出版社「Z会出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>Z会出版

Z会出版 公式ホームページ

Z会出版
Z会出版

Z会出版 関連通販

Z会出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.Z会の通信講座について この春、小学2年生になる子供がいます。 中学受験をするかは、まだ決めていませんが、もしものためにZ会の通信講座を検討しています。 そこでひとつ疑問があるのですが、Z会から出版されている問題集などがありますが、通信講座の内容と、どの程度違うのでしょうか? ただ、添削指導がつくかつかないの差ぐらいですか? 因みに、タブレットでの予定は考えていません。 もし、そのあたり詳しい方いらっしゃいましたらご回答、宜しくお願いします。

A.こんにちは。 現在中1の娘は小4からZ会の通信講座を受講しています。 テキストスタイルです。 夏休みなどに、問題数を増やしたくてZ会から出ている問題集を買いました。 通信講座とは全くの別物だと考えた方がいいと思います。 通信講座はまだ習っていない範囲も、こどもだけでも学べるような詳しい解説が載っています。 基礎の問題、そこから少し応用させる問題があります。 範囲が終われば添削問題もありますね(^.^) 問題集はあくまでも問題集です。 一度その範囲をやって、その上での演習量を確保したいために購入しました。 予習の役割は一切不要、ということなら問題集でもいいとは思います。 ただ、そうなると通信講座やってみようかな?と思った理由から外れそうなので、ここは通信講座をお勧めします。 がんばってね~(^。^)


Q.現在高校2年、4月から3年です。志望大学を筑波大、金沢大の物理科にしています。 今の偏差値は マーク 国語52数学53英語62物理43化学51倫理55 筆記 国語60数学61英語61物理45化学53倫理58 (センターは倫理で受けます) 見ての通り、物理科を志望しているのにかなり物理が苦手です。 将来情報技術系に就職したいので物理、という選択をしたのですが、そのまま情報システム方面の学科を志望しようかなとも考えています。 あとセンターまで残り約10ヵ月、二次試験まで11ヵ月余り、色々やれることはあると思うのですが、何をどうやればいいのか全くわかっていない状態です。 ちなみに今現在持っている参考書、問題集は 国語:古文単語330(いいずな書店)、体系古典文法(数研出版)、漢文必携(桐原書店)、この2冊の付属問題集 数学:青チャート:ⅠA ⅡB Ⅲ 3冊、4step:同じく3冊(数研出版)、センター攻略pick up120:ⅠA/ⅡB(数研出版) 英語:Wordmeister:1700 3000 4500(第一学習社)、database4500(桐原書店)、strategyhalf40(文栄堂)、forest(桐原書店)、vintage(いいずな書店) 物理:セミナー物理基礎+物理(第一学習社)、大学入試センター試験対策チェック&演習(数研出版) 化学:ニューグローバル化学基礎+化学(東京書籍)、大学入試センター試験対策チェック&演習(数研出版) 倫理:哲学用語図鑑(プレジデント社)、倫理用語集(山川出版社)、倫理の点数が面白いほど取れる本(角川書店)、解決!センター倫理(Z会出版) です。(ほとんど学校指定購入品ですが...) おすすめの勉強法、勉強する時間の目安、あったら便利な参考書や問題集があれば是非教えてください。 お願いします。

A.IT系を目指しているなら物理学科を目指していても無駄ですよ。理学部は教員や大学教授を目指しているような人たちが通う学部です。企業に求められるような力は身につきません。情報系の学部学科を目指しましょう。 ご存知かもしれませんが、筑波大学も金沢大学も二次試験重視の入試方式です。センター試験などは7~8割とれて当たり前。二次試験でいかに高得点を取れるかが勝負。で、この二次試験に必要な記述力を身につけることができるのは遅くとも夏休みからで、それまでに最低でも二次試験で使う科目の基礎を固めておかないと「詰み」です。 大学受験の流れとして鉄板なのは、 4月~7月(夏休み前まで) 二次試験に必要な科目の基礎固め。単語を覚える、文法を覚える、最低限の問題に公式や定理を当てはめて考えることができるなど。 夏休み 受験校のレベルに見合った問題(赤本など)を解く。問題集を使って解くのも大切。なるべく志望校の二次試験の過去問や、同じレベルくらいの大学の過去問を積極的に解く。 質>量を意識する。一通り問題を解いて、合ってたところでも見直し。間違っていたところは解答を見直し、「なぜ間違っていたか」を確認しながら解きなおしする。 センター試験でしか使わない科目はこの時期から少しずつ始める。 夏休み明け~秋(、冬) 問題集をひたすら解く。この時期になったら量>質。質も保てればいいが、とにかく量をこなして問題の出題のされ方、どこを問われやすいのか、どういった公式や定理を問われるのか、出題者の問題作成の意図はなんなのか、などを考え、慣れる。 11月は二次試験対策と同時並行でセンター試験対策を。感覚的にはセンター試験:二次試験が6:4くらいかと。 二次試験対策にもっと時間をかけたいという人は12月中旬くらいまでは二次試験対策をすればいいと思うが、基本的には12月入ったくらいからはセンター試験対策に頭を切り替える気持ちでやったほうがいいかと。 センター試験明け~二次試験まで 私立大学対策などで時間がないため問題集、赤本をつかって一気に二次試験の頭に戻す。で、一番やってしまいがちなのは、「新しい問題集に手を出す」ということです。絶対にこういったことはせず、今までやってきた問題集を解きなおしながら頭を戻しましょう。 勉強時間の目安などはとくにありませんが、受験生なら休日などには10時間以上やるのが当たり前かなと。勉強に慣れてない時期からだったら4~5時間でもいいかもしれませんが、最終的には10時間以上勉強できるくらいの体力はつけておけるようにしましょう。


