出版社「Artist+House」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>Artist+House

Artist+House 公式ホームページ

Artist+House
Artist+House

Artist+House 関連通販

Artist+House 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.Millions of people around the world who loved the comic strip "Peanuts" were sad when Charles Schulz died in February, two thousand. He was seventy-seven years old. The artist who created Charlie Brow n and his dog Snoopy had retired a month earlier because of poor health. The last new daily “Peanuts” appeared January third in two thousand six hundred newspapers in seventy-five countries. Charles Schulz drew "Peanuts" for fifty years. The comic strip first appeared in seven American newspapers in nineteen fifty. At that time, the subjects were all children and animals. They still are. People love these characters because they demonstrate the failings and strengths of all human beings. For example, Charlie Brown usually cannot get things right. But he tries his best. And he never stops trying. Charles Schulz would not permit anyone else to draw "Peanuts." However, the stories about Charlie Brown and his friends did not completely disappear when their creator died. Newspapers are publishing earlier “Peanuts” comic strips, called “Classic Peanuts.” Special programs based on stories about the "Peanuts" group are still shown on television and performed as musical plays. For example, the animated cartoon, "A Charlie Brown Christmas," has appeared on television since nineteen sixty-five. In it, Charlie Brown has to choose a Christmas tree for a special Christmas program. He gets a small ugly tree because he feels sorry for it. But the other children laugh at it. They say Charlie Brown has failed again to do something right. Then in preparing for the show, one of the children tells about the true meaning of Christmas. The other children decide that maybe they can make Charlie Brown’s tree look beautiful. Other children often criticize Charlie Brown. He suffers many losses and rejections -- just as people sometimes do in real life. His baseball team always loses. He keeps trying to kick a football, but never succeeds. His friend Lucy keeps pulling the ball away. But he continues to believe that some day she will let him kick the ball. Charlie Brown has a dog named Snoopy who may be even more popular than Charlie. Snoopy is a funny character. He sleeps on top of his dog house. Snoopy is always trying to write the great American novel. But he cannot get beyond the first line of his book. He writes: "It was a dark and stormy night" again and again. Snoopy dreams of himself as a pilot searching for the Red Baron, a famous German fighter pilot in World War One. There are other memorable characters in the “Peanuts” comic strip. Lucy mistrusts everyone. She often seems angry. Schroeder plays a small toy piano. Every year he celebrates the birthday of composer Ludwig von Beethoven. Linus always carries a blanket to feel secure. Peppermint Patty is good at sports. She likes Charlie Brown very much and is the only one who calls him “Chuck.” Charles Schulz said he saw himself in some of his characters. He recognized himself in Charlie Brown's continued failures. In Snoopy's humor. In Lucy's moments of anger. And in the insecure feelings of Linus. Some of the situations in "Peanuts" seem to have developed from Mister Schulz's own life experiences. In nineteen sixty-seven, the “Peanuts” characters starred in a musical play. "You're A Good Man, Charlie Brown" was first performed in New York City. It later became the most produced musical in America. A new production opened on Broadway in New York in nineteen ninety-nine. The actors in the Broadway version of the musical sing a song called "Happiness." 長文なのですが和訳をお願いします。

