘉)、1991年「現代型うつ病」(松浪克文)、1995年「未熟型うつ病」(阿部隆明)2005年「ディスチミア親和型うつ病」(樽見伸)、その他「非定型うつ病」(DSM-Ⅳでは診断名ではなく、大うつ病性障害の特定用語)がある。 小生、大学講義では「器質性うつ病」、「内因性うつ病」、「心因性うつ病」と習ったので、原因や誘因は問わないDSMは少々戸惑う。いずれにしても「現代型うつ病」の定義はないし、非メランコリー親和型うつ病(従来型のうつ病)としてとらえられている。小生の勤務する会社でも、従来型のうつ病のように、「ゆっくり休んで、お薬をきちんと飲んでいればだんだん良くなりますよ」との対応ではうまくいかない例が増えてきた。また神奈川産業保健推進センター電話相談でも、これは従来型うつ病ではないと考えられる相談が増えてきている。 近年、主として若年層の間に「従来型のうつ病」とは異なる抑うつ病像が広がっている。大うつ病性障害の診断基準を満たすものの、漠とした不全館倦怠感、集中力低下、無気力感などが主たる症状である。自責感は目立たず、会社への帰属意識、職業的役割意識希薄である。自己中心的、他罰的なパーソナル傾向が指摘されている。 就職氷河期といわれて久しいが、新卒の3年以内の離職率は3割近い(大卒で31%、短大卒39.9%、高卒で39.2% 、中卒で62.1%)。ゆとり教育(1980年-2011年)の影響(number one よりonly one = 個性尊重??)、挫折経験が少ない(いい子は特に挫折が少ない)。またそのときの社会環境、労働環境に影響を受けるのだが、やはり家族の教育、家庭ではないか。そのうち、新・新型うつ、新・新・新型うつ、宇宙型うつが出現するかもしれない。時代病理、社会病理、病気も時代とともに変化していくという。

A.ニールセン、特化型キュレーションメディアの利用状況を発表 ニールセン 特化型キュレーションメディアの利用状況を発表 ~スマホからの「WELQ(ウェルク)」の利用者が631万人に急増 ・利用者数上位5メディアのうち4メディアは1年以内に利用者数が3倍以上に増加 ・上位5メディアの利用者属性は20代以下の女性の割合が最も高い ・「MERY」は1人あたりの利用回数、利用時間ともにその他4メディアの2倍以上 視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年6月のデータをもとに、特化型キュレーションメディアの利用状況を分析し結果を発表しました。 キュレーションメディアの中でも、「特定のジャンル」や「特定のターゲット」を設定している特化型キュレーションメディアに注目すると、2016年6月の利用者数1位はヘルスケア情報に特化した「welq(ウェルク)」の631万人で、昨年10月の提供開始以降急速に利用者数を伸ばし、直近3ヵ月では2倍以上の増加となりました。2位は若年層の女性をターゲットとした「MERY(メリー)」で610万人となりました。「MERY」は2015年7月、12月に実施したTVCM等の効果もあり1年間で150万人程度利用者数を伸ばしました。大人の女性をターゲットとした3位の「LAUGHY(ラフィ)」、旅行情報に特化した4位の「Find Travel」、5位の「RETRIP」の3メディアは昨年同月比で利用者数が3倍以上に増加していることがわかりました。また、上位5つのうち「welq」「MERY」「Find Travel」の3つはDeNAグループが運営するメディアです。 ※図表1は添付の関連資料を参照 次に、利用者属性を見ると、5メディア全てで女性の利用者割合が高くなっており、特に20代以下が最も高くなっていました(図表2)。また、「MERY」はその傾向が強く、女性全体で87%、20代以下の女性だけでも47%となり、30代まで含めると72%となっていました。 ※図表2は添付の関連資料を参照 最後に、それぞれのメディアの一人あたりの月間利用回数および利用時間を表したものを見ると、利用回数、利用時間ともに「MERY」がその他4メディアの2倍以上となっていることがわかりました(図表3) ※図表3は添付の関連資料を参照 当社シニアアナリストの今田智仁は、次のように述べています。「特化型キュレーションメディアは、雑誌系のメディアとも呼ばれ、特定のジャンルにおいて、専門的で質の高いコンテンツを提供することで、近年利用者数を伸ばしています。また、企業にとっても、デモグラフィック属性だけでなく、利用者の趣味趣向がはっきりしている点で広告を出稿しやすく、双方にとって注目のサービスとなっています。その中でも『MERY』は、利用回数が多く、利用時間も長く、若年層の女性に人気のメディアとなっていました。『MERY』は流行のファッションやコスメなどの情報が、写真や動画とともにまとまっており、若い女性にとって役に立つ情報が多いことが人気の理由の1つです。そして、単にまとめ記事を配信するメディアではなく、サイトやアプリ内から、ファッションアイテムが購入できるコマース機能を持っていたり、美容室が予約できたりすることも人気の理由と考えられ、利用時間を伸ばしている要因と見られます。このような機能は、広告だけに頼らないマネタイズのモデルとして今後のキュレーションメディア事業の試金石になるかもしれません。また、『welq』はオープン後、半年たらずで利用者数が600万人を超えるメディアに成長しました。このように今後も、数ヵ月で一気に利用者を伸ばすような特化型のキュレーションメディアが登場するかもしれません。企業にとっても自社のターゲットに相性の良いメディアを見つけるために、今どのようなメディアにどの程度の利用者がいるのか、どのようなユーザーが利用しているのか常にアンテナを張りチェックしておくことが重要でしょう」。 ■Nielsen Mobile NetViewについて Nielsen Mobile NetViewは日本全国の8,000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。 データは、ウェブサイトの訪問、アプリの利用もしくはスマートフォン全体での利用状況を参照することができ、また、利用者属性、OS、電話会社、デバイスなどのフィルターを使用してデータを抽出することもできます。サービスの詳細は、下記ウェブサイトでもご覧いただけます。 http://www.netratings.co.jp/solution/nielsen_mobile_netview.html