Q.現在高校2年、4月から3年です。 志望大学を筑波大、金沢大の物理科にしています。 今の偏差値は マーク 国語52数学53英語62物理43化学51倫理55 筆記 国語60数学61英語61物理45化学53倫理58 (センターは倫理で受けます) 見ての通り、物理科を志望しているのにかなり物理が苦手です。 将来情報技術系に就職したいので物理、という選択をしたのですが、そのまま情報システム方面の学科を志望しようかなとも考えています。 あとセンターまで残り約10ヵ月、二次試験まで11ヵ月余り、色々やれることはあると思うのですが、何をどうやればいいのか全くわかっていない状態です。 ちなみに今現在持っている参考書、問題集は 国語:古文単語330(いいずな書店)、体系古典文法(数研出版)、漢文必携(桐原書店)、この2冊の付属問題集 数学:青チャート:ⅠA ⅡB Ⅲ 3冊、4step:同じく3冊(数研出版)、センター攻略pick up120:ⅠA/ⅡB(数研出版) 英語:Wordmeister:1700 3000 4500(第一学習社)、database4500(桐原書店)、strategyhalf40(文栄堂)、forest(桐原書店)、vintage(いいずな書店) 物理:セミナー物理基礎+物理(第一学習社)、大学入試センター試験対策チェック&演習(数研出版) 化学:ニューグローバル化学基礎+化学(東京書籍)、大学入試センター試験対策チェック&演習(数研出版) 倫理:哲学用語図鑑(プレジデント社)、倫理用語集(山川出版社)、倫理の点数が面白いほど取れる本(角川書店)、解決!センター倫理(Z会出版) です。(ほとんど学校指定購入品ですが...) おすすめの勉強法、勉強する時間の目安、あったら便利な参考書や問題集があれば是非教えてください。 お願いします。

A.今年度九州大学に合格したものです。 自分も3年の最初物理が大の苦手でしたがセンター本番で満点を取ることができました。 まず物理を得意になるコツは本質を理解することです。公式が色々出てきますがそれを覚えるだけでなくどうしてそうなるのかを考える時間も作ってみて下さい。全ては教科書に載ってるんですが理解しにくい場合は学校の先生や詳しい参考書を一冊買いましょう。個人的には物理のエッセンスがオススメかと思います。ただあまり深追いしないように、 どうしても分からない時はそういうものかと呑み込んでしまうことも大事です。 あと何より物理は典型問題が中心です。 問題集を何周もして解法を暗記するくらいして下さい。(入試は必ず類題が出ます。もしくはそっくりそのまま出ます。)問題集は重要問題集が無難かな。 勉強法ですが11月くらいまではセンターとか気にせず問題集をやって大丈夫です。その後はセンターの過去問や予想問題を解きまくりましょう。(特に数学や国語、社会は手を抜かずに多めに)理科に関してはこの時点で基礎が完成していれば過去問見たら笑えるぐらい簡単だったりします。特に物理は。 物理は諦めなければ必ず出来るようになります。自分を見失わず頑張ってください。


Q.明治理系志望です。 現在『稲荷の独習数学』をやっています。 『稲荷の独習数学』を完璧にこなしたとして、次にやる過去問の前に挟む問題集としては、何が1番適切でしょうか? 僕としては ・理系標準問題集 数学 (駿台) ・理系 入試の核心 (標準編) (Z会) ・理系数学 マスト 160 (KADOKAWA) ・厳選!大学入試数学問題集理系262(河合) ・数学の良問問題集300 (旺文社) ・数学 重要問題集 (数研出版) ・1対1対応の演習シリーズ (東京出版) この7つ辺りが最適かなぁと思っています。 他の教科や過去問演習との兼ね合いから時間的に、350題以上の問題数は解けないかなぁと思うので、標準問題精講シリーズやチョイスシリーズ、チェック&リピートシリーズ等はこなせないかなぁと思います。 個人的には、『稲荷の独習数学』は網羅性に不安があるので、『数学 重要問題集』か、時間があれば『1対1対応の演習』シリーズをやっていこうかなと思っているのですが、どうでしょうか? また、一冊(1シリーズ)ではなく 『文系の数学 重要事項完全習得編』(河合) + 『合格! 数学Ⅲ』(マセマ) の組合せなどは如何でしょうか? 理由と共に、ご意見をお聞かせ下さい。

A.今年明治理系に合格したものです。 私が高校三年間で使用した数学のルートは以下の通りです。 ・黄色チャートIAIIB2周 ・青チャートIAIIBIII3周 ここまでが高3の夏に終了 ・入試問題理系2016 ・数学重要問題集(数研出版) ・赤本MARCH関関同立 明治以外は1周 私はこれで全学部入試、一般入試で総合数理学部現象数理学科に合格しました。おそらく全学部入試の方は、数学IAIIBは満点、IIIは8割ぐらいは取れたと思います。MARCHレベルなら青チャートだけでも十分なので質問者さんが例に挙げている参考書1、2冊をやればいいと思います。あと、必ずやってほしいことは他大学の問題も解くことです。いろんな問題に触れてみてください。


Z会出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 06:07:06