A.毎週新聞にも4コマ漫画を出されていた有名な漫画家がなくなったのでとても残念と言う事です。


Q.〔野毛乱氏(パーカッショニスト)11月6日頃、ガンのため死去(62)〕 (Nitewatch 2016年11月8日) http://nitewatch.biz/news/nogera/ パーカッショニスト 野毛乱(NOGERA,ノゲラ)さんが死去。 1954年、神奈川・横浜市生まれ。62歳。 19才で”野毛ハーレムBand”を結成しデビュー。 1980~90年代に活動していた ヒップホップバンドVIBRASTONE(ビブラストーン) のメンバーとして活躍したほか、 スタジオミュージシャンとして 桑名正博、小泉今日子などの楽曲にも参加していた。 ~関係者ツィッター~ https://twitter.com/inbin29/status/795395329373806592?ref_src=twsrc%5Etfw (2016年11月6日) 訃報です。ノゲラ氏が、亡くなりました。 まだ、詳細はわかりませんが。 生前、大変親しくさせてもらっていたので、悲しいです。 なくなった日もライブをやっていたと思われます。 癌で闘病生活しつつライブをこなしていました。 合掌 PS ~野毛乱プロフィール~ http://www.waon-productions.jp/artist/nogera.php 1954年、神奈川・横浜市生まれ。 THE BEATLESの影響で10才からドラムを始め、 13才にジミヘンに出会い、ROCKに覚醒。 19才で ”野毛ハーレムBand" 結成。 Vo.&Perを担当し、 日本全国のライヴハウスや学園祭などで活躍する傍ら、 スタジオミュージシャンや 歌手のバックアップ (矢沢永吉、ピーター、桑名正博、南佳孝、 本木雅弘、小泉今日子etc...)、 バンドプロデュース等をしていた。 その後HipHop & Houseミュージックをバンドでプレイする "VIBRASTONE" に所属し、 Dance Hall Reggae の ランキン タクシーと "ラバダブブラザース" を結成。 アフリカンダンスを学び、習得する。 90年代前半テクノ・トランスに出会いPartyにハマり始め '94頃DJを始める。 1st Rainbow 2000に ミニマルテクノユニット "Hyper Cube Jr."で出演し、 その後 "KINOCOSMO" に参加。 スタッフそしてミュージシャンとして 日本中のレイヴに参加する傍ら、 台湾のテクノユニットに属し台湾各地や中国などにも遠征した。 2001年SHPONGLEに参加。 またライブパフォーマンスとは別に、 レイヴパーティを行う土地へのご挨拶という スピリチュアルな目的、音響面でのチューニングという テクニカルな意の両方を混めるドラムを用いた”場馴らし”、 「オープンチューニング」 を日本全国のレイヴパーティで行っている。 昨今は DJとのコラボレーションユニットシリーズを 様々なPartyで展開、 Kotaro (Wonkavator/Equinox) との "ノゲ☆タロウ"やDJ Kojiroとの " NOGEJIRO" 等でプレイ、 現在SHPONGLEがワールドツアー中で ヨーロッパ・ロシア・オーストラリアなど 世界各地でライヴ活動していた。 *** 近年、50代&60代はもとより、 30代&40代の訃報が激増している 異様な兆候に、戦慄を覚えます。 詳しい病名(死因)は不明ですが、 最近の(「福島県」を中心とした) 東日本広域においても、 比較的若年層の著名人の訃報 &重篤疾患の急増から推測しても、 地理的&時系列的にも、 被曝疾患としての側面が 非常に強いと言えるのではないでしょうか? 特に、チェルノブイリの経験則から、 被曝疾患の爆増期に相当する今年2016年度以降、 (若年齢層はもとより、既往歴、潜在的病的素因 のある方等)被曝感受性の強い方から順に 被曝影響が顕在化傾向にあると 言えるのではないでしょうか? PS 「愛知県が直接被曝のボーダーライン (セシウム合算50Bq/kg以下)」 〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg ⇒チェルノブイリのフランス(ホットスポット・南フランスを除く) の平均汚染に相当〕 〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」