Q.●海鳴りに限らず地鳴りや爆発音、大砲音も 発生前に起きた音の現象として数多く記録が残っている というものです。 阪神淡路大震災の前、神戸市内では揺れのない謎の爆発音がとどろき、 住民が驚いて通報したが何も事故はなかったという報告があります。 また2009年静岡駿河湾地震の1週前から相模湾で大砲のような音を聞いたという話も聞いたことがあります。 関東大震災の前はかなり何ヶ月も前から大砲音を聞いたという文献もあります。 明治三陸大津波の前には海鳴りの報告は数多く残っており そうしたものは三陸地域の新聞でもたびたび取り上げられてきました。 何にせよ音の発生する方向で異常事態が近づいているわかりやすい例であることはいうまでもありません。 続いてキジ(雉)に関することですが、キジは地震の前に騒ぐことが数多くの文献にのっていて、危機を知らせるありがたい鳥だと考えたほうが良いと思います。 江戸幕末1874年の長野・善光寺地震の貴重な前兆記録があります。 善光寺地震は多くの犠牲者を出した地震として有名です。 なぜならちょうどお寺の参詣期間と重なり、全国から多くの観光客が集まっている最中だったからです。そして街だけでなく、付近の村々は山崩れによる洪水でさらなる犠牲者が出ていたため数が増えたのです。 記録では推定計8000~10000人が亡くなったとされており、そのうち約1700人が観光客だったといいます。 そんな善光寺地震の前兆記録は次のようなものです。 ●地震の数日前から付近で数多くのキジがけたたましく鳴き続け、 追い払っても効果なく、夜も鳴きつづけ、うるさくて眠れず困り果て、 やがて住民たちは何か異変が起きるのではないかと噂がひろがりはじめた矢先に 地震がきた・・・ (次の大地震、衝撃の完全予知法・加治木義博著、KKロングセラーズ) 現代の日本ではキジの数が減り普段お目にかかれないのですが、まだまだ里山には多く残っているはずです。 キジの鳴き声はYOUTUBEでも撮影投稿されていますが、キェーキェーと金切り声というか、独特の高くけたたましい声で鳴いています。 ただし、めったに鳴かない鳥で、たまに短く鳴いてあとはシーンとしています。 なのでキジがいるかどうかさえわかりません。

A.貴重☆大地震前兆情報有り難うございます! 確かに聞いたコトあります!音♪だけでなく光☆とかも→阪神大震災直前に、まだ暗いはずなのに 空が明るく【発光現象】していたとか… 地震前兆☆と知らず地震への警戒!危機感が持てなければ、アゼンとしてただ見とれてしまうだけ?だと思うと あらかじめ地震予兆☆現象各種を知っておくことは イザ!!という時の【生死】を分ける! とすらマジで思いますね。…例えば重大な病気の症状~サイン☆なのに、気が付かず素人判断で命を縮めてしまう!みたいな・・・ それを思うと、貴方のように貴重☆な情報~を知らせてくれる【善意の人】が居てくれるのは誠この上なく 《有り難い極み☆》です!! いよいよ本番!? のこれからも、どうかよろしくお願いします!


Q.竹内流・超速<日本史講義>近現代の流れ(竹内睦秦、KKロングセラーズ)という本に”ええじゃないかの乱舞”が起こった原因は 幕府が1867年にお伊勢参り(その本にはお陰参りと書いてありました)を禁止したためと書いてありました。 本当にそれが原因なのでしょうか? 幕府が黒船に狼狽してもうどうでもいいやという気持ちもあったのでしょうか? また、酒を飲んで踊りながら関所を突破したので幕府の権威が失墜したとありますが、それが小学校や中学校の教科書にでてくる理由なのでしょうか? どなたか教えて下さい。

A.わからないすいません


KKロングセラーズ 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/24 Friday 17:05:12