A.違反報告済み、以上。


Q.こちらの作品の和訳をお願いしたいです。よろしくお願い致します。 HE was an artist--such things as happened to him happen sometimes to artists. He was a German--such things as happened to him happen sometimes to Germans. He was young, handsome, studious, enthusiastic, metaphysical, reckless, unbelieving, heartless. And being young, handsome and eloquent, he was beloved. He was an orphan, under the guardianship of his dead father's brother, his uncle Wilhelm, in whose house he had been brought up from a little child; and she who loved him was his cousin--his cousin Gertrude, whom he swore he loved in return. Did he love her? Yes, when he first swore it. It soon wore out, this passionate love; how threadbare and wretched a sentiment it became at last in the selfish heart of the student! But in its golden dawn, when he was only nineteen, and had just returned from his apprenticeship to a great painter at Antwerp, and they wandered together in the most romantic outskirts of the city at rosy sunset, by holy moonlight, or bright and joyous morning, how beautiful a dream! They keep it a secret from Wilhelm, as he has the father's ambition of a wealthy suitor for his only child--a cold and dreary vision beside the lover's dream. So they are betrothed; and standing side by side when the dying sun and the pale rising moon divide the heavens, he puts the betrothal ring upon her finger, the white and taper finger whose slender shape he knows so well. This ring is a peculiar one, a massive golden serpent, its tail in its mouth, the symbol of eternity; it had been his mother's, and he would know it amongst a thousand. If he were to become blind tomorrow, he could select it from amongst a thousand by the touch alone. He places it on her finger, and they swear to be true to each other for ever and ever--through trouble and danger--sorrow and change--in wealth or poverty. Her father must needs be won to consent to their union by and by, for they were now betrothed, and death alone could part them. But the young student, the scoffer at revelation, yet the enthusiastic adorer of the mystical, asks: "Can death part us? I would return to you from the grave, Gertrude. My soul would come back to be near my love. And you--you, if you died before me--the cold earth would not hold you from me; if you loved me, you would return, and again these fair arms would be clasped round my neck as they are now." But she told him, with a holier light in her deep-blue eyes than had ever shone in his--she told him that the dead who die at peace with God are happy in heaven, and cannot return to the troubled earth; and that it is only the suicide--the lost wretch on whom sorrowful angels shut the door of Paradise--whose unholy spirit haunts the footsteps of the living. The first year of their betrothal is passed, and she is alone, for he has gone to Italy, on a commission for some rich man, to copy Raphaels, Titians, Guidos, in a gallery at Florence. He has gone to win fame, perhaps; but it is not the less bitter--he is gone! Of course her father misses his young nephew, who has been as a son to him; and he thinks his daughter's sadness no more than a cousin should feel for a cousin's absence. In the meantime, the weeks and months pass. The lover writes--often at first, then seldom--at last, not at all. How many excuses she invents for him! How many times she goes to the distant little post-office, to which he is to address his letters! How many times she hopes, only to be disappointed! How many times she despairs, only to hope again! But real despair comes at last, and will not be put off any more. The rich suitor appears on the scene, and her father is determined. She is to marry at once. The wedding-day is fixed--the fifteenth of June

A.アーティストに時々起こる彼に起こったようなもの - 彼は芸術家でした。 彼はドイツ語だった - 彼に起こったようなものは、ドイツ人に時々起こります。 彼は、若いハンサムな、勤勉、熱狂的な、形而上学的な、無謀な、懐疑、無情でした。 そして、若いハンサムで説得力のある、彼は最愛でした。 彼は小さな子供から育てていたその家の中で彼の死んだ父の兄、叔父ヴィルヘルムの後見の下、孤児でした。彼のいとこガートルード、彼は彼がお返しに愛さ誓った - と彼を愛し、彼女は彼のいとこでした。 彼は彼女を愛していましたか?はい、ときに彼が最初にそれを誓いました。それはすぐに、この情熱的な愛を身に着けていました。どのように擦り切れ、それは学生の利己的な心で最後になった感情を悲惨!しかし、彼は唯一の19だった、とだけアントワープでの偉大な画家に修行から戻ってきた、と彼らは聖なる月光、または明るく楽しいにより、バラ色の夕暮れの街の最もロマンチックな郊外に一緒にさまよった黄金の夜明け、で朝、どのように美しい夢! 恋人の夢の横に寒さと退屈なビジョン - 彼は彼の唯一の子供のための裕福な求婚者の父の野望を持っているように彼らは、ヴィルヘルムからそれを秘密にしておきます。 そこで、彼らは婚約しています。そして死ん日、淡上昇月は天を分けるときに並んで立って、彼は彼女の指の際に婚約リング、その細長く、彼はとてもよく知っている白とテーパー指を置きます。このリングは独特1、巨大な黄金の蛇、その口の中にその尾、永遠のシンボルです。それは彼の母親のされていた、と彼は千の中でそれを知っているだろう。彼は盲目明日になるとしたら、彼は一人でタッチで千の中からそれを選択することができます。 彼は彼女の指にそれを置き、そして、彼らは永遠のためにお互いに真実であることを誓う - 悲しみと変更 - - トラブルや危険を通じて富や貧困に。彼女の父はニーズがによって彼らの組合に同意するウォンされなければならないとすることにより、彼らは今、婚約したために、単独で死がそれらを手放すことができます。 しかし、若い学生、啓示で冷笑する人、まだ神秘の熱狂的な崇拝者は、求められます。 。?「死の一部は、私は墓、ガートルードからあなたに戻ってくる私の魂は私の愛近くに戻ってくるだろう、私たちすることができますし - 。もし、あなたが私の前に死んだ場合 - 冷たい大地は私からあなたを保持していないだろう;あなたは私を愛している場合、あなたが戻ってくると、再び彼らは今あるように、これらの公正腕が私の首の周りに挟み込まれることになります」。 しかし、彼女はこれまで彼の中で輝いていたよりも彼女の深い青い目にholier光で、彼に言われた - 彼女は神との平和で死ぬ死者が天国で幸せであり、問 題を抱えた地球に戻ることができないことを彼に告げました。それが唯一の自殺であること - 不浄の精神生活の足跡を見物 - 悲しい天使たちは天国のドアを閉め、誰に失われた哀れな人。 彼らの結納の最初の年が渡されて、彼はフィレンツェでのギャラリーに、Raphaels、Titians、Guidosをコピーするために、いくつかの金持ちのための委員会で、イタリアに行ってしまったために、彼女は、一人です。彼はおそらく、名声を獲得するために行ってきました。彼がなくなっている - しかし、それはあまり苦くありません! もちろん、彼女の父親は彼に息子のようであった彼の若い甥は、ミス。彼はこれ以上のいとこよりも彼の娘の悲しみは、いとこの不在を感じるべきではないと考えています。 一方で、数週間、数ヶ月に合格します。恋人は書いていない - 多くの場合、最初で、その後、めったに - 最後に、すべてではありません。 どのように多くの言い訳彼女は彼のために発明します!何回彼女は、遠くの小さな郵便局に行く、彼は彼の手紙に対処するためであると!何回彼女はだけ失望するために、期待しています!何回彼女は再び希望を、絶望します! しかし、本当の絶望は、最後に来て、これ以上先送りされることはありません。豊富な求婚者が現場に現れ、彼女の父親が決定されます。彼女は一度に結婚することにあります。結婚式の日は固定です - 6月の十五 だと思います 間違っていたらごめんなさい


Q.私は英語が苦手です。この下の問題を解いてください。 1各文を不定詞の用法に注意して日本語に直しなさい。 1)It is fun to watch soccer games. 2)His job is to sell cars. 3)sam found it hard to play the guitar. 2日本語の意味に合うように( )内の語句を並べかえなさい。 1)放課後何かすることがありますか?(to,after,anything,school,do) Do you have ? 2)あなたが新居への最初のお客です。(our new house,visit,guest,to) You are the first . 3)彼女にはだれか話し相手が必要だった。(talk,someone,with,to) sheneeded . 4各文を不定詞の用法に注意して日本語に直しなさい。 1)she was lucky to talk to the famous artist. 2)Thisbookishardtounderstand. 3)I'm sorry to ask you such a quesstion. 4)Ken went to kamakura to see the festival. 5日本語の意味に合うように( )内に適語を入れなさい。 1)ボブは二度と遅刻しないと約束した。 Bob promised ( ) ( ) be late again. 2)京都には訪れるべきお寺がたくさんあります。 There are many ( ) ( ) ( ) in Kyoto. 英文を完成しよう! 1)その知らせを聞いて私は驚いた。 I the news. 2)この川で泳ぐのは危険だ。 It is dangerous . 7各英文の意味になるように、日本語を完成しなさい。 1)The boy was watching a monkey eat an apple. その少年は のをじっと見ていた。 2)The teacher had us read the sentence aloud. 先生たちは私たちに . 3)My mother makes me clean my room every sunday. 母は毎週日曜日に . 4)I felt the earth shake under my feet. 私は足の下で . 5)We listened to the singer sing her new song.英語の得意な人は解いてください

A.(1) サッカーの試合を見るのは楽しい (2) 彼の仕事は車を販売することです (3) サムはギターを弾くのが難しかった (1) Do you have anything to do after school ? (2) You are the first guest to visit our new house. (3) She needed someone to talk with. (1) 彼女は有名なアーティストと話せて運が良かった (2) この本を理解するのは難しい (3) こんな質問をしてごめんなさい (4) ケンはフェスティバルを見に鎌倉に行った (1) Bob promised not to be late again. (2) There are many temples to visit in Kyoto. (1) I was surprised to hear the news. (2) It is dangerous for us to swim in this river. (1) その少年はサルがりんごを食べるのをじっと見ていた (2) 先生は私たちにその文章を大きな声で読ませた (3) 毎週日曜日、母は私に(私の)部屋の掃除をさせる (4) 足下で地面が揺れるのを感じた (5) 私たちはその歌手が新曲を歌うのを聴きました


Artist+House 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/04/25 Tuesday 06:00:04